2005年03月

2005年03月31日

美濃町線・廃止

4afaa014.jpg2005年3月31日限りで、名鉄美濃町線、揖斐線、田神線、岐阜市内線が廃止されます。
写真は、3月23日に、乗り納めに行った時に撮影した593形電車。
大変古い電車で、ブレーキの操作法が、最近の電車とは随分違っていたのが印象的でした。
なんでも、鉄道に詳しい友人によると「あれこそ、真空ブレーキ登場以来、電空比例弁が登場しブレーキを何段目に入れるという単純動作になるまでの百年以上世界中で行われていたブレーキの使い方です。」なんだそうです。
ちなみに、593形のブレーキレバーには、ブレーキの圧力を高めていく「常用」位置と、圧力を一定に保つ「重なり」位置と、圧力をゆるめていく「緩め」位置があるのですが、運転士さんは、レバーを巧みに操作し、停留所ではとてもなめらかに停止していました。まさしくプロの技。
帰りに乗った、JRの最新型(223形でしたっけ)の新快速が、ぎくしゃくとした停止を繰り返していたのですが、機械という物は、仕組みが原始的な物の方が、人間に優しい操作ができるのではないかと、思った物です。

話がそれましたが、本日廃止になる各線は、いわゆる路面電車。但し、郊外では専用区間もある、ハイブリッドなタイプです。
岐阜市の都市規模を考えると、路面電車は、もっと有効に利用出来る交通機関であると思うのですが、乗客の減少を理由に廃止されてしまうのは残念でなりません。
車を利用する人から見れば、障害物があってもよけることが出来ず、大型車よりも動きが鈍重な路面電車は、邪魔者以外何者でもないのでしょう。私も、バスがあればそれで良いのかな、とも思うことがあります。
ただ、バスより少ないエネルギーでバスよりも輸送力のある路面電車は、環境面でも有利な乗り物であるような気がします。地下鉄に比べれば建設費だって断然安いし、ヨーロッパのように、歩道側に線路を設置すれば、乗り降りもさらに便利だし、路上駐車も防ぐ意味でも、効果がありそうです。
日本にも、広島や長崎のように、路面電車が大活躍している都市がありますし、路面電車の良さが見直されてきているので、新しく生まれ変わった路面電車が復活する日が来ることを祈っています。
京都の街にも路面電車が復活してくれないかな〜

余談ですが、この日に、青春18切符を買ってしまいました。
まだ残りが4回分…4月10日までに、どうやって使い切るか、考えているところです。

ismusic at 23:32|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 乗り物の話 

2005年03月27日

平均速度7.5km/h

04f5b8cd.jpg天理から枚方に帰る途中、渋滞するR24北行き(多分大和郡山市内)で撮影しました。
撮影したのが17:07

で、大宮通にたどり着いたのは…17:39
4kmほどの距離を32分以上掛かりました…
確かに16分以上ですが、倍も掛かるとは…

ismusic at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 道活動 

お花たちのパーティー!

104b6148.jpg天理市立北中学校吹奏楽部の演奏会「わかばコンサート2005」を聴きに行ってきました。
「若草山のファンファーレ」の初演指揮者で、奈良県吹奏楽連盟の若手役員として、
私も度々お世話になっている、釜本清隆先生の指揮で「お花たちのパーティー!」が演奏されました。
この作品は、まだ未出版なのですが、初演した岐阜県立斐太高校、二番目に演奏した龍谷シンフォニックバンド、三番目に演奏した長崎市民吹奏楽団に続いて、四団体目の演奏になります。もちろん、中学生では初めて。

正直を言うと、演奏はさほど期待してはいませんでした。
この時期の演奏ですから、もちろん、メンバーは1年生と2年生。しかも、中学生になって楽器を始めた子がほとんど。高校生や大人のバンドでも、演奏に苦労する曲なのは、百も承知していたので、「本当に演奏出来るのかな?」と、ドキドキしながら演奏が始まるのを待っていました。

