2006年07月09日

湘南ひらつか七夕祭り

七夕七夕七夕


2006年06月03日

絵手紙

絵手紙絵を見るのは好きだけど絵を描くのは苦手です。
シンプルなキティちゃんの顔くらいしか描けない私を知っている娘に、箱根小湧園ユネッサンの入浴剤をお土産にもらったお礼に、絵手紙を描いてみよう!と思い立ちました。
娘から届いたメールの画像をそのまま写して描いて、色塗りも中途半端なままのものを写めってメッセージなしでメールしてみたところ、思いのほか反応が良く喜んでくれた(すごい笑ってました・・・)のには、照れたけど思わずにんまり。。
このつたない絵を見て元気になったらしいです。。
やったぁ〜〜♪
このあとなんと、リクエストがきましたよ。

2006年05月28日

石膏パック

石膏パック施術後「なんか〜あごが〜・・・太った〜?」
「わかる〜、そんなに〜?!・・・来週エステ行ってなんとかしてくるよ」
久しぶりに会った娘からのクールな指摘に、若いとか小顔とかのお世辞を真に受けて勘違いしていた私は、お世辞抜きの正直なコメントを真摯に有難く受け止め、この数ヶ月の怠慢ぶりを反省したのでした。。


石膏パックは自宅で自分でやるのは無理なので、近所のエステでやってもらいました。
お顔のマッサージの後、「のせますよ〜」と言われ(つまりもうおしゃべりはしばし中断ということ)ひんやりずっしりと柔らかい石膏がぬられます。この重みの体感がなんともいえず気持ちよく少したつとなぜか暖かくなってきて、心地よい音楽を聴きながら思わず意識が遠のき寝そうになります。
そしていつのまにか固まった石膏をはずされたときの開放感がまたたまりません。
その後のお肌はつるつるしっとり〜メイクするのがもったいないくらい・・・と普段ひとさまには見せられないすっぴんでしばしうっとり自己満足〜・・・。。

まるでデスマスクのような施術後の石膏パックを記念品にもらって、脱力しながらご機嫌での自宅への帰り道、同業者のM先生が向こうからチャリでやってきました。
「あ〜M先生、お疲れ様です〜、外回り中ですか〜?」
「ファイル買ってきたんですよ〜お仕事忙しいですか〜?」
平塚支部期待の大型新人M先生、私もぼちぼちがんばるよ〜。。

erieriちゃん、いつもどうもです!!

2006年05月27日

箱根小湧園ユネッサンの入浴剤☆

ワイン風呂何十種類もの露天風呂と室内プールとテニスコートのある敷地内の広い公園が有名な箱根小湧園には、過去二度ほど行きました。
お風呂とアスレチックな公園とお土産やさんが大好きな娘がきゃっきゃととても喜んでいた記憶がありますね〜。
室内プールから外に出てそのまま入れる露天風呂は水着着用なんですよね。
あるテレビ番組でここに新しくできたワイン風呂を見かけたとき、また行きたいな〜ワイン風呂入ってみたいな〜でも水着はちょっとな〜・・・って思ってました。

先日今でも温泉大好きな娘から、箱根小湧園ユネッサンの入浴剤が郵送で届きました。
「露天ワイン風呂」「酒風呂」「本格コーヒー風呂」「花粉症対策風呂」と、私の好みをよく知る娘からの思いがけないお土産に感激!!

まずは一番気になっていたワイン風呂から―。
テレビで紹介されたとき、赤ワインをボトルからどぼどぼとお風呂に入れてたので、真似して入浴剤を入れたあと赤ワインを1杯注ぎ込んでみました。
見事なワインレッド☆でほのかに甘いブドウ酒の香りがし、ポリフェノール成分がお肌にしっとりしみわたるような気がして、あ〜こういう酔い方もあるのね〜と良い気分になりました。
(酒に酔ったわけではありません・・・)

錦ヶ浦の波の音と潮の香りを感じながら、バラの花びらがいっぱい浮かんだお風呂につかれる熱海ニューアカオの露天バラ風呂も女性にはおすすめですよ!
熱海駅前の無料で入れる足湯も嬉しいですよね〜
温泉行きたいな〜
とりあえず、近所の「天然温泉・太古の湯」と「スポーツプラザ神奈中の岩盤浴」に行くことにしようっと!





