2012年05月

2012年05月26日

トインビーは名著「歴史の研究」の中で


「いかなる大国も必ず衰微するし、滅亡もする。


その一番厄介な要因は、
自らにかかわる重要な事項について自らが決定できぬようになることだ。」


と指摘しています。


日本がそのいい事例にならないこと、祈りたい心境です。

<(_ _)>

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 22:13コメント(0)トラックバック(0) 
くらし 

ちょっと前ですが、24.5.12の朝日新聞に次の記事がありました。



三菱電機の決算売上が36,394億円、純損益1120億円、

一方パナソニックは売上が78,462億円純損益が▲7,721億円。」(24.5.12 朝日新聞)



電機大手8社とは

「日立製作所、パナソニック、ソニー、東芝、富士通、三菱電機、NEC、シャープ」

です。



今株価が下がって往年の見る影もないソニーでさえ売上64,932億円、純損益▲4,566億円です。



私も経営コンサルタントですから、パナソニックの状況小耳に挟んでいます。

原因はプラズマテレビの投資の失敗が大きいようです。

しかしこれほどまでとは。(>_<)



他の家電メーカーもみなテレビで苦戦している状況は同じですよ。



でも、僕は好きです、幸之助翁のパナソニック。(^^)/



PHP研究所。幸之助翁が作りました。


「物質的繁栄が健康と平和をもたらす」とのアルファベットのから文字を取ったのが、PHPです。
(Peace  Helth  Prospeality・・・スペルちょっと違います????)



しかし、3.11の大震災では、人間の傲慢さをイヤガオウでも自覚させられました。

物質繁栄も同時に疑問符が投げかけられました。



幸之助翁の次の宣言は有名です。


「人間には、この宇宙の動きに順応しつつ万物を支配する力が、その本性として与えられている。」(昭和57.8 人間を考える「新しい人間観の提唱」松下幸之助PHP研究所)



私はそこだけ違うと思っています。(;一_)



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 21:58コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年05月25日

今日(524)読者の方から「登録解除」のメールが入りました。

コメントはありませんでした。


これは当初あまり気になりませんでした。


2-6-2の原則から言えば、私のメルマガを鬱陶しく思う人はかなりいるのは

当然かなと思いました。


しかしその後知らずしらずのうちに反省していました。


「やはり問題だ。いつもレビュー(振り返り)が大切といっていながら、

こんな時こそ反省しなくては、と」

多分こんな感じです。


ところで524日号は「江戸川クリーン作戦」の記事でした。

私の所属している松戸ロータリーが鼻に付いたのかな???

自分には全くその気はなかったのですが…・。


この頃、毎日メルマガを出しています。

日刊のメルマガです。

これってやはり鬱陶しいですね。

反省点です。


分かりやすく、面白い記事にしたいとの思いはけっこう実現できていると

勝手に思っています。

しかし、どんな記事でも毎日来たらやはり鬱陶しいですね。(>_<)


だから今後のメルマガは週2回にします。

火曜日と土曜日の朝8時発信。


その代り、ブログは毎日を続けます。

ブログってもともと日記です。

だから日刊誌が良く似合う。(^o^)


このクレームのメールを出された方ありがとうございました。


反省するのはサルでもできるといわれます。

しかしお猿さんをバカにしてはいけません。

人間ほど反省の下手な動物はいない。


この後のメールマガジンは529()8時です。

その後は62()の朝8時。


今まで、御不快な思いをされた方が多いと思います。

ご容赦ください。


申し訳ありませんでしたm(__)m


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 00:32コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2012年05月24日

私は中小企業診断協会の「まちづくり研究会」に入っています。
もうかれこれ10年になります。


先日その5月例会がありました。

中野区の都市政策推進室のご担当者お二人がいらして、講演をしていただきました。

テーマは「中野駅周辺のまちづくり」です。

中野駅の周辺、どんどん変っています。

3年ほど前にも、お二人に来ていただいて、まちづくり研究会の例会で、同じテーマで話をしていただきました。

中野駅周辺、本当に様変わりです。

そのまちづくりには3つのテーマがあります。

第1テーマが「最先端の業務拠点〜働き、学び、楽しむまち」、


第2テーマが「個性豊かな文化発信拠点〜新たな文化・情報が生まれ、国内外に広がっていくまち」、


第3テーマが「最高レベルの生活空間〜暮らしやすさが向上し続けるまち」

です。


第1テーマの業務拠点は具体的には中野駅北口北西に広がる中野4丁目です。
確かに、キリンホールディングス他キリングループの本社、栗田工業の本社がここに来るようですし、平成6年から丸井の本社もありました。
(丸井店舗は南口)



