石川三十五右衛門のつぼ

酒と芝居とネット の 三角地帯で難民キャンプを張る 三十路のサラリーマンblog。「石川五右衛門の7倍手ごわい」を目指す。

学生のころ、私は某社の社内資料を作るアルバイトをしていました。お客さんに見せるプレゼン要の資料だったり、キャンペーンで配る小ロットな印刷物なんてものを作ったり。社内の出力センターのようなところです。 そんな部署にいると、とても社外に出せない資料を作るとき …
続きを読む

軍団(カムカムミニキーナ@シアターアプル) また初日に行ってきました。今回はカムカムミニキーナ松村武作・演出の「軍団」です。 カムカムミニキーナは、私にとって気軽に見られて勢いで楽しませてくれる存在です。彼らの売りは本でも演出でもありません。ステージで役 …
続きを読む

ピクトさんの本内海慶一 買ったきっかけ:「秋葉原のLAOX THE COMPUTER館が閉店するから、安売りしてるよ」と言われて駆けつけてみたら、安いものはほとんど売り切れていてこの本ぐらいしか欲しいものがありませんでした。 感想:ピクトグラムが好きなので、いろんなピクト …
続きを読む

Windows5000ヨーロッパ企画 「うわ、人口問題深刻だねえ。」 バックカバーのコピーはこれ。近未来、蜂の巣のように密集した住宅事情で、人々はどんな暮らしをしているかという設定のお話。ドラえもんのように押入れで生活しているような住人ばかりで、アパートの隅々が押 …
続きを読む

Eネ! 「人の怒らせ方講座」テレビ東京 日曜26:30~ テレビをザッピングしていたら、ついにあのプロジェクトが新番組として登場ですよ! ビデオショップや量販店のビデオコーナーに行くひとなら、一度は見かけたことがあるDVD「温厚な上司の怒らせ方」、それとも「スカイ …
続きを読む

メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書 (298)) 家の近所の本屋さんで買いました。科学報道は、報道の中でも正しいかどうかを確認しやすいはずです。ということは、報道をじっくりと検証することができるということ。マスコミの言い分が、どんな論理で …
続きを読む

インタラクティブの流儀 ブランド価値を高めるネット広告クリエイティブ 丸の内OAZOの丸善でみつけた本。オビのコピーが目にとまった。以下、オビから引用 ネット広告のつくり方がガラリと変わる。 トップクリエーターたちが明かした、最先端Webコミュニケーションのノ …
続きを読む

「インテリジェンス 武器なき戦争」を読んで、読みたくなった本「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」(佐藤優) 実に読み応えがある。この本を読んでから「インテリジェンス」を思い返すと、単なる自慢話だったんじゃないかとさえ思えてしまう。 この本は国策捜査 …
続きを読む

「らさある亭 劇団対抗コント大会」@本多劇場(2007/9/29) 久しぶりに本多劇場に行きたいというのと、猫のホテルのメンバー(表現・さわやか)を観たいというのが目的でいってきました。 今日は何時開演だっけ?なんて思うほど気軽に観に行ったわけで。 気づいたら、今回 …
続きを読む

10月1日からキリ良くスタートしようとしたら日付が変わってしまったという、間の悪い私が、八橋壮太朗です。 これから私生活を自分で書き込んで、誰でも見れるとこに公開する…公然な陳列であります。タイホであります。 よろしくどうぞ(^^) …
続きを読む