2018.8.18




いつも御読み頂き有難うございます。



最近は時々朝が涼しい日があり、
なんとなく夏も過ぎだしている事を感じています。





このブログを始めてより約二年─────



色々な方々の
色々な御意見を頂いております。





賛同して頂ける場合もあれば、批判も多くあります。




また、良い意味でも悪い意味でも
勘違い、思い違いをされたりする場合もあります。。。
(それは私も同じですが)





「一水四見」という言葉がある様に、

立場によったり、また人の性質によっても
ヒトそれぞれ感じ方や見え方が違います。



だから多様な意見があって世の中は当然です。




また、正論というものがあったとしても
「盗人にも三分の理」
というものがあるのでその正邪はともかく
反論は作ろうと思えば作れます。


なので議論としては多種多様になるものだと思います。
(特に文章だと)




その上に時々の感情や状況、そして考え方の変遷───

そういうものも相俟れば正邪はともかく
より様々な議論や多種多様な「一人一人の事実」が生まれます。




私の書いている内容を
ウソだと思うヒトもいれば
事実と思われるヒトもいます。



それは当然の理であり、それ故にどう思われるかの判断は
受け手側の自由なのだと考えます。





私の出来る事は──────



私の見えているもの、
知っているもの、
思っているものを書き連ねていくくらいです。




私は私の範囲での
「私から見た事実」を伝えるのみしかできませんし、
所詮、その程度しか出来ません。。





先日、前回の記事で非公開にしたコメントに
「不毛だな~」さんというHNの方から意見をもらいました。



非公開にした内容は
樋田さんと天生原さんのメールのやりとりの内容が
書き換えられているのでは、という内容だったり
また記事に対して反対的な内容だったり。。。



また私がコメントを非公開にした事につき、

「SOPH...が不正直で
 SOPH...の心根が見えたのは収穫だった」という事、

また削除した内容が組織防衛であるとか隠蔽だ、
そして情報操作の手口、、、、
という旨の内容もありました。。




でも確かに私側の事情がわからなければ
そう思われて仕方ないな、、と思ってしまいました(苦笑)




不毛だな~さんがまだ私のblogを見ているかどうかわかりませんが、、
私としては樋田さんを庇うつもりもなければ、
組織防衛とか隠蔽、、、
それに騙そうという意識も別段まったくありません。。


日蓮正宗への批判などはネット上に山ほどあるので
私ごときが隠蔽しても溢れかえっています。



また、樋田さんに関して言えば、
私が庇う必要なんてない気丈な方なので
なにも心配はしておりません(;^_^A

批判されようが何をされようが
自分でなんとかされるヒトだと思います。。


ですが書き換えがあったのかどうかという件に関しては
実際、、よくわかりません。。。

個人的には樋田さんが
あのやりとりでイチイチ都合のいい書き換えなんてするかなぁ───
とは思う所です。




またblog記事について言えば──
批判的な意見もあるのは当然だと思っています。



肯定・否定と多用な見方があるのは
仕方のない事だと思います。



唯、、あのコメントを非公開にした日の事を言えば・・・



朝の寝起きだった事もあるのかもしれませんが、
似た様な内容の意見を他のヒトからももらっている事や、
また自分の中では答えがある内容だった事、
なによりもHNが「不毛だな~」さんという所から、
「それだと掲載するのも不毛かなぁ」
と気分的に思ってしまった、、、
というのが非公開にした正直な所です。



なので組織防衛とか隠蔽だとか・・・・・・
というのは別段、考えてはいませんでした。。



という事で───
前回の記事に遅ればせながら頂いた
3件の「不毛だな~」さんの意見を公開させて頂いております。
言われている内容も、そういう見方もあると思います。

http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/27891799.html#comments






ですがその中で
実際、言われて思ったのが
「私の心根 (本性?)」
って自分でも一体、なんなんだろうって確かに思いますね。。。。



それをどうのこうのは普段からは考えていませんが、
一念三千から云って色々な面は当り前にあるかと思います。




ましてや他の方々から見れば
多種多様の意見は続出でしょうし(^-^;



