昆石材店のふわふわ日記

岩手の石屋がお届けする日々のあれこれ

【重要】お墓の納期に関しまして

今回のブログは、お墓づくりへのコロナの影響について書こうと思います。

まずは、お墓を建立する時には基本的にはオーダーメイドになります。
また、日本で建立されるお墓の8〜9割が中国で加工されたものです。

昆石材店では展示墓石や自社加工での建立もありますが、一番多いのは中国加工になります。(詳しくは後日ブログに書こうと思います)

コロナの影響による海外製品の納期の遅れが各方面でおこっていますが、お墓に関しても例外ではありません。

コロナ前は御契約からお墓の完成までの納期の目安として、
墓石を中国へ発注し、昆石材店に到着するまでに約1ヶ月かかり、
到着した墓石の検品と文字の彫刻などに約1週間、
墓所での工事が約1週間ほどという感じで、
契約から完成までは約1ヶ月半〜2ヶ月とお話ししていました。

しかし現在では、検疫によるコンテナ船の遅れ、ロックダウンによる工場閉鎖や物流停止などで、昆石材店に到着するまでに数週間の遅れが出ることもあります。

また、お墓づくりは石材店選びから始まり、契約までには数週間ほどかかることが多いです。

法要やお盆などの間に合わせたい予定があるお客様は、より良いお墓づくりのために早めの御相談をオススメいたします。

【提案の際に作成する完成イメージの例】
提案イメージ


【お墓の小工事】彫刻の色入れでハッキリ見やすく

お墓の彫刻は石の「磨き部分」と「彫刻部分」の濃淡の差でハッキリ具合が違います。
例えば黒い石だと、↓のようにハッキリとします。
P1040601 - コピー

逆に白系などの色の薄い石だと↓のように少し見にくいです。
IMG_4139 - コピー
花立や墓誌などの細かい彫刻はほとんど見えないので、薄い石の彫刻をハッキリ見せたい時には彫刻部分を塗装します。

さっきの写真のお墓の彫刻部分を黒色で塗装しました。
IMG_2040.1

IMG_2042.1
これで彫刻がハッキリとして見やすくなりました。

塗装は時間がたつと薄くなったり剥がれてしまうので、何年かおきに塗装し直すと良い感じなのでオススメです。

こういうことも石材店の仕事なので、彫刻が見にくくて気になる人は気軽に相談してください。

【お墓の小工事】ロウソク立の交換

お墓にまつわる相談で「ロウソクの火が消えてしまう」というのがあります。

このごろは風よけのカバーがついたロウソク立が基本なのですが、古いお墓だとカバーがついていなかったり、カバーが壊れてしまってたりします。

その時には新しいカバー付きのロウソク立の交換ができます。

【交換後のロウソク立】
CA3I0678 - コピー

【交換前のロウソク立】
IMG_9036 - コピー

交換には古い金具を外す必要があるので、接着具合によってその場で交換できたり、工場に持ち込んだりと様々なので、まずは気軽にご相談ください。

納骨のお手伝いであらためて思ったこと

今日は納骨のお手伝いがありました。
昆石材店で建てたお墓以外のお手伝いも承っています。

どの石を動かして、どこから納骨するかはお墓によって違うので、他の石材店で建てたお墓の場合は下見が欠かせないです。
石は重たいし、カドをぶつけたりするとすぐに欠けてしまうので、石材店に頼むのがオススメです。

お客様の大切な故人とのお別れ、分からないこともあって不安もあると思います。
納骨が終わってホッと一息ついてもらえる、そんなお手伝いをこれからも心掛けていきます。
KIMG2751 - コピー

「両親の墓参りができなくなった」という、墓じまいの話

昆石材店でお墓を建てさせてもらったあるおばあさんの話です。
そのお墓には旦那さんが吸っていたタバコのマークを彫りました。
IMG_0394 - コピー

お墓を建ててから数年後にお会いした時に「両親の墓参りができなくなった」というお話をされました。

そのおばあさんには兄弟がたくさんいて、長兄さんは既に他界していました。
両親達が眠っているお墓はその息子さん(おばあさんからすると甥)が継いでいました。

その甥っ子さんは名古屋に住んでいるのですが、ある日突然「墓じまいをして、遺骨を移す」と連絡がきたそうです。

そして、一ヶ月もしないうちにコチラのお墓は無くなってしまい、おばあさんは両親の墓参りが簡単にはできなくなってしまいました。

甥っ子さんの事情が分からないので、僕から墓じまいをしたことに対して良いとか悪いとか言うつもりはありません。

ただ、突然の話じゃなくて、あらかじめの相談があったら、おばあさんの気持ちの整理も少しはついたんじゃないかな?と思います。

お墓の所有権は継承した人にありますが、そのお墓にかかわっている人は意外といるんですよね。
QRコード
QRコード
コメント
  • ライブドアブログ