2012年08月

2012年08月29日

820日にシリアで取材をしていたジャーナリストの山本美香さんが政府軍の民兵に銃撃され亡くなられたという悲しいニュースが届きました。」


大学のときのクラスメートである島田茂君からいつものようにメールマガジンが送られてきました。


この間、シリアで亡くなった山本美香さん記事です。


「山本さんは、独立系メディア「ジャパンプレス」に所属し、アフガニスタン・イラクなど15年以上にわたって戦火の中で取材を続けてきました。


『中継されなかったバグダッド。唯一の日本人女性記者現地ルポ イラク戦争の真実』(2003年)、

『ぼくの村は戦場だった』(2006年)、


『戦争を取材する〜子どもたちは何を体験したのか』(2011年)

などの著書や講演会を通して、戦火の中で生きる子どもたちが、一日一日を懸命に生きている姿を伝え、なぜ同じ人間が憎み合い殺し合うのか、なぜ戦争がおこってしまうのか、平和のためにはどうしたらよいのかを、人々に問い続けてこられました。


山本さんは銃撃される直前までアレッポの街の様子を撮影していたといいます。


彼女のカメラの先には、爆撃されている危険な地域にも拘らず、通りを歩くお母さんに抱かれた可愛らしい赤ちゃんや、逃げることもできずに建物のベランダから外を見る女性や子どもの姿がありました。


「多くの人が激戦の中でとどまって生きている。彼らが何を思い、どんな暮らしをしているのかを伝えたい」。


そうした思いに駆られ戦場に向かった山本さんは、紛争による最大の犠牲者である女性や子どもの姿を人々に伝えてこられたのです。」
(日本YMCA同盟 総主事 島田 茂)



山本美香さんの死の哀しさが、心の中に深く沈みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 00:25コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2012年08月26日


先日、ISOの審査で大阪の岸和田に行きました。
宿泊したのが、南海電車の貝塚駅のそばでした。

そこで、一緒に審査を担当した審査員2人でお酒を、貝塚駅前の「白木屋」で飲みました。

 

螢皀鵐謄蹇璽兇経営している、洋風居酒屋です。

 

1品あたり安い割に味はよくて結構満足しました。(^_^)v

それで1人いくらくらいかなと思い、3,000円以下かなと思ったら、1人3,700円でした。

 

レシートを見たら、席料が取れられていました。

1
105円です。


この件は初耳でした。
メニューのどこかには小さくても書いているのでしょうね。

 

付き出しが1人、260円でした。

 

結論としては、私の単なる読み間違いでした。<(_ _)>

 

しかし、席料はちょっとひどいですね。

予約したわけでもなんでもないし・・・・。(;一_)

 

付き出しも1人分でも少ないような枝豆が一皿、これで2人分で546円ですと。(>_<)

相変わらず「突き出しビジネス」は、ずるいですね。

 

私は1人で行くと、まず付き出しを断ります。

値段の見合う付き出しを出すのは、10軒中1軒くらいだからです。

儲け優先の考え方がしっかり見えています。

 

しかし、席料というお店はあまりないでしょう?

 

天下のモンテローザがちょっと情けないです。
だって、売上高1,489円の企業ですよ。(24331日決算)


レンタルビデオの
TSUTAYA」や古本の「BOOKOFF」のFC事業も展開している。


そこの常務取締役の方が、今日(8月26日)のフジテレビの「報道2001」に出ていました。

中国人の著作権使用にモノ申すと、中国で「白木屋」「月の宴」「笑笑」などの看板を違法に使っている人に抗議に行っているとの内容でした。


確かに中国は、人真似を平気でするようなところがありますので問題ですが、
こちらモンテローザもあまりきれいではありませんね。

 

まず自分の身を正すことの方が大切なのではないでしょうか?

今はCSRが大切な時代です。


それで企業の社会的責任が果たせるのかな?(;一_)



iso_hiramatsu at 12:02コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年08月22日


今日は「楽しいディスプレイ」の話。
見て楽しいディスプレイは、もともと「見える化」と「象徴」をうまく取り込んだディスプレイです。


「見える化」をうまく実現したディスプレイは
まず、東京都江東区の東陽町にある「靴と鍵」のディスプレイです。
CIMG7071






















これを見るだけで靴と鍵、時計に関連する店であることがすぐに分かります。


CIMG7068


















そこに値段表もあり、その内容を見れば、何をビジネスにしているかもすぐに納得できます。

視認効果ということでいうと、いつも目にしていれば、自然と頭の中にも残る。

靴を直すとかが必要になったときは、このディススプレイが自然と頭に思い浮かびます。


CIMG7501





















これはやはり同じ江東区の「白河清澄駅」近くの釜めしの店。

CIMG7464























深川は、あさりの入った深川飯が名物。

その専門の店です。
江戸資料館通りの商店街にあります。落ち着いた商店街です。

次に「象徴」ということ。

良い例は、「ケンタッキーフライドチキン」のあのおじさんですね。
こちらは、大阪天神橋筋の店です。CIMG7810
























単なるお人形さんではありません。
あったかい店、ほっとする店・・・・になっています。

いくら見える化しても、品格がないものや猥雑なものは良いディスプレイとはいえません。

やはり、それなりに品格もあり、少し見上げるくらいの感じがよい。
CIMG7829























これは大阪市の「天神橋筋3丁目商店」街のアーケードです。

ここのシンボルは「天神さん」です。
だから、アーケードも天神さんの鳥居。
CIMG7820






















「シンプルイズベスト」です。

シンプルだから、心に残るともいえます

各国に国旗は一つしかありません。
国旗が国の象徴の一つだからです。


いろいろとあっても一つに絞り込むことが有効です。


深川釜匠の釜めしのディスプレイが良い例かもしれません。

それを見ると、その店に入れば何を食べることができるのか、
一目瞭然で食事内容の「見える化」になっているし、「釜飯」が店を象徴しています。


そして、「楽しい」こと。
見ていて楽しくなるディスプレイが良いディスプレイです。
見て楽しめること。
「でんきの高い(この文字が逆さま)店」も愉快なディスプレイです。台東区根岸の店です。
CIMG7115
















事業主のユーモアを感じます。
値段が安いということが、おかしみの中ですっと気持ちの中に入ってきます。
このすっとというのが大切です。

心理的な抵抗感を払しょくするには、笑いが一番です。

笑いがなくても、思わずにっこりする楽しさがあれば、効果がありますね。

面白いディスプレイをいくつか。CIMG7747


 

 


















