OLEAI BEACH BAR & GRILL

サイパンで唯一のビーチフロントレストラン【OLEAI BEACH BAR & GRILL】のぬるいBLOGです。 ぬるい情報をぬるい感じでぬるい頻度でお送りします。

2016年06月

いよいよ6月も終了であるが、相変わらず台風発生のニュースはない。
「ここもしかしたら台風になるかもよ?」という場所を教えてくれるサイト、「JTWC(Joint Typhoon Warning Center)」でも「怪しい所はありませんな」ってなってる。
2016_06_30_08


















台風がないのはいいこと。
雨が少ないのは心配なこと。

地球がおかしいのはとても心配なこと。


☆ブログランキングに参加しています☆

↓あなたのクリックがBOSSを気象マニアにします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2016_06_30_01











引用:Wikipedia 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%A6%E9%81%93%E9%A4%A8

武道の殿堂→ロックの殿堂

日本武道館。

1964年の東京オリンピックの柔道競技会場として建設された。

だから築2年の「武道の殿堂」で、イギリスからへんてこな髪型の4人組が来てずんちゃかずんちゃかロックのコンサートを開くなんてことに対して批判の声が上がるのも時代としては必然だったのかもしれない。

「武道館は日本武道振興のために造られた伝統的格闘技の殿堂であり、そこでロックコンサートを行うなど武道館の精神を冒涜し日本の若者を伝統的な価値観から堕落させる!」


今でこそ日本武道館は逆に「ロックの殿堂」と呼ばれることもあるくらいになり、日本中のミュージシャンの「目的地」みたいになっているし、海外のミュージシャンからの評価も高い。

収容人数の問題とかから「より大きなコンサート」では東京ドームやさいたまスーパーアリーナが使われることのほうが多くなったけど(日本武道館14471人、東京ドーム55000人、さいたまスーパーアリーナ37000人)、個人的な感想を言うと、東京ドームの音響はアレだ。まったくもってアレだ(アリーナとスタンドではまたちょっと違うけど)。

さいたまスーパーアリーナは行ったことがないのだけれど、日本武道館や代々木体育館(13000人)横浜アリーナ(17000人)の音響が何の違和感なく2~3時間耐えられるレベルなのに対して、東京ドームはオープニングで「あれ?」と思い、2曲めであきらめた。

奇妙なロックコンサート

そんなわけで、昨日書いたようにビートルズの日本公演は物々しい雰囲気の中開催されることになった。

①滞在中ビートルズのメンバーは一切外出禁止
②観客10000人に対して機動隊3000人が会場内で警備
③アリーナにはお客さんを入れない
④お客さんは立ち上がること禁止



①滞在中ビートルズのメンバーは一切外出禁止
この時滞在したのが赤坂の東急キャピタルホテル。(現『ザ・キャピトルホテル東急』)
もっとも、警備の目を盗んでメンバーはちょこちょこ部屋を抜けだして買い物したり皇居の周りを散歩したりしたそうな。すぐに警官(←「SP」とか「警備員」とかではなく「警官」!!)に見つかってホテルの部屋に連行(笑)されていたらしいけど。


②アリーナ席にはお客さんを入れない
アリーナ席というのは、斜めじゃない席(笑)。
2016_06_30_02





















引用:http://www.livehis.com/house/house_budokan2.html

上の図は実際の日本武道館の実際の座席配置図。

今でこそ「やった! アリーナ取れたよ!」みたいに、そこに座席があることが当たり前のようになっているけど、

●日本の警察に「日本武道館の」「ロックコンサートの」警備実績がなかった
●逆にビートルズ側には前年にNew YorkのShea Stadiumでの公演実績があったため、「アリーナにお客さん入れない警備体制」のノウハウがあった

などの理由で「最前列でもステージ遠い💦」カタチでのコンサートになったらしい。


③観客10000人に対して機動隊3000人が会場内で警備
こういうことを聞くと「当時どれだけ『ロック』とか『ロックバンド』とか『ロックが好きな若者』とか言うものに世間の信用がなかったんだろう」と思ってちょっとおかしく思っちゃう。
年配のミュージシャンの人たちが「オレらがバンド組んだ時はエレキギター持ってるだけで『不良』って言われた」なんて話もよく聞いたし。

…きっと、おじさんたちには「何か得体のしれないもの」みたいに思えていたのだろうと思う。
ちょうどぼくらが「アニメの世界から飛び出してきたようなかっこをしている人たち」をびっくりした目で見ていた時と同じように。
2016_06_30_03














引用:http://meltyfate.deviantart.com/gallery/

でも、時代は進み、変わるのだ。

ロッカーたちがそうだったように、彼らも彼らのかっこも「普通の光景」になっていくのだ。

赤い髪の毛の人とか緑色の髪の毛の人が勲章をもらえる時代がきっと来るのだ。



④お客さんは立ち上がること禁止
ただ残念ながら1966年はまだそんな時代だったので、会場内は異様な雰囲気。
これまた今では考えられない「立ち上がっちゃだめ!」コンサートとなったのである。

それにしても今のコンサート、逆に「立ち過ぎ」と思っちゃう人はいませんか? ぼくだけですか(笑)?

