2019_02_10_02









出典:https://chibra.co.jp/taiken/chaina-public-holiday/

最近何回か書いているように、おかげさまで台風後に再オープンしてから、OLEAI忙しいのよ♪


で、昨日も書いたように春節期間中はそれにプラスして中国人観光客の方もたくさん来てくださって、曜日と時間によってはウェイトレスとかコックさんがパニックになっちゃいそうになるくらい。
(参考記事:『久しぶりにエゴサーチをしてみたww(前編)』

首から汗を流しながら小走りになってまで注文を受けながら動き回るウェイトレスを、憎いものでも見るかのような真剣な目つきでいくつも並んだフライパンの中の料理を見つめながら必死に調理するコックさんたちを、ぼくはファンタオレンジを飲みながら見ていた。


で、今年の春節期間中にOLEAIに来てくださった中国人観光客のことをファンタオレンジを飲みながら思い出してみると、ちょっと去年までとは色合いが違うのかな、みたいな気がして。


「今年の傾向」みたいなのをざっと書き出してみると、こんな感じ。
●大人数グループが多い。
●お子さん連れが例年より少ない。
●何回もリピートされる方が多い。
●「英語全くだめ💦」という方が少ない。

ぼくは素人だし、厳然としたデータが手元にあるわけでもないので、想像するしか術がないんだけど、ぼくはこれ、「もしかしたらサイパンリピーターの人が増えてきたのかな?」みたいな気がしていて。


以前、航空関係の方から伺った話として、「中国から飛んでくる飛行機の中ではCAさんに『あのう、すみません、この飛行機は一体どこに向かっているの?』というおじちゃんおばちゃんがちょいちょいいる」と言う話はぼくの中でもう「ひとりでも多くの人に伝えたい話」の殿堂入りしているんだけど(笑)、どうも今年の春節期間中はそう言う人、来なかったような気がするんだよね。

もちろんゼロではなかったよ(笑)!
2019_02_10_06


















ちょっと逆光で申し訳ない写真なんだけど、このおばあちゃん、総勢5名のご家族連れだったんだけど、綿入りの長袖のちゃんちゃんこみたいなの着て、首にはマフラー(決してスカーフではなく)ぐるんぐるんに巻いていた(笑)。

ご主人と思われるおじいちゃんは店内を無言でぐるぐるぐるぐる回って、他のテーブルに出ている料理をじっくり観察(笑)。時々他のお客さんに話しかけるんだけど、当然中国語(笑)。他のお客さんは当然中国語わからないんだけど、それでも構わずに中国語でがんがん話しかけて。

最終的にはぼくのところに来て、「チャオツァイ」って連呼。「何言ってるのかわかりません」「わかりません」「私は医者です」の3つだけ流暢な中国語で話せるぼくは、すぐさま「ああ、これは『炒(チャオ)』『菜(ツァイ)』だな」とぴんときて、「ありません」と言った。

おじいちゃんは無言で去った。あとでなんか肉食ってた。

まあぼくも中華料理屋さんに行ったら青梗菜の炒めものは必須メニューだから気持ちがわからなくはないけど、でもそもそもOLEAIは中華料理屋さんじゃねえし。



そんなかわいいお客さんもいらっしゃったけど、それ以外のお客さんは本当に、なんか「旅行慣れ」「サイパン慣れ」している人が多かったように感じたんだけど。


もしこの観測があっているなら、すっごく正直なことを言うと、ぼくはそう言う傾向がもっともっと進めばいいのにと思っている。

OLEAIの強みは対リピーターさんに対してこそ発揮されるとぼくは思っているからね(キリッ)。


で、エゴサーチ。

「リピーターが増えてきたかも」って思ったら、やっぱり次に気になるのはOLEAIの「評判」ね。中国だけではなくて、今は誰も彼も「口コミ重視」だからね(笑)。


以前もちょっと似たようなことやったことあったけど、今回も「塞班 OLEAI」でGoogleで検索(『塞班』ってのは『サイパン』の中国語表記なんだってー)。

まあ、「Trip Advisor」とか「4travel」とか大手サイトもいっぱいあるんだけど、今回は中国語という事にこだわって、まずは
2019_02_10_08





と言うサイト


読めねえしww
2019_02_10_07














出典:http://www.mafengwo.cn/

日本の漢字で書くと、おそらく「馬蜂宮」だと思うんだけど、違ってたら誰か教えて。そっと教えて。

URLが読み方なら、「マーフェンゴー」だと思うんだけど、違ってたら誰か教えて。


で、このサイトにはOLEAIについて10個の口コミが掲載されていて。

なんと平均点が5.0点満点の4.6点❤


と言うわけですっかり気分の良くなったぼくは、前回同様Google翻訳で個々の評価をいくつか見てみることにした。
わかりやすいように、上が口コミの原文、下がGoogle先生が翻訳したもの、って感じにしてみた。
2019_02_10_09









いいじゃない

「フライドポテト」がいきなりおすすめに入ってくるのがちょっと「?」だけど(笑)。ちなみにこれは5点満点の口コミ。

次も5点満点。
2019_02_10_10















またフライドポテトwwどんだけ美味しいんだウチのフライドポテトww


って言うかOLEAIはピザねえし。すんげえやりたいんだけどまだやってないし。


3つめは4つ星の口コミ。
2019_02_10_11














ちょいちょい謎ワードが紛れ込んでるけど(笑)、概ね「…褒めてくれてるんだよね(ゴクリ)?」ってのは感じられる。

それにしてもOLEAIのメニューで「HARD ROCK」ってなんだろう…。「比HARD ROCK的好吃」もしかしたら、「ハードロックカフェに似ているメニュー」みたいな意味なのかな。違ってたら教えて。

そしてもちろん「キャセロールのような皿より良いハンバーガー」がハイライトww

これ、このままの名前で新メニューに加えるかどうか検討中(笑)。




もうひとつ、中国語のサイト、「Ctrip」。
2019_02_11_01













出典:http://www.ctrip.com/

おかげさまでこのサイトでもものすごく好評で、とりあえずは一安心。

17件ある口コミの中から、ふたつだけご紹介。両方とも5点満点。
2019_02_11_02










「ビーチの向こう側に、利点は人が少ないということです」
おそらくこれは、「ビーチに沿った場所にお店があって、店内は(ガラパンのお店のように)混んでない」ということかと。しっかりしてよGoogle先生。…って言うか「混んでない」とか言わないで(泣)。


最後がこちら。
2019_02_11_03









フィリピン人じゃねえし💦

…って言うか何でしょこの断定的な書き方ww 「ええ、お店の人に聞いて調べましたから間違いありません(キリッ)」みたいなね(笑)。



…こうやって見てみると、「口コミに気を使いながら商売する」って言うの、本当に大変。
今回は紹介しなかったけど、「チャーハン(たぶん『Fried Rice』のことだと思う)が中国のものと違う! 私はチャーハンが大好きなのに!」とか書いてあるのもあったし、「私はその日お腹が空いていませんでした」って言って減点されてたりさ(泣)。




すべてに対応することはもちろんとてもじゃないけど不可能だけど、とりあえず来年の春節期間中は胸に「日本人」って言う札をつけることにするわー。



★ブログランキングに参加しています★
↓「次回行ったら絶対フライドポテト食べてみるわwww」と思ったらクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村