いしだ会計の日記

西三河の開業税理士の日記です。

生保の不都合な真実とは

今日はこれから、珍しくFP協会の研修に行ってきます。

それは生命保険コンサルの後田亨さんの
話が聞けるから。

以前、知り合いのFPカンさんのところで
セミナーをやられたのですが、そのときは都合が
悪くて参加することができませんでした。

今日のテーマは、保険に関する行動経済学。

何か生保業界にとっては、耳が痛くなるような
話が多分聞けるでしょう。

楽しみ♪

後田亨の 「大人の事情 は大人次第(?)」

こちらも勉強になるなぁ。


決定権等もっているところで聞くのが一番

昨日、知り合いの保険屋さんから電話があって
厚生年金の加入期間44年(528日)以上の場合の
特例について聞かれました。

厚生年金保険の加入期間が44年あります。
老齢厚生年金は、いつからもらえますか。


これですね。
それについてコンサル又はアドバイスして
くれる人を探しているとか。

上記の特例はともかく、年金事務所行って聞いた方が
早いよ。それが私のアドバイス。

過去の加入履歴や現在の支給状況、これからの支給予定
なんか社労士が入っても、結局のところは年金事務所で
確認しなけりゃいけない。

最近は存外親切なので、どうすれば一番得するかまで
考えてくれる。脱法行為を考えているのでなければ
行って、聞いた方が早い。

それでも心配なら、社労士等に一緒に行ってもらったら。

先週のこと、ある税理士さんに事業承継税制における
納税猶予のついて、相談を受けました。

非上場株式にかかる事業承継税制について

それはこちら。

それに対する私の答え、そりゃ経済産業局の受付してる
ところに相談した方が早い。

だってハンコ押してくれて、認定してるところでしょ
そこへ行って、どうすれば認定してもらえますか?と
聞くのが一番確実に決まってる。

コンサルタントだって、その人が認定だしてくれるわけでは
ありません。だしてくれるところで聞くのが一番確実。

私、過去からこういった相談を受けることままあるのですが、
何で所轄、受付しているところで聞かないんだ?
これが一番不思議。

国や地方、又はそれらに準じる公的なお仕事している
人や部門というのは、存外親切です。
それは自分たちの権限を維持し拡大したという、組織の
特性ということもある。

そもそも人は、人に親切にしたいもの、そりゃ別に公務員に
限った話ではない。

そういった意味では、普段は警察のように恐れられている
税務署だって、相談に対しては、拍子抜けするくらい
親切です。

その点は、調査して税金をとってくる仕事と、ルールを
守らせる仕事ではやることが違ってくるからでしょう。

そういった意味では、中途半端な税理士のアドバイス聞くよりも
彼らに聞いちゃった方が早い。
その時のポイントとしては、部署と名前をしっかり聞いて
メモしておくことくらいでしょう。

少し話がずれましたが、迷ったときや分からないことは、
直接その部門に行って聞いた方が早い。

これね。

協会けんぽのマイナンバーの取り扱い

協会けんぽのマイナンバー取扱いのお知らせ

協会けんぽのマイナンバーの取り扱いに
ついて、HPに掲載されています。

この中で目に付いたのがこちら。

従業員のマイナンバーの提出は必要ですか?

事業主の皆さまから協会けんぽに対して、従業員やそのご家族のマイナンバーを提出いただく必要はありません。
加入者の皆さまのマイナンバーについては、加入者や事業主の皆さまの事務負担を軽減するため、原則として、日本年金機構や住民基本台帳ネットワークから収集を行います。


なんだ、それでいいんなら、みんなそうしろよ。

年調や調書作成のために、ひーひいいながら
マイナンバー集めるのがバカバカしくなってきたぞ。


ダウンロードして調達しろってことか

法定調書や年末調整関係の書類の郵送が
我々のお仕事している地域の税務署では遅れています。

今現在、私のお客さんのところで郵送されて
きたところはところは皆無です。

送られてこなけりゃしなくていいというわけには
当然行きませんが、配ろうにも扶養控除申告書や
保険料控除申告書が手元にない。

仕方がないので朝、税務署へ申告で行ったときに
ついでに用紙を確保しておくことにしました。

しかし最近の税務署はケチ。
少ない用紙が、お情け程度においてあるだけ。

しかも、そのただでさえ少ない用紙の真ん前に、
受付の(目つきの怖い)おばさんがいて、じーっと
見ている。

別に悪いことしているわけでもないのに、
おどおどしてしまいます。

年末調整関係の用紙が、税務署側の落ち度で遅れている
にもかかわらず、用紙は渡さんよ!のオーラが漂ってる。

・・事務所戻って、ダウンロードして出力しよ。。

ところで、税務署のトイレで、大の方は、
税務署員はまずは、和式を使え!