前に「お客様はお金払ってるんですから座っててください。ぼくらお金もらってるんだから立ってます。それくらいは差をつけないと」と言っていた人がいたけど(笑)、最近は壇上のアーティストの人が「ここからしばらくどんよりした歌が続くんで座ってください」とか「座っていいんですよ! 疲れちゃいますからね!」とか言っても、みーんな立ってる。「ずっと立ち続けてるオレ、えらい。ファンの鑑」みたいな感じで。

ただ、バラードとかのスローな曲調のものだと、立ってると逆に手持無沙汰になっちゃう感じも否めない。
かと言って座っちゃうと見えないし。まわりから「座ってるしwww」とかいう目で見られちゃうし。


なので、ぜひぜひアーティストの人たちにはもう少しリーダーシップを取っていただいて(笑)、「ここから3曲はスタンディング禁止でーす」とかやっていただきたいかなと。

静かなコンサートの副産物

2016_06_30_05















引用: cdn-ak.f.st-hatena.com

立ち上がれないわ目の前には機動隊うじゃうじゃいるわで、そんなに盛り上がれなかったんじゃないのかと思いきや、お決まりの失神者もそこそこ出たということなのだが、やはりビートルズがそれまで経験してきたコンサートとは大きく雰囲気が違っていたそうだ。

それは、「静か」だったということ。

もちろん失神者が出たくらいだし、「しーん」というわけではなかっだろうけど、それまでの、つまり「日本以前の」彼らのコンサートに比べると、異様な静けさだったようだ。


たとえば、先述したNew YorkのShea Stadiumでのコンサートは56000人の大観衆の前で行われたんだけど、ある批評家は

「ところどころにビートルズの音楽らしきものが聞こえる40分間に渡る絶叫の連続を聴くために観客はチケット代を払っている」

と言った。


ただ、こういった状況はファンにとってもビートルズにとってもさほど「異常」とは思われなかったようで、ジョンなんかある意味開き直って(笑)

「ビートルズを聴きたければレコードを買ってください。見たければコンサートに来てください」

って言ったんだって♪


そんなだから、この日本公演における「静かなコンサート」は彼らにとって稀有な経験だっただろうし、それは彼らにとって意外な効果をもたらしたコンサートになった。

それは、会場が静かだから自分たちの歌や演奏がよく聞こえるということだった。


その結果、彼らは「やっべ、俺らの演奏超下手くそじゃん」ということに愕然としてしまう。
ジョージは「今日の演奏は今までで最悪だけど、最近の僕達の演奏はこんなものだ」とまで言っちゃったりして。


そして彼らは発った

2016_06_30_06








彼らは7月3日、次の会場であるフィリピンに向けて旅立った。日本には4泊5日、サイパン旅行並みの短い滞在だった。


彼らはこの後フィリピンで「フィリピン事件」という厄介な事件に巻き込まれるんだけど、それはまた別のお話。


日本の『静かなコンサート』とフィリピンの『フィリピン事件』。

このふたつの出来事が「ビートルズがライブから遠ざかった一因である」と言う人もいる。

それまで4人を上手にコントロールしてきたマネージャーのブライアン・エプスタインも日本公演の翌年(1967年)32歳の若さでこの世を去り、彼らの歯車、バンドとしての歯車は少しずつ狂い始めていく。


彼らはコンサート活動休止後、スタジオに篭って音楽活動に打ち込むようになっていくわけなんだけど、彼らのような4人の天才が狭いスタジオで長い時間を共有するなんてのはもともと無理な話。

本当に4人は天才だったから、この後は「コンサートでは演奏困難な作品」とかを創り始め、音楽的な評価もどんどん上がっていったけど、激しい4つの個性のぶつかり合いは一触即発の状態。


そして最終的に1970年(本当はもっと前かもしれないけど)、彼らはもう元には戻らないという選択をしたんだ。

8年6か月で伝説に

彼らがレコード業界に残した主な記録は以下のとおり。
2016_06_30_07





















彼らはたった8年6か月でこれらのことを成し遂げ、たった8年6か月で生ける伝説となった(最後のは2000年の出来事だけど)。

なんという詰め込み方。



ぼくはこの8年6か月、何をしてきただろう。

ぼくは今から8年6か月後、何をしているのだろう。



ブログランキングに参加しています☆
↓あなたのクリックがBOSSを成長させます↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




6月28日の記事から。
2016_06_28_15



















引用:http://www.mvariety.com/cnmi/cnmi-news/local/87288-chcc-seeks-to-hire-orthopedic-surgeon

日本の整形外科医の皆さん、特に「仕事がない」「給料安い」「日本では米倉涼子に勝てない」とお嘆きの皆さんに朗報です。

サイパンの病院がフルタイムの整形外科医を探しています!
給料は$378,000~$550,000(3,780万円~5,500万円)だよ!


