2018年09月24日

私の属している松戸ロータリークラブ、森田会長の先日のニュースレター良かったので、転載します。

 

『佐藤千寿氏の遺稿「ポール・ハリスの言葉」より引用させていただきます。

Rotary could not put its important objectives into effect without ahigh average attendance. 

The best clubs are those which stand bestinattendmence.

 

 佐藤千寿氏は「ロータリー・クラブは平均出席率が高くなくては、その重要なる目的を達することが出来ない。

最良のクラブとは最高の出席率を保持するクラブである。」と訳しております。

 

そして「ロータリー・クラブというのは、親睦、つまり知り合いを広め相互理解を深めることを骨格とし、それに奉仕の肉付けをし、情報という血液の循環を良くして奉仕の人を育てる場所なのだ。

出席率という数字だけが高くても必ずしも優秀なロータリアンとはいえない。しかし、優秀なロータリアンは必ず出席率が抜きん出て高い。」とおっしゃっております。

 

そして最後に「ロータリーとは出席することと見つけたり」と文を閉じられております。

 

当クラブにおいても、出席率が向上したことで、奉仕の理想が鼓吹され、会員お人おひとりの資質(職業奉仕の精神)が更に上がることを願っています。

 

●私にとって、とても参考になる内容です。

私も結して少なくはない他のロータリアンと同じく、何回もロータリアンをやめることを考えました。

 

そのとき、その相談をしたときにピシッと言っていただいたのが、松戸ロータリークラブの土屋会員でした。

土屋さんはパストガバナーで、多くのロータリアンに尊敬されている、私もとても尊敬している大先輩のロータリアンです。

 

「平松さん、そんなんだったら辞めたらいい」とピシッと言われました。

 

土屋さんは高名な方ですが、決して偉ぶらず、ごみ拾いなども積極的に参加されています。

土屋さんも私の尊敬する田中作次さんと同じく「奉仕」そのものの方です。

 

今ロータリーについての本を書いていますが、「奉仕」がキーワードです。

それを体現されている。

 

「ロータリー・クラブというのは、親睦、つまり知り合いを広め相互理解を深めることを骨格とし、それに奉仕の肉付けをし、情報という血液の循環を良くして奉仕の人を育てる場所なのだ。

 

出席率という数字だけが高くても必ずしも優秀なロータリアンとはいえない。

しかし、優秀なロータリアンは必ず出席率が抜きん出て高い。」。

 

そして最後に「ロータリーとは出席することと見つけたり」

 

この文章は私が久しく探していた言葉そのものでした。

「佐藤千寿」さんという方、勉強不足で知りません。改めて勉強します。

 

森田会長ありがとうございました。(^o^)丿



iso_hiramatsu at 16:44コメント(0) 
生き方 | 歴史・文化・文明
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索