大阪の天神橋筋の商店街の店です。
ここに入ると禁煙ができそう <(_ _)>


CIMG7732















これは東京駅の駅中でやっていた「駅弁祭り」の中のディプレイです。
ちょっと違った駅弁見本の一覧になっている。

千葉駅前派出所





















最後にJR千葉駅の前の交番です。ちょっとかわいい。
(^o^)/ 



iso_hiramatsu at 08:56コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

今日の午後ですが、天神橋筋商店街にお邪魔して土居さんにお話を伺います。

質問事項は3点です。

 

1.商店街としての社会的責任は何か

2.商店街、そして商店の環境への配慮をどのように考えているか

3.商店街、そして商店として「見える化すべきところ」は何か、逆に「見える化すべきでないところ」は何か


また、ご報告します。(^o^)/



iso_hiramatsu at 08:37コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2012年08月18日

そして、最初のエキュートである「大宮エキュート」の開業のときの話です。

「話は開業前日の夜に戻ります。
総責任者の新井も含めて、全スタッフが固唾をのんで、エキュートと駅をさえぎっているシャッターを見守っていました。

日付けが変わって、最終電車が出発した後の午前1時すぎのことです。

そのシャッターが上がり、初めてエキュート大宮がその全貌を現しました。

照明に照らし出されたその姿に、その場にいたすべての人が感動に浸っていました。


スウィーツ担当の岩瀬も、そのときのことを鮮明に覚えています。

『エキュートの全貌を初めて見たわけです。

すごく変わったと思いました。もう感動でした。涙ぐんでるメンバーもいたし。


本当にこんなふうに駅って変わるんだと初めて実感しました。




その後、全員で記念写真を撮ったのを覚えています。みんな興奮していて、ハィになっていました』




そのとき撮った写真には、最前列中央の新井をはじめとして17名が写っています。

どの顔も嬉しさに満ちています。




ただし、周囲にはヘルメット姿で工事を続けている作業員の姿も数名見られました。

そう、この段階でもやるべき作業は残されていたのです。




オープンではまず館内放送が流れ、店長の江越が手を上げればシャッターが一斉に上がる手はずでした。
インカムをつけた江越は、少し前から腕時計を見つめていました。




ところが一向に、館内放送が流れる気配がありません。
「やばい。流れない」。そこで江越は、10時になると「開店—、開店〜〜」と大声を出しながら、館内を走り回りました。




江越が36歳の誕生日の日に覚えているのは、この開店と叫びながら走り回ったことだけです。
(
ecute物語」p133)

この本の中で、ついこの3月までJR東日本会長だった大塚陸毅さんが、次のように書いています。


「たしかに、エキュート大宮やエキュート品川の成功は、我々経営陣の予想をはるかに上回るものでした。



駅構内の商業スペースに、わざわざ入場券を買って入っていただくお客さまが、こんなに増えたことには驚くばかりです。


あらためて、私自身も駅の持つ価値に気づかされました。


エキュートの成功は、「チャレンジングな会社」としてJR東日本のイメージを高めました。
と同時に、グループにいる社員たちの意識も変えました。

既存の事業、既存の会社にも、新しいことにチャレンジする風土が生まれつつあります。
これは嬉しい変化でした。そのことなしに、企業の存続発展はないと思うからです。

(ecute物語」p2)




今度大宮駅に行ったら、「大宮エキュート」もう一度よく見ます。

そしてまたご報告します。<(_ _)>




iso_hiramatsu at 17:52コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

今、JR東日本の駅ナカ「エキュート」に興味を持っています。 


「日暮里エキュート」「上野駅エキュート」について写真をブログに載せました。


「日暮里エキュート」http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52144033.html 


「上野駅エキュート」http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52143136.html

 
この「エキュート」半端でなく魅力的です。(>_<)

そのわけを知りたくて、「ecute物語」という本買って読みました。

 

少しわかりました。(^o^)/

「ハレの日、ケの日というのがあるでしょう。

百貨店がハレの日ならば、エキュートはそんなに背伸びしない「ちよいハレの日」というイメージなんですよ。


機能的な価値が中心だった駅が、もっと感覚的な価値というか時間価値を取り込もうとしている。

同じ5分でも、ただ電車を待つ5分ではなくて、エキュートに行くと楽しくて気分転換になる5分をすごせる。


ただお腹が一杯になればいいんじゃなくて、おいしいものを食べられる。
たった5分であっても、選ぶ楽しさとか、素の自分に戻って買い物ができるとか。

そんな価値を提供する空間なんです」

(鎌田由美子+社員一同著 「ecute物語」p110 かんき出版)


例えば、クリスマスイベントなど百貨店は10月の終わりからキャンペーンが始まりますが、エキュートでは「ちょいハレ」感覚で11月半ばから始める。

軽いノリ、重くないということです。


最初の大宮エキュートを開発するときに、鎌田由美子さんなどが試行錯誤の末に出した基本的な考え方は次の通りでした。

「まず空間が大切だということ。
どんなお店があるのかの前に、お客さまが自然と楽しくなるような空間をつくることが重要ということです。

むしろ、すてきで楽しい時間をすごせる空間のなかに、お気に入りのお店があるというイメージです。

エキュートが空間の一体感や演出にこだわる理由は、ここにあります。


まず、駅のなかにこれまでなかったような快適で、いつまでもいたくなるような楽しい空間をつくり出すことが、私たちの使命となりました。

「通過する駅」から「集う駅」。


この言葉 の具現化が、私たちのめざした「ステーションルネッサンス」です。」

(「ecute物語」p27)


これまでJR東日本ではいろいろな店舗を駅の関連では展開してきました。


そのときの考え方は、場所を提供し、店舗運営は出店者に任せる方式でした。
いわばショッピングセンター型の賃貸方式です。


しかし、それではイメージの一体感はない。

「小売業を営もうとする場合は、館を一つの大きな傘のように考えて、その下にお店が入ってくる感じになります。
同じ傘の下、つまり統一感のある空間に、エキュート側が考えたコンセプトに合うようなお店が展開していくことになります。」
(「ecute物語」p112)


「駅構内という場所を考えれば、ショッピングセンター型の賃貸方式ではなく、百貨店型の平場編集方式のほうが、売り場効率も契約的にもハードのつくり込みにしても合っている。

そして店と鉄道は融合する。

コンコースに開放的に店が並び、駅全体が見通しよく一つの空間として存在する、ということです。」

(「ecute物語」p35)


そして「エキュート」の意味。


「よくエキュ—トは、「駅をキュートにするという意味ですか」とか「駅にキュートなものがあるということでしょう」と聞かれますが、考えた意味は次のようなものでした。


「ecute」は、「eki」「center」「universal」「together」「enjoy」の五つの単語を組み合わせた造語で、「駅を中心に、あらゆる人々が集い楽しむ快適空間」をめざそうというものです。

あまりかた苦しくなく「楽しいことがキューっと詰まっている駅」を表しているととらえていただければ、それで十分です。」
(「ecute物語」p109)


