2010年09月

2010年09月30日

私の所属している千葉県の柏地区松戸地区などを東葛地区といいますが、そこの専門家からなる「士業ネット研究会」に、柏の「高橋公認会計士・税理士事務所』の副所長の長谷川博史先生に消費税についてご講演いただきました。


消費税は、住居用の賃貸マンションの賃貸料にはかからないのですね。

これは個人が住居として借りている場合はもちろんですが、法人であっても個人の社宅として賃貸している場合にも消費税は課税されません。

個人だけでなく法人に貸しても消費税が課税されない場合があるということです。
事務所用に貸して課税されるのは、住居用でないからです。

従って、同じマンションであっても、住居用の賃貸は消費税はかからず、事務所用の賃貸には消費税がかかります。

住居の貸付に消費税が課税されないのは、住居は生活に最低限必要なものであるから消費税はかけないという社会政策的配慮によるものです。

ちなみに個人住居用であっても、そのマンションの建物部分を売却した場合には、消費税は課税されます。住居の貸付のみが非課税になるという事です。

このほかのものも、合わせて課税はの4つの条件がります。

「国内」で、「事業者が事業として」、「対価を得て行うもの」で、「資産の譲渡、サービスの提供など」です。

・・・・・覚えておきましょう!!


もう一つ、今まで私には明確に分かっていなかったのですが

給与には消費税はかからないが、請負だと消費税がかかるといこと。

建設業などで、工事をする人を雇っているのに請負契約でやっているという場合。

請負契約ですと消費税をつけて支払います。その分、国に消費税を支払うときに、請負者に支払った分だけ控除して支払うことができます。

給与では、消費税は支払わないから消費税は控除できません。だから、請負契約で処理をしたい。

これは、給与はやはり個人に支払うものだから消費税はかからないということです。

しかし、雇っているのに、請負契約というのははっきり違法です。これがばれると重加算税だそうです。
まっとうに税金を支払うことがなによりということですね。

長谷川先生ありがとうございました。




iso_hiramatsu at 19:42コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2010年09月29日

私も健康が気になる年齢になりました。
「医学常識はウソだらけ」(三石巌著:祥伝社黄金文庫)は面白い本です。



そこにありました。
「病気予防の3種の神器」・・・・・
「高タンパク、メガビタミン、そしてスカベンジャー。これが病気を予防するための『3種の神器』だと言っていいだろう。」

高タンパクが必要な理由は、タンパク質が含んでいるアミノ酸が体に必要であるからとのこと。

われわれの体は細胞が休みなく新旧交代を続けているので、重い病気になることもありません。

「それが順調に行われれば、全身を覆ったケロイドさえ回復する。」(同著から)のだそうです。

アミノ酸は細胞の新旧交代のために必要であり、体に必要なアミノ酸を多く含んだ、高たんぱくの食品が体には必要とのことなのですね。

後の2つ、「メガビタミン、スカベンジャー」はまた読んでこのブログに続けます。

ちなみに「スカベンジャー」は体の中を掃除する物質で、この本の著者である三石さんが命名したものです。
体の敵である「活性酸素」を退治するものです。

iso_hiramatsu at 00:55コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2010年09月28日

昨日(9月27日)「企業の見える化研究会」での講師のお話、なかなか良かったのでご報告ます。

テーマは「真の成果主義」でした。

そのレジュメから。「成果」について。

『英語でPerformaceとは「結果」ではなく、「プロセスに従ってきちんとやり遂げた」という意味に近い。欧米の人事管理のテキストには、 Performaceとは、目標の達成とそれに至るまでのプロセスと行動である」と説明されている。

成果とはかならずしも結果や業績のみをさすのではないということですね。プロセスも成果として評価することは大切です。

もう一つ
絶対評価と相対評価の問題

絶対評価は目標管理などで目標に対する達成度を見るときに使う。
育成のために有効。

相対評価は賞与の査定などのときに使う。
報酬を出すときの評価として有効。
報酬の原資は限られています。それを配分する時の評価は相対的にならざる得ないということですね。

人事改革オフィス代表 石川征郎講師ありがとうございました。 


iso_hiramatsu at 06:43コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2010年09月26日

私はNSOというコンサルタントの集団に属しています。もう20年以上になるのですが、年2回全国から集まって研修会をしています。来年1月29日(土)30日(日)に冬の研修があるのですが、その幹事になりました。

その計画づくりを今進めています。

ある「まちづくり」にとても詳しい方から面白い本として「なぜ、横浜中華街に人が集まるのか」を薦められました。視察先として面白いのではないかと…。
「横浜中華街「街づくり」団体連合協議会」の林兼正会長が書かれたものです。(祥伝社新書)



その中に面白い記述がありました。
「収穫の3分の一は、先代、先々代の涙の種が実ったものだ。感謝していただきなさい。後の3分の一は次の世代のため今は刈り取らずに、肥料をあげない。そして、最後3分の1これまでにない新しい魅力のために使いなさい。」

