OLEAI BEACH BAR & GRILL

サイパンで唯一のビーチフロントレストラン【OLEAI BEACH BAR & GRILL】のぬるいBLOGです。 ぬるい情報をぬるい感じでぬるい頻度でお送りします。

2017年03月

2017_03_24_06















3月が終わる。

それは「1年の四分の一が終わる」という事と同じだ。
2017年ももう四分の一が終わってしまうのだ。もうあと9か月しか残っていないのだ。



だけどぼくらはここで「どうしよう💦」とかうろたえてなんかいられないのだ。

なぜなら4月がやってくるのだから。



4月は人が動く月だ。カラダもココロも動く月だ。



ぼくらもなんでもいいから動かそう。
忙しいふりをしてみよう。


諸君、遅れを取るな。



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「4月もがんばろう♪」と思ってくれた人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017_03_29_07








出典:
http://maxjj.com/news/2214

最近サイパンがちょっとおかしいことになっている。

治安は相変わらず悪くない

治安は相変わらず悪くはない。と思う。普通に生活する分には何の心配もなく普通に生活できる。と思う。


御存知の通り、この島はかつて日本だった。1920年から1944年まで、24年の間ね。

その時から治安は良くて、Wikipediaによると

高等警察や特別高等警察の取締対象となる犯罪もほとんどなかった

…って言うくらいだったらしいから、もちろん日本のシステムが入ってきて治安が向上した、というのもあるのかもしれないけど、もともとチャモロの人たちが純朴だった、っていうのが大きい理由なんだろうね。

すっごくよく言うと「純朴」、悪くいうと「いいかげん」「適当」だった現れとして、

犯罪件数で一番多かったのが、南洋諸島特有の法令である南洋群島酒類取締規則違反事件で、一時期は全犯罪の70%以上に達していた。それ以外の犯罪で一番多かったのが窃盗であった。

…てなことも書いてある。

ちなみに「南洋群島酒類取締規則」って言うのはいわゆる「禁酒法」で、当時の国際連盟によって定められていた「委任統治領規定」というのによってお酒を飲むことが禁じられていたんだって。

厳密に言ってしまうと、その頃南洋群島の(
現在の北マリアナ諸島・パラオ・マーシャル諸島・ミクロネシア連邦)は「日本固有の領土」ではなく、国際連盟から「委任」されて「YOU統治しちゃいなYO」と言われていたので、当時の国際連盟の理想主義の象徴であった「禁酒法」を取り入れないわけには行かなかったんだね。

そりゃ無理無理www

今でも同じようなもの

今でも新聞で見る事件の内容はそれほど大差なく、「泥棒が入った」とか「車盗まれた」とか「娘のことを殴った」とかそんなようなものが多い。

だけど最近多いのが、「同じ場所が何回も狙われた」的な記事。

正直、こんなような記事も今までなかったわけではないのだけれど、ここ数日はちょっと「ん?」って思っちゃう。


たとえばおととい、3月29日の『Saipan Tribune』。
2017_03_30_02





















出典:http://www.saipantribune.com/index.php/florist-burglarized-4-times/

記事によると、

去年(2016年)の11月からまるで2週間おきに同じガラパンの花屋さんがたぶん同じ3人組の泥棒に4回入られている

ってなことなんだけど。

で、

監視カメラの映像でその3人の特徴もだいたいわかっている

…って💦

じゃあさっさと捕まえたれよwww


でも、未だに

警察は一般大衆からの協力を求めている

…んだってさ。


サイパンに古畑警部とか右京さんとかはいなさそうだしなぁ。

警察も警察なら

今度は『Marianas Variety』。同じく3月29日の記事。
2017_03_30_01





















出典:http://www.mvariety.com/cnmi/cnmi-news/local/94084-burglar-caught-in-the-act

その家の持ち主、家の中から物がいくつかなくなっていることに気づいて、監視カメラをつけたんだって。最新型のやつで、何者かが侵入したりするとリアルタイムでスマホにお知らせしてくれるやつ。高いやつ。

そしてカメラを付けた1週間後、家の所有者の息子さんのスマホに「侵入者あり」のアラートが!

