いしだ会計の日記

西三河の開業税理士の日記です。

23階から眺めてみた

DSC_0398

現在のマンションに移り住んで早1月以上。

しかしよくよく考えてみたら、自分が住んでいる
12階より上の階に上がったことがない。

ということで23階に上がって、景色を
眺めてみた。

いまひとつピンとこない。
タケーナー、以外には。

あまりに高すぎると、自分の生活感と
合わなくなるからか。


記載あっても、なくても結果は同じ

ハローワークに雇用保険の資格取得等の書類を
出すことがありますが、いまだマイナンバーの記載について
いわれたこと一度もありません。

本来、平成28年1月より、番号の記載がいる!
といっていた立場としては、少しは書いてくれ
くらいいってもらった方がありがたい。

で、国税の方はどうなっているかを見てみると・・

番号制度概要に関するFAQ

Q2-3-2 申告書等にマイナンバー(個人番号)・法人番号を記載していない場合、税務署等で受理されないのですか。

(答)

税務署等では、番号制度導入直後の混乱を回避する観点などを考慮し、申告書等にマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載がない場合でも受理することとしていますが、マイナンバー(個人番号)・法人番号の記載は、法律(国税通則法、所得税法等)で定められた義務ですので、正確に記載した上で提出してください。

Q2-3-3 税務署等が受理した申告書等にマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載がない場合や誤りがある場合には、罰則の適用はありますか。

(答)

税務署等が受理した申告書や法定調書等の税務関係書類にマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載がない場合や誤りがある場合の罰則規定は、税法上設けられておりませんが、マイナンバー(個人番号)・法人番号の記載は、法律(国税通則法、所得税法等)で定められた義務ですので、正確に記載した上で提出をしてください。