しかし、「駅がキュート」の方が端的でとてもよいと、私は思うのですが・・・。<(_ _)>


後篇に続く。 



iso_hiramatsu at 17:49コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2012年08月16日

来週ですが、822日に大阪に行き、「天神橋筋商店街」

http://tenjin123.com/

の土居俊樹さんにお会いします。
土居さんは国土交通省が選んだ「観光カリスマ」のお一人です。


街づくりの中の商店街の役割を明確に言い切っている方です。

土居さんの書かれた「天神さんの商店街」に次のようにあります


「私たちが毎夜仲間と飲み、談笑する。

これも言いかえれは夜の街の見張番をしているということなのだ。


朝の早い「豆腐屋」「パン屋」は朝の見張番、そして多くの街商人は終日、地域の監視役として街を見守っている。

「街守り」が自然に生活の一部になっていること、これが街にとっても大切なのである。

(土居年樹 「天神さんの商店街」p42 東方出版)


商店街の人たちは街の見張り番、街守りであり、だから安心な街になっている。

商人が街を守り、そこから「ホッとする街」が生まれ維持される。

「バラバラで、民家、マンション、市営住宅、商家など住み方もいろいろで、学校や神社、寺院、教会などの建物もあって、公園、スポーッ施設、散歩道といった空間もある。

それぞれが必要に応じて活きている。

それはあたかもかやくごはんの具のようである。


際立って素晴らしいという一点主義ではないが、それぞれが一つの街といううつわの中で混在しあったかい飯とまじりあって、おいしいご飯になっている。

それが街なのだ。
いつまでも温かさのある五目飯、「ホッと(HOT)する街」これが本来の街の原点なのだ。」
(「天神さんの商店街」p43)

だから商店街を歩いている人は、土居さんだと

「人が一日の中で買物をする時間なんてわずかなんです。

しかも買物しながら、ぶらり歩きしている人も多いんです。

商店街を歩く人は人間社会の道としてここを步いてはるんです。
だから『社会の道』としてゆっくり楽しんでもらいまひょ」。
(「天神さんの商店街」p44)

12770005














「三つの願い」は「天満町街トラスト」です。


・伝統文化や住む人、来る人を大切にしていきまひょ

・心地いい大阪弁の聞こえる街にしていきまひょ

・ほっと(HOT)する温もりのある街に育てていきまひょ

この街は文化や大阪弁も大事にする。


そして土居さんは「街商人は三惚れせんとあきまへん」といいます。

「二十数年、街活かしをやってきて感じるのは,「街商人は三惚れせんとあきまへん|というこ とだ。

まず「街に惚れる」


我々街商人はその地で長年商いをさせてもらっている。
だからこの地
に恩がある訳だ。このお陰をもらっている街に惚れることが大事。
どうしたらこの街が喜んでくれるか、どんな言葉をかけたら街がこっちを向いてくれるかを語りかけないといけない。

次が「人に惚れる」。

私は男女を問わずたくさんの人に接した中で、自分なりに感性が合い、心が通じる人を何十人か、自分の引き出しに大事に保存している。
「このことならこの人に相談をしよう」、「これはあの人の知恵を借りよう」。
それぞれ、時に応じた引き出しを開けるのが好きだ。そしてこれが私を支えてくれているのだ。

そして「店に惚れる」。

これは偶然なのですが、この「天神さんの商店街」という本はアマゾンで購入したのですが、土居さんの自筆でサインなどありました。

「街商人の三惚れ 人に惚れ 店に惚れ 街に惚れる どいとしき」
角印もしっかり押されていました。


そしてなんといってもこの商店街はアーケードがなかなかです。

「アーケードは商店街の顔なん。
そやからこのアーケード見たらこの街はこんな街や、というイメージが通る人に分からんとあかんねん」
(「天神さんの商店街」p124)


これは土居さんの店のある「3丁目商店街」のアーケードです。
アーケードの天井に鳥居がぷら下がっています。


12770021















天神橋1丁目です。


12770016














天神橋2丁目です。



12770002














天神橋6丁目です。



それぞれのアーケードでした。

平成20721日撮影・・・。

最新の写真は

http://tenjin123.com/contents/notic/tanken/index3.asp
















 


 


 


 


 


 


 




 


 


 


 


 


 


 


 


 

12770011













天神橋筋商店街は1丁目から6丁目まである商店街です。
日本で一番長い商店街といわれています。

iso_hiramatsu at 05:27コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2012年08月14日

江戸CSRのビジネスについての原点を、石田梅岩の石門心学でたどります。

 

ある商人が、商人として道にふさわしい商いとはどういうことか、
ものを売り買いする渡世を続けていくにあたってどのように心がけたらよいのか、
石田梅岩に聞きました。

 

梅岩は次のように応えます。

「商売の最初の起りは、昔はある地域で余ったものを
他の地域の足らないものと交換するところから始まったと聞いています。」

 

「商人は算用に明るく、それを得意として仕事をしている身なのだから、
一銭のお金もおろそかにせず、その一銭一銭を積み重ねて富を作るのが商人の道なのです」

 

そしてそれは、結局誰のためのビジネスか。<(_ _)>

 

「富の主は天下の人々である。」と梅岩は言いきっています。

 

「富の主は天下の人々なり」。
天下の人びととは、武士も農民も町民もです。
身分にはこだわっていません。

商品を買っていただくお客様は身分のいかんを問わず、
商人にとってはすべてご主人ということです。

 

この石田梅岩の発想はどこから来たのか。

 

「この当時おそらく誰も考えつかなかったであろうこのような発想が、
なぜ梅岩の頭に宿ったのだろうか。


それは梅岩が丁稚奉公を経験した商人だったからである。
商人にとって、お金を儲けさせていただく相手はお客さまである。
お客さまに喜んでいただくことによって初めてお金が
.いただける。
それが富の元になる。

お金が入るとその富は自分のものだと思いがちである。
が、そのお金を払ってくれるのはお客さまである。
だから富の主はお客さまだということになる。」
(平田雅彦著「ドラッカーに先駆けた江戸商人の思想」p29)

 

「このようにお客さまも喜び、売った商人も喜び、
その上世の中の必要な物資を全国津々浦々まで行さ渡らせ、
人々の心に喜びと安堵をもたらすことができる。

それは自然の変化や万物の生育を司っている天地自然の理と符合ずるものであり、
まことに万々歳である。」(石田先生語録)


これはまさに
CSRの考え方ですね。
社会の皆が喜ぶことを目的とするいうことです。

 

「だからこのような行いの結果、富が山と築かれるようになっても
それは欲心というべきものではない。」ということになる。


自分のためにお金を儲け、貯めこむのではないということです。

 