洋式のシャワートイレは納税者が優先だ!

分かったか!

残った親不知

は、墓場まで持っていくことにしました。

2週間ほど前に抜いた親不知、抜糸をして
これで治療は一区切り。

あとは化膿止めを、もらっただけ飲めば
おそらく痛みがぶり返すこともないでしょう。

ただ、今回のことで懲りた。

何といわれようと、10日以上歯が
うずくのには耐えられない。

よって残った親不知とともに、生涯を
全うすることにしました。

思い出すと、いまでも痛い。

いしださん、削りますね。
ぎ〜、ガリュガリュガリュ・・


祝!LDLコレステロールが正常化

本日、4月受けた人間ドックの2時検診に行ってきました。

いつくか引っかかったことはあるのですが、ここ数年の懸案事項
だったLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が
正常との診断がでました。

パチ、パチ、パチ、パチ(拍手)。

LDLコレステロール値の推移

2011年   171

2012年   148

2013年2月 139

2013年8月 161

2014年1月 146

2015年4月 77(薬を飲んでました)

2016年4月 142

そして今回の2次検診で126と下がりました。

171でギョッとし、少しづつ改善をしていたのですが
2013年スポーツドリンクがぶ飲みによりまた悪化。

一度は薬のご厄介になっていましたが、ダイエットの断行など
何とか自力で正常値まで持ってくることができました。

パチ、パチ、パチ、パチ、パチ(拍手)。

ところで今日の採血は、空腹時によるものという
ことなので朝ご飯は抜き。

採血が終わってから、朝食と昼食を兼ねて、
病院の食堂で食事をした。

病院の食堂ということで、栄養価の計算され、かつヘルシーな
ものが多そうと思いきや、かつ丼、天丼、とんかつ、ラーメン
みたいなものばかり。

日替わりの定食が、かつ丼ときしめんのセット。
こんなもの病院で提供していいのか。
などと思いながら、頼んだのが天ぷらそば384キロカロリー。

帰りしな、みんなどんなもの食べてるのか観察してみると
あきらかな病人や、おじいちゃん、おばあちゃんが
オムライス食って、エビフライ、とんかつ食っている。

ふと、オレは間違っているのかもと、頭をよぎった
私なのでありました。




この世界の片隅に

"

この世界の片隅に

今年は邦画アニメの当たり年とか。

個人的には、とくにそうは思いませんが
この世界の片隅に はいい映画でした。

第二次世界大戦の、広島の呉を舞台にした映画と
聞いて、反戦ものかと思ってましたが、全然違いました。

当時の風景、社会や家の形を丁寧に描き、
過剰なメッセージや脚色は全くない。

軍港に現れる戦艦大和や駆逐艦は、風景や記号として
描かれるが、それ以上でも以下でもない。

この映画のメッセージを私なりに解釈すると
「そして生活は続く」でしょうか。

そこに希望や喜びを見出すのか、悲しみや辛さを
見つけるのか、人それぞれでしょうが、この映画で
描かれている人たちは、みな基本的に前向き。

それは戦争という、大きな不幸(場合によっては罪)の
中で暮らす人々であっても、日々の生活があったことを
思い出させてくれる。

その生活を誠実に救い上げ、表現されているから
この映画が支持されているのでしょう。

☆4つ、かな。

顧問税理士の責任と財務の分からないコンサル

昨日のブログにも書きましたが、
事業承継支援協議会「4士業による共同事例研究会」というものに
参加してきました。

その中で事業承継に取り組んでいる債務超過会社の
話を聞きながら、そういえばこういった会社、私のところにも
何件か相談があったよな、みたいなことを思いながら討論を
聞いてました。

年商が6〜7千万円の、機械加工の製造業。
決算書上の借入金はそれの2.5倍くらいあって、
当然のようにリスケジュールは受けていて、払っているのは
利息のみ。

直近の経常利益は20万円ほどと、おそらく数字を
いじって赤字にはしていないだけだと思われる。

技術はそれなりにあるものの、従業員の年齢はかなり高い。
業歴は長いので、顧客はそれなりにいるものの
右肩下がりの業界で、廃業する同業者もかなりいる。

かいつまんで話すと、こういった状況。

私はその会社の事例を聞きながら、まず思ったのが
よくこういった状況になるまで、顧問の税理士は、
ほったらかしにしておいたもんだということです。

借金のサイズから明らかなに、返済可能額をオーバーしている。
一部は保証協会に代位弁済されているようで、
正直な話、事業の承継再生案件というよりは、債務処理
つまり破たん処理の案件に近い。