これが「働き」。

来年平成25年春に明治大学と帝京平成大学が開校しますし、早稲田大学の国際コミュニティプラザも平成26年春にスタートします。「

学び」の場としての教育機関も充実します。

1テーマ、着々と進んでいます。

面白かったのは、まちづくりの説明会をすると住民からは、駅ビルをつくってほしいとの声がよく上がってくること。

一般的に駅近くの商店街は駅ビルには反対なのですが、地域住民は駅ビルを要望している。

最近は駅ビルだけでなく「エキュート」などと銘打って、ラチ内(改札の内側)も素敵な買い物空間、憩いの空間です。

駅の外に出なくても、いろいろと楽しめます。

中野駅は、新宿と吉祥寺、三鷹の中間にあって、中央線、総武線、東西線、とメジャーな鉄道がしっかりと出入りしています。

中野駅で乗り降りする「乗降客」も「駅ナカ」だと使い勝手が良い。

ただ、駅ナカだと人が駅の外に出ないで買物が済んでしまうから、駅前商店街にとってはおもしろくないでしょうね。

ラチ外の駅ビルができて、周辺商店街も栄えるようなまちづくりが出来れば理想的なのでしょう。



今北口駅前にある中野区の庁舎は将来、今より少し北西の場所への移転建替えが示されていますが、移転先については南口も含めて改めて最適な配置を検討するそうです。

北口に比べ南口はやや賑わいに欠けます。

3.11の大震災を受け防災対策の有り方が見直される中、北口の庁舎予定地を含むまちづくりも様々な可能性を検討するとのことでした。


69日に中野駅北口のサンモール商店街とブロードウェイ商店街を視察します。
中野駅周辺のまちづくり、またご報告いたします。

 

 



iso_hiramatsu at 13:08コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2012年05月22日

寅さんのあの江戸川で松戸市役所が縁の下の力持ちで「江戸川クリーン作戦」を実施します。


私は松戸ロータリークラブに所属しているのですが、松戸市から要請されているので、協力します。

ロータリークラブについては、建前だけでなくなかなか素敵な団体ですので又ご紹介します。

今回はそれはおいておいて、江戸川の河川敷をA〜Dの4つのグループに分けて掃除します。

松戸ロータリークラブはB地区を担当することにしました。その旨、松戸市の方に連絡しました。

松戸駅西口から前の道を歩いて左に市民劇場を見ながらさらに5〜6分くらいでしょうか歩いて、土手があるので、そこまで行きます。


そこの上に松戸市役所の受け付けがあるそうです。
そこで登録をして、清掃用具をもらい、土手を下りてそれぞれ掃除します。


まだ私も体験していません。

昨年も一昨年もあったようなのですが、面倒くさいし、はなから話を聞いていなかったと思います。


今年、なぜかその責任者になりましたので、あわててこのメールマガジンも一生懸命書いています。


松戸ロータリークラブだけでなく、いろいろな人が来てくれて江戸川がきれいになると、結局周りの人に限らず、子孫まで笑顔になります。(^_^)v


来週の日曜日です。527[]9:00集合です。


あの世で喜んでいる人がきっていますよ。
誰でしょうか??????


そうです寅さん。あ
あの名優渥美清さんです。

今でも僕は寅さんの大ファンです。


内緒ですが、私の家内は寅さんが大嫌い。(;一_一)
だから絶対に話題に出しません。
このこと秘密ですよ。
「指きりげんまんです。」<(_ _)>


また、終わったらご報告します。(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 22:34コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

私の日曜日の楽しみの一つが、NHKBSプレミアムの夜9時からの『トンい』を見ることです。

 

ご存知ない方も多いですね。

韓国の宮廷ドラマです。

賎民の出身女性が王様のお嫁さんになり、名君として後々名高くなる王様を生み育てるというストーリーです。

 

あの「チャングム」や「イサン」と同じ監督です。

 

といっても知らない方は知らないですよね。(>_<)

 

この「トンイ」、ストーリー展開が極めて巧みで、私の日曜日の楽しみの一つです。

 

ちょっと前に故郷の大分に帰ったのですが、91歳になる父がやはり「トンイ」を楽しみにしていました。

前に聞いたら「チャングム」や「イサン」も見ていると聞いていたので、ひょっとしてと思ったらやはりひょっとでした。

 

いまさら遺伝子の怖さを実感しました。(^_^)v

 