梅岩は故事を引用します。

「昔、青戸左衛門という人がいて、10銭のお金を川に落としたとき、
50銭のお金を費やしてそれを拾い上げたという故事がある。

これは公のお金を失うことを恐れて私心を抑えた一つの例であり、
その意のあるところを味わうべきである。」

 

10銭を拾うために50銭使うのは算盤としては合いません。
青戸左衛門は個人的には
40銭損しています。
しかし、社会全体からみれば、
10銭のお金がしっかり確保された。
個人としてのお金ではなく社会としてのお金が、
10銭損をしなかったということです。

 

富の主は天下の人々であり、そのために流通するお金は社会のためのお金であるということです。
だから個人的には
40銭損しても、社会的責任として10銭拾って、

社会としてのお金10銭を無駄にはしなかった。


社会としての富を大切にするということです。

 

「このような心で当たれば、いま幕府から出されている倹約令にもかない、
天地自然の理、人間の大道にもかなっているので、きっと幸せを
得るに違いない。


そのように
して自分も幸せになリ、人々の心も安んじさせる役割を果たすことができるならば、
それは本当の公民、国の宝ともいえるもので、
その心は天下の太平、平穏を祈る気持に通じるものだ。」
(石田先生語録)

 

これってまさにCSR(企業の社会的責任)そのものです。(^_^)v



iso_hiramatsu at 22:26コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

今気になっているのが、富士山の噴火です。

「富士山が噴火する時期は、早いとみていい。
私の試算では2011年±3年である。
大雑把にいっても、2020年までには噴火が起きる可能性は否定しくれないとみている。
(木村政昭琉球大学名誉教授 「今注意すべき大地震」p114青春出版社)

木村政昭氏は今回の3.11の大震災を予見した琉球大学の先生です。
独自の「噴火の目」理論で具体的に予想しています。

一方京都大学の鎌田教授も、、

「富士山の過去の噴火史は、古文書を調べることでもわかります。
その記述をていねいに読んでいくと、富士山が平均100年ほどの間隔で
噴火していたことが分かってきました。

ところが現在、富士山は1707年の噴火から300年間もじっと黙っています。

もし長期間ためこんだマグマが一気に噴出したら、
江戸時代のような大噴火になる可能性は否定できません。
(鎌田浩毅 京都大学教授(火山学・地球科学) サンデー毎日24.3.4号)

では、富士山が噴火したらどうなるか。

2004年に最終報告書が出された「富士山ハザードマップ検討委員会報告書」
http://www.bousai.go.jp/fujisan-kyougikai/report/index.html
を見てみます。

・桜島の事例から、降灰で車輪やレールの導電不良による障害や
踏み切り障害等による輸送の混乱が生じる。

・降灰がある範囲では航空機の運航が不可能になる。

・桜島の事例より1cm以上の降灰がある範囲では停電になる。

・農作物は2 cm以上の降灰がある範囲では1年間収穫が出来なくなる。
また、稲作は0. 5mmの降灰がある範囲では1年間収穫が出来なくなる。

・2 cm以上の降灰がある範囲では牧草が枯れて1年間牧場が使用できない。

(これは降灰があった場合には、作物が枯死したり、商品価値がなくなり、
また一旦降灰があると土壌にも影響を与えるため、
その年は収穫がなくなると想定されるためである。)

・停電、道路の通行不能、鉄道輸送の混乱、給水量の減少などにより、
生産額が減少もしくは操業が不可能になることが想定される。

「車輪やレールの導電不良による障害や踏み切り障害等による輸送の混乱」
「空気中の火山灰による運行不能」「電波障害により通信への支障」など。

「富士山ハザードマップ検討委員会」は、東京大学名誉教授で、
火山学の世界的権威として知られる荒牧重雄、山梨県環境科学研究所所長が
委員長をして、内閣府に最終報告書を提出した、権威ある委員会です。

サンデー毎日(2.2.19号)に富士山噴火による被害状況の記事があったのでご紹介します。

・「富士山の降灰はデータがないので想定は難しいが、
浅間山噴火の経験を基に想定しているのが信号機故障と視界不良です。

線路に灰が積もると車輪とレールが絶縁状態になって安全運転に支障が出る恐れが
あります。
列車の脱線は想定しにくいものの、乗務員が危険と判断した場合は緊急停止も
あり得ます。
(JR東日本広報課)

・道路網は、文字通り麻痺状態になります。
「必要に応じて通行止めの措置をとることかある」
(首都高、東名高. 速道を運営するネクスコ中日本).

・航空については、マップ検討委は「最大で6空港、1日当たり515便、約21万9000人」
に影響が出ると分析しました。
昨年のアイスランドの火山噴火では、欧州で1日当たり1000便以上が欠航しました。

「火山灰と航空機ば非常に相性が悪い。
航空機のエンジンが火山灰を吸い込むと、灰を溶かして出口のところで再び固まり、
タービンが回らなくなってエンジンがストツプしてしまうといいます。

アイスランドの噴火では航空会社の被害が17億ドル(1,300億円)に達しました。」
(藤井敏嗣東大名誉教授 火山予知連絡会会長)

ライフラィンへの影響も心配です。

・「電気系統に火山灰が入り込むと破損の原因になる。首都機能は完全に麻痺する」
(中野俊産業技術総合研究所火山活動研究グループ)

・ライフラインの「軸」である発送竃施設の故障、すなわち大停電が
心配になってきます。
「噴火の規模、質、量、風向きなど様々な条件があると思うが、
電気設備に降り積もり、漏電などによるトラブルが想定されます。
(東京電力広報部)

火山噴火のメカニズムは次の通りです。

「マグマの中にはもともと5%ほど水分が含まれています。

割れ目によってマグマだまり内部の圧力が下がると、
この水が水蒸気となって沸騰します。
水は水蒸気になると体積が1000倍ほど増えます。

こうなるとマグマは外に出ようとして、火道を上昇し地表の火口から噴火するのです。

20世紀以後に世界中で発生したM9クラスの巨大地震の後では、
近くで火山が 噴火しています。
いわば、地震に揺すられてマグマが 落ち着かなくなってしまつた状態です。
従って東日本大震災の後も、国内にある活火山のいくつかが噴火を誘発される可能性は
高いのです。」

火山噴火は地震のように突然やってくるものではありません。
噴火の前にはいろいろな動きが出てきます。
マグマが上がってくると、山がわずかだけ膨らむ、という現象も起きます。

富士山は地震計や傾斜計などの観測網が、日本で最も充実している活火山の一つです。

最初に覚えておいていただきたいことは、突然マグマが噴出する心配はない、
ということです。

噴火の始まる1力月ほど前から前兆となる動きが観測され
直ちに気象庁からテレビや新聞など各種マスコミやインターネットを通じて、
情報が伝えられます。」
(鎌田浩毅 京都大学教授(火山学・地球科学) サンデー毎日24.3.4号)

しかし、予測が出て1か月で富士山が噴火して、間に合いますか????

