OLEAI BEACH BAR & GRILL

サイパンで唯一のビーチフロントレストラン【OLEAI BEACH BAR & GRILL】のぬるいBLOGです。 ぬるい情報をぬるい感じでぬるい頻度でお送りします。

2016年12月

2016_12_21_09












12月31日、大晦日。

2016年が過ぎ去ろうとしている。


後輩諸君には、ぜひこのあとの10時間のうち20分間でいいから、真剣に2016年を振り返ってもらいたいと思う。

で、「失敗したこと」や「やらなきゃよかったこと」や「もう一度やり直したいこと」を思い出していただきたい。

でもね、それは決して「反省し続けなきゃだめだぞこいつぅ」ということではないのだ。

それらはぼくらにとって2017年の航海図になるのだ(キリッ)。


…まあ、結局はその航海図無視して「あああああ💦またやってしまった💦💦」ってなこと、少なくないんだけどね(笑)。



あと、「転職する」とか、「就職する」とか、「結婚する」とか、「引っ越す」とか、2017年から新しい生活が始まることがわかっている諸君。

不安かもしれないけど、不安なのは仕方がない。

不安なのは、まだ何もわからないからだ。さっきの言葉で言うと、「何の航海図も持っていないから」。だから「やったことのないこと」に対して不安に思うのは、当然のことなのだ。


ぼくの経験から言うと、まずは「変化」してみちゃう。とりあえず「変化」してしまえば、あとはけっこうなんとかなる(笑)。まじで。


でも、そういう意味では、ぼくだって不安である。まだ2017年を経験したことがないからね。



諸君、数少ない航海図を忘れずに持って、さあ、一緒に2017年の航海に出よう(キリッ&カメラ目線)。





良いお年をお迎えください♪



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「たまにはいいこと言うじゃんwww」と思ってくれた人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

2016_12_23_03







昨日のエントリーで「ぼくが悩んでいる」と言うことを書いた。
(参考記事:「5つの予言。」

そしてそれについて「明日1本書こう」とも書いた。

なんだこのちょっとえらそうな物言いwww

だいたいさ、「人の悩み」なんて聞きたい人いる?


よく「…俺、ちょっと悩みがあるんだけどさぁ」「ちょっと聞いてくれる? 私最近悩みがあって…」みたいに言われたこと時々あるけど、そんなたいした内容じゃなかった 結果的に「相談」じゃなくて「報告」だけだった場合が大半だからね。

「BOSSくんのお友だちにMくんっているでしょ?」
「うん」
「あの人って…。…どんな人?」
「え? なんで?」
「…その…。告白されちゃって…」
「まじで?」
「うん…。でも、私BOSSくんとはよく話すけど、Mくんとはほとんど話したことないからよくわからないんだよね…」
「そっか。…逆に聞くけど、どういうタイプが好きなの?」
「私ね、ホントはね、BOSSくんみたいな人がタイプだったんだ。おもしろくて、明るい人」
「そそそうなの?(ニヤニヤ)」
やっばいこれ告白でしょ。Mくんごめん。まじごめん。
「うん。一緒にいても楽だし(笑)」
「そっかなー(ニヤニヤ&デレデレ)」
Mくんごめん君が悪いんじゃない。どちらかと言えばぼくの魅力が悪いんだ。
「でもBOSSくん、モテそうだからなー」
「そんなことないよぉー(ニヤニヤ&デレデレ&アホ面)」
Mくんになんて言おう。悪くてこんなこと言えない。この後すぐに電話しよう。
「で、Mくんは? どんな人なの?」
「M? …いいやつだよ?(←余裕) すっげぇ優しいし。普段ちょっと無口だけど、スイッチ入ると超おもしろいし」
「そうなんだ…。…よかった」
「そうなんだよ。  …え? 『よかった』って?」
「先週から付き合ってるの」


なんだそれ。ふたりともデートの日にコロッケにお醤油をかける派かソースをかける派かで揉めて気まずい雰囲気になれ

2017年に向けて・お店編

お店に関しては、もちろんやらなければならないことはたっくさんあるけど、やっぱり今のサイパン、これからのサイパンでビジネスということを考える時、どうしてもチャイナマネーというものを無視する訳にはいかない。

あと、ここ最近また韓国からの便数も観光客数もがうなぎのぼりらしいので、そちらも視野に入れざるを得ない。


特に、日本からのお客さまの増加がこれ以上望めないならなおさら。

日本からの観光客数は相変わらず年々減っているのだろうけど、とりあえずDELTAの成田-サイパン直行便は存続してくれるような雰囲気(←実はあの路線、黒字らしいっすぜww)だし、一気にじゃなくていいから、少しずつでも回復するように旅行会社さんたちにも相当頑張ってもらわないと(笑)。


ただ、今まで何度も何度も書いているように、うちの主力ターゲットは観光客ではないので、まずはローカルにもっともっと愛してもらえるような店造りをしないとね。
で、それに伴う「副産物」みたいな感じでいいので、日本や中国、韓国からの観光客の皆さんの数をちょっとずつ増やしていければいいかな。なんて思う。


たぶんぼくには「爆発的に何か成果を出す才能」はないと思うので(泣)、地道にちょっとずつやります。



お店の件で言うと、あとはやっぱり中国人投資家との攻防(笑)。

ちょっとだけ報告すると、今でもオレアイを買いたいという投資家、来てます。
具体的な値段の提示、とかまではまだ進んだ話が直接来ているわけではないけれど、ひとつだけ心配なこと。

エルバートが勝手に話を進めそうなのが怖い💦
「1億くらいならあの日本人、きっと売るよ?」とかって。

2017年に向けて・プロジェクト編


25日の日にアップした、【OLEAI BEACH BAR & GRILL・公式イメージソング】(笑)。
(参考記事:「クリスマスプレゼント(照)。」
あれの動画、やっぱりもうひとつちゃんとしたやつは2017年中に作りたいなぁ。