「トンイ」は主人公の名前です。

この監督では必ず女性の悪役が登場します。

善玉と悪玉がしっかり別れている。

その間にコミカルな役柄のものが必ずいる。

 

そして主人公である善玉のヒーロー、ヒロインが、たびたび窮地に陥る。そして必ず危機一髪、必ず何かあって助かります。

 

手に汗握るストーリー展開です。

 

今回は後で名君になる「クム」というトンイの息子がとてもかわいいのです。


そして、悪玉の頂点のライバル女性が先週、刑罰を受けてなくなりました。
毒薬を飲んでの死罪です。

 

しかし月刊のテレビ番組表を見たらまだ続く?????


そういえば、狡猾でとても頭の良い高位の役人の一人が今後トンイに立ちはだかるのでまだ続く?

 

しかしそこで悪玉でトンイの前に立ちはだかったのが新しい王妃様でした。

それがまた本当に憎たらしい。


しかし、私が考えるにトンイの力をもってすれば、他の王妃を選べたし、その情報がトンイに入らないで新王妃が決定されること自体おかしい。(;一_一)

 

今推察するのですが、この監督の悪玉の親分はすべて女性です。

今回怖い存在で残ったのは、男の政府高官です。

ただ、トンイのお父さんが無実の罪で死罪になったときに犠牲になった役人の息子。
それがトンイに取入ろうとしたのをトンイがしっかりと跳ねのけたので、今はトンイを追い落とそうとしている。

 

しかし、ここで終わっても良かった。

というか、終わることになっていたのが、視聴者からもっと続けろとの意見があったのでしょうか。

日本ではよくある話です。

 

この監督、悪玉親分は女性でないとうまく作れない?
るいは女性の悪玉親分が好き?

良くわかりませんが何かあったに違いありません。

 

今日はそのことがあって、なぜかつまらない。

しかし韓国テレビに興味のない人には、つまらない話しでしたね。

 

いま5月13日の日曜日12:35・・・・

 

ご迷惑な方も多いと思いますが、どうなったかまた報告させてください。m(__)m



iso_hiramatsu at 19:28コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

今日は日曜日(5月20日)、いつもの近くのスーパーに買い物に行きました。

おいしいラーメン店があってそこに行き、これも大好きな黒ビールの小瓶を飲んで、ちょっと赤い顔をしてそのスーパーに行きます。

 

食料品のミニスーパーです。

英国テスコのレギュラーチェーンの一つ。

 

買い物客の感想や要望などを投書してもらしもらい、掲示板に貼付する仕組みがここにもありました。
気になるので、ちょっと見てみました。


全部で6件貼ってありました。

1つが要望、5つが「ありがとうございます」の内容でした。

 

こういったものでは要望が大切です。


要望の投書は「顧客用のトイレがほしい」といった内容が上のほうの「要望欄」にありました。

その下にいつも助かっています。特に柳沢さんという特定の名前を書いての感謝の言葉です。

その下がその要望に対する店長の回答欄。
何を書いてあるか見たら何も書いていない。
そして上の要望欄はバツ印がありました。

 

これってどうなっているのだろうと、日付を見たら54日付の投書です。
今日は520日ですから、すでに2週間以上たっいる。

要望に応えたから、終了でバツ印が書かれているのかな、でもチョッと確認してみようと思い、近くで、商品を整理している人に聞いてみました。

 

そしたら、これは要望に応えられなかったからバツ印をしているとのことでした。

 

要望欄にそれを書くべきと思ったので、店長の責任だから至急それを表示するように要求しました。
そしてその時、私が話をしているあなたのせいではないからと、何度も言いました。

 

ニコニコして、笑顔で言いました。
感情的になるとろくなことはありません。
しかし、店長の責任というところでは、さすがに少し感情的になりました。

その後次のように続けました。

 

「あなたは多分パートさんと思うから、そんな給料もらっていないと思いますが・・・・」。


「いえ、私は正社員です」と名前カードを私に見せながらその店員さんはおっしゃいました。


その後も、顧客の要望に応えることの重要性など、ついついいつもの調子でもう少し話を続けていたら、いきなりその掲示板のところにその店員さん行ってしまいました。

 

失礼な人だと思いました。(>_<)
しかしなぜ???

