石川数学塾大阪

カテゴリ: 香里園駅前教室からのメッセージ

こんにちは。
長いゴールデンウイークも終わり、
いよいよ中間テストの時期になりましたね。
つい先日までは肌寒い日もありましたが、
今日なんかは、すっかり夏模様の季節ですね。
昼と夜との寒暖差で風邪などひかぬようお気をつけ下さい。

では、早速、表題の件ですが、
計算は得意だが、
文章問題や、応用問題は苦手で・・・・・。

という方が結構おられます。
苦手、つまり、解けないと言うことなんですが、
では、どういう勉強をすれば、得意になるのか?

色々、その方の性格や、その学年にも依りますが、

良く聞く言葉でおなじみの・・・・

『図を書いて考える』

ですね。

私もそう思います。

では、図を書いてみてと言っても今までほとんど書いてこなくて
こんにちまで来てますので、どのように書いていいのか?
と躊躇されて思うように書けないケースがほとんどです。

そうすると、先生が横について、
一緒に問題を読みながら、
こうやって、こういう風に書いてるから
それを、この図にこのように書いてこうこう・・・・。と解説すると

先生の隣に座ってこの解説を聞いてる生徒さんは、
うんうん・・・・。はいはい・・・。
で、後は、こういう風に解くと・・
ほらね。簡単でしょ。・・・だから図を書いて考えると
解けるんだよ。・・・・(ホーなるほど・・・)

次の問題は・・・・・と延々模範解説・・(解答でなく。)
を続けて行けば、少しは図を書いて解けるようになるかも知れません。

しかし、翌週に先日の問題のやり直しをするも、
あまりにも素晴しい先生の書いた図を思い出すことしか考えず
どんな図だったかばかりを気にして、
結局、図もかけない、問題ももちろん解けない。
(しかし、中には数字と計算方法だけ覚えてて、答は合ってる。みたいな生徒さんもいらっしゃいますが・・・・。)
と言った現象になりがちです。

私は、図を書くポイントは一つだと言ってます。

自分のノートに書いた図を見ながら、どんな問題か?
を他人に問題の説明できれば良い。



と、しています。
そうなると、初めのうちは、人により、
図というより、
問題のほぼ、書き写しみたいな図とは、
いえない様な文章丸写しとなるかもしませんが、
人間、普通に向上心がありますので、
自然と慣れてきます。(解くための図が書ける。)

その図を書く練習を続けてきた勉強と
図を書かずに過ごしてきた勉強方法の違いで、
小学生、中学生3年、高校3年と積み重ねることで、
力が付いて来るんだと思います。

つづく・・・・・・。

理数専門塾 イシカワスウガクジュク



tikenn只今、

新規入塾希望者さまに
無料体験授業実施中
です。

(※個別入塾説明会も同時開催中・・・・。)

★各教室に、お問い合わせや説明会希望などを頂きまして、誠にありがとうございます。

また、香里園駅前教室におきましては、京阪本線 香里園駅よりすぐの交通至便な場所の関係でしょうか?
 チラシ配布の近隣エリアに限らず、京都の伏見からとか 遠方の方々まで、このホームページをご覧頂きまして、遠方より説明会にお越し頂いたりして、感謝している次第です。


新学期の新しい学年から、お子様が学校が変わり通学が変わったりすると通学時間も多くなったりします。


新しい学校の授業で不安な方など、是非、この機会にご予約頂き、
無料体験授業をお気軽に体験してみてください。




お気軽にお問い合わせください




こんにちは。

いよいよ、
新学年の授業が始まりました。

春休みが、終わり。、
学校では、
クラス替えもあったり、新しい学校の通学したり、
新しい担任の先生や、
新しいクラスメンバーやら・・・・。
いろいろな変化のある時期ですね。

