2013年02月

2013年02月28日

今「労働新聞」のメルマガが配信されたのですが、その中の記事です。(2013.2.27配信)

「今回の総理による賃上げ要求は、従来までとその扱いに大きな違いがありました。

それは、総理官邸に経済団体幹部を呼び寄せて、総理と直接対面する形で行われたことです。」
(労働新聞2013.2.27配信)


安倍総理大臣が、経済団体に賃上げを要求した例の件です。


「文書だったり、マスコミを通じて要求するのとでは、まったく異なる重みを持っていました。

形式的な違いに留まらない多大なインパクトがあり、実際にも経済団体の中では、『官邸にまで呼ばれては無視できない。何らかの対応が必要では』との声が上がっているようです。」(同記事)

 

今までの何人かの首相も生活者・消費者である労働者の賃上げを要求しました。
しかし、なしのつぶてで終わった・・・。


しかし、 今回は少々様子が違ってきている模様です。


「とはいっても、賃上げするのは経済団体ではなく、個別企業ですから、総理
による賃上げ要求がそのまま反映されるとは思えません。


もちろん十分な収益があり、月例賃金によるコスト増に耐え得る企業は、引き上げに踏み出すでしょうが、多くの企業ではそう簡単にはいかないといえます。


とすると、総理による賃上げ要求が広く効いてくる?のは、一時金決定・支給の場面ではないかとする見方が強まっています。」(同記事)


夏の賞与は7月前後の支給ですが、そのあたりに影響があるのではとのことです。


「一時金が支給されるのは、いうまでもなく7月前後で、ちょうどいいことに参院選直前となります。

現政権としてもこれが狙い目と考えているかもしれません。」(同記事)


現安倍政権の一番の課題は、夏の参議院選挙に勝利することです。


「賃金や一時金が思惑通り引き上げられたとすると、安倍総理への支持が一層高まり参院選に勝利する条件が1つ整います。


参院選に勝利すれば、長らく悪者扱いされてきた『ねじれ状態』が解消し、その後の政権運営はスムーズになっていきます。


実は、その先に待ち構えているのが、労働規制緩和です。

経済団体は、前政権下での「労働規制強化」の流れを恨みに思っているはずです。


安倍総理が参院選に勝利し、難しい労働規制緩和に着手できる見通しが出てくれば、賃金や一時金の引き上げに本気で取り組む企業が拡大する可能性が考えられます。」(同記事)


そうか、安倍さんなかなかの深慮遠謀家なんだ。<(^´)>
 



iso_hiramatsu at 02:21コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月23日

昨日届いた「労働新聞の最新」号に次のようにありました。

「厚生労働省は平成25年度、「有期・短時間・派遣労働者等キャリアアップ助成金」を創設する。

関連する既存の助成金・奨励金を統廃合するとともに、メニューを刷新し、非正規労働者の企業内でのキャリアアップを包括的に後押しする考えである。」(労働新聞225日号)

今まであったいくつかの助成金を統廃合しての助成金です。

「均衡待遇・正社員化推進奨励金」やなどが3月いっぱいでなくなりますが、今回の「有期・短時間・派遣労働者等キャリアアップ助成金」に代わります。

「有期契約労働者を正規雇用に転換した企業に1人当たり40万円を支給するほか、職業訓練を実施した場合の経費や賃金助成を行う。

各種助成を受けるには、厚生労働省が新たに作成したガイドラインに沿って、「キャリアアップ計画」を作成する必要がある。(同新聞)

助成メニユーは、

「正規雇用・無期雇用転換支援」「人材育成」

「処遇改善」「健康管理」

「短時間正社員の導入支援」

「パート労働時間拡大促進」
6つです。

「人材育成支援」は、Off-JTOJTともに対象になります。

助成額はOff-JTの場合賃金助成で1時間当たり800円、経費助成が上限30万円、OJTでは賃金助成が1時間当たり700円です。

OJT
の場合は、ジョブカードを使っての36か月の有期実習型訓練であることが必要です。


「正規雇用無期雇用転換支援では、有期雇用労働者を正規雇用に転換した場合1人当たり40万円 、同じく無期雇用に転換した場合は同20万円、 さらに無期雇用労働者を 正規雇用に転換した際にも同20万円を支給する。」(同新聞)