また技術はあるとのことでしたが、私にいわせれば
お金の裏付けのない、技術力や将来性のことなど
論じても意味がない。

そもそも粉飾してるような決算書、隠れ債務がいくらあるか
分からないバランスシート。原価がいくらで、労働分配率が
どれくらいで、同業他社との比較も資料もないようなところに
価値あるアドバイスなんかできるのか。

こんなことを感じていたから、つい、つぶした方が早くね
などと心の中で突っ込みを入れたくなったのです。

ちなみに私のところに来た、こういった年間売上の数倍の
借入れをしていたような会社の相談案件は、残念ながら
すべて倒産してしまいました。

また明らかに後継者が力不足で、頑張っても苦しむだけなのが
分かっているようなところも、破産を進言しました。

過去振り返って、こういった相談案件に共通するのは
まずいえるのが、極めて経営者が数字に弱い。

顧問の税理士もいい加減で、会社の状況をきちんと数字で
伝えることもせず、税務申告以外にはものの役にたたない。

会社経営としては末期的症状を示しているにも関わらず、
誰もそのことを口にせず、お金を貸している銀行も、場当たり的な
対応で、できるだけ責任を回避する。

こんな感じ。

またこの事例で気になったのが、アドバイザーとして関わって
いる診断士の人は、技術は分かるが、数字に弱いらしいこと。

話の端々に、そのことをうかがわせる発言があって、それで
事業再生や事業承継が果たしてできるのか。
この事業や会社を生き残らせる価値をどう判断するんだろ。
そんなことを強く思ったのです。

正直な話、技術にいくら強く、人事制度や労務管理に
長けている。マーケティングや業務改善に優れたコンサルで
あっても、数字が読めないコンサルタントは、事業再生
事業承継はできないでしょう。

何故なら事業とは数字そのものに他ならないから。

ぶつ切り、ばら売りのコンサルサービスでない以上、
客観的な数字で、事業の検証ができる能力がなければ
できるわけないし、そもそもやってはいけない。

賃金切り下げる、定年制を設ける、借入交渉はこうしたら、
後継者はこういった勉強したら、こういったちまちました
アドバイス、提案を聞きながら、そんなこと意味あるんか、
と思っていた理由はこんなところにもある。

私はオブザーバーだったので後ろで聞いている
だけでしたが、直接の討議参加でなくてよかった。

思ったことを、つい、そのままいってしまってたら
間違いなく

シーン。

となってしまいますもんね。

ああ、大人の対応って、ムズカシイ。


事業承継支援協議会「4士業による共同事例研究会」

とかいうものにオブザーバー(といっても税理士会からの
反強制)に行ってきました。

事業承継に問題を抱える会社の事業承継について、
会計士、税理士、弁護士、診断士がそれぞれ考えて
意見をいう。

それをコーデネーターの中小機構の人が
まとめるというものです。

で、オブザーバーというのは、それを後ろで
聞いていて、場合によっては意見を求められる。

2つの事例が紹介されましたが、規模も内容もまったく違う
内容で、一つは株式の持ち合いをどう解消するか。
もう一つは大幅な債務超過会社をどう継承するか
というものでした。

株式の持ち合いの会社は、年商規模50億で、純資産で
10億くらいある大きな会社。

話を後ろで聞いていて「そんな金持った会社なら、頭のいい
どこかのコンサルが考えてくれるんじゃね」などと心の中で
突っ込みを入れ。

そしてもう一つの債務超過会社は、年商6〜7千万の
2.5倍くらいの借り入れがあって、かつ、粉飾の匂いも
プンプンする。

そんな会社は、つぶした方が早いわい。
などとこちらも、心の中で突っ込み入れる。

といった具合に、ようするに好き勝手に聴講し
最後に酒飲んで帰ってきました。

しかしああいったエライ士業の人たちと、酒飲むと
緊張するなぁ。

ということで、家に帰って、ワインを飲みなおし。
うぃ〜。

おお、そうだ株式の持ち合いは、会社分割と
合併を繰り返せば、いっちょ上がりじゃないか。

などと家で酒飲んでアイデアが浮かんだが・・

150万円の壁へ

配偶者控除、年収150万円以下で最終調整 政府・与党
パート主婦、就労促進へ減税拡大 (日本経済新聞)

 政府・与党は23日、パート主婦世帯向けの所得税の配偶者控除の対象を「年収103万円以下」から「年収150万円以下」に拡大する方向で最終調整に入った。2018年1月にも実施する方針。働き方改革の一環としてパート主婦が年収103万円を超えても働きやすくし、女性の就労を促す。財源を確保するために夫の年収にどのような制限を設けるかが今後の焦点となる。

