2011年02月

2011年02月24日

先日群馬県の高崎にある『高崎屋台村』を訪問したことはご報告しました。そこでの気づいたことなど書きます。

 

高崎屋台村の屋台は3坪ほどですから、お客さんは9人くらいがやっと座れるくらいです。

広島お好み焼きの店に1時間くらい、まちづくり研究会のメンバー2人といましたが、そのとき全く見ず知らずの若い男女のカップルが隣にいました。

 

こんな場合、普通ですと、こちらで話していることに『無関係』の態度を取ったり、『無関係を装ったりする』ものですが、それが自然とこちらの話に女性の方が相槌を打ったりしていました。自然にですよ。(^_^)

 

距離感が人間関係で大切とよく言われますが、近いから、無関係ではいられないのでしょうか。

 


屋台村を運営している「LLP高崎食文化屋台通り」の代表者である、原寛さんが次のように書いています。

 

『屋台の構造は、コミュニケーションを触発します。コの字型に店主を囲んで三人かけずつ、相互の相手の客の顔が見え、客と客、客と主人、客と客と主人という会話が始まる構造になっています。』(『観光とまちづくり』日本観光協会刊)

 

この通りですね。

自然にコミュニケーションの輪が広がり、コミュニティーができていきます。これはとても魅力です。(^_^)v


 

ただ、次のようにも書いていらっしゃる。

『片側に東京から来たビジネスマンが座り、正面に地元高崎の人が座り、高崎の食材を肴の会話が始まる。

 

せっかく来てくれた上州へのお客に、高崎という場所、上州という場所を知ってもらいたい、倉淵の野菜や下仁田のネギといった、上州・高崎の大地が誇る食材を味わってもらいたい。

 

その思いが自分たちの街を誇る気持ちにつながるのではないかと考えました。』(『観光とまちづくり』日本観光協会刊)

 

このストーリーが大切ですね。

『地域デザイン』です。

 

地元の野菜などの食材が、ストーリーの主人公としてあれば、この屋台村とても面白い。しかし、地元の野菜の話は、屋台村では聞けませんでした。

 

今後に期待すべきなのでしょうか?



iso_hiramatsu at 07:31コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 雑感

2011年02月23日

「病気にならない生き方」(新谷弘実著 サンマーク出版)

に次のようにありました。

 

「水を飲むだけでやせるなんてウソのような話ですが、これは事実です。」p165

 

『水を飲むことでなぜやせられるのかというと、交感神経が刺激され、エネルギー代謝が活発になり、消費カロリーが増すからです。

交感神経が興奮するということは、アドレナリンが分泌されるということです。アドレナリンは、脂肪組織の中にあるホルモン感受性リパーゼを活性化させて、中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解し、蓄えられていた脂肪を燃焼しやすい形にします。』p166

 

ある実験で、よい水を毎日3500cc飲み続けると、カロリーの消費が約30%増えたと報告されています。

 

さらに冷たい水がカロリー消費を促進します。

 

『ポイントは体温より低い温度の水を飲むことです。この実験では、20度前後の水がカロリーの消費量を増やすことができる結果が出ています。

 

冷たい水がよい理由は、体内に入った水が体温と同じ温度に暖められるのに相当量のエネルギーが使われるからです。』p167

 

人間の体には、体温を一定にするいろいろな機能があります。そのために、エネルギーがいろいろと使われているのですね。(^_^)v

 

ただ、氷水はよくありません。

冷たすぎる水は、体を一気に冷やしてしまうので、下痢や体調不良のもととなってしまうからです。

 

水分は人間の体にとって大切です。細胞に水分が行き渡らないと栄養不足にもなりますし、細胞にたまった老廃物や毒素を排出できなくなり様ざまなトラブルの元になります。

 

水のない体は命を維持できません。砂漠に植物が育たないのと同じですね。

 

さっ、今日から毎日1500ccの水を飲もうっと・・・。(^_^)v





iso_hiramatsu at 17:10コメント(0)トラックバック(0) 
健康 | 探究

2011年02月21日

 こんな相談がありました。

『社員のAが勤務中に私用で電子メールをしていたので叱ったら、「すみません、気分転換でついやってしまいました。もうしません。」といいながら、その後もこっそり私用メールをしているようです。

 就業規則には「勤務中は職務に専念し、みだりに勤務の場所を離れないこと。」と服務規律にあり、「服務規律に違反したときは情状に応じて、譴責、減給又は出勤停止とする。」と制裁のところにあります。

