今日はつぶやきです。
というよりは、大きな独り言です。。。



明日は顕正会は御大会式ですね。

昨年、書いた記事があったので一応貼り付けておきます。
http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/8060171.html




こう言うのもなんなのですが・・・・
顕正会の「御大会式」、、
懐かしい。。(笑)





顕正会も
立正安国論を読んだり、日興上人御申状を読んだりとしていましたが───
正宗の真似をしている事が離れて初めてわかりました。


今、思えば前席で城衛氏が御金言を読み上げているのは・・・
まったく勧誘には「戦っていない」のだから
顕正会的には似つかわしくないと思ってしまいます。




昔話で恐縮ですが、かつてはあらゆる会合にも
「戦い切って臨もう」
「達成して臨もう」

という事を先輩から常に言われ、そういう姿勢でやっていました。



とりわけ この御大会式に際しては夏の終わりからの最終法戦に向け、
早期達成をかけて
「断固達成」
と銘打ち、九月を思い切り戦っていた記憶があります。




現在も隊長職でいらっしゃると思う当時の隊長が、
私の支隊長時代に、とある席で私の支隊員に向かって

「支隊の代表で支隊長は御大会式に臨むんだから、
 今、皆にできる事は
支隊長を達成で御大会式に送ってあげる事なんだぞ」


という旨の指導をしてくれ、
支隊員の子達が懸命に戦ってくれた事を今でも覚えています。
しかし、いつからか・・・
そういう熱い気質さは顕正会全体で薄れていってしまった気がします。



支隊長時代は顕正会の話に留まらず、趣味、生活、恋愛、ファッションetc...
色んな話を良い意味でも悪い意味でも語り合っていました。

ネットの普及もされていなかった時代だったので、
アナログな時代でした。


その分、当時の同志や先輩や後輩とは相当、密に繋がっていた気がします。
本当に長い時間を共有し、語り、共に同志と動いていた支隊長までの時代。
笑いが絶えませんでした。

若さも勿論あったと思います。
そして顕正会が絶対であるという確信に満ちていたから、
というのもあるでしょう。



顕正会の思い出はよく
「最悪だった」
という声も聴きますし、そういう部分があると思うので否定もしません。
ですが個人的には楽しい思い出も本当に沢山あるんですよね。
私は顕正会は明らかに間違っていると思う身ですが、
思い出には嘘をつくつもりはありません。

楽しい思い出は本当に沢山あります。。。



この顕正会の御大会式にも色々と思い出があります。

支隊長以上しか参列ができなかったので
数年間はいつも支隊長を通しての話を聞いていました。


当時の私は顕正会が唯一正しく、
また広宣流布を達成する仏弟子の集団だと信じて疑わなかったので


「顕正会を代表する幹部が一決する」


この御大会式が本当に凄い事だと思っていました。
だから、支隊長に推薦された時、
この御大会式に参列できる事は本当に喜びでした。


最初に参加した時の指導の内容は覚えていませんが・・・・(苦笑)
しかし、よく登壇される幹部の人が沢山眼前にいる事や、
普段交流のない組織の人や、昔の知人に会えたり・・・
色々な角度で本当に気持ちが弾んだ事を覚えています。


明日は私の知っている先輩や
元・同志達も多く参列するんだろうと思います。

その場で中には私の現状を知ったりする人もいるかもですね。
また、嘘つき幹部が嘘を垂れ流す事もあるかもしれません。

そういう意味では懐かしがってばかりはいられませんね(笑)



今、色々と文献を漁ったりし、まだまだ忙しい日々なのですが、
中四国大会も迫ってきているので、少し行動を起こすやもしれません。
結構、勉強されている顕正会員の方も増えている様ですので
私も顕正会関連は近日、再度勉強しておこうと思います(^^)




尚、今晩から関東は冷え込むそうですね。
もう本部では衛護隊が整理券を配布しているでしょうし、
今晩もですが明日の早朝もあるので衣類には要注意ですね。


本部衛護の方にも知り合いが数人いますが、
本当に御勤めは大変だと思います。



今回は特筆する内容は何もありません。
ある事はあるのですが・・・内容的に書けません(苦笑)


最後に、、
明日、参加される幹部の方々は防寒に気をつけて行って下さいね。
また、「顕正会はおかしい」と思われましたらどうぞ御相談ください。

来年は顕正会本部ではなく、
正宗寺院で参列して欲しく思っております。。





※本ブログは騙されている顕正会員の方々の一助足り得る事を願い
立ち上げるに至った次第です。
以下相談等の窓口ですので何か思い至れば御連絡下さい。
冷やかし等、悪意の内容には返信しない場合がございます。他、私事で返事が遅くなる場合があるかもしれませんがその場合は申し訳ございません。


連絡先 SOPH... (ソフ...)
→ jitsujounoichizennikiseyo@gmail.com