…まあ、サイパンにフルタイムの整形外科医がいないということもアレなんだけど、おもしろかったのは記事の下の方に出ているこの記事に対する読者からのコメント。


給料はどうやって払うの? ババ・ガンプ・シュリンプの売り上げ?


昨日のエントリーからの流れということで。







☆ブログランキングに参加しています☆
↓あなたのクリックがBOSSを少しニヒル(笑)にします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





2016_06_29_01








言わずと知れた「ビートルズ」である。


音楽史に燦然とその名を残したその4人のカブトムシたちは、50年前の今日、1966年の6月29日に初めて日本の地を踏んだ。最初にして最後の来日である。

そして50年前の明日、1966年の6月30日に日本武道館でコンサートを開催した。

というわけで、今日と明日の2回にわたって、彼らについて書いてみようと思う。


ただ、彼らについてはもうすべて書き尽くされているし、素人のぼくが「考えてみると彼らの音楽理論というのは…」とかやってもちゃんちゃらおかしいだけなので、今回は彼らの「日本公演」にスポットを当てるとともに、「彼らに対するぼくの想い」的な書き方になると思うけど、お気に触ったらごめんなさい。


The Beatlesって誰?

2016_06_28_01


















2016_06_28_12















「ビートルズって誰?」なんて、ぼくらのちょっと上の世代の方が聞いたら卒倒してしまうであろう言葉だが、若い世代の方には本当に「ビートルズ知らない💦」と言う人がいるのは確か且つ仕方のないことで、そのうちに「マイケル・ジャクソン知らない」「レディー・ガガ知らない」と言う人も間違いなく出てくるので今のうちに覚悟しておいたほうがよい。


上の写真はたぶんデビューしたばかり(1962年ごろ)のものと思われる。だから全員二十歳をちょっと超えたあたり。

若いねー💦

ちなみに自分の「二十歳をちょっと超えたあたり」の頃を思い返してみると…。

毎日毎日飽きもせずオートバイと車に明け暮れ、その一方「晴れた空を見上げるとくしゃみが出る」のを自分の特技だと思い込み、そんな自分に合っている職業ってなんなんだろうと時々思ってたあの夏。まだ自分は「やればできる子」だと思ってた(遠い目)。



彼ら4人はイングランド、ロンドンからバスで5時間のど田舎港湾都市リバプール出身。
ハイティーンの頃から地道なライブ活動を重ね、オーディションに落ちたり、ドイツでのライブ中、ジョージ・ハリスンが「就労年齢に達していない(当時17歳)」として強制送還されたり、そこそこ苦労を重ねながら1962年10月にレコードデビューした。


ちなみにレコードとは「CDのご先祖様」みたいなもの。
2016_06_28_13












活動期間はわずか…。


これだけ音楽界に、それも全世界の音楽界に足跡を残しまくっているから、相当長い期間活躍したのだろうかと思いがちだが、なんと彼らの「The Beatles」としての活動は思ったよりずっと短いのだ。

1962年10月に『Love Me Do』でレコードデビュー、1971年4月にポール・マッカートニーが脱退を大衆紙に発表するまで、なんと8年6か月。




…え?

…ということは、
2016_06_28_01




















ここから、晩年の超有名なジャケットの
2016_06_28_11






















…まで、8年半でこんなに老けちゃったの?


…苦労したんだろうね💦



データから計算してみると、メンバーの解散時の年齢は次のようになる。

ジョンレノン…30歳6か月
ポール・マッカートニー…28歳10か月
ジョージ・ハリスン…28歳2か月
リンゴ・スター…30歳9か月


なんだまだ全然若いんじゃん。



ちなみにまた自分の「30歳前後の頃」を思い返してみる。

…正直、最悪の時期だった。椎間板ヘルニアで洋服屋を続けられなくなり、入院→長期自宅療養を余儀なくされ、毎日毎日窓の外の「最後の一葉」を見ながら過ごしたかったんだけど窓の外にはそんな都合のいい木なんてなくて、ただただ悶々とした日々を相棒の猫と過ごしていたなあ(再び遠い目)。


ま、彼らもビートルズ解散=無職、ぼくもヘルニア=無職だから、その意味では「追いついた」と言っていい


8年6か月で残したもの

彼らはバンドとして活動した8年6か月に12枚のオリジナルアルバムを出したのだけれど、そのうちなんと11枚が全英No.1ヒット(残り1枚は『Yellow Submarine』(苦笑))! 