 どのようにしたら良いでしょうか。』

 こんなようにお答えしました。

『勤務中にこっそりとインターネットを利用して遊んでいたり、私用のメールをしている社員は多いですね。

 「勤務中は職務に専念し、・・・」では少し弱い。
規律を維持するときには具体的に規律の内容を明確にすることが必要です。だからここでのポイントは、次の通りです。

●インターネットの利用に関してルールを明確にして、周知する。
●就業規則にインターネット利用に関しての私用を禁止する旨を明確にし、「制裁」の中に違反した場合の、処分も明記する。

 制裁の処分については幅を持たせることが大切です。規律を維持しようとしたら、ペナルティについては厳しめに規定し、実際に起こした際には、少し軽めにして処分し、もう一度起こしたときには、かなり厳しく処罰するようにします。

 そうすると、厳しく罰せられることを恐れて2回目の違反は起こりにくい。
罰則は犯したことを懲らしめる意味よりも規律違反をさせないようにするための予防処置になってこそ意味を持ちます。

 就業規則は例えば次のようにします。

第・・・条 社員は次の事項を特に順守しなければならない。
      会社のパソコンでインターネット、E-mail等を私的に利用しない(会社は不正使  
      用がないか、定期的にチェックをする)

第・・・条 従業員が次の各号のいずれかに該当する時は、減給または出勤停止処分とす  
      る。ただし、情状により訓戒に留める場合もある。
       1.第○章の服務規律等に違反した場合でその事案が軽微な時  』

いかがでしょうか。


iso_hiramatsu at 17:52コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 日記

2011年02月17日

CIMG3199


高崎駅です。
屋台村へは歩いて15分くらいです。














CIMG3210




途中に、「まちなか農産物直売所」がありました。近くでとれた新鮮な農産物が、相応の値段で売っているのでしょうね。











CIMG3236


屋台村に着きました。
ここには20店ほどの屋台があります。











CIMG3230


そのうちの1店です。


「広島お好み焼き」の店です。
夕方開店してから、入りました。例のおそばの入ったお好み焼き、香ばしくておいしかったです。(^_^)v


他にも、「川魚料理」「おでん」「餃子」「韓国居酒屋」「イタリアン」「串揚げ」「ピザ」「鉄板焼き」「焼き鳥」「日本料理」「家庭料理居酒屋」「カフェバー」「中華料理」「いけす料理」「鍋料理」・・・・。
ここに来ると何でも食べられ、いろいろな雰囲気を味わえます。



CIMG3240

「すもの食堂」です。屋台村のすぐそばにあります。
地場の野菜や果物を販売しています。

中で、生姜湯を飲みましたが、寒いときに体がぽかぽか、そしておいしかった。










屋台村やすもの食堂を運営しているのは、LLP「高崎食文化屋台通り」です。
お金の出資は「LLC高崎食文化ファンド」です。このLLCとLLP出資と運営を分けることでうまくいっています。
LLCの方は、地元の金融機関や町中の事業者が出資しています。
お金は出すが、口は出さない。
LLPの若手経営者7人に運営経営は任せているとのこと。

すもの食堂で、関係者の方からいろいろとお話を伺いました。

それは又このブログで報告させていただきます。m(_ _)m



















iso_hiramatsu at 12:04コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 日記

2011年02月11日

この頃、自己PRに躊躇することが多かったのですが、改めて考えてみました。

いたずらに自分を知ってもらうことをしないことは良くないのでは、と言うことです。


説明責任を果たしていないのではないかと思います。(>_<)

「言うべきことは言い、言う必要がないことは言わないで良い。」(^_^)v


「自分の見える化は」必要です。

キチンと内容を明らかにするのは、「モノ」ばかりでなく、「人」も必要ですね。


自己紹介は「自分の売り込み」なのではとずっと疑問でした。

だからこの頃、自己紹介に対して、かなり消極的な気持ちでした。


でも、少し考え方を変えました。

「これからは、自己紹介ではしっかりと事実をお話します」(^_^)


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 11:15コメント(0)トラックバック(0) 
健康 | 日記

2011年02月10日

明日、高崎の駅近くの「屋台村」を訪問します。なかなか面白そうです。


インターネットで検索したら面白い記事がありました。


「もっとまちなかを元気にしたい!」その一念から立ち上がったのが、 LLP(有限責任事業組合)高崎食文化屋台通りのメンバーたちだ。

 

