2024年05月22日

日本で、電車に乗るといつも思います。

まちの「汚さ」です。

車窓からの景観、「調和」がありません。


欧州の街並みは、「綺麗」です。

コペンハーゲン、オランダ、巴里・・・。


ハーモニー(調和)が、あります。

10年前に行った、オランダの「アムステルダム」。
「街角ピアノ」が、ありました。

 

今の日本、「街角ピアノ」が、あちこちにあります。

文化は、「伝搬」します。
イメージの「伝搬」です。

フランスの哲学者、アンリ・ベルクソンに「物質と記憶」との名著があります。
「純粋持続」・・・。

京都大学の「西田幾多郎博士」が大きな影響を受け、「善の研究」、やはり「名著」になりました。


西田博士の「絶対矛盾の自己同一」。
極めて難解です。
「矛盾」しているのに「同一」???

今「映像の世紀」です。
ビデオで、海外のものが、いろいろと「視聴」できます。
「一時停止」ボタンを押すと、その「間(あいだ)」、他のことができます。

「意識」をそこで「一時中断」し、「他の意識」になり、「元のボタン」で「前の意識」に戻ります。
「間」に、他の意識の「介入」が可能です。

小林秀雄先生が、20世紀の2つの名著の一つとして、
ベルクソンの「物質と記憶」を上げました。

もう一つは、ジークムント・フロイト博士の「夢判断」です。
いずれも、「意識」が根底の「テーマ」です。

「コカ・コーラ」のスライド映写による「広告」、ご存知ですか?
映画の「映写」のときに「
コカ・コーラ」の文字を、「間」に「映写」します。
お客さんは、「幕間(まくま)」に、「コカ・コーラ」を買いに行きました。

「瞬間」の「意味」、「重要」です。
「永遠の今」。

歴史は今、「世代交代」の転換点です。
「今」を、大切にしたいと思います。( `ー´)ノ



iso_hiramatsu at 10:34コメント(0) 
まちづくり、街歩き、世界のまち歩き | 哲学
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
記事検索