すごくね?

これは12回連続おみくじ引いたらそのうち11枚が大吉だったのと同じくらいすごいことなんじゃない? 違う? 違うの?



さらに彼らは芸能人として初めてMBE(大英帝国勲章)を受勲(1965年)。理由は「外貨獲得による国家貢献」というものだったんだけど、これに対して怒ったのがすでに受勲していた軍人さんたち。

「命をかけてお国のために戦ったわしらと、おかっぱ頭の小僧4人を一緒にするのかぁ!」

このおじさんたち、ただ声を上げるだけでなくて実際すでにもらっていた勲章を返却する人が続出。


これはつらいなぁ。

1965年だからただでさえまだ20台半ばの若造でしょ?
怖いおじさんたちにそんな感じで凄まれたらもうどうしていいかわからなくなっちゃうんじゃ…。

…と思ってたら。

「多くの叙勲者は人殺しをしてもらった勲章だ。ぼくらのは世界中の人を喜ばせてもらう勲章だ。ぼくらのほうがもらう資格はあると思う」と、ジョンは言った。


かあっっっっちょいいいいぃぃぃぃィィィ♪ 
同じジョンでもどうしてうちのジョンくんは



彼らが日本にやってくる

そんな彼らが日本の地を踏んだのが50年前の今日、1966年6月29日だった。

JALの特別機からハッピ姿で降りてくる彼らの写真は、ファンでなくてもどこかで見たことがあるかもしれないくらい有名。
2016_06_28_14




























引用:https://pbs.twimg.com/media/Cb8BX0PUEAAgIYD.jpg

場所は日本武道館。

実はこれにも一悶着あって、

「武道館をロックバンドなんぞに使わせてなるものかぁ!」

というおじさんたちが大量に発生。

さらには実際にビートルズに対して脅迫行為をする輩まで出てきたからサア大変。

街宣車は出るわ「Beatles Go Home」の横断幕が出るわ警官隊が大挙出動するわで東京は大騒ぎになったのである。


ちなみに本人たちも完全外出禁止。ホテルからは一歩も出られず。

本番のコンサートも、10000人の観客に対して機動隊3000人という見事なバランスの警備体制だったそうだ。


         つづく。








☆ブログランキングに参加しています☆
↓あなたのクリックがBOSSを少しだけ懐古主義にします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




昨日6月27日、ガラパンに新しいレストランがオープンした。
2016_06_28_16
















引用:あいらんどぶろぐ http://ameblo.jp/pmt-spn/

『BUBBA GUMP SHRIMP(ババ・ガンプ・シュリンプ)』。

映画「フォレスト・ガンプ」をモチーフにした、エビ料理を中心にしたお店。

日本では『HARD ROCK CAFE』『TONY ROMA'S』『Eggs'n Things』『カプリチョーザ』などをフランチャイズ展開するWDIと言う会社がすでに4店舗営業している。

『HARD ROCK CAFE』『TONY ROMA'S』『カプリチョーザ』に続き、4つめの「WDI→T社(サイパンの企業)」の流れのお店となる。

海に囲まれているのに海老が貴重なこの島、人気店間違いなしでしょう。








ぼくは日本で行ったことがあるのでしばらくはいいです(ボソッ)。


☆ブログランキングに参加しています☆
↓あなたのクリックがBOSSを協調性のある人間にします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




2016_06_15_01















ほんとはね、今回はサイパンの大自然について余すところなくご紹介しようと思ってた。

で、一番わかりやすい「よそとの比較」方式で「ね? サイパンいいでしょ?」と皆さんのハートに強烈なラブコールをお送りしようとしようと思って、Googleで「自然」とか「大自然」とかのキーワードで画像検索してた。

そしたら。

世界にはものすごいところがたくさんあるんですのねー。


…というわけで、今回はちょっと趣旨を変更して「サイパンの『ここがちょっと残念』」みたいなところをつらつら挙げてみようと思ってたりする。

特に、個人的なことで申し訳ないけど、ぼくは「水のある風景」が大好きなので、そちらに関して感じたことなんかを中心に。



①サイパンには川がない。


先ほども書いたように個人的にぼくは「水のある風景」が三度の食事ほどではないけど好きなので、その中のひとつである「川」がないのは非常に残念。

川のある風景、世界にはこんなにすごい場所があるのだ。

スロベニアにある「Soca River」。

「世界一美しい川」と呼ばれる川は、四季の移り変わりととも「これ写真?」と言葉にしてしまいそうな表情を見せる。
2016_06_23_06











2016_06_23_07








2016_06_23_04










2016_06_23_05




























引用はすべてhttp://www.huffingtonpost.com/dl-cade/this-may-be-the-most-beau_b_7611248.html