これを「3分の1の法則」として、よくお話しするそうです。横浜中華街のどの店にも歴史があり、先代、先々代の苦労があります。

その苦労を考えると3分の1はそれに感謝していただき、次の3分の1は今あるものを育てるためにしっかり肥料をあげる。そして最後の3分の1は今はない新しい魅力のために投資する。

過去、現在、未来をそれぞれ大切にするということですね。

そして林会長は、言いきっています。
「今、全国の商店街を見ていると、この3分の1の法則」を無視している町から順番にどんどん潰れていってしまっていることがよくわかる。」

大変示唆に富む、おもしろい指摘です。

来年の視察、横浜中華街が面白いかなと思い始めています。夜の懇談会も横浜中華街。良いストーリーですね・・・・。



iso_hiramatsu at 06:01コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2010年09月24日

おとといある税理士事務所の先生から聞いた話。

出張手当はいろいろとメリットがあるようです。税務上も会社の費用になるし、本人は所得なのですが、非課税だとのこと。

もともと出張はいろいろと玉虫色です。宿泊を伴う出張などですと、移動にかなりの時間がかかります。半ば拘束時間ですが、労働時間ではないので、賃金は原則として発生しません。家で食事が取れないので余計?な出費も発生します。

だからせめて、そのあたりの実費を補うものとして出張手当があります。「実費弁償」という考え方です。だから収入なのですが、課税がされません。

ただ、注意したいのは、これが税務上認められるのは「旅費規程」が必要ということ。税務上で「公平」が一つの重要な基準です。一部の者にのみのメリットですと、該当する者への所得になり課税されることになります。だから「規程」を作り、一律にメリットが受けられるようにします。

「出張手当」は会社にも労働者にもメリットがある制度なのですね。

iso_hiramatsu at 08:49コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2010年09月22日

今月初めに講師の仕事で立川に行った。改札を出るとCIMG2512正面の壁にモニュメントがある。どうも待ち合わせの場所なっているらしい。白い鳩が目立つ。「光と緑の祀り」と横に書いてある。

駅を出るとまちのあちこちにモニュメントがある。
その一つが次の写真。他にもいろいろとあった。立川は結構面白い街かもしれない。CIMG2503


iso_hiramatsu at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月06日

 今、宇都宮のホテルでこのブログを書いています。

そこに向かう新幹線の中でのこと。車内販売でホットコーヒーを注文しました。
JR東日本のビュー会員になると、会員向けの雑誌に、コーヒーの100円割引券が付いてきます。

それを使おうと思って出したら、有効期限が切れていて、新しい割引券を出しました。
その券のコード番号を端末機械で読み込みました。へえ~割引券も機械で読み込むんだ…と少し感心しました。

そこで有効期限が切れている時どうなるのかといつもの好奇心・・・。
「有効期限の切れているのを読み込んだら、機械がハネるんでしょう?」と私。
「いえ、受け付けますよ。」と、そのときの販売の女性。

「もし間違って、有効期限切れの割引券をもらってそのまま清算してしまったら、どうなるのですか?」と私。
「もちろん叱られます。」とその販売の女性。

「なぜ、コードを読み込むときにハネないんでしょうね。」と私。
その販売の女性、それには答えませんでした。

でも、なんか変だと思いませんか。
だったら、有効期限が過ぎている割引券は、機械でハネたらよいのに。
そうでないと、販売する人がかわいそうですよ・・・。

iso_hiramatsu at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月02日

今京都のホテルでこのブログを書いています。泊っているホテルは東横インです。このホテル
全国に232を展開している、ビッグチェーンです。たぶん日本最大?

前から何度も宿泊していますが、いろいろと標準化されています。
どのホテルも部屋の中は構造が同じですし、テレビ照明、バストイレ、インターネットの設備・・・・。
朝食は簡単なものですが、無料。
フロントそばに置いてあるパソコンやFAXが使えるなども同じです。

これだと使うほうも便利です。何かあり何がないのかが聞かなくてもわかるので、それを想定して旅行の準備をすればよい。

1週間前に札幌の他のホテルに宿泊しました。
好きなNHKの第2衛星テレビのドラマを頭に置きスケジュールを計画したのですが、行ってみたらNHKの衛星第2放送は映らないとのこと。

がっかりしてしまいました。

このホテルチェーンこならそんなことありません。

ただ、・・・。今宿泊しているのは「京都五条河原」なのですが、いったんチェックインして、すぐに有名な「京都錦市場」のほうに出かけました。
歩きながら、いつもと少し違うなと少し違和感はあったのですが、いつもの道を行けばいけると思いどんどん行きました。10分くらいしてさすがにおかしいと思い地図をみると、なんといつも泊っているのは「四条河原」の東横インでした。部屋が同じで、フロント周りも同じなので、いつもの四条河原と同じと思いこんでしまったわけです。少し遠いので、結局錦市場に行くのはやめました・・・・。

今回の京都はISOの審査で来ています。ISOは標準化を進めることがメインテーマですので、このホテルの標準化、非常に参考になります。

iso_hiramatsu at 07:10コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索