2006年03月07日

さようなら

8307f22a.jpg2001年の秋から愛用していた、お気に入りのマフラーが行方不明になってしまいました。(T_T)

3月2日、打楽器アンサンブルの演奏会で西宮に出かける時、いつもあるはずのところにマフラーが無く「あら、どこかやっちゃったかな?」と思ったものの、きっとまたどこかに転がっているはず。と、時間も無かったので、昨年のクリスマスプレゼントに頂いたマフラーをして出かけました。
23:00過ぎに帰宅したのですが、なぜかこの夜は胸騒ぎが収まりませんでした。いつもなら、「きっとそのうちまた出てくるし〜」とすぐには探さないのですが、なんだか大切なものが遠くに行ってしまうような気がして、夜遅くまで、ずっと探し続けました。

3月3日、最後にそのマフラーをつけて出かけた3月1日と同じ道を辿ってみました。郵便局や銀行のATMと壁の隙間を覗いたり、郵便局や銀行の職員さんに写真を見せて心当たりが無いか尋ねてみたり、歩いた道の側溝も見たり、もちろん車の中も…
あまりの私の必死の捜索に、家族も協力してくれ、もう一度、家の中もくまなく探したのですが、結局見つけられませんでした…

3月4日、もうあのマフラーはどこかに行ってしまったんだ。そのことを認めなければなりませんでした…
寒い冬に、そのマフラーを巻いて六甲山や、生駒山の夜景、その他にも素敵な景色をいっぱい見たことを次々に思い出してきて、帰りのバスの中では涙が溢れて止まりませんでした。気がついたら、降りるはずのバス停も乗り過ごして、終点まで座席にうずくまって顔をあげられず、運転士さんに心配されてしまいました…

3月5日、ほとんど眠ることが出来ませんでしたが、東京へ。どんなにたくさん寝ている時でも新幹線では寝てしまうのに、この日は全然眠たくなることも無く、雪化粧した美しい富士山を見ることが出来て、ちょっぴり幸せな気持ちになりました。
今日は、素敵な友達にたくさん会えるのだから、きっと良い一日になるはず。

そして響宴。(響宴の感想についてはまた改めて書きます)

力作、力演、そして多くの友人達とも再開出来、刺激を受け、辛いことは忘れてしまう、はずなのにやっぱり思い出して涙が出てきてしまう。
「おい、どうした?」と、涙を見つけた友人が問う。
「いや、『科戸の鵲巣』(中橋愛生作曲)があまりにも素晴らしくて!」
「ははあ〜!あれは演奏も良かったよね〜!」
よかった、ごまかせた。

でも、ただでさえ涙もろい私。ふとしたはずみに、また涙を浮かべてしまう。
「どうしたの?」と先ほどとは違う友人が尋ねてくる。
「いや、『美しき二つの翼』(真島俊夫作曲)のSaxophoneのソロがとてもきれいで!」
と、精一杯の笑顔で答えたのですが…

「それだけ〜?」「何かあったでしょ?」

ダメだ、見抜かれている…

と、言うわけで正直に事情を話すと、
「わかるわかる!そう言うことってあるよね。私も昔、お気に入りの○○を無くして、しばらくへこんでいたことがあったから。」
「でも、そのマフラーもなかなか素敵じゃない〜」
「それまで、無くさないように、大切にしなきゃね」
と言って貰えて、ちょっと気持ちが楽になりました。ここで、また涙が…(本当に泣き虫なんです、私:苦笑)

今は、まだ寂しい気持ちが残っているけれど…
昔のマフラーに比べて少し固めの肌触り、
幅が少し太くなって、私の好きなAiko巻をするのにちょっと長さが短くて、慣れないところもあるけれど、
せっかく、私のところに来てくれたのだから、少しずつ仲良くしていければ良いな。

今まで、そばにいるのが当たり前だと思って、大切なものなのに、いつのまにか大切にすることを忘れていたと思います。
お別れは辛いけれど、大切なものはいつまでも大切にする、当たり前のことを改めて教えてくれたことに、感謝しないといけないくらいかもしれません。

気がつけば、目の前に「主題と変奏」の本番が迫っているし、モーツァルトやシベリウスのViolin協奏曲の伴奏も練習しないといけない。「夢、そして舞踏会」(Violin & Piano 版)も5月5日に初演して貰えることになりました。o(^-^)o

Trombone協奏曲も書かないといけないし(掲示板に煽りのメッセージが…)
もう、いつまでも悲しんでなんかいられません!

