2007年06月15日

日本の歌による楽器紹介

e01f2aea.jpg久しぶりに大阪市音楽団の依頼で作曲しました。編曲と言った方が良いかも知れません。
日本の歌のメロディーに乗せて、吹奏楽で使われる楽器を次々に紹介して行く曲です。
「春の小川」でフルートとピッコロ、
「花(滝廉太郎)」でオーボエ、
「めだかの学校」でクラリネット(バス、アルト、ベー、エス)
「茶摘み」でサクソフォン(ソプラノ、アルト、テナー、バリトン)
「こいのぼり」でホルン、
「夏の思い出」でトランペット、
「小さい秋見つけた」でトロンボーン、
「夕やけこやけ」でユーフォニアム、
「赤とんぼ」でコントラバスとチューバ、
「たきび」で打楽器。
と言う具合に紹介しています。特に木管楽器は同族楽器の紹介ももれなくしたり、間奏にも凝ってしまったので、演奏時間が16分と、初演を予定していた演奏会の尺に収まらず、前日の練習で大幅カットになってしまいましたが、5月22日の小学生向けの鑑賞会で、無事に初演されました。

全曲版は、「日本の歌による楽器の四季彩」と言う新たなタイトルで、7月21日の演奏会にてお披露目予定です。

写真は、初演の指揮をして下さった、吉田行地さんと、ピロティーホールの楽屋廊下で。

ismusic at 03:00│Comments(4)TrackBack(0) 私の作品について 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 青森っ子   2007年06月16日 19:01
はじめまして。青森県で打楽器をしている高校2年生です。日本の歌と楽器紹介の組み合わせは多くの世代に受け入れられそうでとても素晴らしいと思います。是非聞いてみたいです。
私達の学校では「たなばた」でマーチングをしようと考えているのですが、作曲者としてはどう思いますか?やはりコンクール等での演奏の方が良いと思いますか?
2. Posted by いたる   2007年06月20日 14:39
>青森っ子さん
「日本の歌による〜」しばらくは大阪市音楽団の小さな演奏会での演奏にとどまりそうですが、いつかは広く演奏されるようになれば良いなと思っています。
「たなばた」はもう、私の手を完全に離れてしまった曲なので、演奏スタイルに関してもう文句は言わないことにしていますが、演奏してくれる人の良い思い出になってくれればと願っています。
3. Posted by みン   2007年06月25日 20:30
はじめまして!!クラリットをやっているみンです☆
日本の歌で楽器紹介、とても面白そうでいいですね!
私の学校は1年生の楽器決めの時にパート内で曲を選んだり編曲したりして楽器紹介をしています。
クラパートは「楽しい!」とかそうゆうイメージで「となりのトトロ」を演奏したりしました♪
自分達で編曲したのですが結構大変ですね(´Д`;A)
でも、編曲とか作曲とかってなんだかんだ言ってとても楽しいですよね♪

これからも頑張ってください!
応援しています(ノU`○)
4. Posted by いたる   2007年06月26日 13:03
>みンさん
自分達で楽器紹介の譜面を作られたとのこと。素晴らしいですね。
譜面を書くのは大変ですが、音になった時は楽しいですね♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