いしいさん家便り

いしいさん家で 日々感じたこと。思ったこと。

Fさん。ありがとうございました。

先日、Fさんが亡くなった。
奇しくも誕生日の66歳の日に。

図5



これは、Fさんのほか、
高次脳機能障がいや統合失調症と診断された方々と、
チラシのポスティングを試みたときのです。

部数が結構あるので、最後はスタッフがやっていましたが(笑)


ポスティングの報酬をみんなで分けたときの嬉しそうな顔。
今でも心に焼き付いています。

やっぱり、男は仕事なんですね。
図1


利用料の一割分でもペイできるようになれればいいね。とがんばっていました。

しかし、現実はそう甘くなく、だんだん症状も進んできて、できなくなりました。
でも、なにかできないかと模索を毎日しております。

 Fさんは、喉頭がんでした。
だんだん食べれなくなってきました。
そして、先生から胃ろうの選択を迫られました。

悩みに悩んだ結果、娘さんは胃ろうにしました。


その後、退院していしいさん家でもゆっくり口からは食べていましたが、
大好きなタバコは吸えませんでした。

今では、思い切り吸っている事でしょう。
また、指が黄色くなるまで。


やっぱり人は、最期まで、好きな人と、好きな場所で、好きなことをしていきたい。
それが、どんな環境になっても、自分らしく生きていたい。

そんなことをFさんに教えてもらった気がします。

ご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

福辺さん。

明日、明後日の福辺さん×いしいさん家
福辺流介護術を予定していましたが

福辺さんが体調不良のため
中止になりました。

楽しみにしていた人、ごめんなさい。

また、企画しますので
その時に!

取り急ぎ!

101歳。どんな景色がみえるの?

image
いしいさん家の看板おばあちゃん、
加藤八千代さん。
石井英寿の母の母です。

この度、101歳になりました。
(戸籍上は12月2日です)

これも皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。


一時期、向精神薬や眠剤など飲んでましたが、
訳あって、埼玉の川口市から
いしいさん家に泊まるようになってから薬を全部抜きました。
image


下町言葉のべらんめい口調と
スーパーネガティブな性格はそのままで、

大腿骨を骨折して歩けませんが
(自分では時折歩けると思ってます)

これからも若造たちに色々教えてあげてください。

いや、教えなくてもいい。
身体や言動自体が人生の教科書ですから。

宜しくお願いいたします。

ちなみに、
本人は、121歳になったと言ってました。

image
最新コメント
カテゴリー
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
livedoor 天気
  • ライブドアブログ