…いっそのこと、外注に出してもいいとさえちょっと思っている(笑)。

偶然ドローンを持ってきたお客さまが偶然日本人で、偶然このお話をしたら偶然興味を持ってくれて、一緒だったお友だちが偶然動画編集のスペシャリストで、偶然その人も「俺やるよ♪」とか言ってくれて…みたいなのが理想なんだけどなwww


あとね、正直に言うけど、あの曲を作ったり、打ち込みしたり、歌ったり、動画の写真選んでる時、すっごく楽しかった

本音を言うと、毎日通常のお仕事して、このブログ書いて、それプラスの「余計な作業」(笑)だったからきつかったけど、すっごく楽しかった。

「またやりたいかも♪」なんてことも思ってる。

なので来年のクリスマスプレゼント、また同じようなものになるかもしれません(笑)。

今のうちから予告しておくのでまた似たようなものになっても「またかよー」とか言わないで(笑)。

2017年に向けて・ブログ編

このブログに関しては、やることはとてもシンプル。

「続けること」と「ページビューを増やすこと」。

たぶんいつも通りなら1月2日に「導かれし人々。」の12月編を書くことになるだろうけど、そこで詳しく書くけど、実は今月のページビューは先月(11月)からほんのちょっとだけアップしたものの、まだ10月の数字には戻っていない。

ぼくは、ブログを書く以上はページビューを増やしたい、たくさんの人にたくさんのページを飛んでいただきたい、と思う事は当然の欲求だと思うので、2017年はもうちょっとその辺を勉強して(泣)、貪欲に取り組んでいきたいと思う。


でも、ほら、ブログの性質上「サイパンのブログ」とか謳っていながら、「サイパン情報の記事」と「サイパンと全く関係ない記事」の比率が50%:50%くらいじゃない?



…え? 何かおかしなこと言ってる?



だから、「サイパン」で読者を呼ぶことが難しい(泣)んだけど、最近では「それでいい」「あきらめた」「サイパン情報は他サイトで見る」などのお声も頂いているので(←複雑(笑))、まあいいのかな、という気がしなくもない。

ただ、となると「続けること」と「少しでも皆さんに喜んでもらえる記事を書くこと」が重要になるのは当たり前。だって「サイパン情報ブログを見に来た人」に「サイパンの情報以外のもの」を読んでいただかなくちゃならないんだからwww



一部のサイトによると、「今ページビューを簡単に稼げるのは微エ◯」だそうで(笑)。

だめ、微◯ロって書けない💦書くとしたら激エ◯になっちゃう💦💦



実はブログの引越とかも考えてないことないんだけど、全く手間がかからないわけでもないのでなかなか踏ん切りがつかない(苦笑)。
2017年後半までにはちょっと真剣に考えてみよう。



でもなにはともあれ、今年1年、このブログを通じていろいろな方との繋がりができた事は本当にうれしかったし、幸せでした。




「ブログ読んでます」の、このたった8文字があんなに嬉しく、あんなに照れくさいものだなんて知らなかった。

「◯月サイパンに伺います」というコメントやメッセージ、メールを読んで、他所様の海外旅行がこんなにうれしいのはなぜだろうと思った。

「私の周り、意外とあのブログのファンの子多いんですよ」って言われた時、「みんな連れてきてくれればファンタオレンジくらいおごるのに」と思った。あと、「意外に」は言わなくてもいいのになと思っ




今年1年、このブログをかわいがっていただき本当にありがとうございました。

2017年も少しでも多くの「にこにこ」をお届けできるよう、微力ながら努力し続けます。約束します。まじで。



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「エルバートwwwやりそうwww」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

2016_12_21_08














12月30日ももうあと10時間で終わる。

34時間経てばもう2017年だ。


どうしてこういつも年の暮れっていうのはちょっとどきどきしちゃうんだろう(笑)。

年号を何かに記入する時の数字がひとつだけ変わる以外は何も変わらないのに。



毎年思うんだけど、12月30日はちょっとかわいそう。

「今年を振り返ろう」と思うと「まだ明日がある」って考えちゃうし。
「新年の目標を…」と思うと「それは年が明けてから」って考えちゃうし(笑)。


そんな、いわば「空白の1日」なのに(笑)、やっぱりどきどきはしちゃうんだよね。「なんかやばいなんかやばい」って(笑)。
どきどきしちゃうくせに「まだ明日がある」「それは年が明けてから」とか考えるから、余計にキモチ悪い。


それにしてもサイパンは平和。

まるっきりの通常運行。

普段となあーんも変わらない。



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「サイパンの年末は違和感満載www」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

2016_12_22_04














出典:blog-imgs-43.fc2.com

12月30日である。皆さんの中には今日から年末年始休暇、という方も多くいらっしゃるのではないだろうか。

いよいよ2016年も今日を入れてあと2日になってしまった。
明日はいよいよ大晦日、あさっては元旦。
その次はメジャーなデパートの福袋発売日、その次はメル・ギブソンの61回目(!)の誕生日、そしてその次はなんともう仕事始めである。

なんでしょうこの年末年始休暇があっという間に感じられる書き方(泣)。

5つの予言

今回のエントリーは、2017年に向けて予言をしたいと思う。

予言は5つ。

言っとくけど、ぼくの予言は当たるよ。

この間も、「30分で取りに来るからサンドイッチを持ち帰り用で作っといて!」って言った男性、ぼくが「…あの人、もう取りに来ないような気がする」って言ったら本当にそれっきりだったし、その前も、夜8時過ぎたのに全然お客さん来なくって、「今日の売上はひどそうな気がする」って言ったら本当に目も当てられないくらいのひどさだったもの。


そんなぼくが思いつきで 自信を持ってお送りする、2017年・5つの予言。

ぜひプリントアウトして、デスクの目のつく場所に貼り出すとか、冷蔵庫のドアに貼っておくとか、写真にとってスマホの待ち受けにするとか、お仏壇の中に置いておくとかして、何かあった時にそれを見て「ああ、この事をBOSSは言ってたんだな」みたいな感じで思い出していただきたい。