で、急いで警察に電話して、急いでお父さんにも電話して、みんなして急いで家に駆けつけたら、網戸が壊されているぞ、と。むむむ、これは泥棒に入られたぞ、と。

で、現場検証しようということになり、またみんなして家の中に入っていったら、犯人がまだそこにいたぞ、と。


しかも犯人は家の所有者の甥っ子だったぞ、と。



なんだこのぐだぐだのしょっぱい事件www

コメントの色が変わってきた

もうひとつ、その2日前、3月27日の記事。
2017_03_30_03





















出典:http://www.mvariety.com/cnmi/cnmi-news/local/94018-dandan-store-robbed-2017-03-27

この記事はダンダンのスーパーマーケットに入った強盗について報じていて、その強盗がマチェット(鉈)とピストル(これはおもちゃだったらしい)で武装していたとか、その男はマスクをつけていたとか、身長が165~168センチくらいの中肉中背だとか、目撃者がスピードを上げて走り去るのが目撃されているだとか、例によってそこそこ情報は出ているらしいんだけど。

この記事を読んで、ぼくには気になる点がふたつあったんだよね。



ひとつめは、去年から周辺で似たような犯行は繰り返されていること。

すべてご近所さんで、

2016年11月…同じくダンダンのマーケットにマチェットを持ったマスクの男が強盗に入っている
2017年2月…同じくダンダンのマーケットにマチェットとピストル(本物かどうかは不明)を持ったマスクの男が強盗に入っている


…って言う事件の他にも、

今回の事件の5日前に、今回の現場からわずか1ブロック離れた場所でポーカーハウスの警備員が撲殺されていた

…って言う事件もあった。

「警察いい加減なんとかしろよ」って言うっ気持ちが沸き上がってくるのを抑えきれないのが正直なところだけど。やはりみんなも同じ気持ちなようで、今回の記事に対するコメント欄にもそれが強く現れていた。

それがふたつめの気になったところ。

And with the rise of drug-related crime islands-wide, we NEED to start defending ourselves.

「ドラッグ絡みの犯罪も島中で増えるだろうから、私たちも自己防衛をし始めなければ」

In general, more legally registered gun owners = less crime. It's simple: the bad guys choose targets they think are weak. (Remember that the murder capital of the US, Chicago, is mainly a large "gun-free" zone.)

「普通、銃がきちんと登録されて、銃の保有者が多い場所は犯罪は少ないのです。単純なことです。悪い奴らは、奴らが弱いと思う相手をターゲットにするからです。(殺人事件が多いシカゴは『銃がない』地域だということを思い出してください)」

Stores and poker rooms should start arming themselves.

「ストアやポーカールームは自己武装を始めるべきである」

Well the foreigners still can't own fire arm. And this will just result to only robbing foreign owned business.

「外国人はまだ銃を所有することが出来ない。そしてこれは外国人によって所有されているビジネスだけが襲われる結果になるだろう」


こうなってくると典型的な悪循環だよね。


どうでもいいけど「銃の保有者が多い都市は犯罪が少ない」って言ったやつは一度日本に来い。



OLEAIも、最低限のセキュリティーはしてあるけど、それは夜中、誰もお店にいない時に誰かが侵入しようとするのを防ぐためのものであって、誰かが銃やマチェットを持って来たのを防ぐためではない。


そういう奴らを防ぐためには、そういう奴らを防ぐための手段を取らなければならない。



とりあえずバット買う。



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「おいおいおいおい頼むよサイパン💦」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017_03_29_01






出典highfive-aloha.com
今朝の通常版でてるみくらぶのことについて書いたけど、てるみくらぶ破産に乗じた便乗詐欺がちらほら出てきているらしいという情報が!


…まあ、このブログの読者の方ならそんな心配しなくてもと思うけど、TwitterとかSNSにこんな画面が出てきたらご用心。
2017_03_29_06










…まさに「浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ」だね。



くれぐれも皆さん気をつけて。



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「…許せんな…」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日のエントリーに引き続き、今日も「夜中に赤ちゃんは何をやっているのか動画」をYoutubeから。(参考記事:『【号外】夜中の一人遊び。』

今日は双子の2歳児だそうなんだけど。



もうね、これ絶対電池で動いてる(笑)。充電満タンで。
(2分)

