2008年11月17日

梢で

45530d2a.jpg2008年11月2日、岐阜県の羽島市文化センターで、岐阜県の高校生たちによる、吹奏楽の発表会があったのですが、お昼休みのゲスト演奏で、京都市交響楽団の首席フルート奏者、清水信貴さんと、ピアニストの中野聡子さんに、2000年に作曲した、フルートとピアノのための小品「梢で」(こずえで)を初演して頂きました。

中野さんは、私が大阪音楽大学時代に、とてもお世話になった先輩で、何曲か新作も演奏して頂いているのですが、今回の演奏も、中野さんが清水さんに提案してくださり、実現しました。

この「梢で」と言う曲。大学時代にちょっぴり憧れていたフルート科の先輩に贈った曲でした。
とても優しくて綺麗な方で、伴奏を頼まれたときは「先輩のためなら、三段の譜面でも弾きますよ!」と答えたら、本当にピアノのパートの譜面が三段の曲で(笑)大変な思いもしましたが、今でも素敵な思い出です。

2000年の夏、作曲科の先輩の結婚式で、久しぶりに再会し、また仲良く出来たらなと言う思い(下心?)もこめて誕生日に「曲プレ」したのですが、残念ながら連絡は貰えず…

そして、そのしばらく後、卵巣がんで息を引き取ったと言う知らせを受け取りました…

先輩と一緒に演奏する夢は叶いませんでしたが、清水さんと言う素晴らしいプレイヤーに演奏してもらうことが出来、久しぶりに先輩の顔を思い出しました。
どこかで、聴いてくれていたかな…


ismusic at 03:00│Comments(0)TrackBack(0) 私の作品について | ┣二重奏

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