ようするに書いてあってもなくても受け付けて
記載がなくても罰則なし。

ついでに今日聞いた研修CDによると
税理士が代理で申告を行う場合

\婆蛎緲権限証書 ∪罵士証票(またはそれのコピー)
G疾納圓慮朕揚峭罐ード、通知カードのコピー
これらがなくとも受け付けることになっているとか。

についてはなくても、税務署のシステムから
確認できるから、なくても別に問題ない。

なくても受け付けて、罰則もなし。
かつ、納税者の番号がなくても手続き上問題ない。

ようするに、汗かいて集めて記載しても、
適当に申告やっても結果は同じ。

無理して番号集め、リスクを冒す意味があるのか。。

小規模宅地等の適用にあたっての同意

相続税の申告書「小規模宅地等についての課税価格の
計算明細書」に 1 特例の適用にあたっての同意 と
氏名を書く欄があります。

これ申告ソフト使って作成する場合、自動的に名前が
入ってくることも多いかと思いますが、説明なしに
そのまま名前を入れてしまうのはやばいです。

当たり前のことですが、遺産分割等の同意と
小規模宅地等の宅地の選択は別物だから。

これ心臓がドキッとする税理士は、存外多いんじゃ
ないかと思います。

説明をほとんどしていない、又は勝手に税理士側で
選択してしまって「一番いい方法でやっときました」
てな具合に報告だけしておく。

今週号の税務通信で、小規模宅地等の東京地裁の
判決の記事読んでいまさらながらドキッと。

遺言により取得した宅地について小規模宅地等の
評価減を適用し、しかしそれ以外にも未分割では
あるものの対象となるべき宅地が存在した。

で、その場合は、他の相続人からの選択同意が必要と
税務署から更正を食らった。

まあ、考えてみれば当たり前なんだろうと思います。

しかし最初のところで書いたように、存外
いいかげんにやっている、又は同意をきちんととらずに
申告してしまっている税理士は結構いるでしょう。

ただでさえ相続人間の調整は煩わしいので、なるべく
作業は端折るか省略したい。こういった気持ちが
はたらくから。

が、これだけ説明責任が求められる時代には
やっぱりやばいです。

もちろんこれは、自分自身にいっている言葉です。

で、なるべく相続税の申告は断ろうっと・・


税理士試験模範解答

DSC_0390
もう受験の記憶は、遥か昔となった税理士試験。

しかしたまに気になって、問題や解答については
眺めることがある。

本屋で雑誌を見ていたら、今年の税理士試験の
模範解答を掲載した、会計人コースを発見。
やはり気になったので買ってみました。

なるほど、なるほど。

新しい話題や改正なども問題に盛り込まれ、
ざっと目を通すだけでも勉強になる。

遥か昔の知識でも、それなりにウォッチして
ブラッシュアップしていれば、何とか今の
税法にもついてはいける。

意外と、なんだこれは!
みたいな問題や解答というのはあまりない。

それと今の試験は、私の受けていた時より、
より実務的実践的になっています。

それだけに、眺めるだけでも勉強になります。

しかしまた受けたいかというと、勘弁してくれ
とは思いますけど。

残地求積はずいぶん前に禁止

一筆の土地を分筆する場合、平成17年3月7日以前は
分筆する土地を測量し、残った土地の面積を差し引きで
計算することを認めていました。

しかし平成17年3月7日以後については、残地も
測量して面積を確定させることが原則的取り扱いと
なりました。

つまり土地の面積を考える場合、その土地がいつ
分筆されたかで、その土地の面積の正確性が違って
くるというわけです。

これ以前に分筆が行われた土地、特に枝番の最後に
なっている土地(残地求積のしわ寄せが最もでやすい土地)
については、縄伸びしている可能性が大という分けなのです。

※縄伸び:登記されている面積よりも、実際の面積が大きいこと

ということを、研修CD聞いていて思い出しました。

そうか、そうだった。

残地求積、今は認められていなかった。

覚えては忘れ、覚えては忘れ。

最近は覚える手間がめんどくさくて・・

株主リストが登記の添付書面

「株主リスト」が登記の添付書面となります

平成28年10月1日以降株式会社の登記について、
株主総会の決議等が必要な事項については株主名簿が
必要となります。

10月1日ってすぐじゃないか。

1 登記すべき事項につき株主全員の同意を要する場合 ※3

株主全員について次の事項を記載した株主リスト

 (1)  株主の氏名又は名称
 (2)  住所
 (3)  株式数(種類株式発行会社は,種類株式の種類及び数)
 (4)  議決権数
  ➡ これら4点を代表者が証明

※3 登記すべき事項につき,種類株主全員の同意を要する場合には,種類株主全員についての株主リストが必要です。

2 登記すべき事項につき株主総会の決議を要する場合 ※4

●議決権数上位10名の株主 ※5
●議決権割合が2/3に達するまでの株主 ※6
・・・いずれか少ない方の株主について,次の事項を記載した株主リスト

 (1)  株主の氏名又は名称
 (2)  住所
 (3)  株式数(種類株式発行会社は,種類株式の種類及び数)
 (4)  議決権数
 (5)  議決権数割合
  ➡ これら5点を代表者が証明

※4 登記すべき事項につき,種類株主総会の決議を要する場合には,当該種類株主についての株主リストが必要です。
※5 自己株式等の当該事項につき議決権を行使することができない株式を除きますが,株主総会に欠席し,又は議決権を行使しなかった株主を含みます。
※6 2/3に達するまでの株主は,議決権割合の多い方から加算していく必要があります。

実務的には、おそらく2の総会決議に関することで
求められることが多いかと思います。

3分の2、又は上位10名か・・

登記の手続きとはいえ、税理士にも回ってくるでしょうね
調べてちょうだいって。

中小零細の社長の多くは、そもそも誰が
株主かもよく知らない。

この改正、企業統治の適正化や、ダミー会社ダミー株主を
防止することが目的としているのでしょう。

しかしまたまた面倒でお金のもらえない
お仕事だけが増えていく。。



駅前のデメリット

駅近のマンションに住んで、分かったデメリット。

休みの日に、下手な歌を夜9時近くまで
聴かなければいけないこと。

しかし、下手なヤツに限って目立つところで
歌いたいのか。

あー、うるさい。

地代家賃、報酬あたりはそろそろ始めた方が

いつも仕事をお願いしている司法書士から仕事の
電話があったので、そのついでにマイナンバーの提供に
ついても聞いてみました。

お客さんからマイナンバーの提供や本人確認に
ついて、どれくらい求められているの?