お父さんとお母さん大変だぁー(笑)。


途中何回も右下のソファーみたいなところで二人揃って休憩(笑)するんだけど。
2017_03_24_01






なんだろう、ここが相当お気に入りみたいね。




それにしても本当に仲のいい双子ちゃん♪

この先、どんなことがあってもこのビデオ見たら瞬間で仲直りだね。

この兄弟、この家族はずっと仲良し。


どんなに大変でも、どんなことがあっても、外ではどんなに厳しい顔をしている部長さんとかでも、家族と一緒の時には笑っていられるってこと、やっぱり一番大事なことだよね(ウンウン)。



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「大事大事(ウンウン)」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017_03_29_01






出典highfive-aloha.com

もうすでに散々報道されているので皆さんぼくより詳しい事情をご存知なのではないかとも思うんだけど、敢えて今日はてるみくらぶのことを書いてみようと思う。

自転車操業

「自転車操業」と言う言葉をgoo先生に聞いてみると、次のように出ている。
2017_03_29_02







出典:http://dictionary.goo.ne.jp/jn/99009/meaning/m0u/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E6%93%8D%E6%A5%AD/

相変わらず先人たちの抜群のネーミングセンスに嫉妬しちゃう気持ちを隠せないんだけど(笑)、『Abema TIMES』と言うサイトの3月28日の記事によると、どうやら2年前から「てるみくらぶ、ちょっとおかしくね?」って言う動きがあったらしい。
2017_03_29_03

























出典:https://abematimes.com/posts/2188647

記事によると、

東京商工リサーチの友田信男・情報本部長

と言う超一流えらい人が、今回のことを受けて

「同社は2年前から業績を公表しなくなっていた。昨年の5月には支払いが遅れたという話が出始め、8月にはグアムの事務所を閉めたという話も出ていた。おそらく、2年前から経営的には厳しくなっていたと思う」(友田氏)

…ってことだそうなんだけど。


だったらもっと早く言ってよーと言う正直な気持ちはさておき、今一番問題になっているのは

同社は先週火曜日の時点でもツアーの新聞広告を出していた。

と言うところ。

この記事はおととい、3月28日の記事なので、ここで言う「先週火曜日」とは
2017_03_29_04








3月の21日。

で、その一方、てるみくらぶの山田千賀子社長が

23日の支払いの時間まで(未払い債務を支払う)努力をしました

って言っているので、まあ、

努力

…って言われちゃうとそうなのかな物は言いようだなという気もしちゃう。

「23日の支払い」って言うのは、世界中の航空券を取りまとめている『国際航空運送協会(IATA)』への支払いのこと。

そこに期限までに支払いを済ませないと抑えておいた航空券とかがキャンセルになっちゃうんだって。だからこの「3月23日」ってのがてるみくらぶにとってどうしても死守しなければならないデッドラインだったんだね。

異常なキャンペーン

けど、さすがにこれ↓はまずいでしょ💦
2017_03_29_05










出典:http://ameblo.jp/takezo-travel/entry-12260110734.html

『現金一括入金キャンペーン』。

どういうことかというと、「3月23日までに現金一括で入金してくれるなら1%お安くしますよ! カード支払いも出来なくないし、『一応予約金』って言うのも出来なくないですけど、そんなのより何よりおトクなのはなんてったって現金一括ですよ!」っていうこと。

まあ、確かにこれも

努力

なのかもしれないけど、21日に新聞広告出して「23日までに現金で払って!」って言うのはやっぱり異常。

それ以外にも、メール会員に送られるメールマガジンでも

※こちらのツアーは3/22迄のオンライン予約&現金一括入金限定商品です! (申込金やカード払いは出来ませんので予めご了承ください。)

って言う謳い文句で3月19日発行のメールマガジンで3月~6月のツアーを紹介しているし、普通だったら「6月のツアー代金をなんで『3日の間に現金で払って!』って言われなきゃいけないのwww」ってその異常さに気付いてもおかしくない。



…なんか黒いなぁ(笑)。

ないわけではない

この「自転車操業」というもの、世の中にないというわけではないし、自転車操業をしているからと言って100%倒産するというわけでもない。…というか、自転車操業してる企業なんていっぱいあると思うよ。うちだってそうだし

でも、自転車操業をしているのは、「なんとか経営を好転させたいから」なんだよね。みんなそのために歯を食いしばって一生懸命自転車操業してるんだ。ぼくだって毎日涙を拭


だけど、努力虚しくその自転車操業が結果につながらない時、にっちもさっちもいかなくなっちゃった時、経営者は何を考えるべきかというと、お客様や従業員になるべく迷惑をかけないようにするにはどうしたらいいか、ということでなければならないと思うんだ。ぼくはすぐ逃げられるように身の回りをなるべく身軽に


