有朋おやじの心

広島の柔道道場 有朋柔道塾の応援ブログ

   有 朋 柔 道 塾(ゆうほうじゅうどうじゅく)
広島で活動する有朋柔道塾は平成8年に開塾、顧問、塾長以下多数の熱血指導員によって少年柔道の指導を行っており、目先の勝利にこだわらずしっかり組んで一本を取る柔道を目指して頑張っています。

2011年05月

柔道一直線


なんかすごく懐かしい映像を見つけました。
あまりにインパクトが強かったので紹介します。
たまには、こんなのもおもしろいかも・・・



広島県インターハイ予選(個人)結果速報

今日は広島県インターハイ予選(個人)がありました。
1日中大雨でしたが応援に行ってきました。
会場は近大福山高校・・・結果は以下のとおりです。
(どうせ新聞で報道されるので実名発表させていただきます。)

女子優勝者

ー 48Kg 高野(沼田)
ー 52Kg 原田(沼田)
ー 57Kg 高増(皆実)
ー 63Kg 石川(皆実)
ー 70Kg 岡田(皆実)
ー 78Kg 藤原(沼田)
78Kg超  中山(広陵)

男子優勝者

ー 60Kg 末木(近大福山)
ー 66Kg 島谷(崇徳)
ー 73Kg 水岡(崇徳)
ー 81Kg 香川(崇徳)
ー 90Kg 北岡(崇徳)
ー100Kg 筒井(崇徳)
100Kg超 飯田(崇徳)

という結果でした。

女子は、7階級中 ~ 沼田3 皆実3 広陵1
ということで今回に関しては皆実が大躍進しています。
保護者会として、また道場間借り人の有朋柔道塾を代表してお祝を申し上げます。
皆実高校の皆様おめでとうございます。
男子は、7階級中 ~ 近大福山1 崇徳6
ということで近大福山1年の末木君が意地を出して1階級を死守したものの、残り6階級は崇徳高校が強さを発揮していました。

このように各会場で熱戦が繰り広げられていましたが、3年生は負けたら終わりということもあって悲喜こもごもでした。
ちなみに我が家のMS希は、決勝で広陵中山選手に指導2つ取られて優勢負けでしたが、はじめて中山選手と4分間フルタイム戦ったということで、おやじ的には進歩ありと感じています。
高校2年のMS希はもうすぐ一番上になります。
もう後がありません、気合いを入れて残り1年頑張っていかないと・・・(●^o^●)



祝辞~塾長&おやじからの送る言葉

塾長から

祝、全国大会出場!!
I藤選手、T橋選手おめでとうございます。
八月の全国大会を頑張れるよう、さらなる猛稽古を期待します。
2年連続出場のI藤選手には頭の下がる思いです。
前年チャンピオンの重圧は大変だったでしょう。
やっと才能を開花したT橋選手よく頑張りました。
長い下積みを腐らず良く乗り越えました。
二人とも、これからが大変です。
みんなと一緒にさらなる飛躍を目指し一歩づつ前進していきましょう。


有朋おやじから

H風おめでとう。

H風は昨年と同じく気持ちで勝利を掴みました。
強敵相手にはこうやって勝つんだという見本のような試合でした。
決勝のカードは昨年と全く同じK道場のI選手(年中負けてる相手)でしたが、攻めまくって指導を取り、投げられて有効を取られましたがそれでもあきらめずに攻めまくり注意をもぎ取りました。
こうしてポイントで並び、そして最後の最後まで諦めず前に出続け(相手は下がっていました)判定勝ち(旗2本)を掴み取りました。
今年も感動させてもらいました。
全国大会上位入賞目指してがんばってください。

K音おめでとう(●^o^●)

K音は全国大会をゲットして一区切りついたのではないでしょうか
やっと自分の実力を認識できたのでは・・・
これくらいの実力はあったということです。
初戦はガチガチで返し技で勝ったりして、またいつものパターンかと心配していましたが勝ち進むうちにだんだん動きが良くなってきました。
特に去年のチャンピオンN村選手との試合で完全に覚醒し勝ちましたね。
いい動きでした。
決勝は会場内にいた有朋柔道塾の選手、OB、指導者、保護者他K音を応援する全ての人が大声援を送りました
みんなに背中を押され積極的に前に出る攻撃的なスタイルを貫き続け、最後はワンチャンスを逃さずキッチリ抑え込み勝利をゲットしました。
これからはもっと親離れすること、そうすればもっと強くなれると思います。(●^o^●)
全国大会上位入賞目指してがんばってください。
全力で応援します。