実際問題、私のお客さんから報酬も支払われているので
報酬の金額によっては、マイナンバーを提供してもらう
必要があるためです。

それなりの件数やっているいるだろうから、
結構求められているんだろうな・・

が、いまのところ都銀から出してくれと書類が来ただけで
他からは、一件もいわれていないそうです。

うーん、私もかなりのんびりしている方ですが
それでも、マイナンバーの提供依頼が、ほぼ皆無というのも
なんだかなぁ。

来月10月になれば、いまでも年末調整を意識して
仕事をしなければいけないのが、我々会計事務所。

しかし皆さん、まあ、法定調書作成までに集めれば
いいんだろうって、のんびり構えているのか。

それとも私が心配性すぎなのであろうか。

どっち?





ターンテーブルとフェアーグラウンド・アトラクション

DSC_0386

新居のお祝いに、
後輩からもらいました。

レコードプレイヤーと
フェアーグラウンド・アトラクションの
レコード。

オシャレッ。

たまにはアナログもいい。





12階の悲哀



映画にもなりましたJGバラードのハイライズ。

ようするにマンションの高層階と低層階の
住む高さによって、社会的身分が決まってしまうと
いうオソロシイお話し。

ハイソな方々は高層階に住み、
貧乏人は下の方に住む。

で、23階建ての新しいマンションの12階に住む私。

うーん、中途半端感は否めない。

最上階から降りてくる、子供とまれにエレベーターで
一緒になることがあります。

おお、お坊ちゃだ、お坊ちゃま。
やはり育ちのよさそうなお顔をしているなぁ。

と何故か心理的に卑屈になる私なのでした。



職員録の使い方

DSC_0382
事務所の帰ってくると、郵便受けに国税の
職員録が届いていました。

私が昔勤務していた事務所の所長は国税のOBで、
税務調査等の予定が入ると、その調査官の肩書や
経歴など、これをもとに調べていました。

それにより相手が手ごわいのか、それとも
それほどでもないのか、値踏みをするためにです。

つまり職員録は、調査で戦うための武器として
使用していたのです。

時が経ち、私自身が独立し、自分で事務所を構えてから
送られてくる職員録、それはそのままごみ箱に
直行してました。

私の場合はOBでないし、また国税の組織についても
まったく疎い。そういった人間が職員録で肩書や
前に何をやっていたかを知ったところで意味がない。

置いておいても邪魔なので、そのまま燃えるゴミと
して出すのが、正しい処理なのです。

ところが独立し、しばらくたってから、別の使い道に
役立つことに気が付いた。

あの、憎い、調査官のヤローどこ行った。

あいつ、三重の方に逃げ(正確には転任)やがったな。
三重方向へ呪いの念を送ってやる〜。

と、こういった利用法があるのです。

そして今回の職員録を見てみると、7年前に調査を受け
実に腹立たしかった、調査官の○○のヤローは静岡の
○○署に配属となってます。

オレは忘れんぞ、絶対にだ。

ふふふ、オレの顧問先に調査に来る調査官ども。
オレに恨みを買うと、退官するまで追っかけるぞ。

オレはしつこいんだぞ。
それを承知で来ることだ。

憎い。

お金をもらっている人のために働く・・これ社会のルール

センセはいったいどっちの味方なの?