だから、百歩、いや千歩、いやいや十億歩譲っててるみくらぶが「23日の支払いに向けて努力をしていた」のだとしても、

海外渡航中の約2500人が路頭に迷う

(引用:日刊SPA! https://nikkan-spa.jp/1308496
とか、

新卒内定者50人に説明会で「内定取り消し」通告

(引用:テレビ朝日 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000097399.html

とか何の想像力もなく出来ちゃう時点で、そんなものは自転車操業ですらないと言わざるをえない。

間違いなく被害者

限りなく黒に近くて、100人中99人が「これ詐欺じゃんwww」と言っても、詐欺の立件というのは本当に難しくて、今回のこともこの先どうなるのかはわからない。


確かに、てるみくらぶのような「格安!」を売りにするとなると、必須条件として「航空機に空きがある」「ホテルに空きがある」と言うことがなくてはならない。「え? その日その飛行機すいてるの? どうすんのそんながらがらで飛行機飛ばしてwww …買ってあげようか? そのかわり超安くしか買わないよ?」ってな感じで安く仕入れられるからね。

だけど、●最近大型航空機が減って小型飛行機が主流になってきた●日本への観光客も増えて、空席が少なくなってきた…などの理由で、最大の武器である「格安」がそんなに強力なものでもなくなってきちゃったんだって。

さらにはインターネットが発達して、今までてるみくらぶの主要顧客だった若い世代が自分で全部ネットで予約できちゃうようになって、しかもそのほうが安く旅行できちゃったりするものだから、ますます条件としては厳しくなっちゃって。


でもだからと言ってぼく個人的には、そう言う「被害者」の人たちをほっぽりだして「申し訳ないんですけど破産手続き始まっちゃったもんでウチからは何も出来ませーん♪」って言ってる時点でてるみくらぶに同情する余地はまったくなくて、

●現地でホテル代を払えず放り出された
●帰りの飛行機が無効で正規料金のチケット1人48万円(エコノミー)を提示されてる
●4月1日から働く予定で研修中だった内定者
●GWに海外で挙式&新婚旅行、親族・友人分もまとめて払い込み済


…って言うような人たちをほんとになんとかしてあげてほしい。





とりあえず今この時点でサイパンで途方にくれている人がいたら、OLEAIにおいで♪

サイパンで1番美味しいハンバーガー食べながら相談しよう。


☆ブログランキングに参加しています☆
↓「確かにこれは黒いなー💦」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日に引き続き、今日も笑顔になれる動画をYoutubeから。(参考記事:『【号外】笑顔になれる動画。』
…っていうか、今日のは「思わずつられて笑っちゃう」って感じかな。


「うちの赤ちゃんって夜中に何やってるんだろう? よしっ。ビデオで撮影しよう!」って思って子供部屋にビデオを設置してみたら、実は赤ちゃんが謎の一人遊びをやっていたwww
(1分2秒)

…儀式?www


うちの7歳児、赤ちゃんの時は本当にいい子で、夜中に起こされるなんてことはまったくなくて、一度おやすみなさいすると朝までぐっすり寝ていてくれてたからこんなこと思いつきもしなかったけど、ただ静かなだけで本当はこんな風にひとりで遊んでいたのかもしれないと思うと、なんかちょっともう一度時計を巻き戻したい感じ(笑)。



それにしても、動画を見ているお父さんとお母さんの笑い声が最高に素敵

この笑い声を聞いているだけで、ちょっとシアワセを分けてもらえるような気がする♪




☆ブログランキングに参加しています☆
↓「赤ちゃんと動物は本当に何考えてるのかわからなくておもしろいなぁ」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017_03_27_06











出典:https://careerconnection.jp/biz/todaytopics/content_1765.html

前にも書いたことあるけど、「お客様は神様」ではなく、「お客様はお客様」だと思っている。

本家本元が「意味が違う」と(笑)