すると、演奏が始まる前に、なにやらスクリーンが登場して、乗鞍高原の写真紹介が始まりました。(^o^)
そう。この作品は、岐阜県高山市にある斐太高校の委嘱でしたので、2001年の夏に訪ねた、乗鞍高原の畳平で見た、お花畑の風景をイメージして書いたのでした。次々に写る、高原の花たちのスライドショーを懐かしく思いながら楽しんだところで、演奏開始。

部分的には、危ないところもありましたが、シロフォンが活躍する第二変奏辺りから、調子が良くなってきて、第四変奏のアダージョでは、大変美しい音を聴かせてくれました。この変奏の中程のTrumpetソロは、1オクターブ違いのDesをスラーで跳躍する、高度な技術を要する物ですが、私がこれまでに聴いた中で、一番艶やかな、「本当に中学生?」と思わされる、素敵な音でした。EuphoniumやAlto Saxophoneの音もたいしたもの。特に、このアダージョの後半、VI度の第一転回形の和音上に消えていき、静寂の中でまた現れるAlto Saxophoneのソロでは、畳平で可愛い花たちが、けなげに咲いている様子が思い浮かんで、はっとさせられる、美しいものでした。
もちろん、第三変奏のワルツや、変拍子てんこ盛りの第五変奏も、中学生らしく、素直なテンポで、アンサンブルも本当によく頑張っていたと思います。曲の一番最後も、テンポがめまぐるしく変わって、突然3/8や2/4拍子に変わってスリリングなのですが、ばっちり決まっていたのはお見事。とにかく、大健闘の演奏でした。(^-^)

写真:終演後、吹奏楽部の顧問で指揮をされた釜本清隆先生と、「お花たちのパーティー!」で奮闘したソリストたち。右端が私。

ismusic at 22:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 私の作品について | ┣吹奏楽のための作品

2005年03月25日

愛地球博

2bf25798.jpg昨日、今日と、真冬に逆戻りしたかのような寒さの大阪です。
京都では雪だったとか…

で、愛知万博、始まりましたね。
会場も寒かったようで、雪が舞っている様子がテレビで放送されていました。
私が生まれた年に、大阪で万国博覧会があって、それ以来35年ぶりの国内開催と言うことですが、
ポートピア博覧会とか、つくば博覧会とか、大阪の花博とか、あれはまた違うのでしょうか?
まあ、楽しそうな乗り物もたくさんあるようなので、ぜひ行ってみたいと思っています。

ismusic at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

2005年03月22日

カデンツァ作成

06e7c393.jpg21日に、「モクゴとピアノ」の譜面を演奏者に渡し、
今日はモーツァルトのフルート協奏曲Kv.314(ニ長調)のカデンツァをこしらえていました。
来月のコンサートで竹林秀憲大先生が演奏してくださる予定です。

せっかくなので、半年ぶりに楽器を出して、自分でも吹いてみました。
でも、全然音が鳴りませんでした。(涙)

でも、そのまま、楽器を片づけるのも悔しいので、二時間くらい、音を出そうと試みてみました。
で、二時間後…
1楽章の最初の方は、ちょっぴり気持ちよく吹けました。
竹林先生ならば、きっと素晴らしい演奏をしてくださるでしょう。

これで、譜面を書く仕事も一段落したので、春休みはフルートの練習もしてみましょうか、
と、思ってみたりした一日でした。

ismusic at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 私の作品について | ┣独奏曲

2005年03月20日

仕上げの作業が残っていますが

03134fcd.gif18日〆切、でしたが、21日にクラリネット奏者に譜面一式を渡すことになりました。
で、ひとまず、「モクゴとピアノ」完成です。
・レイアウト
・プリント
・校正
・練習番号を付ける
・パート譜を作る
と言う作業が残ってはいますが、とりあえず、終止線を書いたので、今はテンションが高いです。