ふーん、とりあえず年収基準を引き上げておいて
その後に女性の就労促進と社会保険の加入者を増やす
仕組みにしていくようですね。

103万円の税金の壁より、130万円の社会保険の
壁を強く意識しています。そしてその裏には、近々
想定される選挙で負けたくないといった思惑も。

そのためにも、まずは飴からということでしょう。

もっともこの分のしわ寄せは、高所得者へと
なるでしょうから、全員に飴とはならないでしょうけど。

現在の103万円の根拠は、65万円の給与所得控除の
最低限度と本人の基礎控除38万円の合計なので、
150万ということは150万−65万=85万までの所得なら
控除対象配偶者ということになるのかな。

そうなると配偶者特別控除も制度をいじらないと
イケないことになるな。

パートさんを多く雇用している会社の、人事担当者へ
向けてのセミナー考えている人が、もういるんでしょうね。


歯が痛い その3

先週の月曜日に抜いた親不知。
いまだに痛い。

結局、化膿止めの薬が切れるたびに
歯医者に行ってます。

この間行ったとき、歯科医のセンセによると

大分骨を削りましたから

とのこと。
骨を削ると、治りにも時間がかかるのでしょう。

親不知、まだ3本残っていますが、
もう抜くのは止めよう(涙)。





マイナンバーが目的ではない

従業員等の90%。

地代家賃を支払うの個人70%。

支払報酬の80%。

今年の法定調書へのマイナンバーの
記載率をこれくらいで考え(予想し)ています。

どだい100%記載なんて無理なこと。

マイナンバーもらう前に辞めちゃった人がいるし、
頑として出さない人がいて、いまだにそりゃなんだ?と
いう人がいて。

Q&Aなど読むと、もらえない場合は、説明・催促しても
もらえなかった経緯を記録として残せとなっていますが、
そんなことやっておれない。

なるべく頑張って集めて、それで集まらない分は
仕方がない。集まらないから出さないでいいってわけでも
ないでしょう。

ならば空白で出すしか方法はありません。

専門家と称する人が、記載しないで出すと、税務署等から
問合せがあるかもしれない。などと解説記事で書いてたりしますが
そんなことあるわけない。

だって向こうで簡単に番号が検索できるのに、わざわざ
番号尋ねたり、記載しない理由を聞くような、面倒なこと
しないでしょう。常識で考えれば。

マイナンバーのために仕事しているわけではない、
我々税理士は。もちろん社労士だって、税務署だって
ハローワークだって同じことです。

滞らないように、税務事務や社会保険事務を執行するのが
第一で、できれば、マイナンバー記載してね。
これに決まってます。

目的と手段が逆転してしまっている、
昨年からのマイナンバー騒動を見ていると。

これから皆で努力して、社会的なインフラにしていきましょう
といった方向性であり、努力義務なのだ。

ということで、ほどほどに頑張っていきましょうね。
ほどほどに。

歯が痛い その2

親不知抜いて、1週間が経ちましたが
完全に腫れが引かず、また痛い。

理由を考えてみるに

1.疲れが出ていて治りが遅い

2.アルコールがよくない

3.インフルエンザの予防接種がまずかった

4.そもそも重症だった

5.税務署の悪口言い過ぎて罰が当たった

どれなんでしょう。

おー、いた。

化膿防止剤、鎮痛薬が切れたので
これから歯医者へ行ってきます。

冷水で口をゆすぐと、ズーンとくるぞ。

ズーン。

遅ればせながらボジョレー

DSC_0467

今晩の晩酌はこれ。

とくに美味とは思いませんが、
やはり今の時期、飲まないと
落ち着かない。



みなし贈与か、相続財産なのか

有料老人ホームの入居契約に基づき返還金受取人が取得した入居一時金に係る返還金請求権に相当する金額の経済的利益は、相続税法第9条でいう「みなし贈与」により取得したものとした事例

(平成25年2月12日裁決)

これですね、相続により戻ってきた老人ホームの
入居一時金について審判所でみなし贈与とされた裁決は。

このみなし贈与として裁決された後に、東京地裁で
本来の相続財産として判決がでました。

つまり相続により戻ってきた、老人ホームへの入居一時金が
国税は「みなし贈与」とされたのに対して、裁判所としては
遺産分割の対象となる「本来の財産」とされ、取り扱いに
違いが出てきてしまった。

