2012年01月

2012年01月30日

今年の4月から雇用保険料が下がります。

一般の事業は
1.35%です。

そのうち事業主負担は0.85%、労働者負担は0.5%です。それぞれ0.1%ずつの減額率です。

 

農林水産、清酒製造も同じく0.1%ずつ下がります。合わせて1.55%、うち事業主負担は0.95%、労働者負担は0.6%です。

建設の事業も同じです。合わせて1.65%、うち事業主負担は1.05%、労働者負担は0.6%が新料率です。

 

4月の給料から変わります。

0.1%
というと、20万円の給料の人で200円下がります。
たかが200円、されど200円です。
だって、マックのハンバーガー買ってもおつりが来ますものね。(^^)/

でも、我々にとって大変ありがたい新料率ですが、お金のない政府大丈夫なのでしょうか???(;一_一)



iso_hiramatsu at 14:37コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年01月29日

とうとう厚生労働省が決めました。


1.27(
)の毎日新聞の朝刊に次のようにありました。

「厚生労働省は26日、労働時間が週2030時間のパートら非正規社員の短時間労働者への厚生年金と健康保険の適用拡大方針を固めた。当面は年収80万円以上で、従業員300人超規模の大企業で働く人を対象とする。これにより新たに約100万人の人が新規加入することになる。


同省は関係団体や民主党などと調整し、今国会に関連法案を提出する。」

(毎日新聞24.1.27朝刊)


非正規社員は全国で約1800万人います。パートさんや期間契約社員さんなどの方たちです。

期間契約社員は社会保険には多くの場合強制適用ですが、週20時間から30時間くらいのパートさん800万人は、今は、社会保険の適用から外れています。
その方たちは、被扶養配偶者ということで、保険料なしで、年金や健康保険の恩恵に浴している。年金の場合、第3号被保険者ですね。


これが大企業から強制適用になっていく。
2段階は100人超の企業に適用し50万人、最終的には年収や企業規模の要件を外しさらに120万人増やすとのことです。


社会保険の保険料は給料に比例してかかりますから、給料の低い人からはあまり保険料はとれない。

100万円の年収の人ですと、全国健康保険協会は17万円の負担増だそうです。これが健康保険組合になると22万円の負担増!!

強制適用されるのが、被扶養配偶者ばかりではないということです。国民健康保険の人が社会保険に強制適用されると、自己負担分以外は全国健康保険協会や健康保険組合の負担になります。
保険料収入の増加が少ないので、大変ですね。(>_<)

ただ、全体でみると給付はあまり変わらずに保険料収入は増えることになるので、日本全体のバランスは良くなります。

今まで働いて収入があるのに被扶養配偶者だった人はちょっと大変です。
しかし、今の制度自身が少し歪んでいることは間違いないことなので、これもいたしかたないことなのでしょうね。<(_ _)>

でも今国会に通るかな?





皆さんのご家庭はいかがでしょうか???? 




iso_hiramatsu at 01:54コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

今日行きつけの調剤薬局に行ったのですが、良いことを聞きました。

風邪の予防にはもちろんうがいが良いそうなのですが、「水うがい」が良いとのことでした。


私の「おくすり手帳」に貼ってくれた紙にこうありました。


13回以上の水うがいで風邪にかかる率が下がったと報告があります。

水うがいはポピドンヨードのうがいより予防としての効果があると報告があります。

(日医雑誌 第139巻より)


ポピドンヨードって何か知らないですが、そこで私が聞いたのは、「イソジンうがい」よりも「水うがい」がきくということ。イソジンだと、バイ菌と一緒にのどにある健康に良い善玉菌も一緒に殺してしまうとのことでした。


私など、教師生活が長かったので、のどを守るためにしょっちゅうイソジンでうがいしていました。それでずいぶん助かりました。イソジン様さまです。m(__)m


しかし、風邪の予防には水の方が良い。(^^)/


皆さん知っていました???