1.人類は滅亡しない。(確信度:100%)

もうね、世の中ちょっと「人類が滅亡する」の予言ありすぎwww

試しに「2017年 人類滅亡」で検索するとなんと! 238,000件ものページがヒットwww

中にはこんなまとめのページも。
2016_12_23_01





出典:https://matome.naver.jp/odai/2135605669435045501

「今後のスケジュール」ってwww

まとめた人、完全に冷めた目で見てらっしゃると思う(笑)。

でさ、だいたいこういうサイト見ると「人類は滅亡する!?」ってタイトルになってんのね。必ず「!?」が着くの(笑)。ずるいよね。



とりあえず、2017年は人類は滅亡しない(キリッ)。

…確かに、「人類は滅亡する」とか言うサイト見ると、「うわー、そうなんだぁー」「どうしようー」「静岡の実家に避難しようかなー」とか考えちゃって、ちょっとそわそわしちゃって好奇心そそられることは間違いない。認める。全力で認める(笑)。

でも、ちょっと下手な鉄砲撃ち過ぎ(笑)。正直毎年毎年これだけやられちゃうと、食傷気味になってくるのも確か。



でもさ、世の中不公平で理不尽だと思うのはさ、例えばさっきの238,000件の検索結果をちょろちょろ見てみると、そこそこ名前のある人が警鐘を鳴らしている(笑)のよ。常連のノストラダムスさんとか。聖徳太子さんとか。旧約聖書さんまで。

じゃあ、結果的に1年後、「人類は滅亡することなく2018年を迎える」事になったと仮定して、「その有名な人たちは予言を外して、BOSSは予言を的中させた。よってBOSSの方が偉大だ」とは絶対にならないんだよね。

不公平だなぁ。

2.中国、いろいろとしでかす。(確信度:君は1000%)

これはね、まあね、「いろいろと」「しでかす」なんて抽象的な書き方しちゃってすっごくずるいけどね(笑)、こうやって書いておけば間違いなく的中するという見本のような書き方。

まあこれは「サイパン規模」でも「南シナ海規模」でも「世界規模」でもいろいろやらかすでしょうな。


でもね、その一方ね、ちょっと「こんなふうになったらイヤだな」的なことなんだけど、

『アメリカ・ロシア・イギリス・中国が連携して新しい世界同盟が確立』

の流れになっていっちゃうような気もしているんだよね。

生粋のビジネスマンであるトランプが次期大統領になったこと。
イギリスがEUを離脱したこと。
中国にはアメリカと戦争する気はないしむしろ仲良くするための「武力示威」だと思うこと(やり方としてはある意味北朝鮮と同じ)。
アメリカが言うことを聞かないロシアをすごく鬱陶しく思っているであろうこと。

もしそうなったら、日本はどうするんだろう。

3.新たな戦争は起きない。(確信度:96%)

上の「2.中国、いろいろとしでかす」からいろいろな事が派生しちゃうと「新たな戦争」なんてことにもなりかねないから、一応念のため確信度を96%にちょっと下げたんだけど、その4%は中国軍のおばかさんが空気読まないで「行ったれ行ったれー♪」みたいになった時に備えてのもの。

ISISとの戦いはまだずるずると続いてしまうだろうとは思うけど、上でも書いたように「新しい世界秩序への流れ」が起きそうな気がしているので、大きな戦争が新しく始まるとは思えない。

4.世界的な大型地震は小休止。(願望度:100%)

おとといも茨城で震度6弱の地震があったばっかりだけど、これはね、こうなってもらわなくちゃ「困る」、と言うか、「話が違う」という意味を込めて。


あのさ、皆さん聞いたことないですか?

「時々地震を起こして地盤のストレスを取り除いてやらないと、ストレスが溜まりすぎて大地震になるんだ」

って。


もしそうならここ数年日本近辺でどれだけストレス取り除き続けてるのかって話でしょ。

って言うかどれだけストレス溜まってんだよwww禁煙中か。


そうやって「時々地震を起こして地盤のストレスを…」と解説してきたエラい先生たち、今のこのストレス発散しまくりの状況をどう説明しているんだろうと思ったら、魔法のキーワード「余震」と言う言葉を持ち出してきた(笑)。

「東日本大震災クラス(マグニチュード9.0)の地震の余震は100年続くこともありうる」

だって。

それずるくね?💦

5.BOSS、悩む。(確信度:200%)

っていうかもう今でも悩んでいるんだけどね(泣)。

これについては、明日1本書こう。


予言者の心理

ちなみに「2016年 人類滅亡」で検索すると、937,000件がヒットした(笑)。

という事は、今日と明日、とりあえず人類が滅亡しなければ、この937,000件のサイトのうちかなりの部分のサイトが「大外れ」という事になる(笑)(その中には「こんな予言があるけどそんなこと起こるはずがない」という趣旨のサイトももちろんあるから、「100%全部外れのサイト」とは言えないけどね)。


「南海トラフ地震」に対する予言なんて、まあ見事に毎年毎年、「東京で木枯らし1号が吹きました」というニュースと同じくらいにあって、なんかもう「こうなったら南海トラフ地震が本当に起きるまで毎年予言し続けてやる!」って思ってるんじゃないかと思うくらい。




思うにさ。

過去に「予言していた」と言われている人たち、ノストラダムスとか、聖徳太子とか、ニュートンとかまで。

…この人たち、きっと周りから質問されちゃったと思うんだよね。「先生、人類が滅亡するようなことはあるのでしょうか?」って。

もう名前も売れてるし、周りからは「この先生はなんでも知っている」とか思われてるもんだから、「むむむむここで『知らん』とか絶対に言えない」とか思って、「ある(キッパリ)」とか言っちゃったんじゃないだろうか。

で、それで済めばよかったんだけど、周りはそれじゃ済まなくて「まじっすか!? それはいつですか?」ってなっちゃって。

何しろ自分は「なんでも知っている大先生」だから「わかりません」とは言えない、かと言って「来年くらい」とか適当なこと言って何も起こらなかったら大変なことになる、だったら今ここにいる人間が誰も確認出来ない遠い遠い先のことにしてやれ、てなノリで「予言しちゃったと思うんだよね。」

