2005年08月18日

こんなの見つけちゃいました!

49de100a.jpg夕方、私のピアノ曲に興味を持ってくれたというピアニストさんのために、昔書いたピアノ曲の譜面を探していたら…

こんなの見つけちゃいました!

「Piece for Baritone」

EuphoniumとPianoのための小品です!
譜面の最後に1992年1月12日とありました。

すっかり忘れていたのですが、書いたのは確かに覚えています。
大阪音楽大学在学時、作曲専攻生は、Piano以外でOrchestraで使われる楽器を一つ選択して、レッスンや試験を受けないと行けないのですが、同じ学年の友人がEuphoniumを選択して、「試験で演奏する曲を書いてくれ〜!」と頼まれたので、おもしろがって書いたのがこの曲。
友人のEuphoniumはお世辞にも上手…(中略)…だったのですが、とにかく派手に聞こえるようにPianoパートにラフマニノフのコンチェルト並の音符を並べ、でもEuph.の音域は1オクターブと減5度、と言う曲を友人のために作成したのでした。
初演は、私の試験も重なってしまい、聴けなかったので、実はこの曲、まだ聴いていないのです…
懐かしい気分で譜面を見ているのですが、なんとか音を出せないかな〜?

Pianoは大変そうだけれど、短い曲なので頑張れば私でも何とか弾けそう。もちろん、ちゃんとしたピアニストに弾いて貰えるのが理想。
Euph.は音域が狭いので、中学生でも吹けそうだけれど、表情豊かな音を持っている奏者に吹いて貰えるといいな〜!初心者に吹きやすい音域とは言え、ffでがんがん吹くにはプロでもちょっと大変だそうだし…

まあ、こんな曲ですが、14年ぶりに再演してくれるEuph.奏者を大募集!o(^-^)o

それにしても、結構興奮して書いています。(笑)
ちなみに、演奏時間は3分30秒くらいと思われます。

ismusic at 00:44│Comments(1)TrackBack(0) 私の作品について | ┣二重奏

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by dayan   2005年08月19日 01:27
素敵!!
うちのユーホに宣伝します!!
すぐに購入希望が来ると思いますよ。
予測するに、奥様がピアノ弾けるって人が居ますので。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