いしいさん家便り

いしいさん家で 日々感じたこと。思ったこと。


昨日も午前中、初訪問があった。


さて、1日が終わり
これからジムで汗をかこうと着替えて
気持ちを切り替えていたところ、電話が。


「夫がずっと飲んでて、やっぱりいま外に出ていきそうなんです」とおばあちゃんから。


その人は、
なんと初訪問した方🤣


「はい、いま本人と電話変われます?」
「もしもし?誰だ?」
「あー…俺だよ、俺!」
「おおー!たまおちゃんか!」😳


しめしめ🤣


「そ、そう!たまお🤣いまそっちに行くから!待ってて!」


ここは…うー!と思いながら、
ジムを諦め、自宅に向かいました。
 
…居てくれた!よかった!


ここのところ昼夜逆転で。
夕方に起きてきて、飲んで。
精神安定剤も管理できずにお酒と飲んでる。
幻視もあるか。


そして、酔っぱらって毎晩
「船橋(昔住んでいた)に帰る」と。
昨日は警察に保護されたみたい。


話をよく聴くと、お酒が大好きで。
毎晩近所の飲み仲間と晩酌をしていたと。


でもその飲み仲間も、兄弟も
最近、みんな死んじゃったらしい。


ウンウン。と聴いていると
いつの間にかノンアルビールやおばあちゃんの手作りのつまみも出てくる。
初日からこんな関係に🤣
何しに来たんだ🤣


「注いでやるよ」
初めてのお家に来た感じゃないみたいな空気が流れてる。
おばあちゃんのつまみも旨い。
こうやって毎晩飲み仲間と過ごしてたんだろう。


…寂しいのかな。
帰る場所は船橋じゃないな、これは。


一緒に晩酌できる誰かが隣にいれば
外に出ていかないと読んだ。
今度、精神科に受診予定なんだと。
薬の前にやれることはある。


飲むだけのボランティアも
今後必要になってくるな🤣
ホントに思った。


最後、息子さん
「本当にありがとうございます!オレオレ詐欺みたい笑 マジでありなんですね笑」


20210723_192514~2


包括から相談。
一昨日、インテーク。
団地の5階。エレベーターがない。

ある男性の方。
「独りが好きなんだ」
「外には絶対に行かない」
「あだ名は『無口』って言われてんだ」🤣

…手強そうだ。

どうやって連れだそうか、
何が好きなのか、
何がキーワードになるか、
会話の中で推察する。

「うちは若い女の子たくさんいますよ」 

なんて、関係が出来てないうちからそんなことを言ったりすることもよくある。
ある意味賭けみたいなもんだ。
これで本気で怒られて「もう来るんじゃない!」ってなるかもしれないし。

でも、ハッとした😳
途中からニヤニヤワクワクしちゃってた。

だって、無口ってあだ名なのに、
まあベラベラしゃべってくれる🤣

それが、奥さん疲れちゃうのかな。
そういったのを引き出すのが好き。

最後、
「せっかくだから、見送ってください!」
って言ったら、団地の5階から降りてきてくれた🤣

けっこうキテるのか😳
すぐ出てきたじゃないか🤣
うまく行きそうな予感。

やっぱりこの仕事は面白い。
20210721_121848~2


こんな近くにこんなすごい人がいた😳
それを支える奥さんもすごい人。


その男の名は今西航地(42?たぶん🤣)
千葉県東金市で【コイノニア】を運営。


物心つく前から、カオスの中で育ってきたからそれが普通なんだよね。
アメリカに行ったり、大学院に行ったり。
学びを止めない。


夢は以下。
すごい覚悟だ。


―――――
少年期から高齢者や精神疾患のある人とと共に生活する環境にあった。


アメリカの大学で心理学を学び、25歳で独立、現在の住宅型有料にあたる【グループリビング コイノニア】をスタート。その後居宅・訪問・デイを併設。


自身の先天性の病と青年期の怪我により、16歳から子供ができない事実を突きつけられ
悩んだ末に出来事の意味をプラスに捉え、”だったら100人、200人の父となろう”と思い立ったのが、全てのモチベーションの基。


ファミリーホームはこれから。最期の時まで(なんなら告別の時まで)を共に生きる場作りをしている。


現在は大学院に通う。仕事と父親の3足の草鞋。福祉の中にある言葉にならない想いや関係性などを明瞭にしたい。
――――
刺激的😳


色々繋がって吸収したいと💪
オススメ!
ぜひお友だちになって情報交換を。


横の繋がりもあると、なるべく在宅で暮らしていきたい家族の危機のとき「薬漬け」にならない体制を構築できるからね。大切だと思う。

20210709_204427_HDR


コイノニア↓

このページのトップヘ