2017年09月22日

季節のうつろいと畑の野菜たち

こんにちは。副広報の木村です。
朝夕はすっかり涼しくなりましたね。

私は小さいながら家庭菜園を楽しんでいます。
今年は花オクラに挑戦しました。オクラというと若い実を食べるものですが、花オクラは文字通り花の部分を食べるオクラです。順調に育って、ハイビスカスのようなきれいな花が咲きました。
夏の間は毎日花が咲いたので、数日分の花をためておひたしやサラダにしていただきました。
DSC_1051


花びらは、オクラと同じような独特の粘りがあり、なかなか面白いお野菜でした。
でも9月半ばごろからだんだん花も小さくなり、残りのつぼみも数えるほどになりました。
残念ですが、そろそろ片付ける時期がきたようです。

他にもミニトマト、サツマイモ、落花生などを育てていますが、夏野菜のミニトマトももうおしまい。
その代わり、もうすぐサツマイモや落花生が収穫できそうです。
この写真は落花生。茎から出ている根っこのようなものが地面に潜っていき、そこに豆ができます。
目に見えないところに育つので、収穫時期の見極めが難しいですが、生の落花生を塩ゆでしていただくのは格別です。
DSC_1054


こんなふうに、畑のお野菜を通じて四季の移り変わりを感じることができて、とても楽しいです。

来年は、大きな畑を借りる予定です。
今度は何を植えようかな?と考えるのも楽しいです。
素敵な野菜が育ったら、また紹介させてくださいね♪


ishikawa0831 at 22:28|PermalinkComments(0)コミュニティ日記 

2017年09月18日

加賀パフェをいただく

こんにちは、広報の酒井です。

読書の秋・スポーツの秋・私はやっぱり食欲の秋です。
連休に行ってきました。念願の「加・賀・パ・フェ」めぐり

説明いたしましょう「加賀パフェ」とは
石川県加賀市のおもてなし喫茶メニュー(3時のおやつ)として
開発された地産地消5層パフェで16の定義があります。
「ルール」
①正式名称は「加賀パフェ」とする
②英語表記「KAGA Parfait」とする
③加賀市産の加賀九谷野菜(ブロッコリー・味平かぼちゃなど)、
 牛乳、お米、はちみつ、吸坂飴、献上加賀棒茶等を使用する
④パフェは5層とし、その上にトッピングをのせる
⑤パフェの1層目(底から数える)は「色鮮やかなゼリー」とする
⑥パフェの2層目は「はちみつ生クリーム」とする
⑦パフェの3層目は「野菜スポンジケーキ」とする
⑧パフェの4層目は「ポン菓子」とする
⑨パフェの5層目は「ブロッコリーアイス・味平かぼちゃアイス・温泉
 卵など」とする
⑩パフェのトッピングは「加賀九谷野菜など」とする
⑪パフェの内容は季節によって変わる場合もある(特に1層目・3層目・
 トッピング)
⑫名物菓子「吸坂飴」を使った各店こだわりのオリジナルソースをつける
⑬急須に入れた献上加賀棒茶をつける
⑭協議会指定のパフェグラス、受け皿(九谷焼)、ソースカップ(九谷焼)、
 急須、コースター、棒茶カップ、スプーンを使用する。協議会の
 レイアウトにする
⑮協議会のスプーン袋を使用する
⑯料金は980円(税込)以下とする
上記の定義に基づき、2016年3月12日にデビューしました。

パフェ食器類

受け皿・ソースカップ(九谷焼)・スプーン(ロゴ入りのスプーン袋)・棒茶カップ・献上加賀棒茶・コースター(加賀手織り)急須・お盆(山中漆器)
食材だけでなく器類にもこだわっているところが特徴で、1年間で1万食を販売するヒット商品です。
加賀パフェは全6種類
2017年バージョンは更にクオリティがアップしているそうです。
悩みに悩んで今回は2種類いただきました。

まずは「味平(あじへい)かぼちゃのスィーツパフェ」

かぼちゃパフェ②

モンブラン・プリン・シフォンと味平かぼちゃづくしのオンパレードです。
ポン菓子と玄米フレークのミックスやトマトの甘露煮にしそゼリーなど
それぞれの相性も抜群!サクサクの吸坂飴クランチをかけて
食感もバッチリ!大大満足いたしました。


そして次に
「旬の生野菜と生温玉パフェ」

べんがらやパフェ①

ベビーリーフ・大根・にんじん・れんこんチップなど盛りだくさんの生野菜(⌒-⌒)
生姜のアイス・シフォン・キャラメル味のポン菓子などお互いを引き立てる味が満載。
注目は温泉水をシロップにし、かぼちゃ焼酎で香りをつけた「生温玉」!!
まったり後味さっぱりのお味でグットした。
きれいなオレンジ色の人参ゼリーと筍酢が隠し味の吸坂飴ソースの相性は抜群!
大大満足。大変美味しゅうございました。
あと4つも制覇しようと思います!!

地元愛満載の「加賀パフェ」は観て・食して・味わえば満足すること
間違いなし!石川に食べにきまっし!!


ishikawa0831 at 23:55|PermalinkComments(0)コミュニティ日記 

2017年09月11日

新品種 「ひゃくまん穀」

会計の森です、こんにちは
私の暮らす能登でも、いよいよ稲刈りが始まりました❗️
IMG_6712
IMG_6710

「実るほど こうべを垂れる稲穂かな」この時期になると、頭をよぎる 大好きな格言です。
IMG_6706

さて石川県のお米に新品種「ひゃくまん穀」が誕生❣️
9月下旬に刈り取り、10/5一斉発売開始となる予定です。
今回は、この「ひゃくまん穀」を取り上げてみたいと思います^_^
IMG_6646

石川県が9年の歳月を掛けて 研究開発した新品種
初めの名は「石川65号」
9516通の応募の中から選ばれた正式名称は「ひゃくまん穀」❣️❣️❣️
加賀百万石 石川を連想させるステキなネーミング
IMG_6645

その特徴は❓
大粒で、粘りが強く、食べ応え有り!
冷めても、味が落ちない!
そう、おにぎりや、お弁当に適しているんですね✌️
また、コシヒカリより2週間程収穫時期が遅いので、生産者さんとしては、収穫時期が重ならないという利点もあります。
生産量は今年度約1500トン
2021年には、7800トンまで増やす予定で、県外への出荷も目指しているそうです(o^^o)
IMG_6703

最後にオマケ🤗
息子が九州で扱っているお米です。
IMG_6705

コシヒカリより、少し粒が細長いかな?
近年、九州のお米も「美味しい」と言うことで、話題になってます。
色々な県のお米、食べ比べしてみませんか?
最近はオシャレなダイス状で、2合づつ少量売りしたりしてますね。
お寿司に合う❗️ピラフに合う❗️などなど
日本人にとってお米は、大切なソールフード ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪大切にしたいと思います


ishikawa0831 at 11:51|PermalinkComments(0)コミュニティ日記