2011年01月

2011年01月27日

「田舎力ヒト・夢・カネが集まる5つの法則」(金丸弘美著 NHK出版生活人新書)

からの2回目です。

 

「ものづくり力」が田舎力を生かす2つめの力です。

 

この本で取り上げている成功事例は、やはり「食」についてのものづくりです。

 

「農家レストラン」という今注目されている業態があります。

 

大分県日田市にある「木の花ガルテン」がそのはしり。

 

創業は1990年、年間16万人が訪れる。計8店で、市場出荷、加工品製造販売、キノコ販売なども併せて、売上高が56億円。

所属加盟する農家でも年収1000万円クラスが100戸も生まれたといいます。

 

「それを実現したのは、農家が農業生産だけではなく、自ら加工から販売、サービスまで一貫して行って、付加価値を高めてきたことである。山間地にふさわしい農産物を少量多品目でつくり、バラエティー豊かな食材を使い、多彩なレストランメニュー、加工品を生み出した。」p70

 

農業は儲からない???

金丸さんはそうではないといいます。

 

地域でとれる野菜や果物に付加価値をつけるにはどのようにしたらよいのか。イチゴを例にとって書かれています。

 

「スーパーで例えば1パック400円のイチゴ。・・・農家の手取り分はせいぜい130円程度だろう。農家では、イチゴを栽培し、摘み取り、ABCとランク分けをして、それをパックに詰めてまず地元の農協(市町村・地域単位の農協)に出荷する。それが経済連や全農(都道府県単位)を通して集荷され、そこから各地の卸売市場へ出荷される。そこでセリにかけられ、スーパーなどの小売店に並ぶ。その間に何重にもマージンが加算される。スーパーだけでも取り分は30%くらいになる。」p69

 

「イチゴを農家が自ら運営する直売所で販売すれば、400円のイチゴは直売所の販売手数料を1520%を引かれるだけで、手取りは、340円から380円となる。それを、イチゴのムース、イチゴ大福などにして直営店やレストランなどで販売すれば、さらに大きな付加価値が生まれる。そして、それらの活動に地域の人たちが関われば、地域の経済を活性化することもできる。

農家と連携した直売所と直営レストランというビジネスモデルは、画期的であると同時に、非常に理にかなった仕組みだったのである。」p69

 

「この花ガルテン」は建物はもちろんのこと、販売している加工品のパッケージ、また、生産から販売までの仕組みまで含めて全体としてデザインがうまくされています。

 

地域特性を生かしたものづくりをし、付加価値をつけ消費者に提供する。地域農業が自立する秘訣がそこにあるようです。

 

2章のまとめとして次のようにあります。

・地域の特性にあった者を栽培し、加工する。

・地域の環境や豊かさを大切にする。

・国内外の視察で得た学びを地域特性に合うようアレンジする。

・商品開発には、食感度の高い女性を巻き込む。 P82

 

このあたり、詳しくは本を読んでいただければと思います。

 



iso_hiramatsu at 10:44コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 探究

「健康」についてのおもしろい本を見つけました

「病気にならない生き方」(新谷弘実著 サンマーク出版)

著者の新谷弘実さんは、アメリカを本拠にしていらっしゃる、世界的な外科のお医者さんのようです。

 

新谷医師によると、健康のカギは「エンザイム」日本語で言えば「酵素」だとのことです。科学的にいうと「生物の細胞内で作られるタンパク質性の触媒の総称」がエンザイム。

 

簡単に言うと「生物が生きるために行うありとあらゆる行為を可能にしているもの」がエンザイムです。

 

わかったようでよくわかりません。命を司る、いろいろな働きを推し進めているのがエンザイムなのでしょうか。

 

例えばアミラーゼというエンザイム(酵素)。これは唾液の中にあり、でんぷんを消化する酵素です。食物を消化するという働き、それもエンザイム、新陳代謝を司るのは代謝エンザイム、いろいろなエンザイムが多様に働いて生命力を維持しているといいます。

 

「免疫力、生命力、そして細胞を修復・再生させる働きをになっているのは、様々なエンザイムです。」p65

 

このあたりもう少し知りたいところです。次回また報告させていただきます。

 

牛乳はあまり飲まないほうがよいと少しショッキングな内容も書かれていました。

 

牛乳ほど消化の悪い食物はない・・・。牛乳に含まれるタンパク質の80%を占める「カゼイン」は胃に入るとすぐに固まってしまい、消化がとても悪いのです。

 

それに市販の牛乳は脂肪分を均等にするために攪拌され、空気が混じるために脂肪分が過酸化脂質になっている。過酸化脂質は「酸化がとても進んだ脂」です。「酸化」とはわかりやすくいえば「錆びた」という意味ですから、「錆びた脂」を毎日飲んでいることになります。

 

さらにそれを100度以上で殺菌します。エンザイムは熱に弱いそうです。48度から115度の間で死滅します。

 

市販の牛乳はやはりあまり飲まないほうがよい???