ジョブカードはかなり有効なツールですので、人材育成に効果的な取り組みが可能です。


「処遇関連」では、すべての有期雇用労働者などに適用する基本給の賃金テーブルを作成し、3%の賃金増額を行った企業は1人当たり1万円の助成、「職務分析職務評価」をして賃金テーブルを作成すると1事業主当たり10 万円 が上乗せになります。

「健康管理」を目的としたものでは、有期雇用労働者などを対象とする健康診断制度を規定して、実際に4人以上実施したときは1事業所当たり40万円がを支給されます。

「パート労働時間拡大促進」では、パート労働者の週所定労働時間を 25時間未満から30時間以上に拡大した際にも1人 当たり10万円が支給されます。

支給の条件としては、「有期契約労働者のキャリアアップに関するガイドライン」に沿って、「キャリアアップ管理者」を配置すると同時に、「キャリアアップ計画書」を作成し、事前にハローワークに提出することが必要です。

「キャリアアップ計画書」ですが、「キャリアアップ計画」は1ページのみです。

 

「計画期間」「計画期間中に講じる措置の項目に「」」

「対象者」 「目標(訓練後に期待されるスキルや能力、その達成状況に応じた処遇など)」 

「目標を達成するために講じる措置」「計画全体の流れ」

6つを書くだけです。

参考例がありますので、それほど難しくありません。

この助成金、使い勝手かよさそうです。

そして何より窓口がハローワークであるのが良い。

これは朗報です。


今までは各労働局の雇用機会均等室だったり、雇用能力開発機構だったり、各都道府県に1つしかないところで、かつ対応に柔軟性がちょっとなかったりしました。

ハローワークですと、いろいろなところ、そして結構近所にあります。

対応も少し柔軟です。

期待できそうです(^o^)

 

上記の金額はすべて中小企業対象です。大企業は助成額が少し小さいので注意してください。

 



iso_hiramatsu at 02:28コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月21日

高年齢者雇用安定法が41日に改正施行されます。
ポイントは、今年の4月以降、希望する従業員は継続して65歳まで雇用しなくてはいけないということです。


ただし経過措置が認められています。

無条件で継続勤務での期間

年齢

平成2541日〜平成28331

61

平成2841日〜平成31331

62

平成3141曰〜平成34331

63

平成3441曰〜平成37331

64

この年齢以降については、その後の雇用継続については、基準を設けてその基準をクリアしたもののみ雇用継続することができます。

千葉労働局のパンフレットでは、次の基準が例示されています。

1.
直近の健康診断の結果、業務遂行に問題がないこと。
2.過去3年間以内に減給以上の懲戒処分を受けていないこと。
3.過去3年間に無断欠勤がないこと。

この基準をクリアしていなければ、無条件で継続勤務できる年齢以降は、継続しての勤務ができないという例示です。

しかし、この基準を高くすることはなかなか難しい。

継続雇用しないのは、「客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当である」ことと「高年齢者雇用確保の実施、運用に関する指針」にあります。

通常の勤務が可能な人は、継続雇用せざる得ないということです。

その意味でも、ハードルがかなり下がりました。


経過期間や雇用継続できない該当従業員についての基準は、労使協定を結び就業規則に明記しなくてはいけません。

それも3月中にです。

そうしなければ経過措置は認められません。


ということは、労使協定を結び就業規則に明記していない企業は、定年退職後65歳までは継続雇用が必要ということです。


就業規則の改訂が必要な企業はとても多いと思います。

4月以降では間に合いません。


これについての厚生労働省の意図は、65歳までの雇用継続が大前提ということです。
その例外措置として、わずかに経過措置を考えている。

4月以降、65歳までの雇用が当たり前になります。


必要な場合、今のうちに手を打たないといけないということです。(-_-;)