…って言うか、そもそも「お客様は神様です」の真意が間違って使われていると、三波春夫先生の公式サイトも言ってるし(笑)。
2017_03_28_01


























出典:http://www.minamiharuo.jp/profile/index2.html

三波が言う「お客様」は、商店や飲食店などのお客様のことではないのですし、また、営業先のクライアントのことでもありません。

“クレーマー”には恰好の言いわけ、言い分になってしまっているようです。

…と、ここまで具体的に書かざるを得なかったっていうのは、きっと「なんであんな言葉を言ったんだ」「なんであんな言葉をはやらせたんだ」的なこと、言われたことがあったのかな。ちょっと同情しちゃうな。




でも、結果として、誤解されたこの言葉が今現在のこの「サービス大国ニッポン」を作り上げてきたことは疑いようのない事実なんじゃないかな。


確かに日本のサービスってすごい。
日本の「スタンダード」がハイレベルになりすぎちゃっていて、その感覚で外国に行くとそのギャップに愕然として「これだから外国は…」とか超上から目線でモノを言ってしまいそうになるけど、それはちょっと違うと思う。外国が低レベルなんじゃなくて、日本が異常にハイレベルなんだ。

個人的にいらないと思うもの

日本でサラリーマンをやっていた時代から思っていた、「ここまでしなくてもいいんじゃねぇの(笑)?」と思うものをいくつかあげるとこんな感じ。

●高級お菓子の過剰包装
●敬語の乱用
●ウェイターさんのひざまずき
●デパートオープン時の全員挨拶




●高級お菓子の過剰包装
例えば日本製に限らずキャンディーとかチョコレートとか。商品としての大きい袋の中にひとつひとつが個別包装されてるやつ。
2017_03_28_02









出典:http://www.noveltykashi.com/originalitem.php#originalcandy

あれも時々「めんどくさいな」とか思っちゃう時もあるけど、個別包装になっていないと袋を開けた後が厄介なんだよね。すぐに全部食べ切れられればいいけど、残すと次の日にはなんかもう細胞結合したみたいになっちゃって。
缶を振ってもただ重いだけで音がしなくなっちゃったひとつに固まってしまったサクマドロップ

…の食べにくかったことと言ったら(笑)。

でもね、高級お菓子。あれはちょっとやりすぎwww

立派な箱に入っている→箱を開ける→大きな密封ビニールの中に6個くらいの小箱が入っている→ビニールを開ける→小箱をひとつ取り出す→小箱を開ける→小さい密封ビニール→小さい密封ビニールを開ける→お菓子とご対面

…みたいなことになって、お菓子ひとつ頂く前にもうそこそこのゴミの山。

●敬語の乱用
日本のサービスに敬語は寄与した部分っていうのは限りなく多いとは思うけど、今度はそれを気にしすぎちゃったのか、意識しすぎちゃったのか、「そこは敬語にしたらおかしいでしょwww」みたいなことも(笑)。

関越自動車道の上で車がパンクしたから非常電話で電話したら「お車の方、エンジンは動いてらっしゃいますか?」って車やエンジンに対して敬語使ったり。

動物病院に去勢手術のことで電話したら「猫ちゃんは何歳でらっしゃいますか?」って猫に対して敬語使ったり。

●ウェイターさんのひざまずき
これはウェイターさんに限らずもちろんウェイトレスさんもそうなんだけど、まあ、確かにお店の中が騒がしかったり、音楽がそこそこのボリュームでかかっていたりすると、お客さんの言うことが聞こえにくくなっちゃって、ただ顔だけ近づけて聞くのもちょっと見た目アレだし腰にもよくないということで(笑)気持ちはわからなくはないけど、ぼくはなんかちょっと「ヤメテヤメテ」って言う気になっちゃう(笑)。「そんなことしないで」って。

これがバーとかクラブ(昔の意味での『クラブ』ね。『ラブ』じゃなくて『』の方)だったらアリなのかもしれないけど、普通のレストランとかカフェでこれやっている所もあるしね。とにかくすっごい照れちゃうんだよね。

●デパートオープン時の全員挨拶
正直言うと、ぼくら男子が開店と同時にデパートに飛び込むなんてことはめったにないのよ。たぶん。よっぽどすごいセールが開催されるとか、どうしても欲しい限定品が売り出されるとかでもしない限りはさ。

そんなぼくらが開店と同時にデパートに飛び込む時。それはお腹がいたい時(キリッ)。

そんな時に全員こっち見て全員すっごい笑顔で全員ものすごいいい姿勢で「おはようございます。いらっしゃいませ」とか言われちゃうともうね、泣きたくなるくらいに申し訳なくて。