で、ノストラダムスなんてその後出版社から「先生先生、この間言ってたあの予言、本にしませんか? 料理の本なんかより1000倍売れますぜwww(ノストラダムスは医師・詩人でもあり、料理の本なんかも出してたんだって)」とかノセられちゃって、「え? 1000倍? まじで?」とかなっちゃったんじゃないのかなぁ。





いずれにしても、予言は予言。

たとえば「地震」くらいならそれなりの備えも出来るだろうけど、「人類滅亡」となるとなにやってもどうにもならないでしょ。

「いつ来るかわからない『何を備えても無意味なもの』」に備えるよりは、「『何を備えても無意味なもの』がいつ来ても後悔しないような生き方」が出来ればいいな。


☆ブログランキングに参加しています☆
↓「地震はほんともうまじやめて」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

天下の日清食品、『カップヌードル』ツイッター公式アカウントから。
2016_12_20_10
























出典:https://twitter.com/cupnoodle_jp

これ欲しいなぁ(笑)。

食べると口の中、なんかすごいことになりそうだけどwww

「カップヌードル味」とか口の中に入れて、口の中すごいことになって、「ううううううう」って言いたいww



でもこれ、本当なのかなぁ。ただの冗談かも。

『日清食品』のオンラインストア
行っても、「新着ニュース」のページにも「新商品紹介」にも何もこれに関してのこと、書いてないんだよね。



もしかしたらカップヌードルチームの人が、「俺らの画像加工技術、すごくね?」って自慢したいだけなのかも知れない(笑)。





それにしても、このカップヌードルと言いペヤングと言い、カップ麺業界どうしたの(笑)。(参考記事:「攻めるペヤング。」
何かこう、「本来あるべきではない感じ」に向かってるベクトルがトレンドなの(笑)?






こうなると、次はやっぱり「サッポロ一番・カップスターお刺身味」を期待しちゃうなあwww
2016_12_21_01



















☆ブログランキングに参加しています☆
↓「『生』ってのは…」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

2016_12_22_03










出典:http://blog.iknow.jp/posts/191

26日のエントリーで、「日本人にとっての『Merry Christmas』は『現在完了』」的なことを書いた。

その時に、「おっ。次回の『英語の話』は現在完了について書こう」と思った。

しかし、今日はもう12月29日。
2016年も残り3日となってしまったこの日に通常運行この上ない『英語の話』など書いてていいのであろうか。

全く問題ない。

「been」と「gone」

現在完了形。
思い出す人は中学時代にみっちりと叩き込まれた「have + 過去分詞」と言うのを思い出すことだろう。



誰しもが

現在形→わかる

過去形→わかる

過去分詞はぁ?

と軽く頭の中がパニックになった経験があるはず。



「現在」「過去」「未来」はそれまでの人生の中で、小説に出てきたり歌の歌詞に出てきたりテレビの中で聞いたことがあったりと、何度も耳にしてきた言葉だったけれど、「分詞」という言葉とは初対面。
平和な頭の中のボキャブラリー村に突然襲いかかってきた「言葉の黒船」だった。

しかも「規則変化」だけならまだしも「不規則変化」とかちょっと変わったことをして目立とうとするやつがいるのも世の常。

「cut」とか「hit」とか、「現在形も過去形も過去分詞も形が変化しない動詞」に出会った時はたまらない愛しさを感じたものだった。



で、そんな現在完了の中でちゃんと覚えてないと大変なことになるのが、「been」と「gone」の使い分け。

He has been to Tokyo.

He has gone to Tokyo.

どちらも現在完了形の文、どちらも正しい英文である。

正確な意味としては、

He has been to Tokyo.
彼は東京に行ったことがある。


He has gone to Tokyo.
彼は東京に行ってしまった。


…となるのだが、赤字の文の方で「行く(行ったことがある)」を「go」ではなく「be動詞」を持ち出してくるところがむかつくところ。
be動詞を使っているということは、意味を掘り下げると「彼は東京に存在していたことがある」という意味と言ったほうがいいのかな。でもそんな日本語言ったら「なんだお前日本語不自由かwww」とか言われてしまうので、より日本語っぽくなるように「行ったことがある」っていう風にしてるんだね。


だから、ここのところを覚えておかないと、

Is this the first time for you to come to Saipan?
サイパンに来るの初めてですか?


Yes, it is.
そうでぇーす


How about Guam?
グアムは?


I have gone to Guam last year.
私は去年グアムに行ってしまいました。




じゃあ今いるお前は誰だよwww…という事になってしまうのである。


じゃあYOU過去形使っちゃいなYO

「be動詞なんてめんどくさい! be動詞なんてなくなってしまえばいいのに! 『行った』って言う意味なんだから『go』でいいじゃない! be動詞のばか!」と思っちゃうあなたには、いっその事過去分詞=現在完了形は捨てて、過去形で推し進めてしまったほうが単純でいいかもしれない。


つまり、

I went to Guam last year.

と言ってしまえば、とりあえず「グアムに行った」という事は伝わるはず。


ただ逆に、「あの男はグアムに行ってしまったまま戻らない、よっぽどグアムが気に入ったのか何か知らんがそれ以来ずっとグアムでのんべんだらりと暮らしている」などというニュアンスを表すには、

He has gone to Guam.

の現在完了形で伝えるか、または

He went to Guam. And he is still there.