次なる目標 ~めざせマルちゃん杯中四国予選突破~ 

5月24日火曜日は全国大会予選終了後はじめての稽古でした。
緊張感はやや薄れましたが、予選に出場した選手は勝った選手負けた選手それぞれ一区切りがついたようでホッとしているように見えました。
何人かの選手は好調を維持しているようですのでこのまま6・19マルちゃん杯まで突っ走ってもらいたいと思います。
さすがと思ったのは、高陽の5年女子ー40キロ代表のY道選手姉弟、K部選手兄弟それから南区のF原選手等予選直後にも関わらず出稽古に来てくれました。
この熱心さには本当に頭が下がりますm(__)mさすがです見習いたいと思います。
目標を切り替えて次を目指しているのだと思いました。

我が有朋柔道塾の次なる目標はマルちゃん杯中四国予選突破です
5,6年生は道場単位での団体戦全国大会へつながる大会はマルちゃん杯が最後かも・・・
昨年は惜しくもギリギリのところで(ベスト8)敗退しましたが、今年のメンバーはやってくれると信じています。
4強に入れば全国大会です。
もう一発大きな花火をぶち上げましょう。
団体戦は盛り上がるしおもしろいですよ(●^o^●)気持ちで勝れば必ず行けます(^_-)-☆
有朋柔道塾の底力をみせてやりましょう。\(^o^)/

なおマルちゃん杯についての詳細はこちら↓
http://www.maruchan.co.jp/event/maruchan/chugoku.html
で詳しく説明していますので参考にしてください。
残念ながらまだ組み合わせは発表になっていませんので・・・あしからず。



とったど~~\(^o^)/2階級~~いざ大阪決戦へ

やってくれましたI藤H風選手とT橋K音選手\(^o^)/
我が有朋柔道塾から2名の選手が8月28日第8回全国小学生学年別柔道大会の代表権をゲットしました。
6年男子-50キログラム級
6年女子-45キログラム級
の2階級で優勝です。
DSCN5703
2人とも苦しい試合、ギリギリの試合が続きましたが本当にあきらめないでよく頑張りました。
これで最高の夏になりそうですね。
我が有朋柔道塾からは4年連続、複数選手としては3年連続の全国大会出場となりました。
本当におめでとう\(^o^)/
DSCN5706
        応援ありがとうございました。m(__)m
DSCN5702
      最後は横断幕まで借りちゃいました(●^o^●)
DSCN5708
     おやじだけの祝勝会盛り上がりましたよ(●^o^●)

優勝した2人だけでなく出場した選手みんな良く頑張りました。
勝負は時の運もありますが、最後は気持ちの強さです。
次は自分が出るんだという強い気持ちを持ってこれからの稽古に挑んでください。

次は、団体戦マルちゃん杯です。
気持ちを切り替えて団体戦を狙いましょう。




明日はいよいよ決戦の時~ガンバレ有朋柔道塾の選手たち

ついに決戦の時がやってまいりました。
明日は第8回全国小学生学年別柔道大会広島県予選会です。
午前8時30分 県立体育館武道場集合
午前9時10分 計量
午前9時45分 開会式
の予定となっているので出場選手は遅れないように集合のこと。

明日我が有朋柔道塾からは

小5男子45kg以下級  ~ 1名
  
I  R人選手

小5男子45kg超級   ~ 0名
  エントリーなし

小6男子50kg以下級 ~ 3名
  
O川 S宙選手
  T橋  K音選手
  T村  Y大選手

小6男子50kg超級   ~ 1名
  
K藤 H士選手

小5女子40kg以下級  ~ 0名
  エントリーなし

小5女子40kg超級   ~ 1名
  
S田 N摘選手

小6女子45kg以下級  ~ 1名
  
I藤 H風選手

小6女子45kg超級   ~ 0名
  エントリーなし

の合計7名の選手が出場します。

もうすでに勝負ははじまっています。
選手、保護者ともにドキドキですが、敵も同じです敵もドキドキしています。
気おくれすることなく今までやってきた練習の成果を充分発揮すれば必ず勝機はあります。
優勝すれば8月28日(日)大阪決戦が待っています。
明日勝って最高の夏休みにしましょう。
ガンバレ有朋柔道塾\(^o^)/明日は全力で応援します。