社会保険労務士の皆さん、顧問先の企業は大丈夫でしょうか。(-.-)



iso_hiramatsu at 07:52コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月20日

親しくしていただいている、米子の福村さんからメルマガの返信がありました。

内容が面白いので、ご本人の了解を頂き転載いたします。


PiTaPaの共通利用に制約が多いのは、他の交通系電子マネーと違い、後払い方式だからです。

3月23日からの交通系電子マネーの相互利用は、システムを相互利用できるようにするまでに2年以上かかっています。

ということは、PiTaPaの相互利用がさらに進むのには、相応の時間がかかると思います。」


ウィキペディアによると、

PiTaPa(ピタパ)は、スルッとKANSAI協議会が展開する乗車カード機能を基本に据えたサイバネ規格/非接触型ICカードのクレジットカードである。

乗車カードとしては近畿地方・東海地方・岡山県などの鉄道・バス事業者が導入している他、ICOCAと相互利用できる。」

とあります。


関西はまだまだ課題が多いということですね。<(^´)>



iso_hiramatsu at 02:39コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月19日

「エシカル消費といぅ言 葉を初めに耳にしたのは 2008年であつた。」

前資生堂の副社長であり、元厚生労働省局長の岩田喜美枝さんの毎日新聞の記事です。
(毎日新聞 「経済観測」13.2.14)

「エシカル」とはもともと「倫理的」が元の意味です。
だから、「エシカル消費」は環境に配慮した商品やフェアトレード商品の購入など、社会や地球環境のことを考えた消費行動をさします。


いまCSR(企業の社会的責任)ということがよく言われます。
岩田さんはそれを「企業の成長と社会の持続的発展を両立させる経営姿勢」と分かりやすく説明しています。
この場合Cはコーポレートの頭文字です。


エシカル消費は個人としての消費者なので、コンシューマー。
やはりこちらも頭文字がCです。
個人の社会的責任としてのCSRです。


エシカル消費の場合は、個人の社会的責任として、個人が環境や社会に配慮した買い物行動をとろうとするものです。


「まだまだ言葉の認知度は低いが、言葉を知らなくても環境配慮や社会貢献につながる買いたい、共感できる、という人は確実に多くなっていると思う。
若い女性や60歳代の男女にエシカル消費に理解や興味がある人が多いように感じる。」(同記事)


「大震災を経験した後、社会の役に立ちたいと考える人が増えていることを 思うと、エシカル消費は 今後の大きな流れになるのではないか との予感がある。」(同記事)


岩田さんも個人的に、生分解性素材のポリ乳酸繊維などを使った女性服ブランド「ECOMACO」や、採掘の過程で児童労働などの不正がないことが証明された宝石だけを使ったアクセサリー ブランドの「HASUNA」を愛用しているそうだ。


「両ブランドとも経営者は女性であるが、これらの商品には、彼女たちの社会を見つめる深いまなざしと美に対する感性が込められていると思う。」(同記事)


とても素敵です。(^O^)


しかしそれ以上に、個人が一人ひとり確実に社会的責任を果たすことで、社会の持続的発展に貢献できる。
これはとても素晴らしいことです。


それでは僕も、「個人の社会的責任」、しっかり果たしていこうッと。<(`^´)>



iso_hiramatsu at 00:40コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月17日

私は中小帰郷診断士ですが、「企業の見える化研究会」を何年か前に作り、ずっと続けています。
その「企業の見える化研究会」で、2月16日(土)に東京の江東区の深川地区にある、「深川資料館通り商店街」を訪問しました。

最初に、深川資料館通り商店街協同組合の分部登志弘副理事長から商店街の歴史など伺いました。
CIMG0209














この商店街の核になるのが、名前の通り、「深川江戸資料館」。
CIMG9786












東京メトロ半蔵門線の「清澄白河」の出口から5分程度のところ、商店街の入れ口から3分くらいのところにあります。

江戸資料館は江戸時代でも最後の方の天保の時代の深川のまちを見える化しています。

あの天保の改革や大飢饉、大塩平八郎の乱のあったこれから幕末に向かうそんな時代です。

展示室の中少しご案内します。
CIMG0230












これは「大店」といった文字通り大きな店の「多田屋」さん。
「干鰯魚〆粕・魚油」の問屋です。
隣りに立派な蔵があります。
深川が蔵の街といわれるのは、この蔵の存在です。

大きな暖簾、店の前にある水の入った桶、そしてわかりずらいですがが軒の上に設置された看板の3つが大店のしるしなのだそうです。

実はこの大店、もう一つこの町にとって大切な役割があります。

それは近くにある長屋の「大家」さんであることです。
CIMG0225
これが長屋の中の一つの家です。











舂米屋上総屋の通い職人の住まいです。
左の柵?の中には枕などの寝具が入っています。
神棚がだいたいあるようです。
祀っているの神棚には、富岡八幡様のお札が隣りにあります。
近くの門前仲町のあの富岡八幡宮です。