みたいにニュアンスを付け加えてあげないと伝わらない。

過去形では伝わりにくいこと

つまり、ただ過去形で伝えるだけだと、「今それがどんな状態にあるのか」が伝わりにくいのだ。


現在完了形:I have opened the door.
→私は(たった今)ドアを開けたところだ。
今もドアは開いている。

過去形:I opened the door.
→私は(以前)ドアを開けた。
今ドアが空いているのかどうかはわからない。



現在完了形:She has gone to Tokyo.
→彼女は東京に行ってしまった。
彼女は今も東京にいる。

過去形:She went to Tokyo.
→彼女は東京に行った。
彼女が今どこにいるのかまではわからない。



現在完了形:His airplane has arrived.
→彼の乗った飛行機は(たった今)到着した。
今も飛行機は空港にいる。

過去形:His airplane arrived.
→彼の飛行機は到着した。
彼も飛行機もまだ今も空港にいるのかはわからない。




どうですか。
今回のこの「学んでる感じ」(笑)。

日本の英語教育のセンス

いつも思うんだけど、「現在完了形」とかの「英語用語」のセンス。その他「仮定法過去」とか。「三人称単数現在」とか。「不定詞の副詞的用法」とか。


英語の勉強なのに、日本語のややこしい名前をまずは覚えなきゃならないこのジレンマがどうにかなれば、「英語が嫌いな生徒」ももう少し減るんじゃないかと思うのはぼくだけだろうか。


かと言って、その事を「教える」にはやっぱり「名前」が必要だし、ぼく自身「もうちょっと覚えやすい呼び方はないものか知らん」と考えてもなかなかいい案が出てこないので無責任極まりないんだけど(笑)。

それでも怖がらない勇気

ここまでこんな「気をつけてね!」的なことばかり書いてきて矛盾するようだけど、それでも英語上達のためには怖がらずにがんがん喋ることだということを忘れてはいけないのだ。

過去形とか現在完了形だとか、そんなに気にしなくてもよいのだ。

「私はグアムに行ったことがある」と言うつもりで「I have gone to Guam.(私はグアムに行ってしまった)」と言ってしまってもいいのだ。
サイパンの人はチャモロ人もフィリピン人もみんな優しいので、「推理して意味を理解してくれる」か、「優しく訂正してくれる」人ばかり。まじで。

万が一相手が意地くそ悪いやつで、「なにそれwwwじゃあ今のお前は誰なのよwww」とか言いやがったとしても、決して「しししまった!」などという狼狽の色は見せずに、「See, that's why I'm wondering why you can see me.(そうなのよ。だから私もどうしてあなたには私が見えているのか不思議でしょうがないのよ)」とか言ってやればよいのだ。



おまけ情報だけど、チャモロ人もフィリピン人も霊とかおばけとか大っ嫌いwww



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「現在完了、確かにやったやった」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

  もうね、なんだろう。中国人おもしろすぎ。

Record China』とか見てると、「真面目な記事」の方がたくさんあるはずなのに、「それ以外の記事」の方が量的には全然少ないはずなのに、それでも充分楽しめちゃう♪


そんなわけでYoutubeから。


場所は遼寧省・大連の病院。

その日の朝、急病患者が運び込まれた。

その噂を聞きつけた葬儀社2社がすかさず病院へ急行www

「あの患者はうちでいただく」「何言ってんだ俺んとこの患者だ」「ふざけるな出直してこい」「いい度胸だこうなったら白黒つけてやろうじゃねぇか」とかなんとか言って病院内で取っ組み合い→殴り合い→流血の大喧嘩を始めたんだってwww
(1分26秒)

まじげんかじゃんwww患者さんまだ生きてるっつぅのwww

悪いけど、「おばかさん」としか言い様がないよね(笑)。



…よく、「中国(『韓国』も可)は日本の20年前のようだ」とか言う人いるけど、日本も本当に20年前はこんな不毛なことやってたかなぁ。

やってないと思うんだけどなぁ。



それにしても、「20年前の日本…」とか考えた時、その20年前にもうそこそこいいオトナの自分がいたことにちょっと愕然(泣)。


☆ブログランキングに参加しています☆
↓「20年前…。わたしもそこそこなオトナだ…」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

2016_12_21_05






前回から始まったこのシリーズ。
(参考記事:「BOSSが勝手にサイパンについて答えます。」

期せずして前回は「実はひとつも答えなかった」という残念な結果になってしまったが、そんなことはどうでもいい(キリッ)。

問題なのは、前回の「BOSSが勝手にサイパンについて答えます。」から1か月以上も間が空いてしまったということの方である。


で、なぜ空いたのか?

もちろん、「それについて書く気分にならなかった」というわけではない。…そんなでもない。

実はあれ以来、何回か質問サイトをいくつかチェックしてはいたのだけど、サイパンに関する新規の質問が出てこないのである。

これは由々しき事態である。

そこでぼくはどうしたらいいものかといろいろ考えて、「自分で質問してやろうか知らん」とも一時思った。

「来月サイパン行きます♪ で、皆さんに質問なんですが、サイパンで一番美味しくお肉が食べられるレストランを教えてください

とかって。

でも次の瞬間、ぼくの頭の中には恐ろしい想像が舞い込んでしまった。

「もし『ガラパンの◯◯レストランが最高です。あとは似たり寄ったりです』とか言う回答が1件だけだったらどうしよう…」

これは恐怖である。

そもそも新規の質問がないんだから、ジャンルとしてはお世辞にも人気のあるカテゴリーとはいえない。
という事は見てくれる人もそんなに多くないと思っても間違いはない。

そりゃ、「回答数:14,201人」とか言うならそのうちのひとりくらいは「オレアイ」の4文字を出してくれることもあるかもしれないけど、その分母がちっちゃくなればちっちゃくなるほどリスキー。

しかも不人気な質問を見ていると「回答数:1」とか言うのもよくある。

期待しているのと全然違う答えが1件だけしかなかったら、そりゃもう2~3日枕を濡らすのは必至。


かと言って質問者の立場で「補足:『オレアイとか言うお店はどうですか?』」とか書いちゃったら、これはもうばればれもいいとこである。

…というわけで、今回、質問には答えるけれどもそんな鮮度のいい質問ではない、ということだけはお断りしておく。
本当は、「10月くらいに質問して、11月の終わりくらいに回答締め切りになった」みたいなのを探していたんだけどね。