 

「市販の牛乳を母乳の代わりに子牛に飲ませると、その子牛は45年で死んでしまうそうです。」p70

 

最後にもう一つショッキングな記述。

 

「薬は全て基本的には体にとって毒だということを覚えておいてください。」p49

「効果が早く表れる薬ほど毒性も強い。・・・薬を選ぶ際には、効果の強い薬、即効性のある薬は、それだけ体に害になる・・・。」p52

 
またこの本についよく読んで報告いたします。とてもおもしろい本です。



iso_hiramatsu at 09:55コメント(0)トラックバック(0) 
健康 | 探究

2011年01月20日

ノロウィールスが流行っているようです。猛烈な吐き気と下痢が特徴で、治るのに5日くらいはかかるそうです。

 

身近な者がそれに似た症状だったのですが、私もある日・・・。

 

その日のお昼の会合で食べたものが、どうも消化しないで、おなかが張って、胃がもたれ、という状況でした。

 

その後コンサルティングだったのですが、しきりに喉が乾きます。だんだんと喉が本当にからからになってしまいました。


そのあと電車で夜に担当する講座講師のために移動しました。しかし、ドンドン胃が気持ち悪くなり、もう後何駅で着くのかばかりでした。


タクシーで会場まで行きましたが、着いての講義は、これはもう本当に青息吐息。


販売士
3級の「マーチャンダイジング」という科目で、小売業の商品に関する例えば「品揃え」などについて取り扱う科目なのですが、それについていつもなら楽しく話すのですが、今回ばかりは、2時間半の時間がいかに過ぎるかばかりでした。


悪寒がすごいのです。
暖房の入った部屋でコートをしっかり着ても震えが止まりません。
もうとても寒い。
(>_<)


幸い受講生も協力してくれて、練習問題を解いてもらったり、受講生に音読してもらったりして、何とか予定の内容を終了できました。


それでホッとして、タクシーを呼び帰りました。

そして、帰って寝たら本当に良くなりました。

結局、私のは、ノロウィールスではなく、ただの猛烈な風邪だったようです。

 

次は、近くの薬局で聞いた話。

ノロウィールに係ると治るのに5日くらいはかかる。
1日では治らない。
だから私のはただの風邪。ただ、かなり猛烈な風邪
(^^;)

流行性感冒ってやつかな?

 

この後、身近な者がさらに同じような症状に係ったので、吐き気止めを薬局に買いに来たのですが、吐き気止めってあまり市販してはいけないのですね。

 

吐いたり下痢をしたりするのは、体から、体に有害なものを出してしまうために、体が自然な機能として持っているもの。
だから、吐くのを止めると有害なもの、例えばウィールスなどを出さないことになってしまう。
だから吐き気止めをもらうには、本当は医師の処方が必要とのこと。下手に販売して体に異変があれば、薬局の責任も問われかねないので、とてもそのあたり慎重になっているとのことでした。

 

だから、吐き気の薬を聴かれたら、「お医者さんに行った方がよいですよ」と言うとのことでした。

 

いろいろとわかりやすく教えていただけました。薬剤師さんありがとうございました。(^o^)



iso_hiramatsu at 02:09コメント(0)トラックバック(0) 
健康 | 日記

厚生年金の記録は結構間違っているようです。

 

毎日新聞221229日の記事に次のようにありました。

 

「年金機構は、厚生年金のオンラインと紙台帳の記録の不一致率が、50歳以上で8.1%75歳以上で13.7%に上るとするサンプル調査結果を明らかにした。

 

年金については昔は紙の台帳で管理していました。それがコンピューターで管理するようになったわけです。
しかし、その入力作業に結構間違いが多いのですね。
50歳以上では1割弱に間違いがある。

 

