石川数学塾大阪

2014年03月

桜の花咲く四月が、もうすぐそこまで来ています。新学年・新学期の始まる四月でもありますね。新しく始まる授業の予習を、一緒にしてみませんか。

皆さん、学校の授業が始まるのを待ち遠しく思っていることでしょう。ところが、いざ授業が始まってみますと、授業ごとに宿題が出されていったり、そもそも新しい学年や教室になかなか馴染めずに落ち着かなかったり…。時間にゆとりがある今の時期とは、明らかに違ってきます。それを見越して、じっくり考えたり、立ち止まって考えたりできる今こそ、前学年の復習や新学年の予習に時間を割きたいものですね。

石川数学塾大阪では、到達目標、通塾時間帯(①午前、②午後、③夜)、通塾回数(テーマにもよりますが、2~4回)を柔軟に設定できますので、皆さんが「今まさにやりたいこと」に即応できると思います。残り少なくなりつつある春休みですが、今からでも申し込み可能な時間帯がありますから、最寄の各教室(学園前、高の原、上本町、枚方)へ、お気軽にご連絡ください。


石川数学塾大阪・枚方広報部

こんにちは。石川数学塾大阪・広報部です。


本日、3月14日(金)、朝日新聞奈良版に、春期講習・通常授業抱き合わせの受講生募集広告を出させていただきました。


春期講習・通常授業ともに、お問い合わせお待ちいたしております。


お気軽にお電話、またはメールください。



石川数学塾大阪・広報部

杉浦 功

生徒のみなさん、定期テストの結果はいかがでしたか?

日頃の頑張りが成果に表れた人も、
残念ながら今回は思う様な結果が出なかった人も、
春休みは他人と差を付ける良い機会です。

特に、この春から受験生となる新高3生、新中3生で、
苦手分野を持つ人はぜひこの時期に解決しておきましょう。
夏休み、冬休みまで残しておくと、受験までの残り時間がだんだんと押し迫り、
時間的な余裕が無くなり、だんだん苦しくなって来ます。


当塾の春期講習は苦手分野をピンポイントに学習することが出来、
また、日程・時間も自由に選ぶことが可能です。


講習案内は当ホームページよりダウンロードいただくか、
ご連絡頂ければ郵送もさせて頂きます。
もちろん教室でも配布しております。


多数のご参加お待ちしております。



高の原教室 飯尾

大阪通信 Vol.26 配布開始しました。「土器が誘う魅惑の古代史」について語りました。今回もちょっと覗いてみましょう。


----------
唐突ですが、土器に凝っております。「煮炊きや保存のための料理道具ですな」と、はい、元は…と言えばそうでした。人間が人間の食事に供するために、土器をつくり、土器を使っていただけなら、「お見事!薄くて硬いお茶碗に進化しました」、これで一件落着でしょう。私が土器に凝ることもなかったと思います。瀬戸焼や常滑焼に凝らない限りは…。


人間がカミの食事に供するために、土器をつくり、土器を供えはじめたとき、私を惹きつけてやまない土器たちが出現したのです。実物をご覧いただきましょうか。
----------


大阪通信 Vol.26、石川数学塾大阪・学園前教室にて好評配布中です。ご自由にお持ちください。


なお、中入倉庫に大阪通信のバックナンバーが揃っています。先週の 大阪通信 Vol.25、今週の 大阪通信 Vol.26も、春講前最終号につき倉庫に新収納しました。みなさん、ご覧になってください。



学園前教室長・杉浦

3月に入り、日に日に春らしい陽気になってきていますね。

春期講習の案内ができましたので、お知らせさせていただきます。
3月17日(月)~4月7日(月)までとなっています。(教室により若干の違いはあります。)
詳細は各教室までお気軽にお問い合わせください。

また、新入塾生の体験授業も絶賛受付中です。みなさんのご参加お待ちしております。

春期講習はこちら
上本町教室 中土井

このページのトップヘ