カウントダウン~小学生学年別全国大会広島県予選まであと3日

5・22県予選まで残すところあと3日となりました。
今日の稽古の最後でも言いましたが我が有朋柔道塾は、
平成20年第5回大会(静岡)    1名
平成21年第6回大会(長野)    2名
平成22年第7回大会(北海道)  2名
と3大会連続で全国大会に選手を送り込んできました。
小学生日本一を決める大会です是非1人でも多くの塾生に経験してもらいたいのですが残念ながら王様の椅子は1つしかありません。
泣いても笑っても代表は各階級1人、頑張ってもぎ取るしかありません。
ガンバレ5.6年生\(^o^)/
おやじ個人的には、この全国大会へ何人出場することができるかが道場の勢いのバロメーターだと思っていますし、指導するときにもやはり塾生の目標として頑張ってもらっています。
というわけで全国大会には、普段から稽古を一生懸命やっている選手しか出場できません。
今日、本番までの最後の稽古をやりました予選出場予定選手のモチベーションは高いものがありました。
試合本番で緊張したり、体調を崩したりすることのないようしっかり体調管理に努めて下さい。
予選終了後、有朋の先生方と一緒に会食する話もすすんでいます。
選手たちに頑張ってもらって是非とも祝勝会にしたいですね。(●^o^●)

5・15 N広中新入生歓迎会

5・15 N広中新入生歓迎会
DSCN5684

画像からも伝わると思いますがもの凄いパワーです。(●^o^●)

N広中新入生歓迎会での1コマですが、月次大会の後広島市内のとある中華料理店で4時間ぶっ続けで行われました。
いつも恐ろしいN本先生やN原先生もこの日はニコニコでbeerをガンガンにいってました。
選手一人ずつ挨拶&今後の抱負等を発表していましたが、どの選手も全国大会を目標に掲げて練習に取り組むとの力強い抱負を述べていました。
楽しみですね(●^o^●)

DSCN5683
         最後の集合写真です(●^o^●)

保護者、指導者はグデングデンですが、選手たちはしっかりしています。
この日は鋭気を養うとともに一致団結してN広中を強化していくことを誓いました。
これまでN広中は、楠木&白島連合軍というイメージがあり、それ以外の選手が入りにくい雰囲気でしたが、今年の新入生3名それぞれ別の道場である川口、有朋から加入したり、2年生のS近選手も学武館から加入しています。
混沌としてきたことでN広中のイメージも変わってきて、また来年の新入生にも影響するのではないかと期待しています。
稽古は厳しく、遊びは楽しくメリハリつけてみんなで強くなりましょう。\(^o^)/


ジュニア県予選&月次柔道大会の感想

同級生(忠海の怪人)一家が少年柔道に参戦するようになり試合会場での楽しみがまた一つ増えました。
柔道仲間っていいものですね。(●^o^●)
ドンドン鍛えて子供たちを強化しましょう。

有朋柔道塾の塾生の中にもやる気満々の塾生が増えてきました。
これからが本当に楽しみです。

話は本題に・・・
今週は土曜日がジュニアの県予選
    日曜日が月次試合
と上下試合が続きました。
残念ながらジュニア県予選上は、ー78キロで3位でした。
2位以上が中国大会出場ですから残念ながらアウトです。
また来年がんばらないとMS希・・・(>_<)
怪我から復帰してから徐々に調子を上げてきましたがまだまだです。
気合いを入れていかないと大きな試合はまだまだ続きます。

下は、本日月次試合でした。
調子はまずまずだったのですが、女子一級で出場し決勝トーナメント進出後、いきなりN坂中の主力と対戦してしまいあえなく撃沈(>_<)
M央残念でした。
月次一般女子の結果については、
1位 野坂 I崎
2位 中広 S古
3位 中広 O田
3位 安佐 S藤
でした。
4強のうち2人N広中が入ったのは大躍進だと思います。
強くなっているのがよくわかります。
これからも頑張っていきましょう\(^o^)/


