November 10, 2006

Je suis étudiant.

昨日は3年ゼミの後、先生(指導教官:M本先生)と講演会を聴きに県立美術館に行きました。


実は先生、ほとんど靴履いてません

なので、授業するときもサンダル。生協行くときもサンダル。もちろん昨日僕と電車に乗ってるときもサンダル。

まぁいいですけど。あんまり多数派じゃないってことはそれとなく伝えておきました(笑)その話をしているだけで八千代町くらいに差し掛かってたし…


電車内の会話はキーワードを挙げると、
courとcoursの訳の違い(ごめんなさい、フランス語内輪ネタです)
Tour de France(ツール・ド・フランス)とフランス史上の職人修行旅行(自転車レースじゃないよ)
あとは、「大学教員はサンダルが多い」と先生が主張するので、そうでもないってことを頑張って説明しました


美術館での講演の内容は
「パリ−一味違った観光名所−」
講師小林 善彦(東京大学名誉教授)

かなり高齢な先生でしたが、本来はフランス思想の先生なのでお堅い人かと思いきや、随所に笑いを交えてくるので面白かったです。
シャンゼリゼ大通の道路のど真ん中で車が行き交う中命がけで撮った写真などなど…
学習院の先生もされていたらしく、浩宮(皇太子)さまとの逸話もお話されました。

まぁ、長崎の大学のフランス系関係者がだいたい居ました(いろいろ派閥や人間関係が複雑らしいですよ)。
貿易会社の人に話しかけられましたが、彼女のフランス語の速度と僕の処理能力に乖離があったので、先生が、Il est mon étudiant.と言わなかったらあぶないところでした。。

人脈とコミュニケーション能力って大事ですね。


しかし、その後、先生は帰り道、
「あのハーフの人美人だったよなぁ」と「彼ら今頃、ワインにフランス料理だぜ〜いいよなぁ〜」しか言わず。。ははは。。

僕が大波止のとあるラーメン屋を紹介しラーメンとビールをご馳走になりました。
そこでVn、H弥に会いました。なんたる偶然。。でも先生はH弥を中学生だと思ってました(笑)





ishiguro_hideyuki at 16:18│Comments(6)TrackBack(0)イヴェント 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by がんこ   November 10, 2006 22:13
文中のフランス語がちっともわかりません…
わたしはイタリア語をとってるんですが、例えの会話がなぜか男女関係に発展していくんです。
あと、イラストがオケのメンバー(先輩方を含む)に似ていたり…面白いですが、ちっともわかりません((´д`ノ)ノ
2. Posted by sabre   November 11, 2006 13:09
>がんこちゃん
フランス語の教科書も大抵そうだよ

ラテン語から派生したやつは活用が多いから大変だよね…
3. Posted by ガチャピン   November 11, 2006 15:21
フフフ・・・読める(´∀`)
かろうじて。

凱旋門にはびっくりでした・・
4. Posted by sabre   November 11, 2006 19:56
>ガチャピンちゃん
有名なのになかなか知らないよねぇ…
やっぱり日本では、外国≒アメリカなのかな…

フランス語以外禁止飲み会とかメンバー集まんないよ(笑)
5. Posted by akane   November 12, 2006 01:23
そのフランス語の訳って、
「こいつまだ学生なんっす!!」もしくわ
「こいつまだまだ未熟者で、、」とか。笑

妄想ですがww
6. Posted by sabre   November 12, 2006 02:52
>akaneちゃん
あ〜深読みし過ぎかな。
「彼は私の学生です」やね
意外と普通でした

コメントする

名前
URL
 
  絵文字