…すごいよね。

人っ子ひとり写ってない(←そっちかい)。


この「Soca River(ソカ川とでも言うのだろうか)」だけではなくて、世界のいくつかの場所を見て思うことだけど、観光地とか景勝地と言われる場所を訪れると感じるのは、「お店ねぇなぁー」ということ。


これがもし日本だったら、必ず「お休み処」とかの看板が出ていて、「ソカ川まんじゅう」とかいくつものお店で売っていて、同じものかと思ったら「元祖」と「本家」があって。
「中でも食べられますよー」とか言われて入ってみたらテーブルの上におみくじマシンみたいなのがあって。
お土産コーナーにはペナントはあるわTシャツはあるわ何でもあり。「ソカ川」ってシールだけが貼ってある「即席名産品」みたいなのもたくさんあって。
2016_06_23_11








でもね、外国ってそういうの、数少ないと思うんすよ。

余裕だな~って言うかちょっともったいないな~って言うか、いつもそんな感じがするんすよ。


②サイパンには湖はあるけど基本的に入れない。


サイパンには川はないけど、淡水湖、あります。

「ススペ湖」。

でも、ほとんどの観光客とは無縁の場所なのだ。なぜなら、私有地だから。
2016_06_23_12















引用:地球の歩き方 
http://tabisuke.arukikata.co.jp/os/a/14/r/10580/r/SPN/10/OverseaCitySpot/4084/p/1/


なんとも言えないミステリアスな感じがする。絶対する。

だけどいかんせん私有地なので、観光客はもちろん地元の一般の人が足を踏み入れる訳にはいかない。
土地の所有者に了解を得るか、ツアーなどで訪れるしか方法はないのだ。



では、世界の湖を見てみよう。

先ほど「世界で一番美しいと言われている川」をご紹介したので、今回ももちろん「世界で一番美しいと言われている湖」、クロアチアの「Plitvice Lakes」だ。
2016_06_23_13










2016_06_23_14










2016_06_23_15













2016_06_23_16




















引用はすべて
http://mathiassauer.blogspot.com/2013/07/most-beautiful-lakes-in-world.html

…なにこれずるい

2枚目の画像の下の方に見える遊歩道っぽいやつなんて、歩いたら絶対テンション上がりまくりでしょ。

そしてやっぱり店がないwww




③それでもやっぱりサイパンには海があるのだ

ぶっちゃけ、ダイビングで世界を訪れていらっしゃる方や、ダイビングショップで働いていらっしゃる方のほとんどはこう口を揃える。

「サイパンの海は本当に綺麗だ」と。


…まあ、詳しく話を聞くと、

「海と空気がきれいかどうかはその場所が都会か田舎かによる」

らしい。


つまり、「都会であればあるほど空気も海もきれいではない」「田舎であればあるほど空気も海もきれい」ということ。

だから、ダイバーの方たちが「グアムよりサイパンの方が海がきれい!」と言ってくださっているということは、「グアムよりサイパンの方が田舎!」という意味だということに他ならないらしいんだけどね。


では、サイパンが胸を張って勝負できる「ビーチ部門」での「世界で一番美しいと言われている」ビーチをいくつか見てみよう。

まずはフランス領ポリネシアのボラボラ島。
2016_06_23_18


























…。


次にタークス・カイコス諸島のプロビデンシャレス。
2016_06_23_19
















…。

…へえ。


続いてタイのフィフィ島。
2016_06_23_20














…。

…なるほど。


最後にバハマのハーバーアイランド、通称ピンクサンドビーチ。
2016_06_23_21














引用はすべてhttp://all-that-is-interesting.com/the-worlds-six-most-beautiful-beaches

じゃあねちょっとお聞きしますがね。

それらのビーチには人々の笑顔があふれていますか?
現地の人々にはおもてなしの心が感じられますか?
そこには腕時計を自然と外させてしまうような不思議な時間の流れがありますか?