今のうちから、富士山の噴火が皆さんの組織や家庭にどのような影響があり、
それにどのように対応したらよいか、
事前に検討しておくことが必要ではないでしょうか。(>_<)



iso_hiramatsu at 02:51コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年08月12日

「釜めし」のディスプレイです。
なかなか見事です。m(__)m


深川めしの店「深川釜匠」。

DSC_0031





















「まちづくり研究会」の仲間が写真を送ってくれました。

DSC_0032




















深川資料館通り商店街のHPです

http://fukagawa.main.jp/intro.html

・数々の歴史ある寺社仏閣、史跡に囲まれた、深川の人情あふれる商店街で清澄白河駅より徒歩1分、清澄通りと三ッ目通りを結ぶ所にあります。



・呉服屋、豆腐屋、石屋、など昔ながらの店が立ち並び、今なお下町情緒を残した縁台の似合う街です。

入口の江戸資料館付近は夏も涼しいケヤキ並木、現代美術館側は春には白とピンクの花が楽しめます。


一度行ってみます。(^_^)v









 



iso_hiramatsu at 18:46コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

「エキュート日暮里」はJR日暮里駅の改札内の商業集積です。
いわゆる「駅ナカ」です。
CIMG7317















JR
東日本グループのJR東日本ステーションリテーリングが運営しています。
北口改札内
380に、17店舗が出店しています。
2009年6月20日(土)にオープンしました。

CIMG7321















ま正面には洋菓子、和菓子の店が6店、奥まで並んでいます。


CIMG7319















店内がディスプレイそのものです。
「駅ナカ」の特徴ですね。


CIMG7320
















ストアコンセプトは「不易流行(ふえきりゅうこう)」。


■自分なりの個性を大事にし、毎日を過ごす駅利用者の利便性を高める機能に、焦点を当てます。


■急速に進化する時代の中で
"いつものだけど新しい「エキナカ」"での生活習慣を提案します。

「不易流行」は松尾芭蕉の言葉として伝えられている言葉です。
いつまでも変わらないもの中にこそ、移ろいゆくものが輝くといった意味でしょうか。
駅ナカはいつも変らぬが、その中の店はいつも新しく、そして輝いている。<(_ _)>

CIMG7318













「青山フラワーマーケット」てす。
エキュート額縁の中のフラワーのディスプレイ…。

CIMG7323














通路の右が北改札口です。

駅は人が多く交わる空間です。
JR東日本では、その空間の可能性を模索し、
「通過する駅から動く駅への進化」という目標を掲げています。

従来の駅についての考え方を覆えそうとしているようです。















iso_hiramatsu at 16:54コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2012年08月11日

JR津田沼駅にもう1年以上前ですが、Dila津田沼」がオープンしました。
よく津田沼駅には降りるので、ちょっと素敵なモールだなと思っていました。

Dila津田沼」は蠕虱侫好董璽轡腑鵐咼襪JR総武線の津田沼駅内で展開するモールです。
20店舗。地元千葉で生産されたものを地元で消費する
「千産千
消」をキーワードにした取り組みを展開しています。

昨日も行ったので、写真を撮ってきましたのて、ご紹介します。CIMG7413




















「ガトー・ド・ボワイヤージュ」。
スイーツのお店です。
2004年から2010年まで7年連続モンド・セレクション金賞を受賞したマドレーヌなど・・・。
CIMG7419



















結構人気のある「デニッシュペストリー」の専門店。
焼きたてだと本当においしい(^^)/
CIMG7415



















忙しいビジネスマン・OLも気軽に“きらく”に立ち寄れる「駅ナカのおそば屋」さん。
「いろり庵きらく」。
CIMG7427
















外から中がよく見える。
店内がディスプレイです。

CIMG7431
















横のチョッとしたディプレイ。
緑の植栽がチョコレート色の長四角に仕切られた壁によくマッチしています。

魚力海鮮寿司が8/10オープするとのことでした。
(^o^)


開発コンセプト
Marche favori(お気に入りのマルシェ)
いつも新しい、楽しい、季節を感じる
私の街のお気に入りの場所

施設環境コンセプト

Passage(ちよっと特別な、いつもの通り道)
感性豊かなライフスタイルにマッチした心地よい商業空間の構築

通勤時の途中に、毎日でも立ち寄ってもらえ、楽しんで頂ける「ワンランク上のエキナカ」 空間

施設ではグリーンディスプレイを多用しナチュラルで居心地のよい空間、通勤通学の お客様が
ほっと安らぎを感じられる空間を提供

CIMG7434











この奥でした。これは改札です。
CIMG7436











JR津田沼駅です。

Dila津田沼」はMarche favori〜いつも新しい、楽しい、季節を感じる私のお気に入りの場所〜」
をコンセプ卜に、千葉エリアにおける、ライフスタイルにマッチした心地よい商業空間を目指しているそうです。 



iso_hiramatsu at 15:38コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

ISOについてのニュースです。


これから
ISOで制定されたり、改訂されるISO規格のマネジメント文書については、

かなりの部分を「共通テキスト」にすることが要求されます。


例えば、ISO9001ISO14001を二つとも認証取得している組織・・・。


次の項目が「共通テキスト」になります。

「方針・目標・達成計画」

「責任・権限」

「教育・訓練」

「コミュニケーション」

「文書・記録」

「監視・測定」

「内部監査」

「マネジメントレビュー」


品質マニュアルや環境マニュアルを修正する必要が出てきます。


上記の項目について、共通の文書にするということです。

しかしこれを機に、
2つの規格をうまく融合して、より活用しやすいISOにすることもできます。

大事なところが共通になることでよりシンプルなシステムになる。


品質、環境の複合ISOを、
さらに「使いこなしてなんぼの品質、環境複合
ISO」にするチャンスということです


それでは、ISO9001の単独システムの組織はどうかというと、

やはり大幅な修正が必要になります。


「共通テキスト」規格の要求している章建ての順序が9001規格と大きく違うからです。


もちろん
9001規格では章の並びについての規格要求はありませんので、

今のままでの並びでも適合です。

しかし、要求事項に従った方が審査なども受けやすいと思います。


ISO9001の改訂が2015年にも実施されるとの情報もあります。

そのときには、品質マニュアルなどの修正変更が必要です。


それに備えることも、今から必要かもしれません。
<(_ _)>

 

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 14:43コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年08月10日

順天堂大学医学部の奥村康教授がその著書の中で書いています。



「『薬は飲まない』『医者にはかからない』が一番の健康法」
(「健康常識はウソだらけ」p91  WAC出版)



