「190区の女子部副長の脱会シリーズ」
の途中ですが、、今日は少々息抜きを。。。。





最近は
たくさんのコメントを頂き、
本当に有難うございます。



現役の方の悲痛なコメント、それを励ますコメント。。。
色々と入り乱れて掲示板の様になっておりますが
私的にとても有意義だと思っております。


御存じかもしれませんが最近、
入信歴三十年を超える方々がblog外でも
複数人、顕正会から去ってきているんです。



本当に嬉しい限りです。



ネットにはたくさんの情報があります。


嘘も事実もあるのでどれを信じるかは
常に個人の判断に委ねられます。



私が言える事────
顕正会は間違えています。



本ブログは今日も明日も今後も・・・
顕正会で活動をされる方々が見られているかもしれません。


そういう方には
不愉快極まる内容も多々あるかと思います。


ですが。。。
何処かで立ち止まる時もあろうかと思います。



その時に私達の経験や言葉が、
その立ち止まった方々の足元を照らす、
灯の一つにでもなれたら幸いと思っています。



顕正会から離れる事は悪ではありません。


顕正会こそ悪なのです。



それはいづれの時を経て、
わかって頂ける時が来ると信じます。








大石寺───
大きいんですよ、とても。。。



そして美しいです。




「すご~~い」
と感動していた顕正会の本部会館────



本当にちっぽけです・・・・・



大石寺を知る方は誰もがそう思うと思います。



そう遠くない将来、
一度、大石寺を散策されて頂ければ、と思います。。



本当に良い経験になろうかと思います。



ちなみに私の身内も来年の春、
花見を兼ねて大石寺の散策に来るそうで、
春を楽しみにしています。


大石寺は「順逆ともに来たり」なのですから。。。






そうそう─────


話は変わり、、、
折伏理論書のP.56以降に「八大地獄」が簡潔に書かれていますよね?



この箇所には
「これを単なる比喩と思ってはいけない」
として、死後の命が受ける堪え難き大苦を
比喩即真実として受け止めよ、と。。



理論書の中では
「地獄シリーズ」
は人気コーナーだったと思いますし、
組織の中には一人くらいなぜか、
やたら地獄に詳しいヤツがいたりしますよね?



この地獄の第一番目は
「等活地獄」
です。


此処は
「大地の下 一千由旬の所にある」
と理論書では説かれています。。



その次の
「黒縄地獄 (こくじょう)」は、

この等活地獄の更に下にあり、更に下に下れば


「衆合地獄(しゅうごう)」

更に更に下れば、、

「叫喚地獄 (きょうかん)」


「大叫喚地獄」、

「焦熱地獄」、



と─────。。。



昔、とある後輩と、
「地面を掘っていけば地獄に突き当たるのかもなー」

などと冗談めいて話していました。



しかし、、
先日、都市伝説的ではありますが
面白い話をネットにて見ました。。。
(有名な話なので知られている人も多いかと思いますが)




「地球を12km掘った人類が
そこで見つけた不思議な世界」
という話です。。。



舞台は1989年の旧ソ連で、
実際は14.4kmの地点という事も言われている話らしく、

「世界で一番深い穴」だそうです。



そしてその地底の奥底で
不可解な「音」が聞こえたというのですが、、




それがどうも・・・・・・

「人の叫び声」

に聞こえるというのです。。。



それが原因で掘削は中止となり、
研究チームも解体となった、という事なのです。。。



中には、重機が地面に吸い込まれた・・・
という事もあったそうで・・・。。。





以下はこの掘削に関わった、
Azzacov博士のインタビューの書き起こしを引用です。

---------------------------------------------------------------------------

「地下1万4400メートルに差し掛かった時だ、
ドリルが急に回転し始めた。
それはそこに空洞か洞窟がある事を示している。


温度センサーは摂氏2000度まで上昇していた。
我々はマイクを下ろし、岩盤の動きを調査する計画を立てた。


しかし、岩盤の動きの代わりに、
我々は叫び声をあげる人間の声が聞こえたんだ。


最初、その音は自分達の装備・設備から
起こっていると思ってそれらを調整した。


しかしそれは
我々が最も恐れていたことを確定させてしまった。


叫び声は一人の人間のものではなく、
何百人もの人間の悲鳴だったんだ・・・





「私は天国や聖書を信じない。
しかし、科学者として地獄の存在は信じる


今回の発見をして我々は非常に驚いている。

そこで何が起きたのか、何が起きたのかわかっている。


我々はドリルで・・・
地獄の扉に穴を開けたと確信している」


この事件の後・・・・
研究員が怯えて逃げ出してしまったため掘削が続けられず、
研究チームは解体されたとのことです。
-------------------------------------------------------------------



危険です。。


危険な話です。。。


信じる、信じないは個人の自由です。。。。



そしてこの音、、
「地獄の音」と呼ばれており、視聴できるのです。。


以下がそのURLですので貼り付けておきます。。



あくまでも自己責任です。。
興味、御関心が御ありでしたら聞いてみて下さい。。。



<ヘル・サウンド>
https://matome.naver.jp/odai/2147610608033371701?page=2

(ネットには複数種類がありそうですので
好きな方は聞きやすいものを探されて下さい)





地の下に地獄って・・・


本当にあるのかも、、ですよ・・・





--------------------------------------------------------------------------------------------
<オマケ>
12月3日。。
「一万人」の中四国大会に来られる方必見! 
  ↓   ↓   ↓
・会場は4000人しか収容できない、
謎の一万人大会 「中四国大会」

http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/20291478.html


先日、聞いた所によりますと2年前のとある大学の受験会場に
この会場は使われたのですが、、
その時は机と椅子を並べ、800人の受講生でほぼ一杯だったそうです。


机はないものの・・・・
一万人はまず無理です、、
会場的にも能力的にも・・・





※本ブログは騙されている顕正会員の方々の一助足り得る事を願い
立ち上げるに至った次第です。
以下相談等の窓口ですので何か思い至れば御連絡下さい。
冷やかし等、悪意の内容には返信しない場合がございます。
他、私事で返事が遅くなる場合があるかもしれませんがその場合は申し訳ございません。

連絡先 SOPH... (ソフ...)
jitsujounoichizennikiseyo@gmail.com