「高齢者ほど食い違い、4人に一人は紙台帳の記録がコンピューターに入力されていなかった。」

 

といいますから、これはただ事ではありませんぞ・・・。(>_<)

 

さらに、

「深刻なのは、食い違っていた人の7割が、旧社会保険庁が全加入者・受給者に送った『ねんきん特別便』に誤りはないと回答したことだ。

2割は未回答、違うと回答した人は1割に過ぎなかった。」

 

ほとんどの人が、「ねんきん特別便」について、いい加減にしかチェックしていないということです。<(_ _)>

 

皆さんは大丈夫でしょうか???



iso_hiramatsu at 01:56コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 雑感

まちづくりには「田舎力」は大きな力です。

 

「田舎力  ヒト・夢・カネが集まる5つの法則」(金丸弘美著 NHK出版生活人新書)

からの2回目。

 

小値賀島は五島列島の北部にある島です。この島が今脚光を浴びています。養老孟司氏が理事長を務める「オーライニッポン会議」の選ぶ第6回「オーライニッポン」大賞のグランプリを受賞しました。ちょっと前、20093月のことですが・・・。

 

2008年は総収入約1億円、集客数約8000人泊。

協力住民は2000人、これは島民の2/3にあたります。

 

島をあげて盛り上げ、そしてしっかりと島に人が来ているということです。

 

「小値賀が大きな賞賛を浴びたのは「そのままの日本」があったからだろう。つまり、木造家屋があり、行き交う人はお辞儀をし、箸を使って料理を食べ、海や山と自然と共存した暮らしがある。昔から変わらない日本の農漁村の姿があったからである。」p21

 

ここで大切なのは「発見力」です。小値賀島でこの体験型観光を提案したのは、「よそから来た人」だった。

よそからきて、宿泊したら、昔ながらのもてなしを受けた。それがとても良かったので、それが観光になるのではと提案したのだそうです。

 

「普通のもの」を観光資源として再発見するには、「外の視点」に切り替えて地元を見つめ直すことが不可欠である。P24

 

そして、

「その土地に住む人々がその土地に元々あるものを再検討し、それらを組み合わせ、プログラム化したことが成功を決定づけた。」p21

 

「山田洋次監督、渥美清主演の映画「男はつらいよ」シリーズで、ロケ地として選ばれたの、都市から離れた町ばかりだった。そこに多くの人がノスタルジーを感じ、ちょっとおせっかいな寅さんと人とのふれあいに多くの顧客が共感した。」p48

 

昔ながらの日本はやはり「売り」になります。



iso_hiramatsu at 01:42コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 探究

2011年01月13日

 商店街というと、すぐに昔と比べて今は・・・と、昔日の商店街がありそれを何とか取り戻したいとの発想がきます。 

しかし、大事なのは、人盛りがしていなくても、商店として、商店街として地域の人たちに役立っていることです。


 
長野県佐久市の「岩村田本町商店街」は空き店舗を活用した「本町おかず市場」を開店しました。


 店舗閉店で食材が入手できなくなったお年寄りに地産地消の手作り総菜を提供しています。
 さらに、子育て世代応援施設「子育てお助け村」や多世代交流拠点「岩村田寺小屋塾」、地域コミュニテ施設「おいでなん処」など、お客様の声に耳を傾け、さまざまな交流の場を開設し、地域の厚い支持を得ています。


ポイントは若い商店街のリーダーが「次の世代にも暮らしやすく自慢できる街を残していきたい」と願う気持ち、「この土地に生まれ育った誇りと愛着」に突き動かされ、自ら汗を流している点です。

 

もう一つ、商店街として「田舎力」を生かすことがあります。

今、地方のそれもかって山間地とか過疎とか離島といわれたころで、地域活力のすばらしいところがいくつも出てきています。


それまでは、

産業がない、若い人か出て行く、働く場がない、高齢化しているなど、「ないないづくし」の田舎でした。

それがかなりの収益を上げ、地域雇用などにも貢献しています。

 

それは、

1.ものまねでなくオリジナル性にとんだ地域特性を明確に出している。
2.その土地にある景観や産物などを総合的な視点で組み合わせて演出
している。 

3.情報発信力が高くイメージ戦略に長けている。

 つまり、田舎にあるオリジナル性の高いいくつかの資源を、地域の全体のなかでうまく組み合わせて、周りに向けて発信することで、大きな収穫につなげることができているということです。

