北陸の砂金堀り師への道

北陸・飛騨を中心に活動する宝石マニア、砂金掘り記載屋の活動記録。金属・酸化鉱物全般です。基本は購入、小生のお宝は博物館級のルビーナイスですね。(ナイスにルビーの斑晶がいっぱい) ※今後、記載に相容れない方とは一緒には活動しません。

この先が楽しみ

練習帰りにS川に後輩を誘ってほんの2時間程度砂金掘り。
道具は一式積んでいるのですんなり川に・・・
小一時間パンニングの要領を教えるとそこそこパンニングを理解し、何とか砂金を採取できるようになった。
初心者の採取基本は
1.まずはクラックを見つけて掘る
2.盤の上の流れに洗掘されない落ち込みをさがし、貯まっている土砂をふるう
3.慣れた人と行くこと(これが原則ね)
ですね

なんとか3ミリ大のを一個と粒をそこそこ採取してデビュー戦終了!この先楽しみだ。
このさき、親子で富士登山に来月行くとか。その途中で博物館経由で水槽デビューするそうな。11日あたりでしょうかね、スタッフのみなさん、よろしくです。
親子砂金掘り師誕生間際の一日でした。

S川の有力な砂金掘り師がまた誕生ですね。

こりゃいい話だが、場所がね・・・

お知らせが来た、見聞きしたいが無理か・・・

第41回 南極隕石シンポジウム(はやぶさシンポジウム共催)
   日程:2018年12月4日 (火)-12月7日 (金)
   アブストラクト投稿締切:2018年8月31日(金)正午
   場所:JAXA相模原キャンパス
   詳細:http://www.nipr.ac.jp/symposium2018/

鉱物学会の今年の学会は山大か~~ふむふむ

2018年9月19日~21日に山形大学で開催
9月22日(土)は 蔵王温泉,蔵王山の巡検実施予定
午後からは日本鉱物科学会一般
普及講演
「日本の国石・ひすい」も開催予定


あれから11年経過したのかね

平成19年はある意味いろいろなことのあった年だ

科教協イベントで北国新聞に私の採取標本と黄金の左手がアップされた

しかし、それはまだ手始め的なこと・・・一番は?!

そう、宇都宮聡と出会った年

現在某大手企業の人事部研修部長で彼が金沢赴任時には一緒にいろいろ悪さをしたね。表には出せない、まあ、関係筋には言えないことだけど、墓まで持って行くようなことも一緒にはした仲だ

一緒に砂金掘りも化石掘りもした、いい友だが、最近は本家の関西で活動しているみたい。

そういえば、昨今の西日本豪雨、彼は愛媛の野村出身。かなりの被害だとマスコミで取り上げられ、目にしていますが、彼の実家は大丈夫かな?上流にダムがあって大雨の際の放流について問題が上がっているようだね・・・ともかく、無事を祈る!で、また、一緒に例のところに行きたいね?秘密は誰も知らない??

※※なぜ今かって???
ちょうど7月14日土曜日に飛騨の六厩に砂金掘りに行って初めて現地のまともな標本(米粒大)を採取した日で、帰還後家でくつろいでいたら揺れましたな。頭上の大きな額が頭の上に落ちてきたのだからね、この年二回目でした。能登半島地震が3月にあったな・・・
ギャラリー
  • 楡原衝上断層
  • 楡原衝上断層
  • 帰り道に
  • 帰り道に
  • 帰り道に
  • さらば博物館
  • 新兵器
  • 遺跡調査~黒川金山
  • 遺跡調査~黒川金山
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor 天気
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