 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 01:20コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2012年01月21日

今も三越を始め、三井物産、三井住友銀行・・・と三井家の流れは脈々と続いています。

その原点が、この三井家3代の事業経営にあります。

 

初代は、三井高利です (1622~1692) 。高利は「現金掛け値なし」「専任の手代制」「反物の切り売り」「イージーオーダー」という新しいマーケティングで注目を集め、大きく事業展開しました。

 

2代目は、高利の長男である三井高平(1653~)。一家の結束を図り、事業を軌道に乗せました。「大元方」(現在の持株会社とでもいうべきもの)を作り、三井家の財産が分散しないようにしました。家法とでもいうべき「宋遺書」の制定も大きな功績です。

 

「宋竺遺書」のポイントは「相手の気持ちを斟酌せよ」「使用人の良し悪しは主人の心がけ次第」「元締め役は主人の諫め役、下への戒め役たれ」の3点。

 

「相手の気持ちを斟酌せよ」は相手本位、相手目線で仕事をすることの大切さということで、今のマネジメントでも最も大事なところです。

 

「使用人の良し悪しは主人の心がけ次第」も人事管理の要諦をついています。

「誠実さを持って人を使えば、人はまた誠実さを持って応えてくれる。上に立つものが邪の心の持ち主であれば、下もその通りになるものだ。」の記述その通りです。

 

「元締め役は主人の諫め役、下への戒め役たれ」は特に3番目の元締め役の制度設計が大変興味深いですね。ホンダ技研の藤沢さん的な存在でしょうか?

 

3代目は高平の長男、三井高房です (1684~1748) 。「町人考見録」を作成。リスクマネジメントとしての経営に貢献しました。

 

「町人考見録」は江戸商人の失敗事例集です。成功事例集よりも失敗事例集の方が、何倍も役に立ちます。その意味で大変興味深いです。

 

特に、王道と覇道の話が面白い。「一日も仁義を離れて人道はない。しかしながら算盤をはじかずに、慈悲の心だけに走り過ぎるのもまた愚かなことである。」と「町人考見録」の最後にあります。締めくくりの文章のようです。なかなかですね。



iso_hiramatsu at 10:41コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年01月14日

知り合いの社労士が電車の中にあった広告を写真で送ってくれました。
地下鉄千代田線の中だったそうです。

12合同労組
















面白いコピーでね。

ドリンク剤は効能が大切なのですが、6つの中ではポイントになるのは、「残業代が支払われるようになる」です。

連合のホームページを覗くと次のようにありました。


「連合が組合員を対象に行った実態調査でも、以前の調査と比べてその割合は減少しているものの、依然として3人に1人は不払い残業をしているということが明らかになりました。」(連合生活アンケートから)。


残業したのに、その時間に応じた割増賃金が支払われない「不払い残業)」は労基法違反です。にもかかわらず、雇用リストラや成果主義の導入がすすむなかで、不払い残業が蔓延しています。

以上連合のホームページから。 → 
http://www.jtuc-rengo.or.jp/roudou/kankyou/fubarai/index.html

連合の作成した「不払い残業撲滅チラシ」に次のことが書かれていました。
・2003年2月3日に、全国で始めて残業代不払いで逮捕者が出た(労働基準法違反)。2003年度で労働基準監督署の是正指導を受け100万円以上の未払い賃金を支払った企業は1184社、総額238億7000万円です。

「不払い残業撲滅チラシ」 → 
http://www.jtuc-rengo.or.jp/roudou/kankyou/fubarai/data/flyer.pdf

今はどうなっているか気になりますが、でもすごい数字です。
「不払い残業は犯罪です。」とそのチラシの中で、連合は言い切っています。

でもその通りです。

しかし、中小企業では、残業代を法律として要求されている金額を支払っているところは逆に少ないではないかと思います。

出勤簿さえない会社もたくさんあるのですよ。(>_<)

