哲学的な顔

20160721 007今朝ついにわが愛犬の写真を撮りました。

ゴールデンレトリーバー7歳7ヶ月

いまだヤンチャ盛りです。

カメラを向けると静止することなく

動き回る私に似た

少しおバカな家族の一員です。

20160721 011写真はまさに本日朝撮れの

新鮮なものです。

御堪能ください。

それではきょうもすばらしい一日を!!

世界最速のオートバイの造形美

前々回に続いて

またまたこれまた美しいオートバイに遭遇いたしました。

今回もシャッターを切る手が震えました。

20160523 0091980年代に生産開始された

当時としては世界最速のわが日本のヤマハが生んだ

美しいオートバイです。

その名も

Vmax1200

最高速度は300km/h近く(もちろん輸出仕様)

最高出力145馬力

2007年製造中止

脅威のスペックは

もはや

市販車の域を超えています。

恐ろしいマシンです。

通称『V魔』

いつぞやのフランスの傑作の自動車とは

このマシンはある意味

対極にある

人間が作り出したこれも傑作かと・・・。

それにしても

究極の造形美ですね。

オートバイにはいつの時代も

夢を追いかける

幼き少年のような

男のロマンがあるようです。

五城目町朝市通り散策

きのうの休日

妻と五城目町に行ってきました。

通称朝市通りをゆっくりと散策してきました。

有名な朝市は開催されていませんでしたが

閑散とした昭和の香りを漂わせた町並みを

ゆっくりゆっくり歩いてきました。

五城目町に限らず

日本全国どこの町でも隆盛を極めた町並みが消えて

シャッター通りと化しています。

人っ子一人いない休日の静かな五城目の町を

歩いていると

このすばらしい都市空間をどうにかして

昭和のあのドキドキする町並みに戻せないものかと

しみじみ考えてしまいました。

特長のある店舗

わくわくするなにか

古いものと

新しいものが混在し

一緒になって訪れる人々を癒してくれる

そんな都市空間がどうやったら創れるか

きのうの五城目町の散策で

そんなことを考えてしまいました。

そこに暮らす人たちの元気。

何よりも

この元気が

訪れる人を少しずつ増やしていくような気がしてなりません。

内に閉じたほっこりとした町並みの五城目町

朝市のときだけでなく

常時人で溢れる町になれば

この町は

ほかにはない素敵な町になるような気がします。

飾り立て観光化するのではなく

ゆるやかに時間の流れる異空間の都市として

この町はお似合いのような気がします。





カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