2009年06月07日

響宴III 21世紀の吹奏楽

kyoen3sいたる作品収録CD紹介第24弾♪

響宴III 21世紀の吹奏楽(2000年)
[BOCD-7454,7455]

私が初めて「響宴」に参加させてもらった、第3回。20世紀最後の響宴。
NEC玉川吹奏楽団のみなさんに「大仏と鹿」を演奏して頂きました。指揮は稲垣征夫さん。
第4回以降、池袋の東京芸術劇場での開催が続いていますが、この回は上野の東京文化会館。
まだまだ段取りもよく分からず、会の終わりに作曲者が舞台に登壇する事など何も知らず、2階席から慌てて舞台に駆けつけた思い出があります。
この響宴をきっかけに、関東地方のバンド関係者との交流が増え、特に演奏して下さったNEC玉川吹奏楽団のメンバーには、現在も親しくさせて頂き、大きな出会いの場になりました。

演奏も、指揮者の稲垣さんがクラリネット奏者と言うこともあり、特にクラリネットの活躍する第二主題のサウンドが明るく、全体にとても素直な演奏です。

購入は、
こちらからどうぞ〜♪

ismusic at 03:00│Comments(2)TrackBack(0)いたる作品収録CD 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆり   2009年06月10日 20:22

初めまして!

私は香川県の
高校2年生で
吹奏楽部です(^-^)★

今年の夏休みに開く
サマーコンサートで
『七五三』を
演奏することに
なりました。

私の学校では
これまでも
『波の通り道』や
『たなばた』を
演奏しています。

たくさんの
素晴らしい曲を
生み出してくださって
ありがとうございます!

これからも
頑張って下さい(^-^)★


2. Posted by いたる   2009年06月11日 23:48
>ゆりさま

記事と全然関係ないようなコメントのような気がしますが…(笑)
「七五三」を演奏して下さるそうで、ありがとうございます。
「波の通り道」も演奏して下さっているのですね♪
嬉しいです。うどんパワーで頑張って下さい!
私もまた、うどんを食べに行きたいです〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