労働時間を管理する責任は会社にあります。「この業界では皆出勤簿なんてないですよ」という言葉を今まで何回聞いたことか。(;一_一)

でもこれからはそれでは済みません。

このチラシに「雇い主の心得3箇条」というのがありました。

その1 労働基準法の順守義務
その2  労働時間の把握義務 (労働基準法108条)
その3  割増賃金の支払い義務(労働基準法37条)

その通りですね。
これから社会保険労務士としてやることたくさんありますよ。

全国の社労士さん。<(_ _)>





 

 



iso_hiramatsu at 18:08コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
昨年の11月24日(木)ですが、今話題の巨大ショッピングセンター「テラスモール湘南」に偶然行き当たりました。
近くに法務局があり、商業登記の変更登記をしに行き、偶然通りかかったものでした。
CIMG4998



























JR辻堂駅からデッキを通って直接来れます。

CIMG4982



























目立つのは専門店集積していること。通路幅も広くて余裕があります。
ゆったり感がある。


CIMG4983


























休憩スペースが至る所にあります。広いだけに、歩き回ると疲れます。(;一_一)
休憩できると本当にホッとします。m(__)m
やれやれです。

CIMG4984



























フードコートもなかなか。巨大どんぶりの店に並んでいましたね。若い女性が・・・・。
混んでいる店とすいている店が半々くらい。右の真ん中のかた焼きそば。オムライスみたいな形で、固めてある焼きそばです。皆が注文指定ので、ビールのつまみに頼みました。まあまあでした。


1階はマルシェです。海の幸山の幸、そして農業、漁業、牧畜業の市場です。
CIMG4967



























CIMG4974



























「湘南マルシェ」の正面入り口。右にサミットストアがあります。
CIMG4967



























CIMG4977



























お酒で入っていたのが「成城石井」でした。ワイン、ビール、ウィスキー・・・世界中に種類があるのではと思うくらいすごい品ぞろえでした。<(_ _)>

CIMG4993


























駐車場は屋上にありました。

そして・・・。JR辻堂の駅から帰宅の途につきました。
偶然でしたが、なかなかでした。m(__)m
CIMG5000























































偶然出会ったにしては、なかなかの経験でした。m(__)m






















どれも洗練されており、陳列もなかなかでした。非常に質の高さ感じました。



iso_hiramatsu at 11:40コメント(0)トラックバック(0) 
感想 

2012年01月12日

「頑張ってね」や「希望を持って、負けないで!」という言葉、励ましにならないで、逆に相手を傷つけてしまうことがあります。 今回の震災でも、つらい状況にもめげず頑張っている姿が、テレビなどによく出ます。それはもちろん素晴らしいし、感動的です。 しかし、あるダウン症の長女を持つ母親の方。「娘は歩くのにも会話をするのにも、他人の何倍も疲れ、びくびく恐れながら努力している。私は軽々しく娘に頑張れとは言えない。」 (24.1.10毎日新聞朝刊) うつ病の方に「頑張れ」と言ってはいけないとよく言われます。頑張れないのに頑張れというのは、酷というものです。頑張れない自分を意識し、落ち込んでいくばかりになります。 これが「キラキラ差別」なのですね。頑張っている姿は、キラキラ輝いてとても印象深いものですが、それをできもしない人に押し付けるのは、逆に差別を意識させるということなのでしょうか。 仙台市若葉区の和地理恵さん。震災で一人息子の克倫さん(当時31歳)を亡くした。消防団員として住民に避難誘導に当たり、津波に襲われた。地域のお年寄りから「あなたの息子のおかげで助かった」と言われても素直に喜べなかった。いまも「時間は止まったまま」。街中で同じ背格好の若者を見ると、心をかき乱される。 『身内を亡くしても気丈にふるまう被災者をテレビや新聞で見ると、違和感がある。「美化し過ぎてゆがめている気がする。みな、夜になれば泣くこともあるはず。頑張る被災地というイメージが固定化されると、一部の被災者には重荷になる」と懸念する。 (24.1.10毎日新聞朝刊) 「同じ言葉でも高い目線から言われると傷つくことがある。」。 これは本当に自戒しないといけません。(;一_一)