ありますかそうですか。




じゃあ日本から3時間でつきますか



…まあ、争っても意味のないことだ。



ただひとつ言えることは、「サイパンの良さは来てみないとわからない」ということだ。


写真を何枚並べても、美辞麗句をいくら連ねても、サイパンの本当の魅力は永遠に伝わらない。いや、文章力の問題とかではなくて。


「サイパンとハワイだったらハワイに行くなぁー」は、サイパンに一度でも来てから言おう。



☆ブログランキングに参加しています☆
↓あなたの何気ないクリックがBOSSをどんどん生意気にします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スーパーでこれ見つけた。
2016_06_25_02






























この時、本気で「平成って怖い。昭和に戻りたい」と思った。

BOSS「ねえねえ、これ日本のだよね」
店員さん「そう」
BOSS「こういうのってさ、『日本でもすんげぇ売れてるぞ! サイパンに持って行こう!』って言って買ってくるの? それとも『日本で全然売れてなくて超安く仕入れられるぞ! たくさん買っちゃえ!』って言って買ってくるの?」
店員さん「さあww 俺の仕事じゃないしww でも売れてるから買ってくるんじゃないの?」
BOSS「ふーん、…じゃあどうしてセール価格(59セント)になってるんだろう
店員さん「それは賞味期限が…」
BOSS「まだたっぷり残ってるよ、これ」

そして店員さん苦笑いとともに逃亡…。


日本の皆さん。

これは売れているのですか?

日本はいつからそんな「イェーイ、甘いものイェーイ」みたいな国になってしまったのですか(落涙)?



…あと、実際召し上がった方の感想もぜひ。



☆ブログランキングに参加しています☆
↓あなたのクリックがBOSSをどんどん硬派にします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




Season 1の「マレーシア編」に続き、Season 2の「ティニアン編」が前回終了した。


今回もそこそこ反応良かった♪


…まあ、マレーシアの続編にティニアンを選んだのはちょっとした賭けだったが、結果的には正解だったと言ってもいいのではないだろうか、

もともとこのブログを読んでくださっている方々は「サイパンの情報ブログ」と言う雰囲気に騙されて 引っかかって 引き寄せられてこのブログに辿り着いたんだろうし、サイパンに興味がある人がティニアンの記事で悪い気分になるはずがない!


で、選択が難しいのが、今回から始まるSeason 3である。

ティニアンときて次グアムだとベタすぎるし、ロタとか行ければいいけど、ロタ行ったことないし。
本当は天皇陛下がいらっしゃったパラオとかにも行ってみたいのだけれども、まだ実現は先になるみたい。


正直、ティニアン編は多少戸惑いながら書くことが多かった。なんといってもサイパンのお隣で気候とか一緒だし、サイパンに輪をかけてのんびりしてるからなかなか事件とか起きないし。


たぶん、読者の皆さんが望まれているのは、遠すぎず、身近すぎず。全然イメージわかなくても困るし、全部「あー、知ってる知ってる」とかでもつまらない。
そして安全すぎず、危険すぎず。なーんにもどきどきすることもなく順風満帆過ぎる旅は読む人を退屈にさせるし、明日の命の行方すらわからないような話はしゃれにならない。
あとは豪華すぎず、質素すぎず。「初日のホテルは1泊23万円のスイートルームです!」とかやっちゃうと間違いなく反感買うし、「野宿13日目」とかやるんだったらそれだけで本を書いたほうがいい。













…スペイン?









2016_06_19_02




















台湾。

ぼくのお気に入りのTOP3に入る場所。

東京から約2000キロ。沖縄からだと600キロの近さ。600キロといえば、東京-青森間くらいの距離である。

近い、自由主義の国、親日国、食べ物がおいしい…。そんな評判が評判を呼んで、日本人観光客に大変人気がある。


事実上の首都、中心都市は台北。

なんでこんな「事実上の」とか回りくどい書き方をしなければならないかというと、それは現在の台湾が置かれている国際上の位置的なものと関係している。

詳しいことはWikipediaでお調べいただくとして、簡単に書くと「一応『中華民国』の規定だと首都は南京ってことになってるんだけど、現実問題として南京は中国国内だし、実際一番栄えてるの台北だし、もう台北でいいんじゃね?」みたいな感じなのだ。


その台北には空港がふたつある。桃園国際空港と、松山空港。

このふたつの空港の関係性は、ちょうど日本の成田空港と羽田空港のそれと似ている。

桃園国際空港→国際空港だけど、中心地からはちょっと離れている。
松山空港→国内線用の空港だけど、中心地内にある。

松山空港は、国内線用の空港ではあるけれど、羽田空港がそうであるように、国際線の発着も多少ある。

日本人観光客の人気もあって、松山空港には羽田から1日4便、桃園には成田、関空、セントレアなどなんと20の都市から台湾に向けてびゅんびゅん飛んでいるらしい。


なにこれ超うらやましいんですけど。



2016_06_21_05













ぼくは「台湾大好き」という割には、台湾に2回しか行ったことないし、台北にしか行ったことがない。

台湾には他にも台中、台南、高雄、澎湖諸島、そして金門島という行くべき場所がある。ぼくもまた必ず台湾を訪れることになるだろう。

特に金門島!

