不穏

アメリカも政治的混乱

極東アジアの緊張

中東諸国の終わりのない紛争

どれもが他の考えや価値観を認めない

不勉強極まりない点で共通しています。

第3次世界大戦などという言葉も

まんざらリアリティに欠けた言葉でもないように感じられます。

技術や情報の伝達が著しく進歩したように見える今日

一瞬にしてそれらが役に立たなくなる現実も

背中あわせで見え隠れしています。

こらえ性のない人間は増えつつあるような気もいたします。

技術や情報伝達の進歩によってもたらされた人間の感覚のそして感性の退化

自分たちの考えが絶対と思う他を認めない狭量な思考。

我が国でも一部の教師や警察官そして医師や議員まで

大人たちのそれに倣ういじめをする少年たちの狡猾

倫理を逸脱した行為を平然とするこの頃です。

ある意味で末法の時代の真っただ中なのかもしれません。


今日は金曜日!!

けさテレビでやっていた

プレミアムフライデーもわるくないかも・・・。

素晴らしい週末を!!













バレンタインデー

きょうはローマの司祭だった聖バレンタインの殉教死した記念日。

『殉教死した記念日』というのはどういう意味かわかりかねますが・・・。

とにかく

この日に愛する人に(特に女性から男性に)贈り物をする日とか。

手元の広辞苑によると

日本では1958年(昭和33年)頃より流行とあります。

昭和33年???

私の生まれた年じゃないですか!

それにしても

今日のこの日に見目麗しい女性の皆様から

チョコレートや贈り物をいただく殿方はこの日本に

どれくらいおられるのでしょうか?

いずれにしてもわたし的には

この日にチョコレートが届かなくなってから

幾星霜の年月が流れ去ったかのような感があります。

愛されていた(もしくは愛されていたと感じていた)時代は

遠い昔。

愛されることより

愛することが大切と

負け惜しみを言いつつ

過去を振り返らず無念無想で生きていきたいと

かたく心に誓う私なのです。

合掌!!






琴線に触れる

心が疲れたとき

遊びに行くお店(会社)があります。

忙しそうに働いているお店の方々と

雑談をしているといつのまにか自分の心が

温かくなっているのに気づきます。

そんな時、自分の心はやさしくなります。

まさに『琴線に触れる』時間なのです。

疲れているとき

心が萎えそうなとき

気の合う仲間とのささやかな会話が

自分を救ってくれる時があります。

心の奥に秘められた感動し共鳴する微妙な心情(広辞苑による。)

そのような時間を

一生の間に多く経験できれば

その人の人生は本当の意味で

実り多い人生と言えるような気がいたします。

お互いの真実の気持ちと気持ちが飾ることなく触れ合うとき

私たちに至福が訪れるような気がいたします。

人は人によって救われるのですね。

そんな時間をきょう味わうことができました。

ありがたいことです。












カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