①Yahoo!知恵袋 2009年1月6日


2016_12_21_06






出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1021977085

なんでしょこの不吉な感じの見出しwww

サイパンのオレアイビーチバー&グリルは今も営業していますか? 最近、行かれた方いらっしゃいますでしょうか? 来週、行ってみたくお店のホームページからメールをしたのですアドレスが使用されていないのか送信出来ません。 ワフトは閉まっているみたいですし、他にもサンセットを見ながら食事の出来るオススメの場所があれば教えてください。

…まあね、2009年だしね。

…って言うか、実はこの手の質問、すごく多かったのだ。

今回パトロールして残念ながら見つからなかったんだけど、実は以前はもっとあった(泣)。

で、これに対しての「ベストアンサー」がこちら。

僕もオレアイクラブが気になっていて何度か店の前を通りましたが 何となく営業してる気配がない。(たまたま僕が通る時が休業なのかも)。 サンセットは海沿いホテルならどこからでも見れますよ。ちなみにどのホテルもさほど値段は変わりませんし いいのか?悪いのか?わかりませんが どのホテルも味があまり変わらないような。 僕はサンセット(食事はしません)を見る時はDFSから空港までの間 又は空港寄り辺りで 静かに眺めてます。あまりに近くって体が焦げそうに暑いですが これもいいものです。

まあ、2009年だしね(泣)。

でも、2009年ってことは、たぶんオレアイオープンしてたと思うんだけどなあ。オレアイがクローズしたのは2012年の2月って聞いてたけど。


それにしても(笑)。
「サンセットは海沿いホテルならどこからでも見れます」
「どのホテルも味があまり変わらない」

何この身も蓋もない言い方はwww

それから
「僕はサンセットを見る時はDFSから空港までの間 又は空港寄り辺りで 静かに眺めてます。あまりに近くって体が焦げそうに暑いですが これもいいものです。」
この悟りきった言い様は嫌いじゃないwww
「DFSから空港までの間」は10kmくらいあるけどねwww


BOSS的回答:元気に今日もオープンしています。そのはずです。

②発言小町 2016年8月27日


2016_12_21_04



出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/0827/775264.htm

これ。質問的にこういうのを待ってた。

小学一年生の息子と両親三人で、学校の冬休みにビーチリゾートに旅行を考えています。
12/22に終業式なので、その後夕方出が12/23以降に出発して、12/30までには帰っていたいです。
海外でなくても良いのですが、国内だとプールなどリゾートっぽい要素があるところが希望です。
英語は問題ないので、個人旅行も可能です。
予算三人で30万円他20万円でトータル50万まで。
今まで、子連れではハワイ沖縄に行きました。
子連れでなければ、ニューヨーク、バリ、グアム、サイパン、オーストラリア、カナダ、タイ、フィリピン、ハワイ、韓国には行ったことがあります。
予算的に、ハワイは無理そうなのでアジアで探していましたが治安が不安定なところも多く…
マレーシアやタイを候補にしていましたが、行ったことある方どうでしたか?
フライトは7時間位までで、旦那の背が高いためLCC以外が希望です。
旅行代理店でお話しを聞いたら、プーケットとマレーシアをおすすめされましたが治安の面で旦那に反対されてしまいました。

アドバイスお願いします。

もうサイパンしか答えないじゃんねwww

「予算三人で30万円他20万円でトータル50万」ってところがちょっとよくわからないけど(笑)。「三人で50万」って言うのと意味が違うのかな。

「ビーチリゾート」だし、「12/23出発」「12/30までに帰着」なら最大6泊7日。狭い島サイパンなら6泊7日もいれば小学1年生の子は飽きるほど遊べる。…って言うかたぶん実際ちょっと飽きる。
「ビーチ」もあるし「プール」もある。
「英語」だし、「フライト」は3時間。LCCは飛んでもいない(泣)。
「治安」は日本と同じくらいにいい。


どうして誰もサイパンの名前を出さないの💦 …と思っていたら、あった。「サイパン」の4文字を出してくれた回答が1件だけ。

それがこちら。

グアムサイパンはその時期は絶対にはずしましょう。料金つり上げがすごいです。

これはどこでもそうなんじゃないの(笑)?
閑散期に格安値段で出して、繁忙期に価格設定を高くするのはもはや普通のことなのではないの?

この回答をした人はいったい何があったんだろう。そっちのほうが気になる。「すごい」って抽象的な言い方で(笑)、何が「すごい」のかもわかんないし。

BOSS的回答:迷わずサイパンです。ショッピング面がちょっとアレなのでお金の節約にもなります。

③発言小町 2016年3月20日

さあ、「発言小町」ファンの皆様、お待たせしました(笑)。今日オススメの質問です。
2016_12_21_07



出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/0320/755619.htm

関東在住45歳女性です。

今まで海外へ行ったことがありません。

実家は両親と妹との4人家族でした。
小学6年の夏に県内の国民宿舎に行ったのが、最初で最後の宿泊を伴う外出だったと思います。
田舎が無く帰省しないため、夏休みの宿題のネタに非常に困りました。
共に北海道出身の両親に「北海道行きたい」と頼んでも叶いませんでした。

同じく海外行ったこと無い夫と結婚するとき、グアムやサイパンでいいから行きたいとお願いしましたが、当時世界情勢が乱れていたからか「ヤダよ怖いし」と一蹴されました。

現在は住宅ローンと子供の学費で家計に余裕がありません。
夫と私の給料を足しても低い家計なので、国内旅行でさえ行けません。

もう一生海外へ行けないのかなと思うと、ふと悲しくなります。
せめて子供が独立したら、頑張って貯めて私一人でもどこかへ行きたいとも思います。

お金持ちが多い小町ですが、私のような方はいらっしゃいますか?