そう、
いろんなことが同時に始まる
春の始まりですが、

また、同時に
勉強も新学年が始まって、
各科目の授業も始まりつつあるでしょう。

そうこうと新しい環境に慣れない間も、
新しく習得していく授業の内容は、バタバタしてても
進んで行きます。
特に数学、算数に関しましては、
ドンドン難しくなる一方です。
うっかりしてる間に解からなくなる・・・。

そこで、春にいろんな変化に捉われず、
普段から少しづつで良いので、
問題演習の時間をとって、
落ち着いて、勉強にも取り組む事を
忘れずにお願いします。

数理教育専門




香里園駅前教室の川添です。


教室の通われてる 現小学6年生は、1通り小学校で習う範囲を
終わらせて、ほぼ中学1年生で習う予定の所、
正負の数から塾で進め始めている状況です。

中学に入りますと
小学校の時のメンバーと違ったり、
通学路が違うし、
学校の先生も違うし
新しく クラブ活動もどうするとか?

落ち着いて勉強に集中できない環境に置かれます。

そこで、学校の授業に多少集中出来なかったとしても
塾の方で、先に習うところの予習が出来てれば、
あせることもなく、遅れる事無く、スムーズに行く場合が多いからです。

特に数学と言う教科は、 積み上げの科目 ですので、
今 解らないところをほっといても
先に進めないと言う状況になり、どんどん理解できない状況が
続くことになりますので、準備するほうが良いとの考えです。

正負の数・・・加法減法→乗法除法→四則計算→方程式と
続きます。途中があやふやで、方程式が得意になったりは無理がありますので、
もう2月ですので、

4月の新学期始まるまでに少しでも進めて行く事がお勧めです

石川数学塾大阪


こんにちは。

香里園駅前教室の川添です。

季節的にも少し暖かくはなってきたでしょうか?

大阪の方では、桜の開花宣言はまだみたいで、3月27日ぐらいになりそうでしょうか?

春休みと言うことで、気候もよくすごし易くはなってるでしょうが、

春休みを利用して、復習や予習の計画はばっちりでしょうか?(笑)

例えば、4月から中学2年生になる方は、

1年生の時に、方程式の計算は出来るけど、

「応用問題や、文章問題は苦手だったな~。」

「あの比例、反比例のグラフは今も出来ないな~。」

と言う方は、中学2年生で習う

連立方程式

一次関数も苦手なまま点が取れない可能性が、です。

方程式の応用問題を種類別に列記しますと・・・・・

①文字の値に関する問題
②数に関する問題
③代金・個数に関する問題
④分配に関する問題
⑤過不足算に関する問題
⑥年齢・平均に関する問題
⑦速さに関する問題
⑧利益に関する問題
⑨食塩水に関する問題
⑩増減に関する問題
⑪図形に関する問題
⑫点の移動に関する問題
⑬規則性に関する問題


ざっと13項目に関してあらゆる問題が解けるようになるにはどうするか?

多くの問題を解いて、解いて、解いて・・・・・・・・・・

少しは問題を解く心構えとかコツはありますが、
やるしかない(時間をかける)ですよ。

春休みは学校の授業がお休みなので先に進みません(当然ですね。)

その間に苦手なところを上の1分野でも得意になるチャンスです。

「えっ?クラブ活動が忙しい?」

クラブの練習は毎日するのに勉強と言う練習も毎日しましょうよ?(笑)

クラブで寝屋川市や枚方市の大会で上位を目指し、その後選ばれて近畿大会、更に全国大会へと
・・・・・・。

同じように勉強も同じ学校内でクラスで成績上げて、大阪の4区内で、希望高校めざし、

更には大学と言う全国大会へ行って戦うには、

毎日コツコツするしか無いのですね

石川数学塾大阪の春期講習は1回の授業が150分。

上の特に苦手な分野の食塩の問題だけも解けるようになる・・・。

そんな方を応援していきますので、

1回の申し込みでも受け付けてますので、

お気軽にご相談ください。

※ご希望の日にちや時間帯によっては、既に締め切ってるところもございますので、
その際はご了承ください。



春から始める・・・・

このページのトップヘ