「細かい詮索」もほどほどにして

ぼくも男子だからさ、時々おもちゃとか欲しくなるわけさ。自分で使う、自分で遊ぶ、自分用のおもちゃがね。

でさ、仕事の途中、営業の途中に買いたくなることもあるわけさ。

独身の時なんかは身軽だから、「欲しい♪」と思っちゃうとすぐにでも欲しくなっちゃうからさ。


その時ぼくがどうしても欲しかったのは、『くすぐりエルモ』。

でもさ、スーツ姿で「すみません、これください」とか言うのはやっぱりちょっと抵抗があるわけよ。恥ずかしいからね。

だからつい嘘ついちゃうの。「プレゼントなので包んでください(キリッ)」って。

余計な手間を掛けさせたり、プレゼント用に包んでもらう無駄な労働力を使わせて本当に申し訳ないとは思うけどさ、包んでる途中に間が持てないからって「お子様にプレゼントですか?」「男の子ですか女の子ですか?」「おいくつですか?」とか詮索されちゃうとこっちも答えを創作するのがけっこう大変なわけ。

で、適当に「あ、幼稚園です」とか言って「あ、ウチも幼稚園なんですぅ」とかなっちゃった日にゃもう大変。
「年少さんですか?」「毎日お弁当ですか?」「お遊戯の時間って多くありません?」とかって。知らんっちゅうの(笑)。





あと、これは成田からサイパンに来るデルタの飛行機の中で見た光景。

ぼくの前の席にカップルが座ってらしたんだけど。

年の頃なら当時のぼくと同い年くらい、おふたりとも40歳半ばとかじゃなかったかな。

途中でCAさんが入国に必要な書類を配って歩くんだけど。

「ESTAをお持ちの方は◯◯、お持ちでない方はそれに加えて◯◯が必要となります」とかって。


で、その中のひとつに「税関申告書」っていうのがある。

CAさん、今度はそれを配り始めて、ぼくの前のそのカップルにも配った。男性に1枚。女性に1枚。そのCAさんは配った。自分で配った。自分で配っておいて、こう言った。

「こちらご家族に1枚必要ですのでご家族でしたらどちらかおひとりさまにご記入いただければけっこうです」


そりゃあさ、CAさんが何か配ってたら反射的に受け取っちゃうよね。家族だろうが家族じゃなかろうが。ご夫婦だろうがご夫婦じゃなかろうが。お天道さまに何も恥じることのない関係だろうが人混みの中に出るとちょっと離れて歩かなきゃいけない関係だろうがさ。


男性「…いや…」
CAさん「2枚でよろしいですか?」
男性「…ええまあ…」
CAさん「ご家族でしたらおふたりで1枚で」
女性「…2枚で…」



こうなるとこれはもう拷問。

ぼくはそれを聞きながら最初ぽかーん、後からニヤニヤ。




…というわけで、日本のサービスが素晴らしいのはもうすでに世界の常識だけど、これ以上行くとこのような悲劇がまた生まれないとも限らないので、日本のサービス業の皆さんはそろそろこの辺で一息つくくらいの気持ちで楽にお仕事をされたほうがよろしいかと。


真面目な話、ちょっと逆に心配なのが、これ以上日本のサービスが独自の方向に「進化」してしまうと、本当に世界からは「ちょっとやばい国」とか思われそうで💦



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「確かに日本のサービスはすごいからナー」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

『愉快な中国人』シリーズも25回になっちゃって、そんな隣国のことばかりネタにして笑っているのもどうなんだろうと思っていた矢先、見るだけで笑顔になれる動画、まさに心が洗われる動画を見つけたのでご紹介。
これを見て気持ちをリセットしようと思う。



Youtubeより、大きなわんちゃんとお散歩中に水たまりを見つけてどうしても水たまりで遊びたくなっちゃったちっちゃいぼくとの物語。
(1分3秒)

なんかシアワセ♪

ちびちゃんが水たまりで遊んでいる間、わんちゃんったらちゃあーんと待っててくれるんだね♪
2017_03_23_11








うちはわんちゃんとか飼っちゃだめって言われていたし(それでも犬も猫も飼ってたけど)、この動画みたいに自由に散歩できる環境とかもなかったから、なんか何もかもが羨ましい。