これはね、正直言ってこの場でみんなに何を聞きたかったのか、なんて言ってほしかったのか、さっぱりわからん💦

まさか本当に言葉通り「お金持ちが多い小町住民の中に私のような人がいるか知りたかった」とは思えないしね(笑)。


まあおそらくは「エールが欲しかった」のかなとは思うんだけど、残念ながら回答は「甘ったれんな」的なものが多かった(笑)。


でもね、そんなことはともかく何が1番気に入らないかというと。

グアムやサイパンでいいから

はい出ました。「サイパン『で』いい」人。

…まあ、気持ちはわからなくはないんだけどね。こうやってはっきり書かれちゃうとね(笑)。


それに、そのお願いに対して

当時世界情勢が乱れていたからか「ヤダよ怖いし」と一蹴

…したという旦那(笑)。

少しはサイパンとかグアムのことを調べてちょうだい。で、調べてから「怖い」と言ってちょうだい。

…それにしても、この人今年45歳でしょ。

別のコメントに「結婚が早かった」って書いてあるから、例えば20~25歳で結婚したと仮定して、20~25年前。
「世界情勢が乱れていた」って、いったい何があったんだろ。


BOSS的回答:まず旦那をひとりでサイパンに寄越しなさい。話したいことがある。




さて、残念なお知らせがある。

この大好評の「BOSSが勝手にサイパンについて答えます。」シリーズだが、もしかしたら今回が最終回かもしれない。



だって質問がないんだもの💦


☆ブログランキングに参加しています☆
↓「…今度何か質問しとこっか?」と思ってくれた人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

  Youtubeより。

事件はアメリカ・ミシガン州デトロイトの空港で起こった。



離陸間近のDELTA航空。

CAさんから「荷物検査を拒否して飛行機に乗ろうとしている女性客がいる」との通報を受けて機内にかけつけた空港警察署員。

しかし女性は降機を断固拒否。

空港警察署員は最後の手段に出たのであった…。
(2分2秒)

ずるずるずるずるwww

この結果当然飛行機は遅延したらしいんだけど、こんなことで「遅延した飛行機会社」のレッテルをもう1枚貼られてしまうDELTA航空気の毒www

そしてすっごくきつそうに女性を引きずっている空港警察署員の人も気の毒www



降機後に逮捕されたらしいんだけど、何がいったい彼女をそこまで頑なにさせたんだろう(笑)。

彼女の荷物には何が入っていたのだろう。

妄想だけ膨らむ暮れの夜。


☆ブログランキングに参加しています☆
↓「キニナルキニナル」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016_12_19_01










出典:http://www.clover-group.com/hosuto-baito-kyuuryou-7-21/

昨日サイパンの年の瀬の風景的なことを書いた。
(参考記事:「年の瀬 in サイパン。」
今日は、「では一方日本の年の瀬は」と言う視点で、なおかつ今回はひとつこのエントリーを使って壮大な実験をしてみたいと思う。

実験の結果については最後にお尋ねするので、ぜひご協力いただきたい。

今日は12月27日

もう立派な年末である。

昨日までは「まだ6日ある」「休みのこと考えてる暇があったら仕事しろ」「1年で見たら『もう終わり』かも知れないが1週間で見たらまだ月曜日だということを忘れるな」などと言われてきた、いわば「プレ年末」「年末のひよっこ」感もあったかもしれないが、今日は12月27日、どこに出しても恥ずかしくない年末である。



12月27日と言えば、Wikipediaの12月27日のページに、こんなことが書いてあった。

1995年 - 名神高速道路の秦荘PA(滋賀県愛荘町)から東名高速道路の赤塚PA(愛知県豊川市)間で日本最長記録となる154kmの渋滞が発生。

154km!!
154kmがどれくらいの距離かというと、名神高速道路の秦荘PA(滋賀県愛荘町)から東名高速道路の赤塚PA(愛知県豊川市)までの距離とほぼ一緒。

もっとわかりやすく言うと、時速154kmの快速球を投げられるピッチャーがえいやっ、と投げたボールがひゅうううううううーーーーーーんと1時間飛び続けた距離。



…そうね、渋滞はもう完全に「年末年始の風物詩」みたいになっちゃってるね。


まあ、ちなみにサイパンでは渋滞なんてものには遭いたくても滅多にお目にかかれないけどね。
ものすごい名士がお亡くなりになった時とか、建築現場の大型車両を運転する人が超へたっぴで何十回も切り返ししている時とかくらい。

それに154kmって言ったらサイパンの一番北の端から渋滞発生したとして、島飛び出してティニアン行って、ティニアンも通過して渋滞の3分の2は海の中だしwww

のどかだなぁ、サイパン♪

今年の年末年始

ええ、残念なお知らせがあります。
もう皆さんご存知でしょうが、今年の年末から2017年の年始にかけてのカレンダー、最悪です(笑)。
2016_12_21_03























2017年は年始だけでなく、大量の祝日が土曜日に飲み込まれる現象が発生する「3連休潰しの年」として話題を呼んでいますが、とりあえずそんな先のことは置いておいて、今考えるべきことは年末年始。

上のカレンダーを見ると、どうやら今年は多くの企業が

12月30日(金)~1月3日(火)の5日間

…を、年末年始休暇とすると思われます。

5連休と言えば、年末年始休暇で言えば「ミニマムサイズ」。これでは、残念ながら近年分散化していた交通渋滞も一気に集中化し、またあの「携帯トイレを持っていくのかそしてたとえ持っていったとしても俺はそれで用をたすことが果たして本当に出来るのか」と言う人間の尊厳最大のテーマと向き合うことになります。



5日間の休み、という事になると、「どこにも出かけずにずっと家にいる」という人には長すぎ、「年末はどこか海外でも」という人には短すぎる中途半端な日程。旅行にしたって、全5日間の旅程にしちゃうとくったくたになっちゃうから、せいぜい3泊4日とかになるのでしょうか。



もちろん、こんな年に「3が日は家でのんびりテレビ見て、3が日が終わったらちょっとどこかへ行きたい」なんていう贅沢が許されるはずもなく、「3が日が終わったらちょっとどこかへ」行くところがあるとすれば、それは会社です。

なのでなおさら「出かける派」にとっては「おふくろの顔でも見てくっか」くらいしか選択肢が残らない状況→ますます交通集中→大渋滞への道まっしぐら、という事になってしまう…。

何かいい方法はないのでしょうか、

「晴れると寒い」日本の冬

しかしながら、「いいお知らせ」もあります。

12月13日に日本気象協会が発表した所によると、

「北海道~九州の日本海側」「奄美・沖縄地方」「気温は平均並みか暖かい見込み」とのこと。

そして「北海道~九州の太平洋側」「穏やかに晴れる日が多い」とのこと。

いいお正月になりそうではありませんか!



