2019_08_24_07










出典:http://pixofo.com/loc/1020090271

ぼくは、そのおばちゃんのアドバイスに従って、インターネットでそのブレーキ・アクチュエーターとやらの値段を調べてみることにした。

…なあに、ブレーキ・アクチュエーターって(泣)?
(参考記事:『《車社会サイパン。㊿》ここでの買い物事情は日本のそれとはいろいろとレベルが違う。(後編)』

この島で買い物をする時の宿命

昨日のおさらいをすると、あそこのお店で渡された、ブレーキ・アクチュエーターの代金、「交換工賃込で3000ドルとちょっと」だった。
これは「車を買った時の車の代金よりも高かった」ということも書いた。


こう言う時、つまり、車の部品だけでなく、「何かを買おうと思った時」、サイパンに住んでいると時々すごく憂鬱になる。

単純に「選択肢が限られているから」ね。

例えば今回の車の部品の場合、ぼくとうちのスタッフ(主にジョンくん)の知ってる限り、「パーツを買えるお店」って言うのが、その修理してくれるあそこのお店の他に2店しかなくて、巷の噂としてはそのうちの1店は「あそこのお店よりは安いけど、だけどそんなに言うほど安くない」し、もう1店の方は「他の2店よりは安いけど、どこの国で作られたパーツか怪しい時がある」って言うし。

まあただ、この2番めの「どこの国で作られたパーツかわからない」って言うのは、実際問題、今世界中のどこで買ったって、同じ問題があるわけだし、そのお店だけの問題ではないっていうのはあるんだけどね。

たとえば東京での生活を考えた時に、…って言うかいきなり東京と比べてしまうのはあまりにもアレだけど(笑)、東京だったらすぐに何軒かのお店が頭に思い浮かぶ。

ラッキーなことに地元が新宿なので、その思い浮かぶお店は全部徒歩圏とか「電車で2駅」くらいのところにあったりする。

だけど、当然ながら「ここ」にはない。


もちろん、東京に住んでたって、日本のどこに住んでたって、最初から「通販」と言う選択肢で考える時もある。…って言うか、最近はそっちのほうが多いかも知れないね。

だけど、「お店に行く」にしろ、「通販」にしろ、日本での買い物って、保証されていることがひとつあって、それは「ほとんどの場合一両日中に手に入る」という事なんだよね。

それがこの島には絶望的にないのよ(泣)。


日用品とかならともかく、ちょっと特殊なものになるともうだめ。

時々「お客さんが言ってるその商品はないけど、こっちの商品でよければあるアル♪ だいじょぶだいじょぶ中身は同じアル♪」みたいなのもあるけど、大抵の場合中身もかなり違うし、外見は全然違う。一番の大きな違いは、漢字ばっかり書いてあること。


つまり、あのメーカーあのモデル欲しい」とかになると、この島では可能性はほぼゼロなのだ。

ぼくらは「今」を捨てることになる

こうなると、ぼくも含めてこの島の人たちは、「あのメーカー」「あのモデル」「今」のうち、仕方なく「今」を捨てて、「Amazon」や「eBay」で買い物することを選ばざるを得なくなる。

個人的に思うことは2つあって、ひとつは、「日本からもっと気軽に買えればいいのにな」って言う事。

最近になって日本の通販ページを開くと、「この商品は海外からでも買えます」みたいなバナーを見かけるようになったけど、よく見るとあれって、「楽天」とか「Amazon(日本)」がサービスの一環としてやっているわけではなくて、あくまでも第三者の業者さんらしい。


つまり、「通販で商品を買ったら、ウチ(その第三者の業者)に荷物が届くようにしてください。海外の住所教えといてくれれば、ウチからばっちりお送りしますよ♪(ニコニコ)」ってなことみたいなんだけど、これはどうなの💦

どなたか利用したことのある方、ぜひ情報をお寄せください💦


そしてもうひとつは、「もっとグアムが使えればいいのに」ってこと。

サイパンとグアムは200キロ離れていて、距離で言えば「東京-郡山」「東京-静岡」「大阪-浜松」「大阪-福山」「博多-広島」「博多-鹿児島」くらいなんだけど、それらの「距離感」との一番の大きな違いは「間にでっけえ海があること」。

でも、グアムってところはサイパンよりもずっと大きくて、ずっと都会で、人口も多いし、会社だってお店だってサイパンの何倍もあるので、も少し「よし、サイパンからの通販にも力を入れてやろう♪」って思ってくれるところ、もっともっとあってもいいと思うんだけど、どうしてもネットをパトロールしてもヒットしないんだよね。

ぼくが検索下手なだけなのかな。

商売的にはうまくいくと思うんだけどな。

3000ドル以上の商品が!今回は特別に!

…というわけで、あそこのお店で3000ドル以上と言われた部品、アメリカ本土のトヨタ純正パーツ専門店、「ToyotaPartsDeal.com」と言うお店で1200ドルで見つけた(純正・新品。送料71ドル)。


たぶん3か月くらいしたら荷物がついて、それから修理交換をお願いするから…。



…また乗れるようになるのは、2020年かな。



★ブログランキングに参加しています★
↓「に、2020年!」と思ったらクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村