iso_hiramatsu at 13:26コメント(0)トラックバック(0) 
感想 
「頑張ってね」や「希望を持って、負けないで!」という言葉、励ましにならないで、逆に相手を傷つけてしまうことがあります。 今回の震災でも、つらい状況にもめげず頑張っている姿が、テレビなどによく出ます。それはもちろん素晴らしいし、感動的です。 しかし、あるダウン症の長女を持つ母親の方。「娘は歩くのにも会話をするのにも、他人の何倍も疲れ、びくびく恐れながら努力している。私は軽々しく娘に頑張れとは言えない。」 (24.1.10毎日新聞朝刊) うつ病の方に「頑張れ」と言ってはいけないとよく言われます。頑張れないのに頑張れというのは、酷というものです。頑張れない自分を意識し、落ち込んでいくばかりになります。 これが「キラキラ差別」なのですね。頑張っている姿は、キラキラ輝いてとても印象深いものですが、それをできもしない人に押し付けるのは、逆に差別を意識させるということなのでしょうか。 仙台市若葉区の和地理恵さん。震災で一人息子の克倫さん(当時31歳)を亡くした。消防団員として住民に避難誘導に当たり、津波に襲われた。地域のお年寄りから「あなたの息子のおかげで助かった」と言われても素直に喜べなかった。いまも「時間は止まったまま」。街中で同じ背格好の若者を見ると、心をかき乱される。 『身内を亡くしても気丈にふるまう被災者をテレビや新聞で見ると、違和感がある。「美化し過ぎてゆがめている気がする。みな、夜になれば泣くこともあるはず。頑張る被災地というイメージが固定化されると、一部の被災者には重荷になる」と懸念する。 (24.1.10毎日新聞朝刊) 「同じ言葉でも高い目線から言われると傷つくことがある。」。 これは本当に自戒しないといけません。(;一_一)

iso_hiramatsu at 13:26コメント(0)トラックバック(0) 
感想 
「頑張ってね」や「希望を持って、負けないで!」という言葉、励ましにならないで、逆に相手を傷つけてしまうことがあります。 今回の震災でも、つらい状況にもめげず頑張っている姿が、テレビなどによく出ます。それはもちろん素晴らしいし、感動的です。 しかし、あるダウン症の長女を持つ母親の方。「娘は歩くのにも会話をするのにも、他人の何倍も疲れ、びくびく恐れながら努力している。私は軽々しく娘に頑張れとは言えない。」 (24.1.10毎日新聞朝刊) うつ病の方に「頑張れ」と言ってはいけないとよく言われます。頑張れないのに頑張れというのは、酷というものです。頑張れない自分を意識し、落ち込んでいくばかりになります。 これが「キラキラ差別」なのですね。頑張っている姿は、キラキラ輝いてとても印象深いものですが、それをできもしない人に押し付けるのは、逆に差別を意識させるということなのでしょうか。 仙台市若葉区の和地理恵さん。震災で一人息子の克倫さん(当時31歳)を亡くした。消防団員として住民に避難誘導に当たり、津波に襲われた。地域のお年寄りから「あなたの息子のおかげで助かった」と言われても素直に喜べなかった。いまも「時間は止まったまま」。街中で同じ背格好の若者を見ると、心をかき乱される。 『身内を亡くしても気丈にふるまう被災者をテレビや新聞で見ると、違和感がある。「美化し過ぎてゆがめている気がする。みな、夜になれば泣くこともあるはず。頑張る被災地というイメージが固定化されると、一部の被災者には重荷になる」と懸念する。 (24.1.10毎日新聞朝刊) 「同じ言葉でも高い目線から言われると傷つくことがある。」。 これは本当に自戒しないといけません。(;一_一)

