2009年03月13日

失業保険 退職理由と失業保険給付

退職理由と失業保険給付について、自己都合と会社都合との違い知っていますか。

自己都合で退職した場合は給付制限がなされます。

初回の失業認定日の期間を合計すると、最初の振込みは、失業保険の申請をしてから4ヶ月後にされる計算になります。

ということで、3ヶ月間は失業手当が振り込まれません。
自己都合の場合は、所定給付日数は、雇用保険の加入期間が10年未満で90日、10年以上の場合120日、20年以上の場合150日という形になっています。

会社の都合で退職されられた場合の会社都合は、給付制限は設けられていません。

受給手続後、7日間の待機期間を過ごします。
失業保険の申請をしてから1ヶ月後に実際に振り込まれます。
会社都合の場合は離職時の年齢と加入年数で所定給付日数が決まります。

例えば、勤続日数10年以上である45歳以上60歳未満とした場合、最低270日間は給付されます。これが自己都合ですと120日です。

期間としては、会社都合の所定給付日数は自己都合に比べて、倍以上の期間で給付をもらえることになります。

 ☆失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった! 


isi0901 at 16:13 この記事をクリップ!
失業保険 
PR
驚きの無料航空券入手法
ブログランキング

ブログランキング



ブログランキング【くつろぐ】

Supported by 楽天ウェブサービス


  • seo
  • ライブドアブログ