April 09, 2007

皐月賞展望

今年から圧倒的な成績を残してきたサンデーサイレンス産駒がいない皐月賞となります。

過去15年の勝ち馬の父を見てみると

・2006年
オペラハウス
・2005年
サンデーサイレンス
・2004年
サンデーサイレンス
・2003年
サンデーサイレンス
・2002年
ブライアンズタイム
・2001年
サンデーサイレンス
・2000年
サンデーサイレンス
・1999年
オペラハウス
・1998年
シェリフズスター
・1997年
ブライアンズタイム
・1996年
サンデーサイレンス
・1995年
サンデーサイレンス
・1994年
ブライアンズタイム
・1993年
リヴリア(ネヴァーベンド系)
・1992年
マグニテュード(ネヴァーベンド系)

とサンデーサイレンス産駒の強さが目立ちます(サンデーサイレンスは95年が初年度)。
ここからサンデーを除いてみると

・ブライアンズタイム 3頭
・オペラハウス 2頭
・ネヴァーベンド系 2頭
・その他 1頭

今回のメンバーで父オペラハウス、父ネヴァーベンド系はいません。
そしてサンデーを除けば一番成績の良かったブライアンズタイム産駒には若葉Sを勝ったヴィクトリーがいます。

この馬はリンカーンの半弟であり、中山適性は高いであろうと推測できます。
また母父トニービンも中山芝中距離で多数好走しているので期待できます。


この次に評価している馬はアドマイヤオーラ。
こちらはアドマイヤジャパンの半弟。
器用さを持っていて中山2000の適性は疑う余地もありません。
兄とは父がサンデーからタキオンになったわけですが、馬体もタキオンよりサンデーっぽい感じで、こちらのほうがスケールが大きく感じます。
また1戦ごとに着実にパフォーマンスを上げてきているので3着以内という意味では一番確率が高いと思います。

そして人気になりそうなフサイチホウオー。
この馬は父のジャングルポケットにソックリです。
能力の高さは認めますが、これまでのレースの様に直線でフラフラしてしまうなら、器用さを求められる皐月賞では大きなマイナスになります。
父と同じく連を外す事も考えられます。
さすがに消すまでの勇気はありませんが…。

その他の馬ではナムラマース、ココナッツパンチ、ドリームジャーニー、ニュービギニングあたりに期待しています。


ishigami_sogon at 11:17コメント(0)トラックバック(1) 
展望 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 皐月賞 展望 【過去の傾向と出走予定馬の成績】  [ 競馬予想ブログ 複勝馬券生活 ]   April 10, 2007 20:59
04/15(日) 3回 中山 8日目 11R 第67回 皐月賞(G1) 3歳 牡牝○指(定量) 芝2000m 21頭 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カテゴリ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: