石狩平野

2011年09月21日

NECが北海道にデータセンターを新設

NEC、札幌にデータセンターを新設 クラウドサービス提供環境を強化

NEC報道資料
標高、海岸線からの距離、地盤などを考慮しています。

札幌のどこなのかはもちろん公表できないのでしょうが、NECがデータセンターを札幌市内に新設するようです。新設するとなると、やはり札幌市郊外ということになるのでしょうか、おそらく東部、新札幌付近かな?

過去のデータセンターは単なる「コンピュータの置き場」だったわけですが、現在では巨大な施設産業となっています。ディーゼルエンジンの発電機、巨大な冷房施設。従来の静かな住宅地やビジネス街にひっそりと存在する都市型の「データセンター」とは性格が異なります。

評価したいのは、このように北海道、石狩川流域にデータセンターが分散して新設されることにより、北海道のIT産業、通信回線、人材が移動することによる、「石狩平野シリコンバレー」化です。

ただし、札幌市内であるということは「都市型データセンター」の性格は否めません。ヒートアイランド問題、大都市固有の交通障害、都市全体のシャットダウンに対する障害性があるのかどうか。この立地を選んだ理由にどこかメリットがあるのか、とても興味がありますね。


- Key Word -
北海道 データセンター クラウド 立地条件 石狩 石狩平野 石狩川 雪熱冷房

勝手に石狩平野をシリコンバレーにするプロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加
islandcenter at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月17日

目指せPUE1.0のデータセンター:廃熱利用の発電システム

発電鍋:たき火で湯沸かし&携帯充電

なべでお湯を沸かしながら、携帯電話の充電ができるという「かわいい装置」です。

TESニューエナジーより販売されています。熱電効果の一種で、私のようにコンピュータビジネスに関わっている人なら「ペルチェ素子」が有名です。ペルチェ素子の場合は全く逆で「電気で温度をくみ出す」方法です。熱電効果は可逆性があるものもあるようで、電流を流すと冷やす、暖めるができ、熱差があれば電力を生み出す方法があるようです。

木や紙が燃える温度、着火点はブラッドベリの小説でも有名になった「華氏451度」摂氏220度です。
実際には焚き火をすると、400度くらいになりますが、沸騰したお湯は100度、この熱差300度で携帯電話の充電ができるわけですね。

この発電鍋のアイディアはアウトドアライフを強いられいる皆様にとってはひとつのエポックメーキングですが、大々的なりよう方法を考えると、寒い戸外と暖かい室内との熱差や、温排水などをつかった発電システムに利用できないのかな。

とふと考えてしまいます。


北海道にデータセンターを誘致する勝手なプロジェクト<\a>

このエントリーをはてなブックマークに追加
islandcenter at 03:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)