今日は手短に。。

新しく開設されたブログの御紹介です。。

管理人は「元・男子部11隊・18隊、隊幹事」 です。

http://blog.goo.ne.jp/yamanoha01/e/b3ec07b9aaa8d5d34030d2102315291b







色々と日々あるのですがブログ更新はゆっくりです。


本日7/2 は「たんぽぽブログ」の管理者様と元・区長が広島市内に御奉公に訪れていました。。


私も事情があって顕正会員の方と会う席に
同席をする事となり、広島会館の傍のファミレスへ。。。


唯、相手の方が私だとわかり、すぐさま帰ってしまいました。




その後、とある幹部の方がファミレスの駐車場に入ってきたので、

一応挨拶にと思って車の傍に行ったのですが・・・

その対応は非常に残念な思いをする場面となりました。




その後は広島会館の裏にある公園でたんぽぽさん達、、、

少しの時間、ビラ配布を開始しました。。


あらあら。。。。




そうすると衛護隊が到着し、その子は案の定、私の知ってる子でした。

また、かつての同志が数名。。。。


懐かしい────



色々と思う事、考える事ができましたね。。。




何故、私が呼び捨てにされているのかも疑問ですが


何故、「SOPH...と話をするな」
と上の幹部が言っているのかも疑問です。


「上の幹部」は自らが出て話に応じる事もできないのに。




私は顕正会員を憎んでいません。

また別に卑しい事をした訳でもない。

信仰の所属を変えただけです。



たったそれだけで、
人間関係を絶つ指示ができる顕正会の中枢幹部。



「正しい、強い、白蓮華の団体・・・・」



内部にしか「正しさ」を吠えれない中枢の幹部連中。

気付いているであろうと思います、自分の弱さ、そして矛盾に。


少なくとも私は一念信解路線で育った幹部の弱さを知っています。




「宗門とは話をしなくていい」

という幹部の指示が
マトモな中堅幹部ならばまったくおかしいと思っていると思います。

どうして「正しい」と叫ぶ顕正会が逃げれる道理があるのでしょうか。



また「時間のムダ」という詭弁も良く聞いた。

浅井会長の指導では
「仏法にムダはない」
だったのではないでしょうか?



私は正常な道理がわかる顕正会員の方々は
「宗門と話さなくていい」
という指示には違和感を感じているものと思っています。




また、ある程度の責任職にある幹部は違和感を感じていても

「宗門と話さなくていい。助かった」

と対応しなくていいので安堵感を持っている者も多くいる事を知っています。




顕正会は間違っています。

しかし、正宗を批判する方々も勿論あります。

でも、それぞれで論議すればいいと思うのです。。

過ちは過ちと認め、また誤解だってあるかと思います。




ウソをばらまき、人間関係を絶つ事で、
自宗の批判をかわそうという顕正会の姿勢には
本当に異常を感じてなりません。






※本ブログは騙されている顕正会員の方々の
一助足り得る事を願い立ち上げるに至った次第です。
以下相談等の窓口ですので何か思い至れば御連絡下さい。
冷やかし等、悪意の内容には返信しない場合がございます。
他、私事で返事が遅くなる場合があるかもしれませんがその場合は申し訳ございません。

連絡先 SOPH... (ソフ...)
→jitsujounoichizennikiseyo@gmail.com