第8回全国小学生学年別柔道大会広島県予選について

木曜日の稽古で学年別予選について理解されていない保護者から基本的な質問を受けましたのでこの場をお借りして簡単に説明させていただきます。

1 正式名称(大会名)
  
  第8回全国小学生学年別柔道大会(広島県予選)
  
2 学年別予選の日時場所
  
  平成23年5月22日(日)
     県立体育館武道場

3 出場選手および階級、代表枠
  
  (5,6年  男女)  

  5年男子  45キロ超級     1名
          45キロ以下級   1名
  5年女子  40キロ超級     1名
         40キロ以下級    1名
  6年男子  50キロ超級     1名
         50キロ以下級   1名
  6年女子  45キロ超級     1名
         45キロ以下級   1名
                
                  合計8名
  
 というわけで各階級で優勝しないと代表権はとれません。(王様のイスは1つ)

4 試合時間
 
  予選は2分(絶対判定)
  
  (本選は未把握 昨年は3分のGS無し)

5 本年度の開催日および開催地
  
  平成23年8月28日(日)
     大阪市
  
以上が簡単な説明となります。

各階級合わせて8名が広島県代表として全国大会に出場できます。
5年生にとっては初めての・・・6年生にとっては小学校時代最後の全国大会(予選)となります。
日整の全国大会も10月にありますが、そっちは団体戦です。
純粋な個人戦での小学生全国大会ではこの大会が1番のメジャー大会であり、小学生日本一を決める大会と位置付けられています。
我が有朋柔道塾からは、一昨年2名、昨年2名と2年連続で複数の選手がこの学年別大会に出場しており、一昨年出場したT村K大選手(現在中学2年生)は6年50キロ超級で準優勝しています。
さあ、今年は誰が出場してくれるのでしょう。
今からワクワクしますね(●^o^●)みんなガンバレ\(^o^)/


有朋柔道塾案内
 有  朋  柔  道  塾
(ゆうほうじゅうどうじゅく) 
 練習日(週3回)
 月曜日 木曜日 土曜日
 (※ 祝日はお休みです。) 
 時 間 18:30~20:30
 月会費 2,500円
(兄弟割引あり2人目からは1,500円)
【月曜日・土曜日】
広島市南区出汐2-4-76
広島皆実高等学校柔道場
【木曜日】
広島市南区出汐2-4-75
広島工業高等学校柔道場 
有朋柔道塾顧問井上先生挨拶
有朋柔道塾は、青少年健全育成、柔道の底辺拡大等を考え、 塾長をはじめ指導員方々の協力により平成8年に開設いたしました。 塾の信条を、「礼儀正しく」「他人に対しての思いやりの心」とし、 目的を、「稽古を通じて運動能力を高め」「強い精神力を持つ」等として活動してきました。 私は、常日頃塾生に大きな声で挨拶をする、何事も一生懸命に取り組む、 気合いを入れて稽古をする等に留意して話してきました。 塾生は、真摯に受け止めお互いに励まし合い、気合いを入れて稽古をしています。 また、ケガをしないことも重点に置き、受け身を徹底して行うことによりケガの防止と 投げられる事が苦痛にならないような指導をしてきました。 現在の子供たちは、身体の成育は良いが筋力や運動能力が乏しいと言われています。 当塾では、基礎練習を十分行う事によって運動能力、筋力共に高まって来ていると思います。 指導者も充実しており、厳しさの中にも優しさのある指導により、 各種大会で好成績を収めることができました。 今後は勝つこと、強くなることだけにとらわれず、柔道を通して 豊かでたくましい心を持つ人を育成することに努めていく所存です。
プロフィール

有朋おやじ

記事検索
ブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 第42回全国高等学校柔道選手権大会広島県大会
  • 第42回全国高等学校柔道選手権大会広島県大会
  • 第42回全国高等学校柔道選手権大会広島県大会
  • 第42回全国高等学校柔道選手権大会広島県大会
  • 第42回全国高等学校柔道選手権大会広島県大会
  • 第42回全国高等学校柔道選手権大会広島県大会
livedoor 天気
  • ライブドアブログ