日本の友だち、RくんからLINEで電話がかかってきた。

ぼくと同い年だってんだから、そこそこもういい年のはずで、そこそこ大きい会社に行ったRくんはそこそこの地位に就いている。

なんでも、部下のひとり、中堅事務職員である30代半ばの女子社員が、最近離婚されたらしく、前は華やかと言ってもいいくらいの振る舞いで社内を明るい雰囲気にしてくれていたのに、ここのところすっかり沈んでしまっている、と。

Rくん、上司として「会社のため、そしてもちろん彼女のため、なんとか少しでも明るくしてあげたい」と思っちゃった。


そう思うだけ、そして「〇〇さん、大丈夫?」くらいに声をかけるくらいならちょっと「部下思いの上司」なんだけど、このRくんも昔からちょっと頭がアレだったので、かける言葉に余計なオリジナリティーを加えちゃった。

「〇〇さん、公私ともに順調?」
「ええ、まあ」
「何かあればぼくに話してくれない? 聞くだけなら出来るから」
「別にありません」
「そんな閉ざさないでさ…」
「…」




はい、ここでRくんの名言がでます。


「〇〇さんの心を開くパスワード、教えてくれないかな?」




ここまで聞いただけでぼくはお腹が痛いくらいに笑っていたんだけど、さらにそれに対する女子社員の痛快な受け答えを聞いてぼくは気絶しそうになった。


「私の心、顔認証なんで」




Rくん(ちなみに決してイケメンではない)は引き下がったそうだよ(泣)。


★ブログランキングに参加しています★
↓「この女子社員頭いいなあーw」と思ったらクリック↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村