 

後で考えたら当然でした。
いくらあなたに責任がないといっても、この件を店長に話せば正社員である自分が叱られる。

 

私が話したのは、仕組みが悪いのであり、現場の責任ではない。
仕組みに責任を持つ店長の責任ということです。

 

これが私がいつもいう「ISOする」ということです。
ISOは仕組みとそれをこなす力量を問題にします。
だから、仕組みを作り運用している責任、最終責任は実は社長にある。

 

そのお店には、社長の名前もばっちり貼ってありました。
食品営業許可証はこのような場合社長が取得し、その名前が営業許可書に載ります。
防火管理責任者や衛生に関する責任者は店長の場合が多い。
この店にも食品営業許可証など
ばっちり貼ってありました。

 

世の中は結構見える化しています。

見る人が見ればわかる。

だから見える化は実はとても怖いのです。

 

しかし、正社員店員の方、本当に申し訳ありませんでした。m(__)m



iso_hiramatsu at 06:08コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2012年05月21日

凄い試合でした。ほとんどバイエルンミュンヘンが勝つ流れでした。

それがFWのドログバのヘッディングシュートで後半終了間際に追いつき、延長でも決着がつかず、PK戦の末、イングランドプレミアリーグの今年は6位だったチェルシーがサッカーの本場欧州での王者決定戦(欧州CL)で勝ってしまった。

 

あのバルサ(スペインの名門バルセロナ)に勝って優勝決定戦に来たこと自体とても信じられないことなのに、ここでも勝ち欧州サッカーの王者になってしまった。

 

これにはもちろんドログバがヘディングで決めたこともありますが、逆にドログバは延長戦前半でPKの原因を作ってしまいました。


しかし、それを止めたのがゴールキーパーのチェフです。
そして、PK戦でもチェフがしっかり2本とめた。

 

PKのときはキーパーでも左か右かにキッカーが蹴る前に決めておいて飛んで、運が良ければ止められるというのが多い。

 

Jリーグの清水エスパルスに、シジマールというゴールキーパーがいました。

僕は浦和レッズの熱狂的なファンなのですが、浦和の駒場にかなり通いました。

その時の周りの応援はすごいもので、鳥肌が立つくらい強烈なものでした。
まさに地鳴りのような声援なのです。地下からゴッーといった感じです。

 

今でもなのですが、浦和レッズは清水エスパルスに弱いんです。
昨日(519日)勝ったのが久しぶりでした。
昨年までちびまる子ちゃんにも登場した長谷川健太君が監督をやっていた、あのにっくき清水エスパルス。(;一_)

そこにいたのが今でも思い出すゴールキーパーのシジマールです。(>_<)

クモが大きく手を上下させる、きれいな蝶々でなく蛾が羽ばたくといった感じ。
今回のキーパーそれを思い出してしまいました。

 

チェフはすべてのペナルティキックに対して、キッカーの後にそのボールに対して反応できていました。素晴らしい動体視力と運動神経です。
とめられなかったときでもほとんどもう少し・・・。


これだと、蹴る方も大変です。
コーナーすれすれでスピードもないと決められない。

ものすごいプレッシャーです。

 

相手のゴールキーパーがキッカーになったのもあまり見たことがありません。

昔、浦和レッズのゴールキーパー、土田だったかな蹴ったのを見た記憶があります。
浦和レッズが、Jリーグのお荷物だった頃の話です。


このバイエルンミュンヘンのキーパー、キックがとても得意なのですね。
バイエルンミュンヘンですよ。
ドイツブンデスリーガーのバイエルンミュンヘンのキーパーがお粗末なはずがありません。
しかし、2人をくらべると天地の開きがある。

 

最後に外した、シュヴァインシュタイガーも心の傷は残らないでしょう。
右のゴールポストに当たって、外れたのですから。

これはもう運命の女神の世界です。
相手がチェフなら仕方ない…。<(_ _)>

 

息子と実況中継をテレビで見ていたのですが、その息子が言っていました。
なぜミュンヘンはロッペンににPK戦で蹴らせなかったのか。


延長戦前半のPKで止められたのですから、監督から外されたのかもしれませんが、だから逆に開き直ってけることもできた。
もともとキックの正確さやスピードは凄いのですから…。

 

偶然にも会場がバイエルンミュンヘンの本拠地でした。もともとここで計画されたのですが、勝ち進んできたからこの会場になった。やはりものすごい声援です。

PKのゴールはバイエルンミュンヘンのファンの前でした。

 

それが結局プレッシャーになった。

 

しかし、PK戦が決まった段階で、私はチェルシーが勝つと思ったし、息子にも言いました。

そしてその通りになった。


だって、PKはゴールキーパーがキーマンなのですから。
その2人の力量に大きな開きがあることは丸わかりなですから。
 

結局キーパーの力が決め手ということです。

ただ、チェルシーはディフェンス(防御)がものすごい良いチームですね。

だからあのバルサにも勝った。

 

でも今日の毎日新聞には「最後はドログバだった。」(毎日新聞5.21朝刊)。

とありました。

事実としての時間的にはそうなのですが・・・・。

でも、そうかなー????