これは税務調査で、納税者から税理士に
向かってよくいわれる言葉。

お金を納税者からもらいつつ、でも調査の現場では
税務署に肩入れする。この現象に対して、
納税者から皮肉としていわれます。

先日、税務署との連各協議会ということで
さまざまな情報交換を行いました(個人的には
それほど中身があるとは思いませんが・・)。

そのあとで懇親会という名の、税務署幹部との
飲み会がありました。

もちろん、こういったざっくばらんな親睦の場を
100%否定はしません。

否定はしませんが、こういった行事を、税理士の顧問先で
あるお客さんがどう感じているか、そういった想像力は
必要でしょう。


税務調査の現場でまれにあるのが、納税者が席を外した
とたんに、立ち合いの税理士に急になれなれしく話しかける調査官。

これ個人的には、めちゃ腹が立つ。
どうもきゃつらの中には、税理士を仲間として勘違いしている
連中がいて、納税者が中座したときにその本性が出る。

ビジネス上の倫理として、お金をもらっている人の
ために働くのは当たり前。このことを考えると「敵」と
仲良くし過ぎるのも考え物。

もちろん我々は、一番に租税正義のために
働いているのですが誰からお金をもらっているのか。
そのことも肝に命じておかなくてはならない。

そんなことをつらつら思うに、そろそろ税務署と税理士会との
関係の在り方は考えた方がいいように思います。

平成23年の国税通則法の改正で、仲間に近かった
税務署と税理士の関係は大きく変わりました。

ある意味なれ合いの関係から、もっと緊張感を
持った関係に。

これがいいことか悪いことなのかその評価は
難しいですが、少なくとも時代はそういった方向に
向いているのです。

ということで改めて、声を大にしていう。

税務署は敵だ〜っ!

殴られっぱなしじゃ面白くない

税務署というところは、納税者を値踏みして
交渉をしてくるところ。

弱そうなところを見せると、そこを突いて
交渉を有利に運ぼうと立ち回る。

そのときに納税者が、税法に疎そうだと思うと
場合によってはやりたい放題。

税務調査に臨む人に告ぐ!

何でもいいから、いちいち文句をつけ
反撃すべし。

理屈になっているかどうかなんて関係ない。

もともと理屈合戦になったら、税金の素人なら
負けるにきまってる。

ただ、最終的に負けるにしても、殴られっぱなしじゃ
面白くない。

何でもいいから文句いえ。
時間を引き延ばせ。

そのうちに、相手さんも実は、もっている権力を
そのまま行使するのは意外に難しいことに
気が付いてくる。

一般的には性悪といわれる人間が、税務署では
できるヤツということになる。

ならばこちらもいくらかは性悪にならないと。

などということを、今日納税者の方と話しながら
思った私なのでした。

くそー、税務署め。

いうだけなら誰でもできる

債務者口座、裁判所が特定 民事執行法改正へ
養育費や賠償金、不払い防止 (日経新聞)

 法務省は12日、民事裁判の支払い義務を果たさない債務者の預金口座情報を、裁判所が銀行などに照会できる制度の検討を始めた。金田勝年法相が民事執行法の見直しを法制審議会(法相の諮問機関)に諮問した。2018年度以降の法改正を目指す。離婚時に取り決めた養育費や判決が命じた賠償金が支払われない場合、銀行口座を差し押さえる「強制執行」により回収しやすくする。

これはいい改正です。

いままでは、オマエは間違っている、お金を払え!