 
 田舎ほど、商店街は衰退しています。しかし、それを逆に打ち破るのも田舎力です。

 そして、総合力としての「田舎力」と思います。


 地域特性を生かすということでは、今話題の「高崎屋台村」などもおもしろい。


「もっと
まちなかを元気にしたい!」その一念から立ち上がったのが、 LLP(有限責任事業組合)高崎食文化屋台通りのメンバーたちです。屋台通りは、田町通りに面した約280坪の敷地に、約20店舗の屋台が軒を連ねています。

1店舗当たりの面積は3坪と小さいですが、これはコミュニケーションを取りやすくするためです。
 コの字カウンターの客席はわずか9席。中国料理、イタリアン、そば居酒屋、鉄板焼きなど
18店舗が営業しています。

21年12月にオープンしたときは、8店舗、月合計の売上高が、600万円、今は18店舗で月合計の売上高が、1億円だそうです。

 地元で採れる農作物や旬の食材を屋台メニューにも登場させています。また夜だけではなく、昼間は産地直送の新鮮野菜の直売コーナーをはじめ、地元農家の人に旬の野菜の一番美味しい調理方法を指導してもらったメニューなども提供するレストランも運営しています。

 高崎でなくてはならないもの、食、歴 史、文化、人に触れるメディアとして、この屋台通りをつくりました。それが今生き生きと実現しつつあるということでしょうか。

商店街とは直接に結びつくものではありませんが、商店街としても今後に生かせることだと思います。



iso_hiramatsu at 12:03コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 雑感

2011年01月11日

昨年の12月27日、私が主任内部監査員で茨城県の結城にある(株)フクダコウキの内部監査をしました。

以下そのご報告。

筑波山の麓にある会社です。
いやー寒かったですね。(>_<)
近くの橋梁の建設会社にねじ部品を卸す会社です。人数は4人。

品質ISO(ISO9001)の内部監査でした。
内部監査は課題を一つでも二つでも発見できることが目的です。

ISO9001の品質に関する規格に基づいて、会社の仕組みを構築して、それに基づいて業務を進めるのが、品質ISOです。

その業務がどのくらいうまく、スムーズに進めることができているか、課題はどこにあるのかなどを明確にするのが内部監査の役目です。

内部監査プログラムは次のアドレスにありますので、ご覧ください(ページ下)。
http://www.iso-hiramatsu.jp/iso.html

その内部監査では次のようなやりとりがありました。

平松監査員 従業員Aさんの重点目標管理表を見て
「7月10日にTねじ工業の工場見学が計画されていますね。これはどうなりました?」

福田管理責任者 「予定通り実施しました。・・・・」
平松監査員「記録はありますか」

福田管理責任者 「とっていないですね。」<(_ _)>
平松監査員「記録が無いのは即不適合ではありません。」(^_^)

「ただ、大事な教育であれば、記録があった方が良いですね。どのような内容の教育だったのか、計画通り教育ができなかったのがどのあたりの教育内容かなどを記録をとっていると、次回の教育計画に反映できます。」

福田管理責任者「そうですね。次回から記録をとることにします。」(^_^)v

この後、業務手順書について、大事なところが抜けていること、部品を納品したときに顧客に喜んでもらえる提案をしてかなり喜ばれたこと、それをさらに進めるにはどうしたらよいかなど、内部監査の中でもいろいろと話が進みました。

この会社では、内部監査の後に、経営者による見直し(マネジメントレビュー)を実施します。
管理責任者は福田社長が兼任しています。
Aさんの重点目標についての検討などもそのときにやってしまいました。
4人の会社ですので、小回りがききます。

元々福田社長は私の大学のクラスメートで、何年か前に私がコンサルティングしてISOの認証登録した会社です。

そのときの様子を日刊工業新聞社の「ISOマネジメント誌」に書いています。
良かったらご覧ください。

第29回 二人の会社でISO9001を認証取得!! (2008年7月号)
http://www.iso-hiramatsu.jp/documents/isomanagement_29.pdf



iso_hiramatsu at 10:01コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 日記

2011年01月06日

CIMG3039

私の健康法は朝の散歩です。

家の「わんこ」と一緒です。

名前は「しょうすけ」です。





CIMG3042

これは今年のお正月の散歩の写真。
ちょっと犬が小さくてよく見えませんね。

雨の日は行きません。雨は嫌いのようです。(>_<)