<(_ _)>




iso_hiramatsu at 07:50コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2012年05月18日

つい最近泊まったホテルでのことです。

名前は出しませんが、いたるところで不備がある、まっハッキリ言って知名度はまあまあなのですが、その割にはあまり良くないホテルでした。


しかし、中のエレベータでなかなかのものがありました。


今地震が起きたら乗っているエレベータがその場で止まってしまいます。そこに閉じ込められてしまいます。


閉じ込められたら、一生懸命生きのびようとします。


その時に次のポスターが貼ってあったらどうでしょうか。



ポスターの一番下のところです。
ちょっと読みづらいですね。

「万が一閉じ込められた時は、無理に脱出しようとせず、あわてず、外部と連絡がとれるまで『電話』ボタンを押し続けてください。」
と書かれています。、

いたずらに叫んだりしても意味がありません。

そうすることに意味がないことがわかっていても、なにかするのが人間です。
本脳的に生き延びようとする。


しかしそれって無駄な努力です。

その時にこのポスターがいやでも目に入ります。


私も防災については専門家ですから、このポスターを見て、あっこれこれと思いました。


でもエレベータの中での、この手のポスターは初めてです。


「日立ビルシステムの」エレベータです。



これからいろいろなエレベータで問題になります。


知っています????


これを専門用語ですが、「エレベータ難民」と言います。
防災用語の一つです。



あなたあなた、他人事ではないですよ。
イランおせっかいですが・・・・。(;一_)

 

 

 

 

 

 

 

CIMG6427
 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 07:18コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

今日は明るい話題です。

 

私の自宅に来た、CATVの請求明細に不審点があって、問い合わせしました。

 

JCNコアラ葛飾」の問い合わせ窓口にです。

きちんとした対応でした。

 

どこの会社の問い合わせ窓口も私がちょっといらいらして、口調を強めると本当に今まで自信がなさそうなのに、もっとおろおろしてかわいそうな場合がほとんどでした。(>_<)

 

かわいい声の若い女性の声ばかりです。

 

日ごろ、どのくらいクレーマーから怒鳴られているのかが、丸わかりです。

これって罪ですよね。(;一_一)

 

私は事実のみしか聞きません。
今回も、本人確認で何を聞かれるのかとちょっと楽しみにして聞いていたら、「ご住所は、都道府県からお願いします。」と言いますので、わざと「松戸市常盤平・・・・・」と少し感情的に応えました。

 

この担当者まったくめげずに、堂々の対応です。(^_^)v

 

なにを言ったかいま思いだせません。これは、私がそこで感情的になっていたから、思い出せないのです。

 

面白くないことは人間は心の中に沈めていきます。

無意識の底へ向けて、深く一気にです。

 

しかしその人、その後もまったく動じることなく、堂々としていました。

もちろん卑屈にならず、横柄でもなく、なかなかでした。(^o^)/

 

この1年間何十回となく、この種の問い合わせをしました。
その部署の責任者からも返答がたびたびかかってきました。

 

責任者も含めて皆どこか不満足な対応でした。


始めてです。こんな明るい思いをしたのは。m(__)m

 

 

お名前は「笠原さん」です。
この名前を出すことについては、しっかり了解をいただきました。

 

でも、今問題になっている検察の尋問でも、自白せざる得ない状況に追い込まれてということが問題になっています。

 

それをしっかり考慮しても、今回の個人情報保護は、全く問題ない。



なかなかのプロ魂。(^^)/

 

ただ、一つ笠原さんにお願いしました。

 

今回の請求明細、もう少し見る人のことを考えてていねいに書いたほうがよいですよ、ということです。
それを今後仕組みとして改善していくとクレーム電話も減ります、怒鳴られることも減りますと。

みんなハッピーになりますと。

私の言葉でいうと、これが「ISOする」ということです。

しかし、実は今回の問い合わせ、私の方にクレームの原因があったのです。
だから、謝りました。


それは・・・・。

今回の請求書には「前回利用分 4,200円 201204 ご請求」としか書いていませんでした。

 

聞いたら、前回利用の3月請求分が口座残高が不足していて引き落としができなかったのだそうです。

 

