2009年02月

2009年02月27日

新春   いしたの梅祭   のお知らせ。

カネシメいした では雪解けの春に「いしたの梅祭」を開催いたします。

今回初の企画です。

出店や各種おたのしみ等など、、。

詳しくは後ほどお知らせいたします。



【開催日】   4月19日  日曜日   

【時間】    午前10時〜午後3時頃の予定

【場所】    (有)いした 敷地内




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
カネシメ いした  
 
創業100有余年、津軽の梅漬屋。
酸っぱいものから甘〜いものまで、梅、あんず、地元伝統のしそ巻製品多数。
荒塩、醸造酢など、こだわりの天然調味料使用。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ishita_com at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お店からのお知らせ 

2009年02月23日

あらら 

top_hoshiume



いしたの新商品

干梅甘漬 新登場!!

とバナーを作ったまでは良いのですが、、、ん? なんか変だぞ? と、、

画像をアップしてから気がつく、、、、。


う、,,,

やりなおし、、


というわけで、貴重? なNG バナーです。



By : ネット担当



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
カネシメ いした  
 
創業100有余年、津軽の梅漬屋。
酸っぱいものから甘〜いものまで、梅、あんず、地元伝統のしそ巻製品多数。
荒塩、醸造酢など、こだわりの天然調味料使用。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ishita_com at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2009年02月21日

昔のいした

b06b88f8.jpgなにやら時代を感じる建物の写真ですね。

これは いした の最初の建物です。

いつ頃建てられたのかは定かではありませんが,この写真は恐らく昭和20年代後半と思われます。

道路はまだ舗装されていません。

建物の正面左側がコンクリートのタタキになっていて、ここで五升樽(五升入る木の樽)にいれた「しそ巻梅漬」を売っていました。


屋根はトタン板です。

写真の屋根の端のあたりに長い丸太の棒が横一列に並んでいます。
これは「雪止め」です。

屋根に積もった雪が雪崩のように道路に落ちてくるのを防いでいます。
この丸太は太い針金で、屋根の反対側にある丸太ともつながっています。

ちょうど、建物の左下のあたりにとけ残った雪があります。

この建物の壁はもともと白い色でしたが、建物左側を見ると、ところどころ濃い色になっています。

これは戦時中、空襲対策の為に飛行機から見えにくいようにと壁をカーキ色に塗るように指導された為です。

写真の道を左に向かうと賀田の商店街を通って岩木山へ、右に向かうと岩木川を渡って弘前市に至ります。


当時は、岩木山お山参詣の行列が弘前方面からも岩木側を渡ってやってきましたが。
その行列はこの道を通りました。

いした の前に清水があり、そこで喉の渇きを癒しました。

そして、もうちょっと進んで賀田通りの「柴熊酒店さん」の前でも休憩をしていました。


当時を偲ぶ貴重な一枚です。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
カネシメ いした  
 
創業100有余年、津軽の梅漬屋。
酸っぱいものから甘〜いものまで、梅、あんず、地元伝統のしそ巻製品多数。
荒塩、醸造酢など、こだわりの天然調味料使用。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ishita_com at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) いした の歴史 

2009年02月18日

ようやく2月らしい天気?

CA341613



津軽はおとといより急に冷え込み、粉雪が吹き荒れる風景となりました。

今年はついこの間までまるで「花見でも始まるのかな?」とでも言いたくなるような

陽気。庭の土もだいぶ見えてくるくらいで、今年の津軽は超暖冬です。


まぁ、朝夕の雪かきが少なくて大変楽なのは良いのですが、、

雪が少ないと、夏場の水不足が心配です。



ちなみに津軽では雪かきの事を「雪切り」とも言います。

沢山雪が積もるので「かく」のではなくスコップなどでサイコロのように四角く切っていくと作業がはかどります。

雪の多い季節などは、毎朝、毎晩、30分ほどの除雪作業が毎日続きます。

そうなると、寒さなど忘れ、吹雪の中でも汗をかく時もあります。

そんな時は「サイダー」(ちょっと古い言葉?)や「ビールっコ」(津軽弁はいろいろなものに コ をつけます)を雪の中に埋めておくと、ちょうどいい具合に「しがまっコ」(薄氷)が張ってきて、雪かきが終わった後にちょんど「アンズマシぐ」(心地よく、具合よく)戴く事ができます。


CA341604














* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
カネシメ いした  
 
創業100有余年、津軽の梅漬屋。
酸っぱいものから甘〜いものまで、梅、あんず、地元伝統のしそ巻製品多数。
荒塩、醸造酢など、こだわりの天然調味料使用。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ishita_com at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2009年02月17日

ちょっと模様替え

satoko



今日は いした のお店のコーナー部分をちょっと模様替えしました。

ポップを書いたり、、棚や、箱を加工したり、、

あんでもない、こんでもない、、とわいわい、、

スポットライトの光も気になりだすと止まりませんね。

ようやく落ち着いて、よしよし。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
カネシメ いした  
 
創業100有余年、津軽の梅漬屋。
酸っぱいものから甘〜いものまで、梅、あんず、地元伝統のしそ巻製品多数。
荒塩、醸造酢など、こだわりの天然調味料使用。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *





ishita_com at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記