色々な面、そして色々な感情もありますし
矛盾だって沢山ありますし、好き嫌いだって沢山ありますし
隠し事だってあったりします。。




心根というかなんというか───



きっと「自分というのはそういうもの───」
なのだと今は思っています。




また、自身の業に加え、顕正会を経た事もあるので
沢山の批判も悪口も重ねた半生になっていますが、
誤解もあれば私の言い分もあったりします。



ですが誤解を解く事も
溝を埋める事も、
抱える多くの事に際し、
納得いく解決は難しいものだとも思っています。



そして、それはそれで今は良いかな、、
と思う様になっています。

道理を通しても相手が納得しなければどうしようもできませんし、
それに私が間違えている場合だって沢山あるでしょうし。。




それに私自身の考えも感情も
いずれ何処かで変わるものだと思います。。


そして周囲も変わっていくものだと思います。。。



きっと─────



時間が経つ毎に、人生を過ごす毎に
多くの事が大小不定で変わっていきます。




成長なのか劣化なのか──

進んでいるのか後退しているのか──

善なのか悪なのか───

正しいのか誤っているのか─────



情報や経験が重なる中に
時に そういう判断にすら迷う事もある方もいると思います。



私自身、信仰という所は抜きにして
生き方を考える上で判断に迷った時期があります。



何が善で なにが悪なのか、
善とはなんぞや・・・


なにが「答え」なのだろうか───
みたいなことを考える時期、ですね。



上手くは言えませんが
そういう時期を真剣に迷って
不確かながらも選んだ事を真剣にこなす内、
気持ちが晴れる答えが
後々に出てきた様な気がします。



勿論、そういうものを
「答え」として勝手に考えていた だけなのかもしれません。



今の私としては成長だ後退だ答えだなんだかんだ・・・・
という定義めいたもので括らず
「とりあえず進めばいいや」
的な楽観した気持ちで「今」を前に進めながら、
そして時に修正を加えながら過ごしている、感じでしょうか。。

(細かく言えば・・・その時々でその方向が正しいと思ってるからこそ
そちらに歩を進めてるという事になります)




きっと自分が正しいであるとか
善であるとかを定義づける事は
後々の事なのかもしれませんし、
もしくは定義なんてつけない、
つけれない様なものなのだとも思っています。




自分からすれば善い事であっても
他者からすれば迷惑である事も山ほどあるでしょうし、
成長したと思っている事が
逆にダメだったという場面もあるでしょうし。



それに主体で見るか、客観的で見るか、
もしくは異なる価値観で判別すれば
評価も全く変わってしまう───

それ故に迷う場合が沢山あると思います。



長々と書いてしまいましたが・・・



私としては軸足を持ちながら、
その上で多くの事は多面的な面で見なければいけない、
という認識で今を進んでいます



私からだけの目線・意見だけでは
なかなかに判別しきれない事ばかりなので。。。
(未熟故に 感情的に一方でしか見てないものも多くあります)




────どうも文章だと表現できない事もあったり
ややこしい話になってしまうのでそろそろやめますが・・・・・




唯、今 思う事は多様な意見はなにに対してもありますが
顕正会に関して云えば私は顕正会は間違いなく邪教だという
認識・立場にあります。



そういう思いに至るまで
色々と顕正会で経験もしてきましたし、見ても来ましたし、
学んで知る事もありました。




反対意見もきっと
これからも沢山あるかと思いますがそれは自由です。




評価はヒトの目線や立場によって見え方も
思い方も違うのでどう思われるのかは常にそのヒト次第です。




意見や主張を掲げ、
叫ぶ事は
自由なので仕方ありません。




ですが、異なる主張に異議がある場合は
可能な限りにおいて
異議を意思表示する事も大事かと思います。



そうする事で正しさを御互い主張していたものが
段々と考えも心も景色も変わる事もあるかと思うのです。



私は私の視点で今後も顕正会に関しては
自分のペースの中、ブログで出せる範囲で綴ろうかと思います。




今ある前進がいづれにしても
後に答えになっていくものだと思うからです。





<目次>
http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/26632796.html






※本ブログは騙されている顕正会員の方々の一助足り得る事を願い
立ち上げるに至った次第です。
以下相談等の窓口ですので何か思い至れば御連絡下さい。
冷やかし等、悪意の内容には返信しない場合がございます。
他、私事で返事が遅くなる場合があるかもしれませんがその場合は申し訳ございません。

連絡先 SOPH... (ソフ...)
→jitsujounoichizennikiseyo@gmail.com