奥さん金門島ってどこにあるかご存知?
2016_06_21_07




















え? これ中国じゃないの?…ってな場所にあるのだ。

1958年と1960年には対岸の中国(中華人民共和国)から砲撃を受け、なんとか防衛に成功したものの、打ち込まれた砲弾の数、なんと47万発(1958年)!

金門島ではその砲弾を使って「金門包丁」というのを作って金門島の名産品にしている。なんというたくましさ(笑)!
2016_06_21_08
















用:http://4travel.jp/travelogue/10777834

この金門島、対岸の中国との距離が2キロほどしかなく、今では自由に観光ができるくらいに平和を取り戻してはいるものの、時折「台湾の警備艇に追っかけられる中国の観光船」みたいなのも見られるんですって。



そもそも「台湾って中国とは違うの?」とか「台湾って国なの?」とか「オリンピックとかでChinese Taipeiとかっていうのは何?」とか、台湾についてはいまいちわかりにくいという方もおられるかもしれない。


台湾の正式名称は、「中華民国」という。
対して、いわゆる「中国」の正式名称は「中華人民共和国」という。

ここで台湾の歴史を稚拙な文章で書いても時間の無駄になりそうなので詳細は別のサイトをご覧いただくとして、ごくごく近々のことをごくごく簡単に書くと、



~ 中華民国(国民党)目線での第二次世界大戦後 ~

第二次大戦、アメリカに助けてもらって日本に勝ったよ! これで中国大陸も台湾もみんなオレたち中華民国、国民党のものだよ!

ええっ。中国大陸で共産党が武力蜂起!

負けた負けたこてんぱんに負けた国民党はみんな台湾まで退却ぅー。

大陸で共産党が「中華人民共和国」とかいうのを作りやがった!

ちっきしょー、中国の唯一の正当な政府はオレたち「中華民国」なのに、世界中のほとんどの国が「中華人民共和国」の方を「全中国を代表する主権国家」だなんて認めやがった!

日本もアメリカも「国家」として認めてくれなくなっちゃった! 国交断絶になっちゃった!

でも、実は日本ともアメリカともけっこう仲いいんだよねwww

本当は大陸もオレたちのだから。ぜってぇ許さねぇから

だけど商売の事もありますんで、まあ今後ともまあどうかひとつ

  ↑今ここ



…というわけで、先ほどの問いに答えるなら、

「台湾って中国とは違うの?」→ぜーんぜん違う。「ハワイ」と「羽合(鳥取県の『はわい』町)」くらい違う。
「台湾って国なの?」→正式名称は「中華民国」。しかし国連からは「国家」としては認められていない。
「オリンピックとかでChinese Taipeiとかっていうのは何?」→正式名称の「中華民国」が国家として認められていないので、国際舞台ではその名称は使えない。あくまでも「地域」としての「Chinese Taipei」をそういう状況で使っている。

…みたいな感じになるんだと思う。


ちなみに、Wikipediaに書いてあったちょっとおもしろいことを。
2016_06_21_09





…つまり、日本政府はサンフランシスコ講和条約の時、台湾については「どこどこに返す」とは言っていないんだって。日本らしいちょっとずるい感じ(笑)。なんかこう、「この後のごたごたには巻き込まれたくないんで」みたいな。






…さあ、困った。

『BOSS、世界を行く。』シリーズのSeason 3として今回から台湾編を始めたのだが、まだ台湾の空港に着いてもいないのに第1回めが終わってしまった。


      つづく。







☆ブログランキングに参加しています☆
↓あなたのクリックでBOSSの文章が簡潔になります↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




「持病がある」
「いつも海外に行くと風邪をひく」
「連れて行く子供がアレルギーだ」
など、「自分では他の人より海外で病院に行く可能性が高いと思う」の方におすすめ。

前もって自分の病歴を書いておくのだ。
2016_06_10_07





























これはぼくがサイパンの眼科にかかる時に作って持って行った「Medical History(病歴説明書)」。

外国の病院に行ってなによりも困るのは、「病状の説明」と「医学専門用語」だと思う。

「しくしく痛む」「ずきずきする」とか英語でなんて言う? 「網膜剥離」「喘息」とか英語でなんて言う?