イヤー悪い悪い、こちらの管理不足でした。(;一_)



iso_hiramatsu at 03:00コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年05月16日

前に電気カミソリを買って、思い通りに行かなかったこと、このメルマガに書き
ました。

それでどうしたら失敗を取り返すことができるか????
無意識に考えていました。

そうだ充電池を使えばよい。確か充電器はあった。
探したら、昔のがしっかりとってありました。
充電池もありました。

すぐに、それを充電して、2時間くらいかな。正確には覚えていませんが・・・。
それで充電池を電気カソリに入れてみたら、もちろん電気カミソリ君しっかり
動きました。(^_^)v
うん、良かった、一安心です。

むしろ、環境にやさしいじゃないか・・・・。

でも、古いから発熱して、火事の原因になるかもしれない?????
それで、じゃ買替えで明日買いに行こう、と決めました。

それで今日です。松戸に買いに行きました。

松戸のDマート、100円ショップのキャンドル、まッないですよね。
充電器のニーズはほとんどない?

だったら置かないですよ。ましてや100円ショップにはない。
言ってみれば当たり前の話です。

でも見てみないとわからないではないですか。

それでしっかりと確認できました。そしてしっかりと理解しました。
じゃどうしよう。

量販店が確か上本郷の駅にあったと思うので、松戸駅の駅員さんに聞いてみよう。

そしたら新京成電鉄の松戸駅の人、「うん確かあったかな?」ですと。(;一_一)
だから新京成電車はだめなんだと、とつい思ったのですが、
もちろんいいませんでした。

それで、ヤマダ電機のある上本郷の駅に行きました。
それであったので、すぐに買いました。

イヤー良かった。

これって無意識にISOをしているんです。

「原因の追及とその原因の除去」が「再発防止」になる。

今回でいえば、私としては、二度と同じ間違いはしません。

原因が私がうっかりして思い込みだったことが、そもそもの原因でした。
それを二度と繰り返さないために、次回は現場でよく見て、本当それでよいかどうか
見ます。

それを無意識のうちに考えていて、今回その後の行動につながったのです。

それで結局、結果として充電器で充電池という、環境にやさしい行動をとることが
できた。
結果はOKです。

私は、ISOの主任審査員ですが、MSAという審査機関で契約審査員をしています。

MSAはとても良い審査機関で感謝しています。(^_^)v
研修なんかショッチュウです。

少し鬱陶しくはありますが、審査員を大切にしていることを実感しています。

交通費も実費が出るし、ありがたいですね。(^o^)/
もともと鹿島建設と清水建設、竹中工務店などが大株主で、経営が安定している
ところが
良いのかな。

どっかの企業みたいに親方日の丸ではないことは確かですね。

まっそれくらいにしておきます。
身内をほめるとなんかPRみたいで信用されませんので。

でも本当に良いですよ。
自信を持って勧められます。
ちょっとほめすぎかな???

だから、これくらいにしておきます。m(__)m



iso_hiramatsu at 22:09コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

鳩山元首相が沖縄に行きました。

「まっ、よく行くな????」とかなりの国民が感じたと思います。

 

私もそうしっかりと感じました。

 

しかし、沖縄でのその集会の様子を見ていて、思いました。

鳩山さんて人柄は悪くないのだなと。

 

それはそうでしょう。

あの鳩山一郎元首相のお孫さんなのですから。

 

要するに「良家のお坊ちゃん」なのですね。

 

何がボタンの掛け違いだったのか。

 

・・・・「首相の器のない人が首相になっただけのこと。」です。

 

ただ、国家のリーダーですからそれではすみませんが・・・・・。(>_<)

 

やはり「首相直接選挙」制度が良い?

例えば、アメリカやフランス見たいな大統領制が良いのかな?

 

でも今のドイツのメルケル首相やイギリスの元首相サッチャーは「首相間接選挙」

で生まれました。

とてもすごい首相です。

 

女性だけではありません。

あのヒットラーに勝った、チャーチルも・・・・・・・。

 

「ヒットラー」、書きたくもない名前です。(>_<)

PCのキーボードを打つ力がいつもの倍以上になっています。

キーボートさんすみません。m(__)m

 

 

メルケルなど本当にすごいですよ。

あのものすごくやりにくい、EUをしっかりと引っ張っている。

 

敗戦国ドイツとの思いが心の底にあるのかもしれません。

 

日本だって同じなのですが・・・・・。

結局制度の問題ではないということですね。

 

要は「人」です。

 