iso_hiramatsu at 13:26コメント(0)トラックバック(0) 
感想 
「頑張ってね」や「希望を持って、負けないで!」という言葉、励ましにならないで、逆に相手を傷つけてしまうことがあります。 今回の震災でも、つらい状況にもめげず頑張っている姿が、テレビなどによく出ます。それはもちろん素晴らしいし、感動的です。 しかし、あるダウン症の長女を持つ母親の方。「娘は歩くのにも会話をするのにも、他人の何倍も疲れ、びくびく恐れながら努力している。私は軽々しく娘に頑張れとは言えない。」 (24.1.10毎日新聞朝刊) うつ病の方に「頑張れ」と言ってはいけないとよく言われます。頑張れないのに頑張れというのは、酷というものです。頑張れない自分を意識し、落ち込んでいくばかりになります。 これが「キラキラ差別」なのですね。頑張っている姿は、キラキラ輝いてとても印象深いものですが、それをできもしない人に押し付けるのは、逆に差別を意識させるということなのでしょうか。 仙台市若葉区の和地理恵さん。震災で一人息子の克倫さん(当時31歳)を亡くした。消防団員として住民に避難誘導に当たり、津波に襲われた。地域のお年寄りから「あなたの息子のおかげで助かった」と言われても素直に喜べなかった。いまも「時間は止まったまま」。街中で同じ背格好の若者を見ると、心をかき乱される。 『身内を亡くしても気丈にふるまう被災者をテレビや新聞で見ると、違和感がある。「美化し過ぎてゆがめている気がする。みな、夜になれば泣くこともあるはず。頑張る被災地というイメージが固定化されると、一部の被災者には重荷になる」と懸念する。 (24.1.10毎日新聞朝刊) 「同じ言葉でも高い目線から言われると傷つくことがある。」。 これは本当に自戒しないといけません。(;一_一)

iso_hiramatsu at 13:25コメント(0)トラックバック(0) 
感想 
「頑張ってね」や「希望を持って、負けないで!」という言葉、励ましにならないで、逆に相手を傷つけてしまうことがあります。 今回の震災でも、つらい状況にもめげず頑張っている姿が、テレビなどによく出ます。それはもちろん素晴らしいし、感動的です。 しかし、あるダウン症の長女を持つ母親の方。「娘は歩くのにも会話をするのにも、他人の何倍も疲れ、びくびく恐れながら努力している。私は軽々しく娘に頑張れとは言えない。」 (24.1.10毎日新聞朝刊) うつ病の方に「頑張れ」と言ってはいけないとよく言われます。頑張れないのに頑張れというのは、酷というものです。頑張れない自分を意識し、落ち込んでいくばかりになります。 これが「キラキラ差別」なのですね。頑張っている姿は、キラキラ輝いてとても印象深いものですが、それをできもしない人に押し付けるのは、逆に差別を意識させるということなのでしょうか。 仙台市若葉区の和地理恵さん。震災で一人息子の克倫さん(当時31歳)を亡くした。消防団員として住民に避難誘導に当たり、津波に襲われた。地域のお年寄りから「あなたの息子のおかげで助かった」と言われても素直に喜べなかった。いまも「時間は止まったまま」。街中で同じ背格好の若者を見ると、心をかき乱される。 『身内を亡くしても気丈にふるまう被災者をテレビや新聞で見ると、違和感がある。「美化し過ぎてゆがめている気がする。みな、夜になれば泣くこともあるはず。頑張る被災地というイメージが固定化されると、一部の被災者には重荷になる」と懸念する。 (24.1.10毎日新聞朝刊) 「同じ言葉でも高い目線から言われると傷つくことがある。」。 これは本当に自戒しないといけません。(;一_一)