2006年05月21日

映画「明日の記憶」を観て

映画の公開前から娘と一緒に観ようと約束していた「明日の記憶」を、品川プリンスの映画館でのレイトショーをネットで予約し観てきました。

若年性アルツハイマー病になってしまった主人公役渡辺謙の演技はリアルで生々しく、映画というよりはまるでノンフィクションのドキュメンタリー番組を観ている感じがしました。
物忘れがひんぱんに起こる、人の名前がすぐ出てこない、などの程度のことは、40代になれば誰でも時々経験することであり、自分の経験からも同年代以上の年齢の知り合いとの会話でも時々話題にのぼり全然驚きません。
なので、アルツハイマー病とのボーダーラインがどこらへんから始まるのかが気になるところでした。
今までの自分の経験からはありえないことが起きだしたら・・・。
大事なアポを忘れてしまう・・・何度も行ったことのある取引先の場所がわからなくなり道に迷ってしまう・・・会議や打ち合わせ中、周りの人達の話す言語が理解できなくなりぼんやりしてしまう・・・ついさっき言われたことが思い出せない・・・。
映画の中で次々と起こる出来事と経過を観ていてどきどきしました。
こういったことはたぶん身内や仕事先の周囲に気づかれる前に、必ず自分でちょっとおかしいと気づくはずです。
映画のラストシーンは、ある意味ホラー映画よりも恐く辛く切なく悲しくて・・・。

誰だってなりたくて病気になるわけではありません。
今は健康でも、ずっと健康で居続けられる保障はありません。
病気になった本人が一番大変だけど、見守る身内も辛いですよね。
なるべく人の世話にならず、自分の力で生きていくことが理想なんですけど。。
もし病気になってしまったらひとりで抱え込まずに誰かに相談し、病気のことをよく知り、事実を受け入れて生きていくことになるのでしょうね。
「大人の計算ドリル」ってまだやったことないですけど、脳が壊れると簡単な足し算引き算ができなくなるそうです。

深夜映画を観終わった帰り娘の部屋に泊めてもらい、朝帰りで昼間近く平塚に着いたときなぜかとてもほっとしました。
健康で過ごせている今って、きっと貴重なひとときなんですね。



2006年05月14日

MOTHER'S DAY

母の日横から「14日午前にドキドキ☆ワクワクぷぜれんとが届くよ。お楽しみに☆」というバラの絵入りの予告メッセージを娘からもらっていたので、朝から落ち着かなく部屋をうろうろしていたら宅配便で届きました!
“プリザーブドフラワー☆バラのジュエリーBOX”
プリザーブドフラワーは、新鮮な花を特殊保存加工しており長く楽しむことができるそうです。
う、うれすぃ〜〜。。。感激〜〜。。。

昨晩里帰りした娘と夜中の3時過ぎまでおしゃべりし、かわいい寝顔を内緒で写めろうと朝部屋に侵入して見つかり気まずく、ぷぜれんとに大騒ぎし、午後からお買い物に付き合い、駅ビルラスカ内のカフェコムサのスゥイーツとラテをおごってもらい、すっかり娘に甘えまくり久しぶりに母娘の時間を満喫しました。
職場の東京へ戻るため駅へ向かう帰り道、たむろする学生軍団を目にした娘の「若者よ、親にちゃんと・・・」のコメントに思わず大笑い!
あんたはえらい!大人!社会人!

すみません。本日は超親バカ・自慢話になってしまいました。
お許しくださいませ。。読み飛ばしてください。。

ちゃんと離れて暮らす実家の母にも送りましたよ。ぷぜれんとと電話を。。
「母の日おめでとう!あっいや・・ありがとう、だね。。お菓子送ったからぁ、兄夫婦と一緒に食べてね。部屋に隠して一人で食べてちゃだめだよ。あのねAYがね、あたしにねなんか今日送ってくれたんだって。もう嬉しくて落ち着かなくて。。」

手元を飛び立ってしまったけどかわいくてしかたのない娘よ!
明日から、また諸先輩がたに鍛えてもらって修行を積んでください。
苦しむ患者さんのお役に立ってください。
私はあなたの無事を祈るのみです。。

孫をすげいかわいがってくれたお姑さまにはお線香を上げました。

Thank you so much everytime.

2006年05月13日

税理士 → 税理使?

同業者の方が「最近のボクの税理士業は、士業ではなく、(お客様と税務署の)お使いの使業になっているような気がしています」と何かに書かれているのを見ました。
「お使い」の文字で一瞬思い浮かんだことは「魔法使い」「はじめてのお使い」。。
あはは〜

さっそく辞書で調べてみました。
「士」
昔中国で、天子や諸侯に仕えて官位に就き、庶民の指導的地位にあった人。
(兵何人かの長の意)農・工・商の上の社会的地位。
(りっぱな信念・技能を持つ)男の人。