いいなあ、大きいわんちゃん欲しいなあ。





…よしっ。これで気持ちがリセットできた。

明日からまたがんばって中国人ネタ探そうっと



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「結局中国人ネタかいwww」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017_03_26_03










出典:http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/80901/80901.html

ぼくが訪れた1987年頃、サンフランシスコは「アメリカ人が住みたいと思う街ランキングNo.1」の座に何年も連続で選ばれていた。今はどうだか知らない。

超羨ましい街

まあ、もともとの大きさが違うんだから比べたって仕方ないし、まるっきり無意味だってことは十分承知なんだけど、それでも羨ましく思えちゃうのはサンフランシスコって街が持っている「見るべき場所」「行くべき場所」の多様さと数そのもの。

本当にこの街は行く場所見る場所に事欠かなくて、もし次に訪れることがあるなら最低でも10日間は欲しいと思ってしまう。で、10日間も行けるなんてことはもうないと思うので、たぶんサンフランシスコを訪れることは二度とないのかもしれないな。
2017_03_26_12

















ざっと思い出したものをあげただけでもこれだけの範囲にこれだけあるんだけど、ぼくらが南の方からサンフランシスコに入ってきて、最初に通りかかった「ガイドブックに名前が出ているような場所」は、この地図のもう少しだけ南側(下)にある「Castro Street(カストロ・ストリート)」という場所だった。
2017_03_27_02












出典:http://hoodline.com/2014/03/castro-street-construction-to-kick-off-on-thursday

実はこのカストロ・ストリート、今でもWikipediaには

アメリカ屈指のゲイタウン

とか

今日ではその最大規模の一つ

とか書いてあるけど、当時からガイドブックにはそのことばかり書いてあって、ぼくとSくんはそれぞれ違った意味でどきどきしていた。

Sくんはなんか一刻も早くこの地域を抜け出したいような感じでそわそわしちゃってて、「やばいんじゃない? やばいんじゃない?」と言う言葉をまるで壊れたレコードのように繰り返していた。

ぼくはそもそも知識とか先入観とかまったくなかったので、「ゲイタウン」と聞いただけで「街を歩く人は全員ぴちぴちのランニング+口ひげ姿に違いない」とか「男の人同士で歩いている人は100%手を繋いでいるに違いない」とか「男の人同士で街中で堂々とちゅっちゅちゅっちゅしているに違いない」とか、頭の中で妄想がフル回転(笑)。「もしこの街をSくんと歩くとしたら、ぼくらも手を繋がなければいけないんだろうか」なんてことまでちょっと頬を赤らめながら考えていた。

ところが、実際に車の窓の外の流れていくカストロ・ストリートの景色は全然そんなことを感じさせない至って普通の街で、ぼくはちょっと拍子抜け。Sくんは安心したような感じでカストロ・ストリートを抜け、さらに北上した。

映画でしか見たことのなかった乗り物

ぼくらが車を置いたのは『Union Square(ユニオン・スクエア)』。

ユニオン・スクエアって言うのはニューヨークにもあるけど、けっこういろいろな所にあるみたい。
ニューヨークのユニオン・スクエアもそうだったけど、サンフランシスコのユニオン・スクエアもいわゆる「観光の中心地」的な感じで、洋服屋さんだとかお土産屋さんだとかカフェだとかレストランだとかがずらっと並んでいて、またしても日本男児ふたり組にはちょっと場違いな感じ。

ぼくは買い物とか興味がないわけでもないけれどもそんなにお金を使いたくないし(Sくんに関しては買い物とか『全く』興味がない(笑))、どうしてそんなぼくらがわざわざこんな所まで来て高い駐車場料金まで払って街を歩いたかというと、ここがケーブルカーのターミナルみたいになっていたからなんだ。
2017_03_26_04







出典:https://www.sfmta.com/getting-around/transit/how-ride/how-to-cable-cars

ユニオン・スクエアの中の『Powell Street(パウエル・ストリート)』と言うところには『Powell Street Station』と言うケーブルカーの始発駅があって、そこからサンフランシスコ各地への路線が出ている。

それともうひとつ、これは『地球の歩き方』

…で仕入れた情報なんだけど、非常に珍しい1ドルコイン
2017_03_27_03







…が、そこの駅なら簡単に手に入るって聞いたもんだから。

方法は、Powell Street Stationにあるケーブルカーのチケットの自動販売機で、5ドル札を入れるとお釣りが1ドルコインで出てくる、と、たったそれだけ。