といってくれるだけ、裁判所は。

だから勝つんだけと、結果泣き寝入り、
又はくたびれ損の骨折り儲け。

とくに養育費についての勝訴判決は、強制執行と
照会とセットにするべきと思う。

新聞でも書かれてますが、母子家庭の4割が養育費の
取り決めをしているにも係らず、実際の受け取りは
その半分程度。

子供の貧困化の原因の一つにもなっているのです。

私が相談受ける場合、必ず公正証書にして、養育費
払わない場合、強制執行の文面を入れるように
いうのですがこれがなかなかそうならない。

また相手の預金や給料等のお金の場所を
追いかけるのが難しく、強制執行もままならない。

権威をえらそうにひけらかすのなら
回収に協力するのは当たり前。

ちなみに事業場の債券や、不動産賃料などについては
それなりにリスクを負うのが当たり前なので、
そちらは厳格運用で行けばいい。

9月の北海道

DSC_0377

遅めのお盆休みをいただいて
北海道へ行ってました。

明日からお仕事頑張ります。


ポニーショウ

土曜日から北海道。
なのでこれは予約投稿。

おそらくこれが投稿されるころには
ノーザンホースパークで、これを見ているかも。

HAPPYポニーショウ

イレブン・ミニッツ



イレブン・ミニッツ

イエジー・スコリモスキ監督の最新作
イレブン・ミニッツを見てきました。

うーん、すごい。
ロックだロック。

5時からの11分間を、様々な登場人物の視点から
描いた群像劇ですが、その不穏でエロティックなムードが
充満してて尋常じゃない。

クライマックスはいささか強引な気もしますが、
不自然さは感じません。

そして映画の中で、暗示的、かつ不可解な印や
イメージが出てくるんだけど、どれにも解答なし。

これがまたロック的でしびれる。

しかし、あの○は何だったんだろ・・


簡易課税は簡易に行くべきか

消費税法施行令第57条第4項では、簡易課税の事業の
区分がない場合のみなし仕入率の規定は、その事業の
うち最も低いみなし仕入率により仕入税額控除が行われます。

これって一種の救済規定なのですね。

シラナンダ。

ようするに事業区分が複数あって、その区分が困難な
場合、その事業のうち一番低いみなし仕入れ率を適用させる
ことによって、事務の簡便化を可能とするのが趣旨とか。

例えば、3種があることが分かっていれば、1種2種の区分の
仕入税額控除を放棄して、ぜーんぶ3種でやっていいことになる。

逆に1種が75%以上の課税売上を占めるなら、残りの
チェックを放棄して、特例を使ってすべて1種に集約することも可。

簡便化を可能とする趣旨なら、そうならないと
おかしいともいえる。

消費税基本通達13−3−2
事業の種類の判定方法


これなんか読むと、結構雑に集計しても
別段問題なさそうな。

事業の区分の方法

この照会に対する回答もそう読めそう。

よくよく考えたら、小規模事業者の事務負担を
考えてできた制度。

厳密、かつ複雑化を求めたら意味がない。



零細な工務店のが危ないか

平成22年の改正でいわゆる(アパートの)自動販売機
消費税還付スキームに一定の網がかけられた。

しかしそれにも穴(それも大きな)が開いていた等もあって
平成28年度の消費税の改正されたのが、高額特定資産を
取得した場合の中小事業者に対する特例措置の適用関係の見直し。

これでほぼ還付受けた後で、免税、簡易課税のいいとこどりが
できなくなったのですが、これって、アパートの大家さんより
建築業者のが影響が大きいと思う。

つまり棚卸資産も対象になったことによって、年に1、2件の
建築や仕入れを行っているような、中小零細の建築業者が。

たまたまいま建設業の許可に関する書類を作成してて
気が付いた。

例えば2千万円の住宅を建てて(仕入て)販売したら、翌期から2期は
簡易課税の適用なし。もちろん事業者免税点制度の適用もない。

年に1、2件程度の住宅建築や販売をやっている
中小零細の工務店については、意外と課税売上5千万円近辺を
をうろうろし、期によっては1千万円切ってしまう場合も少なくない。

これ気を付けないと、うっかりミスしてしまいそう。
1千万円なんて棚卸資産、建設業くらいしか普通はない。

事業者免税点なんてありえない、5千万円切ることなんて
こともありえない、こんな会社ならば関係ないでしょうが
零細なところがかえって危ない。

アパートの自販機スキームのような、最初から法の不備を
つくような「知恵」をもっていないだけに、かえって
危ないと思うのだけが。

頭のスタミナ

食事に気をつけて、毎日トレーニングを
行い、体については体力つきました。

しかしそれとは反対に、頭の体力は
年々低下してる。

何というか、粘りが、スタミナが
無くなった。

以前ならば、実務上重要かどうか関係
なしに、分かるまでしつこく調べ、
問い合わせ、考えたりしてました。

それが最近は、調べものをしていても、
投げ出すのが早い。即効であきらめる。

まあ実際にぶち当たったときに考えれ
ばいいかぁ。

何とかなるだろ。何とかは。

こうやって、人は知的好奇心を失って
老いていくのだろうか。

それとも逆に無駄なエネルギーを
使わなくなった分、賢くなったのかも。

どっち?

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
  • ライブドアブログ