* * 白い波飛沫を立てて * *

2月初日と言うのに、浜風は身を刺すような冷たさの中

若者は元気がいいぞ。この日は風が強く、立っているだけでも

倒れそうな強風だった。昔から諺にあるように遠州の空っ風

は名物である。そんな中物好きな一人のアマチュア写真家(自分)が

村櫛海岸の浜辺でカメラを片手に飛沫の来る海を眺めておった。


http://www.youtube.com/watch?v=ipJOXaMJh6s


P1070620