「高崎の街中には、もっと群馬の食文化に触れられる場所が必要だと感じました。また郷土の食や人、歴史を語る上で、屋台という仕立てがあることを知りました」と代表の原寛さん。

 3年前のこと。高崎青年会議所のメンバーが集まり、高崎の観光資源をどう活用するかという話し合いがなされた時のことだった。

全国の地域活性化を手がける経営コンサルタント、本木陽一さんより屋台通り構想が提案された。

 「今の街中には、人が来る必然性がなくなってしまっている。花火大会や高崎まつりにはたくさんの人が集まるのだから、楽しい場所があれば必ず人は集まるはず。郊外型ショッピングモールなどの合理性を追求したスタイルとは別の、従来の街が持っていたコミュニケーション型の街。毎日祭りをやっている場所、それが屋台です」

 

「飲食店が集まるだけならば、郊外型のショッピングモールと何ら変わりがありません。高崎でなくてはならないもの、食、歴史、文化、人に触れるメディアとして、この屋台通りを創りました。田町を選んだのも、かつての高崎の中心地まちなかだからです」と原さんは、地域を映し出すメディアとしてのまちなかづくりを目指す。」

WEB版ちいきしんぶん:高崎田町屋台通りオープン!
http://news.gunmablog.net/e75102.html


上記は屋台村スタートの時のものです。
そのスタート時、8店だったのが、今は、18店に増えています。
売上高は当初全8店で月600万円だったのが、今は全18店で月1億円とかなり売上を伸ばしています。
 

 屋台村が最初に注目を浴びたのが、北海道帯広市の『北の屋台』。その後この高崎の屋台村までいくつかの屋台村がスタートし、相応の活況を呈しています。

 

屋台村の良いところ、成功の原因何なのか。又、いろいろと抱えている課題は何か。
そのあたりしっかりと聞いてきます。又ブログでご報告いたします。<(_ _)>



iso_hiramatsu at 12:55コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 探究

今話題になっている八百長相撲。

毎日新聞の28日の朝刊に次のようにありました。

 

『八百長をうかがわせるメールの存在が明らかになった今月2日。東京・両国国技館の2階会議室。放駒理事長の正面に、竹縄親方(元前頭・春日錦)が座った。

竹縄親方は1月の初場所を最後に現役引退したばかりで、まだ頭の上に、まげがのる。

 

「関与したのか」。理事長自ら問いかけると、竹縄親方は、うつむいたまま静かに首を横に振った。

 

 いったん退席して控室へ。

 

しばらくして、竹縄親方に再び声が掛かった。そして、理事長は、「十両の千代白鵬は認めた。関与者として竹縄親方の名前を挙げた」ことを告げたという。「はい」。今度はうなずくしかなかった。』(毎日新聞28日の朝刊)

 

関与した竹縄親方。どのような思いで『静かに首を横に振った』のか。

問いただした放駒理事長の思いはどうだったのか。

 

放駒理事長は元大関の魁傑。私は彼の大ファンでした。髪の毛も普通でしっかりと髷も結って、愛嬌のある笑みがとても魅力的でした。


一度大関から陥落して、その後前頭まで落ちながら、もう一度大関に復活したこと今でも鮮明に覚えています。

 

こつこつ努力の人、そんな人柄がとても魅力的でした。

 

『その賭博事件直後、「クリ−ンな人柄」が見込まれ、協会トップに就任した放駒理事長。現役時代、大関から平幕まで陥落しながら再昇進するという「奇跡の復活」も遂げた。

 

  力士たちからの聴取の席上、他の理事たちが怒りを口々にするのと対照的に、質問の声を、最後まで荒らげなかったという。

 

ある幹部には「「してない」という答えが来るのを信じていたようだった」と映った。

 

放駒理事長は「力士たちからの聴取の席上、他の理事たちが怒りを口々にするのと対照的に、質問の声を、最後まで荒らげなかったという。」(毎日新聞28日の朝刊)

 

叱ると怒るは違います。

 

怒るは自分の感情がそのままでてのものです。自分本意で、心が濁っている。

 

叱るは相手を包み込む心情であり、心が澄み切っています。

 

だから、放駒理事長が最後まで声を荒げなかった、ところに『叱る』を感じます。他の理事たちは『怒』っていた・・・・。

 

