2010年08月

2010年08月28日

 先週社会保険の事業所の新規加入手続きに、江東区にある年金事務所に行ってきました。
改めて留意点が一つ確認できました。

 「新入社員の前の会社のときの資格喪失の日を、確実に考慮して、手続きをしないといけない」ということです。

 事業所の新規加入手続きは、その申請した日が新規適用の日になります。新入社員が前の会社を辞めて、そのあと何日か経って事業所の新規適用をすると、それまでの期間は新入社員は、本来、国民健康保険に入らないといけません。

 通常そんな面倒なことはできません。
つまり、その間は無保険になるということです。

 病気にならなければよいですが、もし病気にでもなって健康保険を使うことになると大変です。
健康保険証を持っている場合など多いので、うっかり使ってしまうとその後の手続きが大変です。
いったん返して・・・。

そうならないためには、新入社員を雇ったその日に会社の新規適用をするということですね。
ちょっと注意したい点です。


iso_hiramatsu at 12:20コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索