結局、

1楽章:1-70小節(70小節)
2楽章:71-438小節(368小節)
3楽章:439-470小節(32小節)
4楽章:471-613小節(143小節)

と、なりました。
3楽章と4楽章、特に予想通り、4楽章は苦労しましたが、
特に、後半は私らしく、楽しい雰囲気の中にも、ちょっぴりせつなさも含まれた、
いたるちっくな仕上がりになっていると思います。

2楽章がスケルツォで、3楽章が緩叙楽章、4楽章が無窮動的な構成は、
2003年作の「クローバーリーフ・スイート」に共通しているかもしれません。

楽章という言葉を使っていますが、正式には、モクゴとピアノの為の「4つの○○曲」というタイトルの予定です。

仕上げの作業が色々と残っていますが、それはまた明日。
作品についての話も、また色々と、語りたいと思います。

ismusic at 02:19|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 私の作品について | ┣室内楽のための作品

2005年03月17日

2楽章完成

「モクゴとピアノ」438小節目まで進みました。
と書くと、3楽章に突入と思われるかもしれませんが、2楽章が7小節延びたのです。
清書中に時々あることです。つまり、

1楽章:1-70小節(70小節)完成
2楽章:71-438小節(368小節)完成
3楽章:439-471小節(33小節)予定
4楽章:472-613小節(142小節)予定

と、なります。
2楽章は、小節数が他の楽章に比べると、異常に多いですが、
3/8拍子の、いわゆる「スケルツォ」なので、演奏時間は多分一番短いでしょう。

さあ、3楽章です。これは、短いから、割と早く仕上がるかな?
ある意味、一番大変なのは4楽章かもしれません。
頑張りましょう。(*_*)

ismusic at 17:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 私の作品について | ┣室内楽のための作品

2005年03月15日

下書き完成

さて、さきほどやっと、18日〆切の「モクゴとピアノ」のための新作(の下書き)が、完成しました。

1楽章:1-70小節(70小節)
2楽章:71-431小節(361小節)
3楽章:432-464小節(33小節)
4楽章:465-606小節(142小節)

の予定です。
18日が終わるまで、あと75時間あまり。
平均時速8小節ちょっとで間に合う計算ですが、睡眠時間も欲しいし、作曲以外の用事もあるし…(T-T)

いたろぐの更新をしている場合ではなかったかも…でも、頑張ります。
ここに、こうやって書いておけば、誰かが励ましてくれるかもしれないし。(笑)
応援を貰えて頑張れれば、仕上がりが早くなる可能性もある訳なので、
それを期待しているかもしれません。(^^;

ismusic at 20:24|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 私の作品について | ┣室内楽のための作品

プラグイン追加

ぞくぞくと、トラックバックが!みなさんありがとうございます。

と言うわけで、最近のコメントや、トラックバックが表示される、プラグインを追加しました。
残念ながら、「いたろぐマスコット」は、廃止しました…
ごいんきょさんに「さわやかなデザイン」とも言ってもらえたのですが、
この、「からし色」の文字が、私としてはちょっと見にくい。
多分、花の色に合わせてあるデザインなのだろうけれど、
空の色に合わせて、水色なんてどうかなと思っております。

Saxophoneの友人nokkoさんが、私と同じくlivedoorさんで、ブログを開設していました。
このデザイン、良いですね〜ホームページのタイトルともあっていますし。

でも、この花の写真も気に入っているので、また少しずつcssをいじっていきたいと思います。

もう、お水取りも終わったのですね。まだ、一度も見に行ったことがないので、
ぜひ、生で、あのたいまつを見てみたいです。

ismusic at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1) HP運営 

2005年03月14日

トラックバックに挑戦

使用容量:140.96KB/2.1GB
だそうです。

ごいんきょさんにトラックバックについて御指南いただきました。
上手く行くかな?どきどき。

で、左側のメニュー(「サイドバー」とか「プラグイン」とか言うらしい)の配列を変えて、
とりあえず、用意されているデザインの中から、適当に選んでこちらも変更してみました。