叱ることができる人は人間的な大きさ、懐の深さがあります。昔の魁傑のファンとして少し嬉しい瞬間でした。



iso_hiramatsu at 08:10コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 日記

2011年02月02日

できているようでできていない「仕事の基本」、わかっているようでわかっていない「仕事の基本」について、今回取り上げます。

 

326()に中小企業診断協会の城西支会の各研究会の1年間の成果を発表する「研究成果発表会」があります。それに出て話すときの資料の見直しです。

 

仕事の基本は、キチンと「挨拶」をする、誠実に「約束を守る」、必要なモノ・情報がすぐに取り出せるように「整理・整頓」を確実にする。
また、効率よく、そして成果が出るための「報告・連絡・相談」をもれなく実行し、「相手目線」で仕事をすることを心がける、ことと私は考えています。

 

これをお話しすると、「それって当たり前のことじゃないですか?」と言われたことも何度もありました。
確かに、あたりまえのことです。
でもそんな人に限ってできていない人が多いのですね。

 

良いリーダーほどその難しさがわかっています。

 

一つ一つ掘り下げていきます。

まず、「挨拶」。

これはお互いに認め合うために必要です。「おはようございます」というのは、「皆さん、平松がきました。今日もよろしくお願いします。」と存在を告げているのです。
それを無視するのは、存在を無視するということです。


挨拶の極意は顔を見てすることです。打ち合わせや、仕事中でも顔を見てあげると、良い挨拶になります。

 

2つめが誠実に「約束を守る」ことです。

コンプライアンスが企業にとって大切になっきています。法律順守と訳されますが、ビジネスの世界では約束を守ることですね。


もう少し大きくいうと摂理に沿うことが「コンプライアンス」だと私は考えています。

旬という言葉があります。秋野菜は秋に食べるのが一番おいしいし、栄養価も高い。いわゆる露地物です。自然のままの野菜。

例えば、トマト。
旬の夏秋取りトマトの生産投入エネルギーは
1176カロリー。
一方、冬春取りのハウス栽培トマトは
11949カロリーです。実に10倍のエネルギーがかかって、そしておいしくないし、栄養価もひくい。


一年中野菜を食べるためにはしようがありません。
でもあまりにも無駄が多いですね。
「摂理」に沿うことは大切だと思います。

 

必要なモノ・情報がすぐに取り出せるように「整理・整頓」を確実にすることが3番目です。

いらないモノを捨てて、必要なモノだけを残す。残ったモノをいつでもすぐに取り出せるように整頓する。
業務がスムーズに、無駄なく進むためにはすぐにモノが取り出せることが必要です。


また、情報の整理整頓も大切です。
必要な情報がすぐにわかるようになっていると、何かあったときに必要な情報がすぐにわかるのですから、うまく業務が進まないわけがありません。


特にパソコンの中のデータの整理整頓は大変ですね。
これはフォルダーの整理整頓がポイントです。明快に識別表示すること。それをストーリーに沿って、整理整頓していくことです。
余り多層にならないようにすること・・・。


3
定というキーワードがあります。「定位、定品、定量」です。定まったモノ(定品)を、定まった位置(定位)に、定まった量(定量)置くこと。

そのとき大切になるのが「定品」です。品名を識別表示すること。ものがなくなったり、どこにあるかわからなくなるのは、キチンと識別表示していないからです。

フォルダー管理も一緒です。フォルダー名、ファイル名を確実に表示できていれば、どこに何があるか一目瞭然です。


「整理」「整頓」に続いて、「清掃」「清潔」「しつけ」。これでいわゆる「
5S」です。

ものは手入れをしなければだんだんと使いにくくなります。壊れやすくもなります。しっかりと清掃し、手入れをすること。

又、「清潔」も大切です。「整理」「整頓」「清掃」ができていれば、「清潔」です。特に「清掃」をきちんとしていれば「清潔」は保てます。


ただ、続けるのが難しい。だから躾が必要です。
4Sを習慣にすることですね。

 

4番目は、効率よく、そして成果が出るための「報告・連絡・相談」をもれなく実行することです。

まず報告の鉄則は「悪い情報はすぐに、良い情報は遅れても良い」という大原則。これを間違えると、傷口をどんどん広げることになります。

連絡も大切です。必要なことが漏れなく共有化されることが必要ですが、そのためには、もれなく連絡する仕組みが必要です。朝礼などがその良い例である場合が多いですね。

責任分担を明確にすることも前提条件で大切です。誰が連絡す責任があるのかをはっきりさせることです。

 