私も中小企業診断協会の研究会である「まちづくり研究会」に属してまちづくりに

ついて研究しています。

 

ずっと議論を重ね、現地視察にも良く行きます。

でっ、結局最後は「人」の問題に行きつきます。

 

いかに良い人財を作るかが最大のポイントになるとの結論になります。

 

ここでもやり「人」です。<(_ _)>

 

これって、ISOでいうと「責任と権限の明確化」のところにしっかりと書かれています。

責任を明確にして、その役割をしっかりと果たすようにしなさい・・・・・。 




iso_hiramatsu at 08:41コメント(0)トラックバック(0) 
感想 

2012年05月15日

朝、何を聞きたいか。それによってその日の体調がわかります。



今日の朝は(5/15)はワーグナーでした。



ご存知じない人も多いと思いますが、「楽劇パルジファルの前奏曲、聖金曜日の音楽」。

曲は実は何でもよいのです。

指揮者もあの『フルトベングラー』です。
この頃フルトベングラーはあまり好きではありません。

だから指揮者も誰だって良い。

このCD実は100円ショップで、たしか200円で買いました。

だから、オーケストラもどこにも書いていません。

でもこのバイオリンの繊細さ、優美さ、心ち良さはウィーンフィルに違いない。
といって外れることもあるのですが・・・・・。
 


昨日の夜は午前2時くらいまで雑用に追われ、今は朝の7時ですから、あまり寝ていません。
だから体調がすこぶる悪い。
 

だから普通あまり好きではないワーグナーなんですね。



体調が良いと、大好きな『ブラームス』です。
あの重いというより、憂鬱な「ブラームス」・・・・。



ブラームスもワーグナーも共に重い・・・・・。

ウン…?????????



でも知っていますか?

フランソワーズサガンの『ブラームスはお好き?』。


昔読みましたが、すっかり内容忘れてしまいました。



だって、学生時代、もう30年前????

ちょっとサバよんでますが・・・・。


ところで「サバ」って何??????



(;一_)


 


 




iso_hiramatsu at 08:08コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

長年使った僕の「電気カミソリ君」がとうとう、壊れてしまいました。

それで昨日、近くのスーパーに替えを買いに行きました。


イヤー、安いものから高いものまで千差万別です。


こういうときは、そこの人に聞くのがなにより・・・。<(_ _)>


3社くらい陳列されていました。

いろいろ聞いたらP社のものが良さそうです。


今使っている電気カミソリも、P社製。

形も似たようで、それにしよう。


「じゃこの、P社のください」

だって、今までずっと使っていたのは、安いし、ハンディで、いつも旅行にもご一緒いただく私にとっては貴重品。

だからしっかりと決めたんです。(^o^)


帰って、実際に開けて商品を確認しました。

前のに比べて、大きさは2/3くらい。

やった、これは旅行にさらに便利。(^_^)v


試しに使ってみようとしました。


ウン?????これって充電式ではない。(>_<)


イヤー、今まで使っていたもの、一度同じように、買い替えたんです。
その時はまったく同じものでした。
もちろんOKでした。


しかし、今回は『思い込み』でしかり失敗しました。


やはり「思い込み」は怖いですね。(;一_)

 

 

 

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 05:41コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2012年05月12日

びっくりました。


JAL
、もちろん日本航空です。
JALに聞きたいことがあって、問い合わせの電話番号をインターネットで調べました。

 

そうしたら・・・・・。

 

電話番号はあったのですが、「年中無休」は当たりますでOK
7:0020:00」で、「有料」なんですと。(;一_)


 

ANAは確か『年中無休で、時間帯にも制約なく、無料』だったような気がします。

 


しかし、いまだに親方日の丸なのですか?(>_<)

 

つぶれるにはつぶれるだけの理由がある?

 

でも電話応対の方は良かったですよ。


現場に出れば、親方日の丸が通じないことくらい、痛感します。

 

本社の経営企画担当の人、現場に出ないとダメですよ。

 

 

「現場」に出て、「現物」を見て、「現実」が初めてわかる。

 

「現場、現物、現実」の3現主義でした。<(_ _)>



iso_hiramatsu at 08:25コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年05月10日

就業規則の「不利益変更」をしても、裁判に勝てるには、どうしたら良いか。

社労士の方々はだいたいご存知です。


「労働条件の不利益変更」とは、例えば、賃金の低下とかをいいます。

 

しかし、社労士の先生に本当に大丈夫ですか?と聞いたら、

自信を持って「・・・・だから大丈夫」
と応えることができる社労士の先生は少ないのではないでしょうか?

