4.16は支部登山で大石寺に行っておりました。


晴天に恵まれ、そして二度目の御開扉を受けさせて頂きました──

本当に有難い事です。。

登山に関してはまた記事を作ろうかと思っています。

--------------------------------------------------------------------



さて題記の件です。

幻の総支隊長も先日記事にされていましたコピー本尊の件、
法華講員の樋田さんが
また新たに顕正会版の日寛上人の御形木本尊と、
正式に日蓮正宗から御下附されたものとを
比較検証された記事を出されているので以下紹介致します。
---------------------------------------------------------------------

◆4.17時点での
顕正会版日寛上人御形木本尊と
正式の御本尊との相違点(写真あり)

http://toyoda.tv/kensyokai.nisehonnzon.htm


-----------------------------------------------------


浅井会長曰く、

「松本能化から譲り受けた」と言われる、日寛上人の御形木本尊。

そうであるならば、
日蓮正宗の正式の日寛上人の御本尊の筈なんです。






しかし、今、自宅拠点に何百と出回っている本尊は・・・・

写真を見ての通り、
正式に正宗で下附されていた御本尊様と
相違するものです・・・・






何故??





松本能化から「譲り受けた」筈の本尊が、

何故、正式に下附されたものより拡大され、

また、何故 表装も違うという相違点が出るのでしょう?




「譲り渡した」と云われる、
松本能化が御本尊様をわざわざ拡大し、
わざわざ表装を変えたというのでしょうか?



それとも浅井会長が・・・・・・?

それとも本部職員が・・・・・・??



誰がやったのか、、、
また何を信じるかは勿論、個人の自由です。



ですが、事実、顕正会の拠点の本尊は、
正式の日寛上人の御形木とは異なります。


拠点責任者の方々、、
そして拠点に参詣されている方々・・・・



もし、信じている拠点の本尊が
まったくのコピー品だったらどうされますか・・・



ましてや・・・・
御本尊様を複製できる心の持ち主に
付いていく事が本当に正しいのでしょうか・・・


御本尊様を複製できる輩は仏法に於いては
どんな悪事でもできると思います。


嘘をつく、人を騙し貶める・・・
何でもできます。



今まで学んだ 「浅井会長の戦い」・・・


また、
「宗門は御遺命を曲げ、
僧侶は腐敗堕落し、職業坊主で信心がない」


「唯一、御遺命を死守し、
広宣流布に命を懸け、
戦っているのは顕正会だけ」


それらが だったとしたら──





松本能化から譲り受けた筈の
「正宗の日寛上人の御形木本尊」。


それが何故、かつて正宗で下附されていた
御本尊様と違うのでしょう・・・・



顕正会の深すぎる闇だと思いませんか・・・



<自宅拠点御本尊につき>

・自宅拠点の本尊はコピー・・?
http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/8436924.html




※本ブログは騙されている顕正会員の方々の一助足り得る事を願い
立ち上げるに至った次第です。
以下相談等の窓口ですので何か思い至れば御連絡下さい。
冷やかし等、悪意の内容には返信しない場合がございます。
他、私事で返事が遅くなる場合があるかもしれませんがその場合は申し訳ございません。


連絡先
jitsujounoichizennikiseyo@gmail.com