CIMG3088
右の「わんこ」は、義理の妹の家の「わんこ」。「チョコ」といいます。

お正月なので、おばあちゃんの家にお年賀。

久しぶりに大家族・・・。

もちろん「わんこ」もです。(^_^)


 


 



iso_hiramatsu at 14:45コメント(0)トラックバック(0) 
健康 | 日記

「田舎力」という言葉が話題になっています。

次の本がとても参考になるので、ご紹介します。

 

「田舎力  ヒト・夢・カネが集まる5つの法則」(金丸弘美著 NHK出版生活人新書)

 

それまでは、
「産業がない、若い人か出て行く、働く場がない、高齢化しているなど、「ないないづくし」の田舎であった。」p5

 

例えば三重県伊賀市の農業法人「伊賀の里モクモク手づくりファーム」

http://www.moku-moku.com/

 

「農産加工品、レストラン、体験教室、直売所の複合型のファーム運営を行い、人工8000名の山間地に50万人を集めて、43億円の売り上げとなった。」p4

 

「中でも素晴らしいのは、地域の人たちが活躍する場を自ら作り上げ、外部の若者にとっても魅力的な暮らしと雇用の場となったことである。」p4

 

「今、地方のそれもかって山間地とか過疎とか離島といわれたころで、地域活力のすばらしいところがいくつも出てきている。」p3

 

それらの地域に共通するポイントは、

1.ものまねでなくオリジナル性にとんだ地域特性を明確に出している。

 

2.その土地にある景観や産物などを総合的な視点で組み合わせて演出している。地域全体に目配りしたデザインが考えられている。

 

3.生産だけでなく、加工や販売や営業や宣伝までのトータルな物作りができている。
情報発信力が高くイメージ戦略に長けている。

 

これらの総合力が田舎力です。

田舎にあるオリジナル性の高いいくつかの資源を、地域の全体のなかでうまく組み合わせて、周りに向けて発信することで、大きな収穫につなげることができるということです。

 

「田舎力」・・・今後のまちづくりのキーワードの一つです。



iso_hiramatsu at 00:27コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 探究

2011年01月04日

私の顧問先の株式会社博展が「Pマーク」を取得しました。

http://www.hakuten.co.jp/content/news/2010/11/post-3.php

 

LLPソフィアコンサルティングの主任コンサルタント高山博子と、私平松でPマーク取得についてのコンサルティングをさせていただきました。

 

 Pマークコンサルティングは通常なかなか手数がかかります。

ただ、博展の方は優秀な方が多く、スムーズにかつ楽しくコンサルティングができました。

特に現地審査から通常は半年くらいかかるのですが、3ヶ月ほどで取得できました。

 

以下、博展Pマーク委員会の委員の方の声です。

「Pマーク取得にむけましては、事務局のみならず社員にも書類や作業をお願いする場面があり、教育を通じてPマークに対する相互理解を深めていくことが大変な場面でした。」

 

「良かった点は個人情報に対する意識がより向上したことです。


個人情報の扱うことの大切さや相手の立場にたってどのような心配りをすればよいのかといった点はPマーク取得をすることで、今までもその意識はありましたが、手順が明確になり、社員全体の個人情報に対する意識がより向上することができました。」

 

「Pマークを取得する過程では、我々だけでは右往左往してしまうこともありましたが、平松様、高山様のおかげ様でスムーズなスケジュールの進行ができました。本当に感謝しております。」(^_^)v

本当におめでとうございます。m(_ _)m



iso_hiramatsu at 09:25コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | コンサルティング

2011年01月01日

新年明けましておめでとうございます。(^_^)


実は大晦日に持病の腰痛が悪化しました。

ほとんど歩くのにも苦労する状態でした。(>_<)


それで、松戸駅のすぐ近くの新東京病院に行き、治療を受けました。さすがにうわさ通りの良い病院で、治療後はぴんびんになり、かなり体調も良くなりました。


日頃の不摂生を反省する良い機会でした。<(_ _)>


それで・・・。
今年は自分の体の声によく耳を傾けて、しっかりと自分をコントロールしたいと思っております。


傾聴は、他人(ヒト)の言うことを良く聴くばかりではなく、自分の体についての傾聴も大切かもしれません。


本年も、よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m


                      平成23年 元旦


 


 


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 05:56コメント(0)トラックバック(0) 
日記 | 感想
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索