…でも、日本の冬の場合、「放射冷却現象」という「小学生の時に初めて聞いて『ちょっとかっこいい響き』に聞こえた言葉ベスト30」に常にランクインする現象のおかげで、「暖かい」は「天気が悪い」を意味し、「天気が良い」は「死ぬほど寒い」を意味することが多いのも事実。

なかなかうまくいきません。



もちろん、「じゃあ暑けりゃいいのか」というわけではもちろんありませんが、健康的に考えても「寒い」のはやはりリスキー。

最近では「ヒートショック」なる言葉も生まれるほど、寒さが私たちの身体を圧迫しているのは疑いようがありません。やはり人間、寒い場所よりは暖かい場所や暑い場所で過ごしたほうが健康的に過ごせるということなのですね。

理想の過ごし方

ここで整理してみましょう。

●今年の年末年始休暇は5日間
●休みは集中化
●大規模の交通渋滞が予想される
●日本の冬は寒い


これだけの問題があるわけです。

ということは、これらの問題を解決できさえすれば、理想の過ごし方が出来る、そう思いませんか?



●今年の年末年始休暇は5日間
●休みは集中化
このふたつに関しては同じ内容と言ってもいい内容ですが、解決策としては先程も述べましたように「3泊4日の旅行先」にすれば解決しますね。

先述の通り、5日間の休みで5日間の旅行は体力的に自信のある人じゃないとつらいものがあり、日帰りや1泊2日だと、万が一大渋滞に巻き込まれると「目的地に行ってタッチして帰ってきた」という結果にもなりかねません。

「3泊4日」、これがベストですね。どこかいい旅行先はあるでしょうか。


●大規模の交通渋滞が予想される
これについては、国内旅行を選ぶのなら避けようがありません。

よく、「出発時間を夜中の1時にすれば」とか言ってたり、「高速は使わずに下道で」とか言うのを聞きますが、あまり無理な日程にすると安全上問題がありますし、本当に混む時は一般道も混みます。
むしろ、車線の少ない一般道の方がたちの悪い時もあります。

ですから、交通渋滞に関してはあきらめましょう。



……。


……ちょっと待って下さい。
先ほど「国内旅行を選ぶのなら」と書きました。その上で「あきらめましょう」と書きました。

ならば、「国内旅行を選ばなければ」いいのではないでしょうか? そう、海外旅行にすれば…。


確かに飛行機には渋滞はありません。飛行機が渋滞したらそれはもう時速30キロ以下なので飛んでいられません。

それに飛行機には「乗車率300%」なんてこともありません。その証拠に、吊革がついている飛行機にはあまりお目にかかったことがありません。


…でも、大切なことを忘れていました。日程は「3泊4日」限定なのでした…。

3泊4日で行ける海外なんて、いったいあるのでしょうか。



それに、いくら飛行機と言ってもあまり長時間になると日本の交通渋滞並みに苦痛を感じることも。
出来れば飛行機の移動も3~4時間で済めばいいのですが…。

●日本の冬は寒い

これは先ほど述べた健康に関するマター以外にも、副次的な問題を生み出す可能性がある項目です。

「寒い場所へ移動する」という事は、「寒い場所で活動する服装を用意していく」という事にほかならず、それは荷物がかさばるのをいつもの3倍~4倍にしてしまいます。

「なら沖縄は?」という考え方もありますが、いくら「南国沖縄」と言っても平均気温は約15度(東京の4月とか10月くらい)、決して「暖かい」という気温ではありませんし、もちろん沖縄の素晴らしい海を満喫できる気温でもありません。


「手軽に」と言うことを考えるのであれば、やはり旅先は「25度以上」の気温があったほうがいいようです。
しかしどうせ「25度以上」なら、もう少し高く、たとえば「日中の温度が常に30度前後」みたいな場所にして、海で遊ぶ選択肢も手に入れられればラッキーですね。


しかしながら、外国の天候というのは得てしてよくわからないもの。
「ええと、日本が今真冬だから…」とか考えなくてはならない南半球などは論外ですね。

どこかに「一年の平均気温の上下差が少なくてギネスブックに載っている」というような場所はないものでしょうか。

私たちの求める場所

こうしてみると、私たちの求める場所は、「3泊4日で」「飛行機で行く」「しかも3~4時間で着く」「海外」で、「最低でも25度以上の気温」で、できれば「日中の温度は30度前後」、さらには「海で遊べたらラッキー」、理想としては「一年の平均気温の上下差が少なくてギネスブックに載っている」という条件に当てはまる場所。


そんな全ての条件に当てはまる、夢のような場所があればいいのですが…。





壮大なる実験

さて、最後に、冒頭で申し上げた「壮大なる実験」について説明しよう。

今回の実験は、世界初の「言葉によるサブリミナル効果」の実験である。

サブリミナル効果とは、Wikipediaによると

意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のこと。

とある。

よく知られているのは、映像の中に見えるか見えないかのごくごく短い画像を数回入れ込むことにより、見ている人の「意識の下の意識」に問いかけるやつ。


ぼくはそれを文章の中の赤字の部分で皆さんの意識下に問いかけたのだ。



おそらく、読んでいるうちに皆さんは考えたはずだ。

「ん? これって…」

そして特定の場所に行きたいと強く思ったはずだ。


ぼくの意識下への問いかけに、あなたの潜在意識のさらに下にある意識が、この年末年始に行くべき場所を明確に思い起こさせたのである(キッパリ)。



そう、それはグ


☆ブログランキングに参加しています☆
↓「確かにグアムでもいいんじゃねwww」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