ちょっと目を疑ったんだけど。

産経新聞社のビジネスに特化したWEBページ、「SankeiBiz」7月14日の記事。
2019_08_09_05














出典はすべて:https://www.sankeibiz.jp/

妊婦が医療機関を受診した際に自己負担が上乗せされる

「妊婦加算」と言う制度の導入を厚生労働省が検討しているらしいんだけど。


これは、

「妊産婦の診療には、通常より慎重な対応や、胎児や乳児への配慮が必要」

ということで、妊婦さんがお医者さんにかかる時、普通の人の診察よりもちょっと上乗せしたお金を頂いちゃいます、というものなんだけど。
2019_08_09_06
















…え? この国の偉い人たち、本気で子ども増やそうと思ってんの?



記事によると、この制度、一度スタートしたんだけど妊婦さんとかからの猛反発で一度頓挫、2020年からの再導入を目指してるんだって。

まあ、その時は

投薬を伴わないコンタクトレンズの処方など妊娠とは直接関係ない場合にも加算が適用されていたことが発覚

…とかいうなんとも間抜けなことやってたってんだから頓挫は当たり前なんだけど(嘲笑)。



さっきも引用したこれだけど、

「妊産婦の診療には、通常より慎重な対応や、胎児や乳児への配慮が必要」

そんな事は知ってる。みんな知ってる。

だったら四の五の言わずにさっさと「慎重な対応」して「胎児や乳児への配慮」をすりゃいいんだよ。




…なんかさ、本気で明日の日本のことを考えている国家機関って、もしかしたら気象庁だけなんじゃないかって言う気がしてきちゃうよね。


★ブログランキングに参加しています★
↓「確かに気象庁は明日のこと考えてるwww」と思ったらクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村