解説を加えるとこういうこと。

有料老人ホームに入るには、通常入居一時金が必要となります。

これを一定期間で償却していくのですが、入居してすぐに
死んでしまったような場合には、未償却の部分が指定された人に
戻されることに通常はなってます。

その一時金の戻りを、贈与とみなすのか、それとも
遺産分割の対象の財産とするのか、どっちなの
ということなのです。

で、国税はみなし贈与、裁判所は遺産分割の対象となる
財産だって、それぞれがいっているのです。

上記の裁決の場合については、受取指定人=相続人だったので
「相続開始年分の贈与を」受けたことになり、相続税の課税上は
問題が起きませんでした。

しかし、これが相続人以外が一時金の受取人になって
いた場合にどうなるのか。

税理士としては国税に肩入れして「みなし贈与」にするべきか・・

弁護士は遺産分割の対象だ!というでしょうが。



歯が痛い

しかし夕方から、お客さんとの会食の予定が
入っている。

月曜日の晩に親不知を抜いて、腫れることが
あっても、さすがに金曜日には治まっているだろうとの
読みははずれ。

仕方がないので、鎮痛薬を飲んで、アルコールも
沢山飲んで、ごまかしながら食べることにしよう。

ずいぶん前から予約されていて、いまさら
キャンセルなどできない。

親不知を抜かれる方は、1週間は腫れて、痛みが
あるものと考えておいた方がいいでしょう。

痛い思いした私からのアドバイス。


源泉徴収票の大きさが倍

DSC_0464
今年なんだか毎年市町村から
送られてくる、給与支払報告書の
封筒のサイズがでかい。

何でかなと考えてみると、そうだ
源泉徴収票のサイズが昨年までに
比べて倍の大きさになるんだった。

倍のサイズ・・

必要になる紙の量が倍。

当然手間も増える。

もちろんマイナンバーの分も。

そして郵送する場合に料金が増える。

以前は少ないところは82円で
済んだのに最低120円かかる。

なんかむかついてきたぞ。

よーし、オレのところはすべて
安城市役所のポストに放り込んで・・


おたふく

昨日書いたように、親不知を月曜日の夜に
抜歯しました。

その後は家に帰ったら、熱が出て
鎮痛剤飲んでひたすら寝てました。

昨日は傷口の確認に歯医者へ行ってきました。

痛みもほぼ治まり、傷口も問題ないだろうとの
ことで、あとは完治に向かってまっしぐら。

と思っていたところ、今朝起きらた

左のほっぺがおたふく状態。

昨年の断食で、顔つきがシャープに
なっているだけによく目立ちます。

ここ1、2日見苦しい(もともとだろという意見は
こっちに置いといて)面をさらすことになりますが
ご容赦くださいませ。

よろしくお願いします。




親不知抜歯報告

昨日のブログにも書きましたら、昨日の夜
親不知抜歯しました。

虫歯を治療するよりも抜いてしまった方が
いいだろうという判断です。

しかし左下の一番奥、上と違って下の親不知は
抜きにくい。よって時間もかかるし、後も大変だとは
聞いてました。

まずは麻酔。
これはチクっとするだけ。

そのあとが大変。
器具で挟んでぐりぐりするのですが、びくともしない。

いしださん、申し訳ありませんが骨を削りまずね


ぎ〜、ガリュガリュガリュ ←ドリルで削る音

いしださん、申し訳ありませんが、肉を切らせてもらいますね

(多分)メスで歯の周りの歯肉を、グサっ、
血がどばーっ ←見えないのであくまでも想像

そのあと再度器具使って、ぐいぐい。

もうこの辺りになってくると、このまま抜けんと違うのか
みたいな気分になってくる。

うーん、いしださん抜けないので、また明日にしましょう
といわれるんでないか・・


そして格闘すること約1時間。
何とか抜けたのでありました。

歯根の先がかぎ状に曲がっていて、それで抜けなかったとか。
まあ、親不知というのは、普通まっすぐじゃないので仕方なし。

あと、麻酔が切れた時に血止めの綿をとったら

ズキーンと神経に響いたのでありました

革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金

平成28年度の補正に基づく革新的ものづくり・商業・サービス
開発支援補助金
が昨日、11月14日より公募開始されてます。

期間は平成28年11月14日〜平成29年1月17日まで。

昨日の税理士会での技術士との協議会でも
議題として出てました。そのときはまだ未定との
ことでしたが、すぐに出ました。

小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)

直近で出た補助金としてはこんなものも
あります。

こちらは上記の革新的ものづくりの補助金としては
比較的ハードルが低くなってます(もちろんその分金額も
小さい)。

手続き支援等の窓口は地元の商工会議所と
なっていますので、興味ある方は問い合わせて
みるといいでしょう。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