2020年08月07日

今重要な事はよく周りを見て行動することです。

コロナ菌がついている可能性がある所はもちろん触らない。

特にその触った手でコロナ菌がもし着いたらそれでマスクを触るとマスクの表面にコロナ菌がつきます。

 

今必要なことは、一つ一つの行動を注意深く、そしてよく考えながら行動することです。

しかし忙しい現代、そう落ち着いて行動ばかりはできません。
1人で生きているわけでは無いからです。


周りをよく見ること、周りの人がどのように行動しているのか、もし咳やくしゃみをしている人がいれば、どのような状況でしてるのかということがよくわかります。
もしマスクをしてなければもちろんコロナ菌をばらまいている可能性がある。

もちろんそこでその人が普通に行動している生活をしているという状況から考えると、熱も37.5度以上ないということがもちろん考えられますので症状は出ていない。

しかし今回怖いのは、症状が出ていない人が感染を調べているって言う。このことが多分1番今怖いことではないでしょうか。
知らず知らずのうちに感染をしていてでマスクもしてない。そして咳とかくしゃみをするって言う風なこと普通に生活していても飛沫感染は広がっていきます。


普通に話をするだけで飛沫感染が始まる。だから大事な事はソーシャルディスタンスを守ること。どこに行ってもソーシャルディスタンスがほんとにそうなんでしょうか。そこがよく見ること。


今は市中感染が本当に怖い。今私は茨城県に来ています。
何人か4人か何かで共感性をした機能ですか感染したって言う風な数字出てましたという事は市中感染と言うものが広がりつつあるかどうかは分かりませんが問題である事は間違いありません。

しかしマスクをつけないで電車中で話をしてる人はほとんどいません。

昨日電車に乗ってきました普通のJRに乗ってきました。

そんな人はいませんでした。状況を見て行動すること。今のリスクマネジメントの予定です。

それでも感染するかもしれません、


しかしそれはもう起きない予防して予防して予防して、感染する可能性がもちろん残るわけです。

それを残留リスクといいます。


またの直アクセプタブルリスクアクセプタブルリスクといいます。

精一杯予防してそしてもしそれでも感染したらその時に花が咲く緩和策、が必要です。


有効な緩和策を裕子仲間赤が実行できる、有効な緩和策が実行できることそれは事前に予防策を組み立て実行をきちんとすることです。緩和策ですね緩和策を組み立て実行することです。それに尽きます。

今こそ一人一人が個々のリスクマネージメントをしっかりと実行すること。

ひいてはそれが市中感染を防ぐ、最も有効なことです。

傘光と言うものはあまりにも大きなくくりです。

中の事は山店の中の何が今自分の行動の中できちんと行動を配慮して行動しないといけないのかということを見極めることですね。

一人ひとりの行動が大きく周りに影響し周りの行動を一人一人がきちんとわきまえて一人一人が行動することによって周りにも良い影響を与えるって言うことを一人ひとりの今責任が問われています。

 

今日改めてマスクの必要性をしっかり認識しました。

新幹線に乗りました。

その隣の隣の人ですけれども、その人が縁石に座っていました。

その人がマスクをしないままその人はマスクをしていませんでした。

その人が、2回、咳をしました。

咳をしました。

やはり私としては困りました。マスクをしないで咳をした場合は、命が明確に周りに飛沫感染をします。

もちろんその人は感染してないかもしれません。


その時は別に咳をしても構わない。

しかしその事は私にはわからないんです。

だからマナーとしてはもちろんエチケットとしてももちろんマスクをするのです。

しかしそれ以前、以前に、


やはりマスクをしてないってこと自体、その人があまり今回のコロナウィルスについて自覚してない、と言うことを考えると、その2階席をしたそのことについて、私はエタノール月の濡れティッシュで近くに置いてあった私の鞄を一生懸命つきました。

多分その方が感染をしていないことが極めて高い。

しかしそういうことでは無いのです。

安心感を与える、そしてマスクをつけること自体が飛沫感染を防ぐんです。

そのことがその人にはには、わかっていなかった。

今こそ、市中感染これが今1番の問題です、そのためにマスクをしっかりするということが極めて重要だと考えます。




iso_hiramatsu at 15:19コメント(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索