みなさんこんにちわ。11月も終わりに近づきようやく寒くなり始めました。とは言え日中の爽やかな日差しが何ともうれしいですね。

さて、期末試験を目前に日々奮闘中のことと思いますが、冬休みを控え、きょうは「冬期講習の有効活用の仕方」を少しレクチャーしたいと思います。

2学期は1学期に比べ、基本的な内容から一気に応用、発展内容へと進んだのではないでしょうか?1学期はわかっていたのに、急に授業が早くなって知らない間に置いていかれちゃったって方も、たくさんいらっしゃるのでは。

テストの答案が帰ってきたら、くしゃくしゃ・クルクル・ポイっとしてしまわずに、次回のテストのためにもしっかり振り返りましょう。

理数系科目はわからなくなったところまで戻らないと、本当の意味での苦手単元・消化不良の単元の克服にはなりませんよ。

日頃はなかな手が付けられないことも、この冬休みを利用してしっかり復習、振り返りをしましょう。えっ、どうしていいかわからないって?そんな時は石川数学塾大阪の経験豊富な各教室長に是非ご相談ください。

もうしばらくすると、冬期講習も始まりますので、あなたの弱点や今回のテストの課題など、親身になって相談にのってくれること、請け合いです。

では、ここで少しだけ振り返りのポイントをお伝えします。

まずは、返却された試験の中から、
①、自分の目標とした点数を上回ったものを良い方から、3教科ピックアップする(無ければ1教科でもよい)
②、自分の目標とする点数を下回ったものを悪い方から、3教科ピックアップする。
③、①と②に対して「意欲(取組姿勢)」「勉強した時間」「勉強した内容」について比べる。
すると、不思議なことに良かった教科で共通点が。悪かった教科で共通点が見つかるものです。それがあなたの「強み」と「弱み」です。

さぁ良かった教科の強みの共通点を、悪かった教科に活かしてみましょう。次回劇的に点数が改善すること間違いなし!?ですよ。

では、冬期講習でお会いできる事を楽しみにしていますね。


上本町本部教室 中土井


冬期講習のご案内