今ベストセラーになっている本です。



「今の医療では薬をどんどん使います。


とりあえず当面の症状を抑えようというわけですが、
それで当面の症状は軽くなるかもしれませんが、
かえって体に悪い影響を与えているのです。」
(p94)



その根拠の一つに、「ドクターズルール425」を上げています。


「ドクターズルール425」は1994年に出版された医師のための心得を集めた本です。



アメリカの大学で医学部長として長く務めたクリフトン・
K・ミーダーさんが、
教育や診療の現場で試し、実際に臨床上役に立つものを
425のルールとしてまとめたものです。



・可能ならすべての薬を中止せよ。

それが不可能ならば、できるだけ多くの薬を中止せよ。



・特定の臓器に特異性のある薬しか存在しない。

すべての薬の効力は全身に及ぶ。



・病院は危険な場所である。

賢明な方法で、しかもできるだけ短期間利用しなさい。



・あなたが診ようが診まいが、ほとんどの外来の病気は治るものである。



このあなたとは医者のことです。

医者が診ようが診まいが、病気は治るといっています。



その通りです。



ただ、注意しないといけないのは、お医者さんも薬も、あるときには必要ということです。



風邪を引けば、お医者さんに診てもらい、風邪退治の薬をもらいます。

たぶんお医者さんに行かなくても多くの場合治ります。

しかし、ぐずぐず長引いてしまう。



対症療法といいますが、その症状をやっつけて、早く治すことが大切です。



いけないのは、薬に頼ってしまうこと。



私は血圧が高くて、もう10年以上も血圧の薬を飲んでいました。

しかし一向に良くなりません。

もちろん数値は薬を飲んでいたおかげで、正常値を維持していました。



血圧を上げているのはストレスです。

それを解決しなければ根本的な解決にはなりません。



それがわかり、前にも書きましたが、
「あせらず、あわてず、ゆっくりと」を実践していくと
ストレスも減り薬を飲まなくてもよくなりました。



ストレスという根本原因を取り除いたということです。



医者になるべく行かない、薬もなるべく飲まない。


しかし、本当に必要ならばお医者さんに診てもらう。

そして、薬も服用する。



それを自分の判断でするということです。



決して、医者や薬剤師を敵対視してはいけません。(^o^)

何かあれば、よく相談することですね。



しかし、私がいつもいくお医者さん、
とても忙しそうでゆっくりと相談に乗ってくれそうもありませんが。
(;一_)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 04:31コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2012年08月09日

江戸CSRの初代は長生きした人が多いのはご存知でしょうか。


三越百貨店のあの初代、三井高利は72歳、住友家初代政友は67歳、
鴻池家初代善右衛門85歳、長谷川家初代次郎兵衛にいたっては92歳でした。


他にも中井源左衛門が89歳、西川甚五郎が79歳、
ちょっと若いかなと思われる大丸百貨店の創業者下村彦右衛門正啓でさえ、61歳です。


初代の長生きは、自分に対するコントロール力を持っていたことによります。


自制心を確実に持って日ごろの生活ができたからこそ、皆がしっかりとついていきました。
リーダーシップの源が自己コントロール力であることは間違いありません。


「商売をする以上、ときとして悪の誘惑に心が動かされることもあったに違いない。

しかしそのとき、彼らの心に天の理(ことわり)が警鐘を鳴らした。


それに応えて彼らは耐えた。


その結果、一つの悟りが開け、平常心の有難さを感得していったのでないか。」

(平田雅彦著「ドラッカーに先駆けた江戸商人の思想」p116 日経BP)


初代の多くは仏教信者で、人生の後半、法名を名乗っている人が多い。

例えば三井高利は晩年宋寿と称し法体の身になりました。


そして、近くに仏教の高僧がいて、仏教に深く帰依した場合も多い。

白木屋創業者大村彦太郎可全。

「商いは高利をとらず正直に、よきものを売れ 末は繁盛」
まさしく正直の一途の精神である。
それは無難禅師の影響によるものだった。

無難禅師の教えは

「心のもとは物にとらわれないことである。
心の動きでいちばん大切なのは慈悲の心である。
素直であり、穏やかであり、もののあわれを知る心こそが大切である」

というもので、可全はそのぞの無難禅師の教えを固く守って、誠実に徹し商いを行った。

(平田雅彦著 ドラッカーに先駆けた江戸商人の思想p182 日経BP) 


一方・・・・・。


「人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度生を受け滅せぬ者の有るべきか」


織田信長が桶狭間の戦いの前に舞った幸若舞「敦盛」です。


怒涛のように京都に進軍する今川義元の軍勢45,000人に対して、小田信長の軍はわずか2,000人。

織田の家来は籠城を進言した人が多かったのですが、

織田家当主信長は死を覚悟で奇襲作戦に打って出ました。

その前に舞ったのが、この幸若舞「敦盛」です。

源氏の武将熊谷直実が平氏の武将を討ち取りお面をはずしたら、
それが笛の名手で、我が子と同い年の平敦盛だった。


無常を感じた熊谷直実は、京に上り敦盛の獄門首を盗み、荼毘に付しました。
そして、遺骨を奉じ、法然上人の許で出家した。


生者必滅。一度生を受けた人間の命は五十年。


降伏し、目先の安楽を求めるよりも、限定の中の生を直視し、死を恐れず、己を偽らず、
戦って悔いを残さずとの思いで舞ったのが幸若敦盛といわれます。

そして、織田信長は最期は本能寺の変で自決しました。
その歳が奇しくも49歳。

 

江戸商人の初代の方々と戦国武将の勇・・・。


命のかけかたの違いが際立ちます。<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 04:11コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2012年08月04日


JR
上野駅の「ecute(エキュート)」です。

CIMG7372













いわゆる「駅ナカ」の飲食店、物販店の集積です。
開発は
JR東日本リテールネット。

CIMG7369












中に入るとこんなのです。
洋菓子、和菓子、惣菜、弁当。
次はこの集積の斜向かいの側の店舗群。
CIMG7362












駅弁や、ちらし鮨、おむすび、いなりずし専門店、ベーグル…。

次はその近くのちょっと一休みの場所。
CIMG7364












もちろん飲食店もたくさんあります。
CIMG7354













CIMG7360
















これは野菜専門のレストラン「みどりのキッチン」。
とても素敵な、見事なディスプレイです。


CIMG7359












ここではあのコンビニの「NEWDAYS」でもこのディスプレイです。

彩やかです。

CIMG7382
















「浅草今半」の作業場のみえる化ディスプレイ。

CIMG7383












「餡舎ひよ子」。
大判焼を店員さんが焼いているのがやはり
「見える化」しています。

CIMG7388












靴屋さんです。
修理をしているのがわかるディスプレイです。
CIMG7392
















右側がこうなっているんです。
下は奥の靴の修理場が少しだけ見える。

リアルの一部見える化です。
熟練のデザイン・・・・。

CIMG7351












「ecute(エキュート)」でした。

CIMG7390












そして、上野駅の「駅中」でした。

偶然ですが、「エキュート上野統轄店長」のwさんと話ができました。
品川駅のエキュートでは、開発の総責任者をされたそうです。

日暮里駅と大宮駅にもエキュートがあるが、違うデベロッパーだとのこと。
それぞれエキュートはコンセプトが皆違うのだそうです。

一つ面白い事を教えていただきました。
あの東京駅の「ごまたまご」。
知っています?
東京名物になったお菓子です。
あれはお店の人なんかと皆で総出で考えたのだそうです。
東京名物に何とかしたかった・・・・。
下からの盛り上がりを大切にするといったことのようです。
また東京駅に行ったの、報告します。(^^)/