アバターは…いたろぐマスコットとして、ひとまず存続させることにしました。(^^;

デザインは、最終的にメインHPと同じようなのを作ろうかな?
それとも、時々変えて楽しむか、ぼちぼち考えます。

ではでは、モクゴとピアノの新作執筆にもどります。

ismusic at 20:10|PermalinkComments(2)TrackBack(2) HP運営 

2005年03月13日

「ポロヌプ」練習in京田辺OSB

824b1262.jpg今日は昼から、私の住む枚方市の隣町、京田辺市で活動する、
大住シンフォニックバンドの練習にお邪魔してきました。
2005年5月1日の定期演奏会で、私の「ポロヌプ」を関西初演してくれます。

北海道の小さな編成のバンドのために書いたので、
Piccolo
Flute
Clarinet I & II
Bass Clarinet*
Alto Saxophone
Tenor Saxophone*
Trumpet
Horn
Trombone
Euphonium
Tuba
Percussion(3人)
と言う編成で、書いてあります。
*は欠けても演奏可能なように、他のパートに小さな音符あり。

大住シンフォニックバンドは、全体で(多分)60人くらいのメンバーがいるのですが、
「ポロヌプ」は指揮者も含めて精鋭20人での演奏です。
昨年は、関西大会まで進んだ市民バンドだけあって、
なかなか良い音がしたので、本番が楽しみです。

この日は、3月も半ばだというのに、雪の舞う寒い一日。
「ポロヌプ」はアイヌ語で、大平原という意味。
個人的には、真冬の北海道(幌延町辺り)の地吹雪をイメージしているところもあるので、
「ポロヌプ」日和だったかもしれません。(違?)

演奏会までは、毎週日曜日に、ポロヌプメンバーだけ早めに集まって練習しているそうなので、
時間があれば、またお邪魔させて貰おうと思っています。(^-^)

おまけ:大住シンフォニックバンドのホームページも、livedoorさんのブログです。
http://blog.livedoor.jp/osumi_symphonic/

ismusic at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 私の作品について | ┣吹奏楽のための作品

トラックバックって何?

さっそく、トラックバックやコメントをいただきました。\(^o^)/
さて、コメントは分かりやすいのですが、

「トラックバック」って何?(^^;

ぼちぼち、勉強していくことにします。
私とほぼ、同じ時間に新規登録されたと思われるブログ。
http://blog.livedoor.jp/nono36/
ここには負けないぞ。と、勝手にライバル宣言。(笑)

で、

に、いろいろと「メニュー?」らしき物があるのですが、
この「アバター」という、キャラクターは何でしょうね?
しかも、クリックすると消えるし…

ごいんきょさんのブログのように、
最近のコメントやトラックバック(まだ何か分かっていないけれど…)
あと、私のホームページへのリンクを張りたいと考えております。
一応、ここに書いておくと、
「いたろぐ」の管理人のメインホームページは、
http://ismusic.road.jp/
です。

このページからいらした方(ほとんどいないと思いますが)
メインページもご覧になって下さいね。(^^)

ismusic at 17:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0) HP運営 

2005年03月12日

最近流行の

最近、流行りつつある、ブログを作成してみました。
ブログの公開が出来るところも、これまたたくさんありますが、
せっかくなので、最近何かと話題のlivedoorさんをお借りしてみました。

とりあえず驚いたのは、2.1GBも使えることです…
HPをおいてあるサーバーは200MB使えるのですが、
今のところ1/10も使っていません。

本当に無料なのでしょうか?
ただほど高い物は無いと言いますし…
ちょっとどきどき。

それではひとまず、はじまりはじまり〜!(^o^)

ismusic at 17:29|PermalinkComments(4)TrackBack(1) HP運営