iso_hiramatsu at 13:25コメント(0)トラックバック(0) 
感想 
「頑張ってね」や「希望を持って、負けないで!」という言葉、励ましにならないで、逆に相手を傷つけてしまうことがあります。 今回の震災でも、つらい状況にもめげず頑張っている姿が、テレビなどによく出ます。それはもちろん素晴らしいし、感動的です。 しかし、あるダウン症の長女を持つ母親の方。「娘は歩くのにも会話をするのにも、他人の何倍も疲れ、びくびく恐れながら努力している。私は軽々しく娘に頑張れとは言えない。」 (24.1.10毎日新聞朝刊) うつ病の方に「頑張れ」と言ってはいけないとよく言われます。頑張れないのに頑張れというのは、酷というものです。頑張れない自分を意識し、落ち込んでいくばかりになります。 これが「キラキラ差別」なのですね。頑張っている姿は、キラキラ輝いてとても印象深いものですが、それをできもしない人に押し付けるのは、逆に差別を意識させるということなのでしょうか。 仙台市若葉区の和地理恵さん。震災で一人息子の克倫さん(当時31歳)を亡くした。消防団員として住民に避難誘導に当たり、津波に襲われた。地域のお年寄りから「あなたの息子のおかげで助かった」と言われても素直に喜べなかった。いまも「時間は止まったまま」。街中で同じ背格好の若者を見ると、心をかき乱される。 『身内を亡くしても気丈にふるまう被災者をテレビや新聞で見ると、違和感がある。「美化し過ぎてゆがめている気がする。みな、夜になれば泣くこともあるはず。頑張る被災地というイメージが固定化されると、一部の被災者には重荷になる」と懸念する。 (24.1.10毎日新聞朝刊) 「同じ言葉でも高い目線から言われると傷つくことがある。」。 これは本当に自戒しないといけません。(;一_一)

iso_hiramatsu at 13:25コメント(0)トラックバック(0) 
感想 
「頑張ってね」や「希望を持って、負けないで!」という言葉、励ましにならないで、逆に相手を傷つけてしまうことがあります。 今回の震災でも、つらい状況にもめげず頑張っている姿が、テレビなどによく出ます。それはもちろん素晴らしいし、感動的です。 しかし、あるダウン症の長女を持つ母親の方。「娘は歩くのにも会話をするのにも、他人の何倍も疲れ、びくびく恐れながら努力している。私は軽々しく娘に頑張れとは言えない。」 (24.1.10毎日新聞朝刊) うつ病の方に「頑張れ」と言ってはいけないとよく言われます。頑張れないのに頑張れというのは、酷というものです。頑張れない自分を意識し、落ち込んでいくばかりになります。 これが「キラキラ差別」なのですね。頑張っている姿は、キラキラ輝いてとても印象深いものですが、それをできもしない人に押し付けるのは、逆に差別を意識させるということなのでしょうか。 仙台市若葉区の和地理恵さん。震災で一人息子の克倫さん(当時31歳)を亡くした。消防団員として住民に避難誘導に当たり、津波に襲われた。地域のお年寄りから「あなたの息子のおかげで助かった」と言われても素直に喜べなかった。いまも「時間は止まったまま」。街中で同じ背格好の若者を見ると、心をかき乱される。 『身内を亡くしても気丈にふるまう被災者をテレビや新聞で見ると、違和感がある。「美化し過ぎてゆがめている気がする。みな、夜になれば泣くこともあるはず。頑張る被災地というイメージが固定化されると、一部の被災者には重荷になる」と懸念する。 (24.1.10毎日新聞朝刊) 「同じ言葉でも高い目線から言われると傷つくことがある。」。 これは本当に自戒しないといけません。(;一_一)

iso_hiramatsu at 13:24コメント(0)トラックバック(0) 
感想 

2012年01月09日








先日の求人誌に近くの薬局の従業員の募集が載っていました。

 

駅前の調剤薬局併設のSドラッグストアの求人。
一般販売職の時給が、平日が800円、土曜日・日曜日が850円でした。

 