しかし、このエキュート、昨年にはできていた。

常磐線沿線の平松君としては、いつも通っている駅なのですが、ここまで充実して、そしてデザインの素敵な「駅中集積」とは思いませんでした。

そうしたら、w上野駅統轄店長、
「宣伝が下手ですみません」ですと。(>_<)

そうかなあ<(_ _)>


以下、追加です。

上のエキュートの[リニュ一アルコンセプト:With Harmony]

美術館、博物館、動物園が集積し、文化、歴史、自然の息づく文京エリアと、昔ながらの職人気質あ ふれる下町エリアが融合する上野駅において、「森」「駅」「街」が一体となり、地域との共生共創を目指 します。

[デザインコンセプト:Artisan Promenade(アルチザンプロムナ一ド)]

上野の森の自然と、職人(アルチザン)たちの芸術性を表現し、お客さまの心が豊かになるような空 間を創出します。

[展開内容]
・上野エリアの話題性のある商品の提供や「街歩きマップ」の配布などを通じて、駅から街への回遊 性を高めます。

・食物販の店舗では、動物をモチーフにした和菓子、洋菓子などを取り揃えます。
また、品質重視の 惣菜など、つくり手の愛情や暖かみが感じられる、個性あふれる店舗を展開します。

・飲食店舗では、女性のお客さまが一人でも気軽にご利用いただける店舗を取り揃え、素材やシェフ の技を活かしたこだわりのメニューや、エキナカオリジナルのメニューを展開します。

・カフェの中にコンシェルジュを配置し、周辺施設のご案内等お客さまのご要望にきめ細やかに対応 します。

以上、2010.9.7の「 リニューアルオープンのご案内」からでした。













iso_hiramatsu at 23:47コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

 

先日、「均衡待遇・正社員化推進奨励金」の支給申請に行ってきました。

私としては2件目の申請です。

 

東京の場合は、地下鉄「九段下」駅から67分のところにある、

厚生労働省の合同庁舎「東京労働局雇用均等室」に行きます。

千代田区役所とたしか一緒の庁舎だったと思います。

 

今回書類を受け取っていただいたのは、

25歳くらいのTさんという女性公務員さんでした。

 

「均衡待遇・正社員化推進奨励金」には、5つの助成金があります。

その中の一番メインの助成金「正社員転換制度」の申請です。

 

「正社員転換制度」は、パート社員や期間契約社員を正社員にすると

最初の1人は40万円、2人目からは20万円、9人分まで出ます。

なかなか使い勝手の良い助成金です。

 

何点か参考になること教えていただきました。

 

・正社員に登用する非正規社員に差別があってはいけないということ。

 

パートさんも期間契約社員も嘱託も

アルバイトの規定が就業規則にあればアルバイトさんも、

それぞれ公平に正社員になれる制度でないといけない。

 

ここは「雇用均等室」です。

雇用の機会を均等にし、公平に処遇することを推進している部局ですから、

当然といえば当然です。

 

・「正社員転換制度」では、正社員に登用するときの基準として、「試験」があること。

「試験」という文言を就業規則に入れていないといけないということです。

 

・正社員転換の時期について、明確にしていること。

 

いつ転換できるのかを明確にすることは、非正規社員にとっては大切です。

やはり正社員に早くなりたい、いつなれるのかを知りたいと思います。

 

この2つは、この奨励金の「支給申請の手引き」に書いてあります。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/dl/110411_2_all.pdf

 

助成金で大切なのは、「不支給要件」をしっかり押さえておくことです。

 

助成金のパンフレットには必ず書いてあります。

 

社労士の方でこの記事を読まれている方は、注意をしてください。

 

この助成金でいうと、パンフレットp22に「不支給要件」が6つあります。

この中で注意すべきは1つです。

 

「支給申請日から起算して過去1年間に、労働関係法令の重大な違反があった。」

 

この不支給要件の内容、前に厚生労働省本省のこの助成金の担当の方に、

具体的にはどのようなことかを確認しました。

 

「労働関係法令の重大な違反」とは、過去において、

「勧告された」「送検された」がないということでした。

 

これで不支給の要件の程度がしっかりわかりました。

 

勧告や送検は普通はあまりないことです。

 

だから、例えば最低賃金を割って賃金を支払っているとか、

残業代を支払っていないとかいうのは、

かなりの労働法違反なのですが、改めて支払えば支給になるということです。

 

逆に、労働法令に違反しない支払い方もあります。

このあたりは近くの社労士さんに相談してみてください。

 

支払うべきものが労働者に支払われていないことは労働者にとってもよくありません。

 

その不具合をこの助成金をもらうために解消できるのであれば、

皆ハッピーです。(^o^)

 

ただTさんが言っていまた。

「この助成金ちょっと人気がないんです。

前はハローワークなどが窓口だったのですが、

いろいろと支給申請のときにうるさくなってので、

使いづらくなったと言われます。」

 

しかし、これって考え方です。

 

雇用調整助成金などのように、あいまいなチェックをしているから不正が絶えません。

それでは大切な公金が横領されているのと同じです。

押さえるところはきちんと押さえるべきです。

 

ただ、ちょっと問題点が一つある。

 

「正社員転換制度」の場合、正社員ですから社会保険の被保険者にならないと

いけないということ。

 

法人の場合、社会保険の強制適用事業所ですから会社自体が入っていなければ

いけないし、そこの正社員であれば被保険者になって当然です。

 

だから、この転換制度で正社員になれば当然社会保険の被保険者ですと。(>_<)

 

社会保険の被保険者でなければ正社員として認めないし、不支給になります。

 

小さい法人企業で社会保険に入っていない会社はたくさんあります。

社会保険の会社負担は給料の12%です。

10万円の給料であっても12,000円の会社負担です。

これを払ったら経営できない。

 

だから入らないのではなく、入れないのです。(;一_)

 

そんな会社で働いている人はたくさんいます。

その人たちこそ、期間契約社員でなく正社員になりたい。

安心して生活するために・・・・。

 