「相談」も効果的にものごとを進めたり、無駄をなくすためには大事です。傍目八目ともいいます。そばで見ていると本人がわからないことも、良くわかるという意味ですね。

いやなことはなかなか言いづらいもの。その点相談があれば、ハッキリと言ってあげることもできます。

 

ここでは「3速」が有効です。「即時、即座、即応」です。すぐに、その場で、対応する」ということです。

報告、連絡は鮮度が大切です。タイミングですね。すぐにその場で注意するなどもこの一種です。後で注意するとその効果は低いものになります。


もう一つ大切なことが、思い込みをしないことです。「・・・はずだ」という思い込みで仕事をすると、そのはずがなされていなくて、とんでもないことになります。

こんなことはないでしょうか。


おい、
A君。この仕事お願い!!
わかりました。部長・・・。


部長はその日にできてくると思ったのに、さっさと
A君は帰っていく。

おい
A、さっき頼んだ仕事はどうなったんだ。

えっ、部長、今日中だったんですか
?
(だ
ったらきちんと期限を言ってくださいよ。(>_<) )


これは両方悪いですね。部長は期限を言うべきだし、
A君は期限を確認するべきでした。

思い込みは思わぬ失敗を招きます。

 

「相手目線」で仕事をすることを心がけることが5番目です。

話をするときは、聞き手を考えて話をします。これも当たり前のこと。読み手を考えて文章を書く。これも当たり前です。

つい先日、ある研修会に出席していて、私が小さな声を出して相槌をうっていたら注意されました。私としては、話している人に応えるために良いと思ってしたのですが、他の聞いている人には集中力が乱されるとのことでした。

確かにそのとおりです。目線は一つでは足りないということでした。なかなか難しいものですね。

ここででてくるのが「3現主義」です。「現場、現物、現実」です。現場で現物を確認することで始めて現実がわかるということです。

刑事は犯罪の現場に常に帰るのが鉄則、とはよく言われることです。相手目線、少し角度を変えて顧客目線。顧客目線でなければ物は売れません。

 

部下目線も大切ですね。できるリーダーは部下の目線で部下を見ます。できるからリーダーになれたのです。

その目線で見下ろしたら部下は萎縮してしまいます。目線を意識することはきわめて大切です。

 

ついでにもう一つ「3徹主義」。「徹頭、徹尾、徹底」です。頭の先から、尾っぽまで徹底することが大切ということです。業務を確実にこなすためにきわめて重要ですね。

 

この5つの仕事の基本は、企業によって様々です。大きく違うことはないと思いますが、少しずつポイントは違っています。


だから文書にする意味があります。文書化することで、社員が誰でも、いつでも見ることができるようにする。

 

見える化の定義は「必要なものが手に取るようにわかる」ことと私は考えています。

その意味で、仕事の基本心得帖は、企業の見える化のためのツールとして、有用なモノの一つです

▼「仕事の基本心得帖」の標準モデルをPDFファイルでご用意いたしました。ぜひご活用ください。
http://www.iso-hiramatsu.jp/syagyou/shigotonokihon.html



iso_hiramatsu at 00:56コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス | 探究



CIMG3174横浜の元町商店街です。


やばり良いが多いですね。

デザイン、色調、とてもすてきな店が多い。

それぞれの店の造りもしっかりしています。





CIMG3179


フラワーポットの花がとても鮮やかでした。

四季折々変化するのも楽しみですね。






CIMG3194



郵便ポストは周りの色調に合わせて、黒。

駅の案内板も黒でした。

高級感を出すには黒は効果的ですね。






CIMG3182

赤い服を着たお嬢さん
2人。

交通整理、道先案内
??? 

写真がぼけてしまいました。
イヤー失礼しました。
(>_<)





CIMG3181


中華街に通じる門が見えます

近くには、みなとみらい線の「元町・中華街駅」があります。

中華街と元町が近所というのも商業集積として大きな価値がありますね。







元町で目についたのは、犬を連れた人が多かったこと。
CIMG3190
この写真は乳母車に
3匹のわんこを乗せている光景です。

着ている服もかわいかったですよ。

3匹
とも、女の子とのことでした。

どのわんこも本当にかわいいですね。
(^_^)v






確かにこれだけの商店街は、他にはあまりありません。


 


 


 


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 00:13コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり | 感想
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索