もう一つ、私の家の3件隣りのS調剤薬局。薬剤師を募集していました。
時給2,000円〜2,500円でした。

 

同じ求人誌に東京都の葛飾区のM薬局の薬剤師の募集がありました。
2,000
円〜になっていました。

 

最低賃金が千葉県は748円、東京都は837円です。しかし、二つの都県で薬剤師の時給は変わりません。

 

医療の世界は、例えば病院ですと、医者、看護師、受け付けなどの事務職では、賃金などの処遇か全然違うといいます。まさにお医者さんを頂点にした、ピラミッド社会とのこと。

薬局も同じなのでしょうか。

 

Sドラッグストアで働く人たち。同じ職場で働くのに、時給が倍以上も違うと、販売職の人はやる気がなくなってしまうかもしれません。


Sドラッグストアの求人欄には「薬剤師同時募集」と右端にありました。「高待遇でお迎えします」とだけの記述でした。
金額を明示してしまうと、販売職が来ない???(;一_)

 


 


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 23:44コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
今日もうちのわんこと散歩に行きました。
CIMG5138うちの前の桜通りです。

もちろん裸の木が寒空の中で、立っているだけです。

しかし、凛として立っている。

私は好きです。

透き通った、透明感かある。

走っている人が映っています。

個人情報の観点から少し問題があるかもしれません。

しかし、マスクしているし勘弁してください。m(__)m

CIMG5129いつもこの家の前を通ります。

とても素敵です。

色合い豊か、冬には格別です。



















CIMG5132
 これもいつも通る、新築中の家です。

施工のゼネコンは三井ホームです。
昨年の受注が一番だったと、誇らしげに看板に書いていました。

値段は高めですが、良い工事をするハウスメーカーですね。

今日は成人の日で祝日ですが、しっかり工事中です。

職人さん、お疲れ様です。m(__)m

何台か、下請け会社の車が駐車していました。

写真の一番前の車、見てください。
フロントガラスの端に白い横長の紙が見えます。

そこに書いてあったのは、「三井ホーム蟾事車両 ご迷惑をおかけして申し訳ありません」
そして、その下に、携帯電話番号が書かれていました。
080-1261-●●●●。

これだと何かあれば、何かの都合で誰もいなくても、連絡がつきます。

配慮ですね。
とても良いと感じました。






CIMG5133また桜の樹。

まだつぼみが出始めたばかりです。
これがこれから少しずつ本当にゆっくりゆっくりと、本当に少しずつ、つぼみが膨らんでいきます。

それを見るのがとても楽しい。

見てください。この幹のずっしりとした質感。命の質感です。

まわりについている苔もよい。

今週はまた寒くなるとの予想。
寒くないと良い桜はできないとのことです。

でも良い桜ってなんだ?????
色が違ってくるのかな。

そんなことはないですね。(;一_一)

















iso_hiramatsu at 10:26コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2012年01月08日

これは新潟の蟒貉唆箸気鵑梁膸各措2馗垢力辰任后


昨年の夏にご講演を聞きました。


・人間生きるための製品デザインはシンプルにネーミングはそれだけで用途がわかるように、箱の中身は見えるように…


・グローバルな世界と競争するためには「地域が元気になること」、地域あってのわが社の繁栄である。わが社は地産地消ですべてを賄っている。それは水のサイクルと同じ、すべてがつながっている。

などの内容でした。


「試練もめぐみなり」は昨年出された本の題名です。


「「試練も恵みなり、今日のすべてが感謝です」人生で得た、私の心の底からの叫びであり、今では心情となっている言葉です。」と「序にかえて」にあります。まだ読み込んでいないのでこれから深掘りしていきます。



iso_hiramatsu at 07:25コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

クロネコヤマトの取組みで、リヤカー付き電動自転車で配達する仕組みがどんどんと進んでいます。

個人事業主が請負事業として担当しているのでしょうか「サテライトセンター」といいます。

市街地や住宅密集地域では、車の渋滞や、駐車の問題などで、効率が悪くなります。電動付き自転車で、駐車違反の対象にならないとのこと。人と町にやさしい集配システムです。

2007
3月末でサテライトセンター全国880店。2012年度目標は1000店。どうなっているでしょうか?