ぼくはわからなかった。


「突然病気になった」とかだとこんな余裕はないだろうけれども、病院に行く可能性のある人は、前もってこんな感じのを作ってスマホにでも記憶させておいて、お医者さんにスマホ画面を見せるだけで伝わり方が何倍も変わってくるのは間違いない。

ちなみにぼくはこれを作ってプリントアウトして目医者さんに持って行ったら、先生には「Perfect!」とほめてもらった♪



自分の持病を英語でなんて言うのか、知っておいても決して損になることではないし、英作文の練習も兼ねてチャレンジしてみてはいかがでしょう。





☆ブログランキングに参加しています☆
↓あなたのクリックがBOSSをも少し健康にします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




最初見た時、「うわあ、いいなぁー」と思った。
2016_06_14_06













https://hydrohammock.com/media/

ハンモックである。


しかし!

ただのハンモックではない。
2016_06_14_02










『Hydro Hammock』という会社のサイトの、『Hydro Hammock』という商品。

このハンモック、なんとお風呂なのだ。


最初の画像、も少し寄るとこんな感じ。
2016_06_13_20













なにこれうらやましい。

動画はこちら。

そしてぼくが一番「いいなぁー」と思ったのはこちら。
2016_06_14_07













ビーチに穴を掘ってこのハンモックをセット。
つまり、ビーチでお風呂。
2016_06_13_19













これがあって、オレアイの前のビーチに穴掘ってハンモック埋めて
お湯沸かして…。


あらやだはずかしい。




気になるお値段は、

◯基本パッケージ(ハンモックのみ)…$360
◯   〃    (サイズの大きいデラックス版)…$555
◯オールインワンパッケージ(温水ヒーターなど全て込み)…$1395
◯   〃    (サイズの大きいデラックス版)…$1580

ですってー。

あら…。けっこうお高いんですのね。


…って言うか、これ「ハンモックのみ」の基本パッケージだけで買う人いるの? ハンモックだけだったらサイパンでも中国製のやつ$30で売ってるよ! まあ、かたや「防水の超頑丈構造」、かたや「へたに高い所にハンモックかけちゃうと寝るたびに命がけ」の中国製だけどね!





このハンモックは、「KICKSTARTER」というクラウドファウンディングを通してフレデリックさんという人が開発したんだって。



…え? あら奥さん「クラウドファウンディング」ご存じないの?


「クラウドファウンディング」ってのは、「何か新製品を作りたい! だけど資金がない!」「すごくいいビジネスのアイディアがあるのに資金がない!」みたいな人や集団、会社が、インターネット上で出資者を募集する…みたいなこと。たぶん。
ぼくの認識では、小さい頃に誰でもが必ず一度は考えた「…日本人って一億人いるんでしょ? …ってことは、ひとり1円ずつもらったら1億円!」をリアルで行っている、みたいな感じ。

「KICKSTARTER」は2009年にアメリカで設立されたクラウドファウンディングの代名詞的なサイト。
なんといってもその特徴は

●一般大衆から投資を集めるシステム
●投資する人はお金儲けのために投資することは出来ない
●投資された側は投資してくれた人にお金を返す必要がない

…など。

3番めの「お金返さなくていいよ!」がちょっと気になるけど、投資された方は投資してくれた人には「御礼の手紙」「サイトに『協力者』として名前が出る」「記念のTシャツ」「一緒にご飯を食べる」などの方法で感謝の気持ちを表すんだって。


日本にもクラウドファウンディングはいくつかある。

有名なのは「READYFOR」や「CAMPFIRE」。


…今思ったんだけど、どうしてクラウドファウンディングのサイトって「二単語の間のスペース取って無理やり一単語にした名前」なんだろ。みんなKICKSTARTERの後を追っかけてるみたい。




でも、これってすごいシステムだよね。




Wikipediaで見たら、今までの最高集金額はなんと$20,333,986=22億4000万円!!

そしてその22億円を集めたプロジェクトがこちら。
2016_06_13_21












http://arstechnica.com/gadgets/2015/02/pebble-time-smartwatch-hits-kickstarter-breaks-500000-goal-in-minutes/

いわゆる「スマートウォッチ」である。

メールが来たりLINEのメッセージが来ると教えてくれたりするやつ。で、簡単な返信なら時計からできちゃうやつ。


ぼくはこういう商品については「そんなに忙しくしてどうするの?」派なので正直あまり興味がない。
どうせ「スマートウォッチつけてもう4日たつけどまだ1通もメッセージが来ない」みたいになるのわかってるしさ。


って言うかぼくにとっての「スマートウォッチ」は、「『ウルトラセブン』でウルトラ警備隊がつけていたやつ」だけしか認めないのだ。
2016_06_13_22












引用:http://maimutvmovie.blog.shinobi.jp/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3/


…でも、飽きちゃうんだろうなあ。スマートウォッチも、ハンモックも。そういうところがぼくは徹底的にダメ男なのだ、ぼくは。




☆ブログランキングに参加しています☆
↓あなたのクリックがBOSSを少しずつ根気強くします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