しかし、その人が正社員になってもこの助成金は支給されません。

 

理由を聞きました。

 

「正社員になったら良いことがないといけませんから…。」ですと。(;一_)

 

やはりお役所の方にはわからないのでしょうか(>_<)

 

この助成金は、私のような専門家に頼まなくても、自分で十分支給申請できます。

 

それ用に私の方で螢屮譟璽http://www.kkbrain.co.jp/

からDVDを出しました。

 

今、一番もらいやすい助成金

http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/002000000034/

です。

 

ぜひ、参考にしてください。(^o^)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 
























iso_hiramatsu at 07:02コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月02日

CIMG7344
















JR松戸駅の駅ビル7階のケーキ屋さんです。

CIMG7345
















外から作っているところが見えます。ケーキ制作のスタジオ・・・・。
これってディスプレイそのものですね。

CIMG7350
















こちらもよくある、蕎麦屋のそば打ち処。
中で蕎麦打ち名人が、蕎麦をうっている。

CIMG7349
















「街の洋食屋」ですと。
字体の曲線の美しさとウィンドがうまくバランスされています。
少し魅力的な看板ディスプレイです。

蕎麦打ち処の蕎麦屋さんの隣の店でした。



iso_hiramatsu at 22:37コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

「『人は外見は不動明王のように厳しく、心は慈悲であるべきだ』

宋寿はたびたび手代や丁稚を叱りつけ、彼らがわかるまで厳しく注意をされた。



だが、ひととおり注意をしてわからない者には、

それ以上注意すればかえってその者の心労を増やすに違いないものとして、

それ以上は立ち入ることを避けられた。」

(平田雅彦著 ドラッカーに先駆けた江戸商人の思想p136 日経BP)



宋寿とは江戸時代の三井家初代高利のことです。



懐の深い、本当に苦労した人だからこそ人の気持ちが良くわかり、
相手のために叱り、相手がそれにかなうだけの力量がないと見るや、
それ以上踏み込むことは避ける。



「慈悲」という言葉が一番ぴったりくる、三井家初代です。



次の二代目宋竺が初代の言葉として遺したものに「宋竺遺書」があります。



「相手の気持ちを斟酌せよ」とそこではまず言っています。

相手の心を考えたうえで自分の行動を決める。



次に「使用人の良し悪しは、主人の心がけ次第」。

「誠実さを持って人を使えば人はまた誠実さを持って応えてくれる。
使用人のあり方は主人のいかんにかかっている。」



最後に「元締め役は主人の諫め役、下への戒め役たれ」。


元締め役とは三井家の場合総括管理者のこと。

京都に3人、江戸と大阪にそれぞれ2人置いていました。

使用人としては最高の立場の方たち、ご主人を支える最高幹部です。



豊臣秀吉の場合の弟の秀長、本田宗一郎の場合の藤沢武夫・・・・。
いわゆるナンバーツーです。



三井家でも主人を支える人の重要性をよくわかっていた。



この3点を2代目が初代の言葉としてしっかりと遺した。



三井家での初代と二代目。

非常にうまく展開しています。


「家」という存在が、歴史的に意味ある充実したものとして
豊饒な時間軸のなかで息づき、展開しています。



やはり、300年続く組織の豊かさですか・・・・。(^_^)v


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 21:54コメント(1)トラックバック(0) 
ビジネス 

次のチェックリスト、うつ病をはじめとした気分障害についてのものです。

ご自分に当てはまるものがないかどうかチェックしてみてください。



気分障害的な症状
□今まで楽しめていた事が楽しめない
□何をするにも億劫になった
□以前より活動的でなくなった
□頭の回転や動作が以前よりスローになった
□気分の変化が激しい
□物事に集中できない
□自責の念が強い
□性欲の減退
□睡眠の変化(不眠または過眠)
□食欲の変化(食欲不振または過食)
□自殺の事が頭に浮かぶ


私なんか、この11のうち、いつもだいたい34つはあてはまります。
「物事に集中できない」「以前より活動的でなくなった」「睡眠の変化」・・・・。



うつ病を特別の病気と考えてはいけません。
風邪を誰でもひく様に、うつ病の因子は誰でも持っているということです。
他人事ではありません。(>_<)



本日、メンタルヘルスマネジメントの講師を担当してきました。


螢泪優献瓮鵐肇汽檗璽http://www.ma-support.co.jp/

主催の「誰にもわかりやすいメンタルヘルスセミナー」もわかりやすいメンタルヘルスセミナー

http://www.woman-support.com/lecture/essence_120.html

です。
CIMG7337

























うつ病にかかってしまうのはどうしてか。

「疲労が溜まったとき、朦朧とした意識の中で引きづり込まれるようにして眠りに落ちていった経験は誰でもが持っている。

けれども、極度の疲労を抱えた者たちが一様に口にするのは、
「眠れない」「寝つきが悪い」「夜間、何度も覚醒する」という、まったく逆の現象である。
体が眠りを要求しているのに、脳が不連続に興奮し続けているものと思われる。

睡眠不足長引くと作業能率が落ちてくる。

誤作動が頻発してくる。

その理由はどこにあるのか?

脳神経細胞を動かしている源泉ともいうべき覚醒パルスが低下していることによる。」

(「こんな上司が部下を追い詰める」p198 医学博士荒井千暁 衒厳歃媾)

あれもしないといけないし、これもしないといけない…。
やりかけの仕事の記憶同士が脳の中で交錯する。
披露した状態では「覚醒パルス」が不足する。
「思考の交錯」どんどん進んでいく。


これが進んでいくと、朝どうしても起きることができず、出社できない状況になってしまう。

これは誰だって起こりうることです。

メンタルヘルスを守るには、
「セルフケア」「ラインケア」「社内スタッフケア」「社外専門家ケア」の4つのケアが必要です。

仕事でコントロールがつかなくなるのは、

自分でしっかりケアする「セルフケア」と上司がしっかり部下を見て上げる「ラインケア」を
しっかり実行すれば防ぐことができます。

会社の中でそれがしっかりできる教育などが必要です。
CIMG7325んな話をしました。



























皆さんの会社いかがですか?

私が指さしているは、「職業性ストレス簡易調査票」です。
東京医科大学公衆衛生講座で検索し活用できます。
会社でけっこう使えます。

メンタルヘルスは、予防の仕組みがとても大切です。

螢泪優献瓮鵐肇汽檗璽箸六骸蠕の田町駅から歩いて5分くらいのところにあります。

田町には、1868年に勝海舟と西郷隆盛が江戸城開場を巡って交渉した薩摩藩蔵屋敷があります。
CIMG7342

























そのモニュメントが駅にあります。とても素敵です。(^^)/



CIMG7338


 
















 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



iso_hiramatsu at 04:26コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索