あっ!もちろん、レーガーも練習しますよ。(笑)

写真は2月28日、大阪城にて。

ismusic at 03:00│Comments(8)TrackBack(0)  

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by neige6127   2006年03月07日 11:55
はじめてコメントさせていただきます。
酒井さんの作品、演奏したことはありませんが、
コンクールなどでよく耳にして存じております。

大切な、思い入れのあるマフラーだったのですね。
たくさんの思い出の風景の中に、そのマフラーがいつも大きな存在感を持っていたのですね。

私もお正月に高校時代から10+?年間使っていたマフラーを失くして、少しへこんでいました。たまたま○ニクロの初売りで買った福袋にマフラーが入っていて、まるでそれと入れ替わるようにどこかへ消えてしまいました。もう3月なのに、今でも時々、あのマフラーは今頃どこにあるんだろう、と思い出して、切なくなります。

酒井さんのマフラーのお話を読んで、その人となりが伝わってくるようで、改めて作品をじっくり聴いてみたくなりました。
いきなりの長文失礼致しました。
2. Posted by くらえ   2006年03月07日 18:14
初めて書込みさせていただきます。
先日の響宴で挨拶をさせていただきました、
某団事務局長です。
あの場ではほとんどお話も出来ませんでしたが、
当団でも先生の作品が演奏できる機会が来ればと
おもいます。

しかしあの(響宴の)頃、そんなことになっていようとは・・・
思い出の物が無くなるのは辛いですねぇ・・
3. Posted by かえで   2006年03月07日 23:37
酒井先生、こちらでは初めまして。

マフラー、残念でしたね(T.T)
心中、お察し致します。
新マフラーさんに、辛い気持ちを
包んでもらってクダサイね。

いつも一緒にいたモノを失うのって
ホントに辛いですよね・・・。
お仕事、頑張ってクダサイませv
4. Posted by Akko   2006年03月08日 00:23
いたる先生の深い心情のこもった日記のような気がしました。。
たくさんの思い出がある大切なものとの別れは、大切な人との別れと同じくらい辛いものですよね。。
新しいマフラーお似合いですから!!
ぜひぜひいつまでも愛用してくださいね(^-^)
5. Posted by いたる   2006年03月08日 11:18
みなさん、優しいメッセージをありがとうございます。(T_T)

>neige6127さん
はじめまして。
マフラーは少し遠くに行ってしまったけれど、
一緒に過ごした時に書いた曲は残って、少しずつ演奏されている事を思うと、作曲を続けていてよかったなと思います。
中でも「三角の山」や「お花たちのパーティー!」は最近新しいCDが発売になりました。
機会がありましたらお聴きいただけると嬉しいです。
6. Posted by いたる   2006年03月08日 11:22
>くらえさん
響宴では、声をかけてくださってありがとうございます。
あの日は、もっと色々な方とお話ししたかったのですが、懇親会も途中で退席してしまい、少し残念です。
また、ゆっくりお目にかかれると嬉しいです。

>かえでさん
そうなんです。仕事(でも、新しい曲を書く仕事ですから!)がびっしりです。
今日も合奏の指導に、伴奏合わせ。夢中でやります。
7. Posted by いたる   2006年03月08日 11:25
>Akkoさん
ずいぶん暖かくなってきましたね。
花粉がちょっとつらいけれど。
そろそろマフラーの季節も終わり。
せっかくプレゼントしていただいたマフラーは、このシーズン、あまり付ける事が出来ませんでしたが、大事に手入れをして、来年の冬には大活躍してもらうつもりです。
本当にありがとう。(^-^)
8. Posted by Corno   2006年03月08日 18:59
湯沢高校の者です。
煽ったわけではないのですが(^_^;
気を悪くさせてしまったようでしたらすみません。

僕は何かを失くしてそれほど落ち込んだことはないですね、モノを大切にしていない証拠でしょうか・・・
反面、酒井先生の文からはモノを(もちろん人も)大切にする心が伝わってきます。

それでは、お仕事頑張ってください。楽しみにしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