2018年06月29日

春からああいうのとか!こういうのとか!やりたいんですよね!!
…とか書いてから早数ヶ月、ああもこうも出来るどころかペンタブを触ることすら稀になってきてたりなんかしましてどうもいすみ屋ブログでございます。

そんな状況でアレなんですけども、運営さんの方からも告知出ましたので。
少し先の話しなんですが、自分がデザインのお手伝いしてます…というイベントのお知らせです。

blogサイズ


告知ツイッター



普段からお世話になっております乃希さんの個展が今年の10月、乃希さんの地元である島根県で開催されるんですが。その個展に関する印刷物全般のデザイン面をいすみ屋名義でお手伝いしております。


主催の project KEY さん・乃希さんとというのは、普段から「島根県内出身・在住の創作作家(クリエイター)」さん達のためのイベントを各種、企画・開催されているという地域密着型の運営さんで、この乃希さんの個展も島根の西側にある「益田(ますだ)市」というところでの開催となります。

こういったイベントものにつきものの「開催場所が行ける距離にあるか」問題はあると思う…という問題がまずあるとは思うんですけど。「島根県内のクリエイターのイベントを、島根県内で開催する」というのがメインであるイベントなので。近くでなくても「益田に行ける距離」に住んでる方いらっしゃれば、是非に!と決して近くないというか素で遠い神奈川から大声で宣伝して本日この辺で!


(01:21)

2018年03月11日

前々回のエントリで「2月末までには」と書いたくせに、結局3月になっての更新と相成りまして。これは流石にダメなやつだろどうしよう…と諸々考えた結果、該当する文章をしれっと編集してなかった事にしてきました。どうもいすみ屋ブログでございます。


ブログって便利ですね。


といったところで本題です。

自分式まとめ本または素人装本の購入者さん対象になんかやりたい(ふんわり)

…という話なんですが。

現時点でも4月半ばくらいまで本業が詰まってきているので、締切(入稿)時期とを考えると5月のイベントに出す本に関わるのは、ちょっと厳しい…というか無理だろうという結論に至りまして。

当初考えていた「本(新刊)のデザイン」の募集ではなく、過去絵・既刊のレイアウト等「既にあるもの」を、リデザイン対象として募集してみようとか思ってます。「対象」というより「素材として募集」の方が近いのかもですが。これならば時期・時間の制約無しで出来るので。

リデザイン、といっても「ここが良い・悪い」という指摘・指導をするつもりはなくて。ただ単に「自分ならこうする」という結果と、その理由を併記するというスタイルでやるつもりでいます。これと同じやり方したものを素人装本に収録はしたんですけど、紙面の都合でほぼ「結果」だけになってその「経過」までは入っていないので。


具体的な募集期間は決めてませんが、上記あるように時期・時間の制約が無いものなので。応募あるなら年単位で続けてみたいなぁとかは考えてます。いやそれ以前に応募あるのか?っていうのがあるんですけど続けてみたいなぁとか考えてます。


絵でも文でもデザインでも演奏でも料理でもなんでも一緒だと思うんですが。
こういうのって継続してこそ得られるものあると思うので。細く長くで良いから、出来るだけ続けられる形良いんじゃないかと。



で、自分的には確率80%の「誰も応募なんかしない」事態になった場合は。
今まで同様、月イチくらいの頻度で知り合いに絵をせびりに行ってなんかやろうと思います。なんか。


(01:40)

2018年02月16日

AOAブログ用

前回書いた「年始から冊子デザインやってました」の件ですが、本家の方でも告知出たのでそのお知らせです…といっても肝心のイベントが未だな上に他所様の本なので、出せるのもこれくらい…ということで製作中の1コマ。

こちらの冊子は以前から色々とお世話になってます僧侶さん(サークル:鋼侠楽団)の本で、イラストは全て僧侶さんによるもの。自分は毎度のように装本・編集という形でお手伝いしてました。表紙のイラストは以前僧侶さんにゲスト参加してもらった自サークルの「俺ノ世界」から。
なにがなんでもこのイラストを表紙にするんだ!って実は最初っから思ってました。僧侶さんにも言ってないんですけどまだ。

実際に作業スタートしたのは前回書いたように年始からなんですけど、この本そのものの計画というのは結構前で、昨年の夏頃になります。かなり長期ではあるんですが、その間は僧侶さんにしても自分にしてもなにしろ本業の方が忙しすぎてなかなか計画が進まずで。今回ようやくの完成、となりました。


本の方ですが、いわゆる「同人誌即売会」で出すようなものではなく、「ガレージキット」という個人製作の立体物(すごく雑にいうと「同人誌の立体版」です)の付録として用意したものなので単独発売はしません。ので、本としての宣伝ではなく「立体物そのものの宣伝」という形になるんですが、その立体物がこちら。

タカノリさんのツイッター

原型は僧侶さんの小学校時代からの友人である、造形師のタカノリさん(ディーラー:RED-FOX)。タカノリさんも元々メカもの中心で活動していたというのもあったそうなんですけど、このお2人が「オリジナルメカものをそれぞれの得意分野でやろう」とはじめたのがこの「オリジナルメカ漫画&その主人公機の立体化コラボ」というもの。

以前にも言った気がしますが、この「自分のデザインしたオリメカが立体化する」ていちオリメカ描きとしては夢のまた夢のような話だったんですけど。こうして現実に見れる、しかも立体物即売会のみとはいえ「流通する」なんて事があるんだなぁ…と。なんてうらやましい(本音)


で、気を取り直して本の方。

今回のは主にコストを下げる目的で、フライヤーとして印刷してもらったものを自宅折り・綴じ・裁断という半DIYで作ってました。見えづらい(わざとですが)けど下にあるのが元サイズ(A3)で、左が折り後で右が裁断後です。これ前作「素人装本」の付録と同等の作り方なんですが、あの時の経験を活かせたのか今回のはほぼ失敗もなく「それっぽい」本が出来たんじゃないかと思ってます。


それとキット付属本、という事で実際に見れるのはいつものように「同人分野」の方ではなく、自分が普段あまり接する事のない立体分野の方中心となると思うんですが。そういう方にとってこの「おまけ本」がどう目に映るのか、それが今一番の楽しみでもあり不安でもあります。


といったところでもしこのブログ見ていて、週末のWF行く!という方いらっしゃいましたら是非6-11-04【RED-FOX】まで!よろしくお願いしますー!!

(01:59)