実は、毎日の犬との散歩の途中でよく出会うのです。

私の住んでいるのは、千葉の松戸ですが、家の前の桜並木の車道では、車がかなり走っています。騒音も排ガスも困ったものになっています。
(>_<)

この車両、電動付き自転車ですが、ほとんど足で漕いでいらっしゃる。だから、静かでもちろん排ガスもありません。


顧客が住んでいるまちの環境に優しいのですから、まさに顧客本位のマーケティングとです。(^^)/



iso_hiramatsu at 07:16コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年01月02日

今日義理の母、子供2人の4人で評判の中華の店に行きました。

やはり待っている人もいて、予約を入れておいたのが、正解でした。(;一_一)
味はなかなかでした。飲食店はまず味の良さです。味が良ければ遠くからでも来ます。

しかし、味だけでは繁盛店なになるのは難しい。
この店には、いろいろと工夫がありました。

くじがその一つ。ハズレなしではないかな。たぶん・・・。今回はシュウマイが当たりました。500円です。飲食店は材料費がだいたい30%前後です。150円の出費ですね。

次の来店につながると、この手の店は一人で来ることはあまりありません。4人連れくらいが多いかな?
一人3000円と考えると12,000円。その70%が儲けとすると8,400円が材料費を引いて残ることになります。8,400円から150円を差し引くと8,250円が純粋な儲けです。

帰りに誰でも渡す「ただ券」は使われないことが多い。ありがたみがないからです。自分で引いて得たものは簡単には捨てないですね。自分だけですが、ありがたみがあるから・・・。

そして支払いのときです。義理の母が、「徹さん、安いのよ、2万円を超えたらどうしようと思ったら、14,600円・・・」。普通に考えると、14,600円は決して安くはないですよ。お酒飲んだのは私一人でしたから。

CIMG5126


このお店については、まだやることはいろいろとあります。何回でも来店していただけるロイヤル顧客にするためにカードの仕組みを作るとか、相乗効果を高めることはまだまだありますね。

このお店、「榮鳳」といって千葉県松戸市の稔台1064-1 にあります。電話は047-391-8311です。
川上栄一郎社長です。雑誌に書くことを了承していたたくために少し話をしましたが、詳しくは聞いていません。だから上の数字はすべて私の推測です。

まっ、繁盛店にはわけがあるということです。




iso_hiramatsu at 17:37コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年01月01日

私の家の前の通り、今日も散歩しました。

CIMG5095
ここは桜通りです。3月の終わりにはここが桜色一色に変わります。

いまその桜色が、木の幹の中にしっかりとうずくまっている。













CIMG5099

これか一緒に散歩するうちのわんこです。

白のマルチーズです。













CIMG5104
冬の木は凛として立っています。

力強いですね。

これが春になると桜色一色になるなど信じられますか???

2012年1月1日、元旦の散歩でした。


































iso_hiramatsu at 13:17コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

いま世界中でCSRの取り組みが進んでします。ところが日本の江戸時代、今から300年前にすでに次のような状況でした。

 

三井家3代目の三井高房の「町人考見録」に次のようにあります。

 

1日も仁義を離れて人道はない。しかし算盤をはじかずに、慈悲の心だけに走りすぎるのはまた愚かなことであると戒める。」

 

CSRを理想だけで追いかけていると、とんでもないことになる、ということです。現実の裏付けが必要ということ。簡単にいえば、ボランティアは続かないということです。

 

今にしっかり通じます。これが300年前にすでに三井家で確立していたというのです。これってすごいと思いませんか。(;一_)

 
三井家とは、もちろん三井財閥や三越の本家のことです。



iso_hiramatsu at 01:47コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索