 

良い本がありました。

 

弁護士の向井蘭さんが書いた「社長は労働法をこう使え!」です。

 

そこに次のようにありました。

 

「不利益変更の内容を『説明したうえで同意書にサインをもらえば、賃下げをしても法律的にはまったく問題ありません。

 

しかし同意書にサインをもらわずに就業規則の変更だけを実施した場合は、会社側の一方的な』不利益変更とみなされます。」(p214)

 

「裁判になったら就業規則の変更の変更が有効であると認められる可能性は低いので、注意が必要です。

 

また同意書にサインをもらったとしても、労働者は過去2年分の残業代を請求することができます。

 

残業代の請求権が時効により消滅するまでの2年間はトラブルを起こすことがないよう、注意を払う必要があります。(p215)

 

今、ISOの審査で九州に来ていますが、博多空港への飛行機の中でこの本読み終えました。

 

とても面白い本です。

私もプロの社労士ですが、ばっちり参考になります。

 

皆さんもぜひ読んでみたらいかがでしょうか?

 

「向井蘭著 ダイヤモンド社 社長は労働法をこう使え! 1,600円」

 

以上です。(^o^)

 

しかし、社労士としていつも思うのですが、日本の労働法、あまりに労働者よりです。

 

ちょっとひどいですね。(>_<)

 



iso_hiramatsu at 19:26コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年05月02日

毎日新聞に次のような記事がありました。

 

「橋を長く使うには腐食などを調べる点検と補修が欠かせない。
しかし、国土交通省のデータを元に毎日新聞が調べたところ、管理するすべての橋(長さ15丹幣)
1回も点検したこともない市町村が3月末時点で少なくとも107あった。」(24.4.30毎日新聞)

 

107の市町村で合わせて未点検の橋が2078あります。

その内築40年以上の橋が511です。
その古い橋の数々が、各地でトラブルが起き始めているとのことです。

 

橋は大切な公共インフラです。

1950年頃からドンドン作られ始め1970年頃に建設のピークを迎えています。

1年に5,000弱の橋が建設されていました。

その橋が今危険な状態にあります。

高度成長を支えた橋の数々です。

 

「豊かな時代りインフラが、成長の峠を越え、社会の重荷になり始めている。」(同毎日新聞)

 

全国に長さ15丹幣紊龍兇約155,000あります。


そのうち約2割が国の管理で、5年に1度検査されています。

しかし自治体には点検義務がありません。


毎日新聞の調査でも11市町村が「今後も点検の予定はない」と答えたとのことでした。

 

国交省は2009年に専門的な点検費用を助成する制度を開始、点検する自治体が増えました。


その中ではっきりしたのは、「健全度の低い橋が多すぎると分かった」(鹿児島県伊佐市)ということでした。

 

3.11の大震災のときに茨城県の鉾田市と行方市を結ぶ長さ404辰亮行大橋の中央約60辰落ち、走行中の車が転落し運転していた人が死亡しました。

 

その橋、築43年でした。


橋脚は揺れで変形しやすく、耐震性が低い構造でした。

ですが、橋を管理する県の「点検」は職員が車の中から見るだけ。


震災の1週間前には目視はしていましたが、結果は「異常なし」でした。

 

一方次は東京都の話。

 

「『このままの管理を続けていたら、いつか事故が起きる。』東京都道路整備保全公社の高木千太郎アセスメント推進室長は、都道路管理課職員だった2002年、都の橋点検データを見て驚いた。

 

国に先駆けて、1987年から5年おきに点検していたが、5段階で評価する健全度を見ると、Aランクが1987年の37%から199727%に減り、Dランクは逆に8%から12%に増えていた。

『財源に恵まれない市町村は、もっと危ないはずだ。』と考え、国などへの提言を始めた。」

 

「高木室長は、自らの経験も踏まえ『インフラは造れば終わり。維持にお金をかけるという認識がなかった』と、点検が軽視されてきた背景を話す。」(同毎日新聞)

 

事故が起きれば命にもかかわる大切な橋の検査に、法的な義務がないこと自体驚きです。
私は今まで、橋はまさか落ちるはずないと勝手に思い込んでしました。

 

チョッとぞっとしました。(>_<)

 

皆さん他人事ではないですぞ。

夏でもないのに、怪談並に怖い

 

政治家の皆さん、ポイントを外さない政治ぜひお願いいたします。

政局に明け暮れている場合ではないですぞ(;一_)

 



iso_hiramatsu at 10:03コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索