祈る時間を多くとるようにしている。

早天礼拝のあとも祈り続けるようになった。

その結果ブログを書く時間が削られてしまった。

毎日朝食は断食をして祈るようになった。

断食の効用も発見した。



ということで、今まで見ていてくださっていた方には申し訳ありませんが。

毎日朝7時前後にブログ更新っていうわけではなく、

時々更新するというスタイルに変えます。

すべてはより多く祈るためにです。


石井拝

Christ the healer 

という教会のレポートのつづき。


プログラムのあとには、各グループが集まって祈りをささげている。

4時間ぐらいのプログラムが終わった後、まだ祈りの燃えている。

シアターの二階倉庫みたいな所でも祈りがささげられている。

IMG_20180313_220001



翌日、

ガム牧師と朝食に近くのチャイニーズレストランに行ったときの写真。

IMG_20180315_105232

ガムさん、すかさず伝道しようとする。

このお坊さんは英語が全く話せない。

中国人であることは間違いない。

小川文子先生が漢字を書きまくってなんとか会話を成立させようと。。。


連日4時間ほどの集会。

IMG_20180315_194112
IMG_20180315_230743
IMG_20180315_232538


神の力によって人生を一から建て直し、

再スタートしている人たちが沢山。

祈りと御言葉だけによって人生が変わると信じ、

実際に行動していっている一人ひとりに感動。


石井拝

Christ the healer という教会のプログラムに参加させていただいた。

フィリピンのダバオにあるヴィクトリアモールという、いわゆる日本で言ったら

みんなが知っているイオンモールのような場所に教会がある。

かつてシアターであった場所を使って礼拝やプログラムを行っている。

8年前に始まり、当初は100人ぐらいが集まる礼拝であったようだが、

現在では会員数がどのくらいなのか答えられないほど急速に成長しているようだ。

一日6回礼拝を行い、一つの礼拝は2000人ぐらい参加している。

だから、ざっと数えて1万人以上はいるということだろう。

さらに年間4回の洗礼式があり、そこでは1000人〜4000人が洗礼を受けている。

今回私が参加した洗礼式は少し少なめで1000人程度だったのではないかと思われる。


とりあえず集まって、↓若者たちがお互いをいたわりあい肩をもんでいる風景。

あとで分かったが彼らは「牧師」と言われている。

それぞれ、仕事は持っていながら、教会のリーダーとしての務めにあたっている。

IMG_20180313_182849

両側にイエス様と聖霊を強調するフラッグが。

IMG_20180313_181425


IMG_20180313_181359


聖霊を強調するいわゆる「聖霊派」の教会だが、

教派意識などにこだわってはおらず、聖書をそのまましっかりと説教して、

そのまま実行していく教会であるという印象。

聖書をそのまま生きたらこういうふうになるんだという感じ。


石井拝



↑このページのトップヘ