pog有力馬紹介2018-2019

次のドラフトに備えたpog有力馬の紹介をしていきます。

ハーツクライ産駒も初期のころからコンスタントにクラシックで活躍する馬を出していて、去年もサリオスが活躍するなどまだまだ健在です。成長曲線の兼ね合いもありなかなかクラシックの主役とまではいってないのがファンとしてはもどかしくはあります。血統傾向としては初期はアンブライドルズソングなど米国系と相性が良かったですが、このところはサリオスなどダンジグ系との組み合わせの活躍が目立っています。

重視する血統 ダンジグ、ニジンスキー、アンブライドルズソング

母マラコスダムブラダ

全兄グラティアス。デインヒルニジンスキー持ち。中内田厩舎に変わるのも早くからの活躍を期待する上ではよさそうです。

 

母レッドファンタジア

ディープで堅実な母が今年はハーツクライに変わりました。スワーヴリチャードなども持つ古くから相性のよいハーツクライとアンブライドルズソングの組み合わせを持っています。

 

母キャッチザカクテル

デインヒルニジンスキー持ち。姉のサトノアイはドラフト直前に坂路で好時計をマークし注目されましたが、初仔故の馬格不足もたたってか1勝止まり。そのあたりが解消されていれば面白そうです。

 

母レディスキッパー

アドマイヤミヤビの全妹。デインヒルを持っていて、血統的にも文句ないし育成も順調で、ノーザンの坂路を好時計で軽々と上がっているそうです。




 

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

すでに関連書籍が発売されてからしばらく経ちますが、ここでは、特に血統面からあくまで予習段階に気になった馬を取り上げていきます。まずはディープインパクト産駒です。ディープはどこから当たりが出てくるかわからない懐の深さが強みではありますが、近年ではコントレイルをモデルケースとして考えています。

重視した血統storm catunblidled’s song、フレンチデピュティ

母イスパニダ

srotm catフレンチデピュティなどのディープと相性の良い組み合わせを持ちます。堀きゅう舎でシルクでノーザンでひたすら順調に育成が進んでいる。死角なく全体のトップ候補と捉えています。

 

母ロードクロサイト

言わずと知れたコントレイルの全弟。もちろんstorm catunblidled’s songという最高のちます。矢作厩舎への入厩が予定されていて、コントレイルに似てきたというコメントもあります。

 

母ウィキウィキ

マカヒキ全弟。坂東牧場生産に変わっているがnetekeibaには引き続き金子氏所有との書き込みもあります。ノーザンファームと坂東牧場の関係も含め特に育成先に注目しています。厩舎は池江厩舎です。ノーザン育成であれば一気に注目度が上がりそうです。

 

母サロミナ

サラキアの全妹、サリオスの半弟。サラキアは完成に時間がかかったが池添学きゅう舎が全体的に晩成傾向にあり、ノーザンの牝馬で一番信頼を感じる国枝きゅう舎でクラシックに間に合いそうに感じます。



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

本が出るのが待ち遠しい季節ですが出る前の下調べで差をつけていきましょう。

ネット競馬を使えば血統登録されている馬の全ての血統に目を通すことができます。

自分は一個上の世代の賞金上位馬の血統を調べて、そこで多く出てくる血統の組み合わせを見つけてそれを持つ馬をメモしておくという方法をよくとります。

クラシック初戦で結果を残したコントレイルサリオスデアリングタクトを例として紹介しようと思います。

実はこの3頭は今年結果を出した馬に多く見られる組み合わせを持っているのです。

 

コントレイル、レッドベルジュール、ラウダシオンなど

ディープインパクト×Unbridled's Song×Storm Cat

これまでも定番だったディープインパクトとストームキャットのニックスにアンブライドルズソングが早熟性を加えた配合です。

2018年産駒で該当する主な馬

レッドファンタジアの2018

アンティフォナの2018

 

サリオス、ワーケア

ハーツクライ×デインヒル×ニジンスキー

ハーツクライ産駒にノーザンダンサーのクロスの有効性はかねてから言われてきましたが、その中身が欧州寄りに近年シフトしているようです。

2018年産駒で該当する主な馬

マラコスタムブラダの2018

キャッチザカクテルの2018

モアザンセイクリッドの2018

 

デアリングタクト、スカイグルーヴ

エピファネイア×キングカメハメハ×サンデーサイレンス

いきなりクラシック勝ち馬を輩出したエピファネイア産駒。特に高いポテンシャルを見せた2頭は7/8が同じ組み合わせで生まれました。この組み合わせは10頭ほど存在するのですが、さらに2頭とも母母が重賞勝利のある実績馬であることも踏まえて

2018年産駒で該当する主な馬

デアリングバードの2018

ロザリウムの2018

パンデリングの2018

 

このような血統は直近の中央競馬で結果を残しているトレンドともいうことが言えます。

これらの中から特に評判の良い馬をセレクトすることでその信頼性はさらに高まることでしょう。


血統のことはバイト先でお世話になった先輩に教わりました。

その方が穴党ショクンという名前でyoutubeでレース展望動画を挙げています。

ここでどれほどの方の目に留まるかわかりませんがそのレースごとで狙える血統を分かりやすく示していてとても勉強になるので紹介させていただきます。


このページのトップヘ