ケーブルカーのチケットがいくらだったかは記憶が定かではないんだけど、たぶん2ドルだったと思う(ちなみに今(2017年)は7ドルだって!)。

で、他にも日本でもよくある感じの「おトクな1日乗車券」的なものもあったと思うんだけど、どうしても1ドルコインが欲しかったぼくとSくんは、損得を度外視して迷わず自動販売機でチケットを購入。1ドルコインも無事ゲットしたんだ。

25セントコインなんかより二回りくらい大きくて、ずっしりと重い1ドルコインを手に入れた時はもう嬉しくて嬉しくて。絶対大切にしようってなんかふたりで興奮してた。






…え? 今? その1ドルコイン?




とっくにどこかに行っちゃったよ…(遠い目)。


生ガキを初めて食す

Powell Streetからケーブルカーに乗ってぼくらが向かったのは、更に北、海に面した『Fisherman's Wharf(フィッシャーマンズ・ワーフ)』。
Fisherman's Wharfって言うのは直訳すると「漁師の埠頭」。
その名前から日本の寂れた漁師町を想像したらこれがとんでもなく大間違い。Union Squareに負けず劣らずの超弩級観光地だった。
2017_03_27_04











出典:http://blogs.yahoo.co.jp/ja819061/42535815.html

もうね、「漁師の埠頭」なんて大嘘。漁師さんなんてひとりもいなかった。右を見ても左を見ても観光客、観光客、観光客。

そんなまたしても場違いな感じの中、ぼくらが向かったのは、「オイスター・バー」と呼ばれる生ガキ専門店。Sくんの強いリクエスト。

恥ずかしい話だけど、正直に言うとぼくは生ガキなんてもの食べたことなくて。カキを食べるのはいつもカキフライで。
カキフライで充分おいしかったから、別に生ガキなんて特に興味なかったんだけど、高級グルメに慣れきった税理士の息子、Sくんの舌を信じて食べてみたら。


これが信じられないくらいおいしくて(涙)。


…この数年後、箱根のホテルの夕食バイキングで生ガキばっかり食べててホテルの人に「あのう…。…他のお客さまもいらっしゃいますので…」って言われてしまったのも、この時のサンフランシスコでの経験が出発点だったんだね…(遠い目)。



その後ぼくらは日本男児ふたり組という自らの立ち位置とか一切考えず、サンフランシスコ随一の夜景の名所、『Twin Peaks(ツイン・ピークス)』
2017_03_27_05








出典:http://yakei.jp/abroad/san-francisco/twin-peaks.html

…に男二人で行くという暴挙のあと、サンフランシスコのホテルにチェックイン。







「じゃあ、電話してみようか」

ホテルの部屋でSくんが言った。

電話をする相手は、もちろん帰国子女にして現在サンフランシスコ在住の女子、Mさんである。

「え? ああ、そうだそうだ。すっかり忘れてた。…そうだね、電話してみたら?」

ぼくはそんなふうに言ったけど、実は朝から「早く電話しろなんでさっさと電話しないんだばか」ってずっと思っていた。でもそんな素振りは1ミリも見せなかった。たぶんばれていなかったと思う。




Sくんがホテルの電話のダイヤルを回した。



Sくんが耳に当てている受話器から、アメリカ特有の呼び出し音が小さく3回聞こえて、4回目が途中で途切れた。


「Hello? …あ、M?」



いた💦


☆ブログランキングに参加しています☆
↓「男二人で夜景はさすがに暴挙www」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつもの『Record China』、3月21日の記事。

2017年3月19日、広東省清遠市で国際マラソン大会が行われたんだって。

で、そこに設置されていたコースの案内板。
2017_03_23_07


















出典:http://www.recordchina.co.jp/b172820-s0-c50.html



むむっ。

2017_03_23_08


















なんとっ。


2017_03_23_09


















これはどっちに曲がれとwww中1かwww


「国際」って言う名前がつくくらいだから、招待選手もいただろうし、大丈夫だったのかなぁ(笑)。

しかもそこそこ大きい大会なんだろうし、その舞台でこういう事がどでんと出来ちゃう中国人って、やっぱり超おもしろいwww



☆ブログランキングに参加しています☆
↓「確かに中国人おもしれぇwww」と思った人はクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