ついでに「看護師」「保健師」の「師」は?
<中国の古制で、二千五百人の軍隊。五師を軍と言った>
軍隊。
(自分が心から師事し尊敬する)先生。

社会的信用度の高い「税理士」という肩書きがあって本当によかったです。。
肩書きがなければ、お使いにも使ってもらえるチャンスなかったかも。。


2006年05月09日

平塚ホラー殺人事件

最近読んだばかりの平塚に住む母娘が登場する恐怖ホラー小説「1303号室」をまるで地でいくような殺人事件が平塚でおきてしまいました。
この小説を書いた方はまるで予言者のようだな〜。。

母がかわいがっていた娘を殺した!?・・・娘の他にも死体が4体・・・しかもずっと一緒に住んでいた・・・
次々と明らかにされていくショッキングな事実に唖然・・・
これ以上の嫌な悲しい事実はもう知りたくない・・・でも気になる・・・

TVに映る平塚警察署を出てくる母の顔は、昔きれいだったという評判や写真が嘘のように醜く太っていて感情の読み取れない表情が不気味だった・・・
嘘と借金と欲にまみれた生活は、こんなにも女の顔を変えてしまのか・・・
母の生き様が娘の人生にこんなにも影響を与えてしまうんだ〜・・・
この母の喜びとか生きがいとはいったい何だったんだろう・・・
娘に対して恥ずかしいという思いはなかったのか・・・
なぜ、してはいけないある一線を越えてしまったのか・・・

娘が殺される前に周りの誰かがこの異常事態に気づき、何か救いの道はなかったのか・・・
19歳になる娘はどうしてこんな母のもとから逃げなかったのだろう・・・
娘が相談できる信頼できる友人や大人はいなかったのか・・・
身勝手な母に突然人生を絶たれてしまった娘は、さぞ無念で納得がいかないでしょう。。

この事件を見て私は、体が健康なうちは真面目に働いて誰かの役に立ちながら、静かに穏やかに暮らしていきたいと思ったのでした。


2006年04月25日

初任給・今と昔

「社長、初任給っていくらだったか覚えてます〜?」
「確か8万くらいですよ。安いですよね〜」
「え〜・・・私は確か12万くらいはもらったと思いますよ。男女同一賃金って会社でしたよ」
(ふ〜ん・・・こんなに稼ぎの良い社長にもそんなときがあったのね。。)
給料をもらう立場から払う立場に変わって久しいクールな社長は、今と昔の給料の金額のギャップに一瞬相好が崩れました。
昔給与明細に記載されている給与や税金や社会保険料のことなど興味もなくほとんど見ないで捨ててた私が、今税金の計算をする仕事でお金がいただけるなんて夢のようです。。

「初任給でたよ〜」
「いくら?」
「○○万円」
「え〜!?すごいじゃない!よかったわね〜バイトの金額とはえらい違いだね〜」
娘がもらったという給料の金額を聞き、自分がもらったわけではないのに有難くて嬉しくなっちゃいました。
社会人になった娘と、ワリカン☆でお酒飲むのがずっと夢でした。。
その日も近いでしょう。。
恥ずかしい失敗談とかここだけの話とかぶっちゃけ話がしたいです。。
(お節介&お説教オヤジにはならないよう気をつけなくちゃ。。)

仕事を教えてもらいまわりの大勢の人たちに気を遣う毎日でへとへとであろう新人さんたちにエールを送ります。
初任給はがんばっているフレッシュな人たちへのご褒美☆ですね。
きっと自分の力で稼いだお金は貴重で大切にすることでしょう。

2006年04月16日

高遠の桜&桃源郷の桃

お花見は近くの平塚総合公園で先月済ませ、千鳥ヶ淵の桜はhirahiraさんのブログを見てお花見をした気になり、お花見気分もすっかり消えていた今日この頃。。

昨日は「自然と親しむ会」の皆さんに誘われ、かの有名な「信州高遠の桜」を初めて見て大感激しました☆

お花見しながらいただいた高遠の桜まんじゅう、桜茶(お茶に入っている桜も食べちゃいました)、桜せんべい、しぼりたてブルーベリージュース、信州山菜そば、大変おいしゅうございました。
ビールを飲み桜まんじゅうを食べながら、
地元平塚の有名トップ3スウィーツ話が盛り上がり・・・
昨年初めていただき感激した、薔薇ブレッドとゴディバのアイスクリームを皆さんに紹介し・・・
女性はほんっと!甘いもんおいしいもん大好きですね☆

「みさか桃源郷公園」の桃も見事で、自然の雄大さすばらしさに昨日は心身癒されました。

音楽は車内で聞くのが最高ですね!
ご機嫌なドライブで、私も車の免許取りたくなりました。
(行き帰りで500キロ近い距離を運転したドライバーさん、ブラボ〜!)

高遠桜桃