CIMG0226
















こちらは畳がない家です。
畳は自分で用意しました。
だからない家もあるわけです。

この前の茶色いのは蓆が焼けているわけではありません。
私の影です。(-_-;)

CIMG0228












これは長屋の共同便所。
上半分が開いています。
これは防犯のためだそうです。
不審者が隠れることができないようにしました。

洗濯や炊事のための井戸などもあります。
ここで開かられたのが、「井戸端会議」です。

ゴミためや、初午には長屋中の子供たちでにぎわうお稲荷様の祠なんかもあります。

長屋はコミュニティの場だったのですね。

そのコミュニティーを管理したのが、「大家」さんでした。

大家さんの仕事は
1.




この長屋の管理をしたのが、大家さんです。

CIMG0231


















iso_hiramatsu at 16:57コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月16日

ビジネスではそのプロセスとして、計画して、それを達成するための仕組みを作り、確実に実行できれば、何事もうまくいきます。
そこでのポイントは、良い目標のための計画であり、計画を達成できる適切な仕組みであり、仕組みを確実に実行できる力量です。
 

だから良い「目標」と、適切な「仕組み」、それを確実に実行できる「力量」が重要です。


今までも講演や雑誌の記事の中で、この話何度もしました。


ただ、今までは、仕組みのところを計画にしていました。

だからどうもすっきりしませんでした。

目標と計画はかなりオーバーラップするからです。

仕組みは手順のことです。
あの「5W1H」のことです。
計画を実行するための手順です。

だからまず、計画ありき。
計画作りに弱い人が多いですね。


計画は適切さが大切です。
適切な計画を作れるようになるには、何度も計画をして失敗することが大切です。(>_<)


失敗は成功の母。(^o^)


計画の失敗は、手順の改善を生みます。

段取り上手は仕事上手です。

段どりとは手順のこと。

特に「どのように」が大切です。
どのようにするか、その工夫がポイントになります。

もちろん「誰が」、「いつ」、「どこ」も大切です。
「何を」は、それがまずはじめにある。

そして忘れがちなのが、「なぜ」「何に」取り組むのかということです。

これがあいまいだったり、最初は明確だったのにそのうちよくわからなくなったりします。

このあたりぶれないことです。


そして良い計画を確実に実行すること。

忙しかったりするとなかなか手順通りいきません。
なかなかその業務に手がつかなかったり、いったん手を付けても手順に問題があったりして、うまくいかない。


そこでどのように軌道修正するか。
それが必要な「力量」なのですね。

大切なのは実行できる力量。
人の力量もあるし、設備・機械などのハード面の力量がまずある。

そしてパソコンソフトや「仕組み」にも力量があります。ソフト面の力量です。


「仕組み」の力量は、例えば、接客サービス。
接客の基本は挨拶です。

挨拶について「仕組み」を良くすれば、売り上げも上がるかもしれません。

「仕組み」として、例えば、お客さ名の名前を覚える努力をする。
そして、なるべく名前でお客様にご挨拶する。

「〇〇様、おはようございます。」・・・。
お客さんもそうすると、自分は特別に接してくれていると思うから嬉しくなります。
 

これが「仕組み」の力量アップということです。


必要な力量アップには、従業員への必要な情報の周知と、必要な力量にするための教育訓練の仕組みが大切になります。
教育訓練の仕組みについては、課題のある組織が多いですね。(-_-;)

良い「目標」を作り、それを達成する適切な「仕組み」を構築し、それを確実に実行できる「力量」を養成すれば、おのずと目標は達成します。(^^

これがプロセス管理であり、私の専門のISO9001そのものです。(^O^)



iso_hiramatsu at 07:27コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月11日

大分の旧友のフェースブックからのニュースの転載です。

【新唐人
20121223日付ニュース】

中国では社会の隅々に数々の予測できない危険が潜んでいます。
往々にして無防備な子供たちが犠牲になりがちです。

最近続く学校襲撃事件はもっとも直感的な一例ですが、実はもっと気づかれない危険に晒されています。

衣食住と交通手段。
生活の必需品であるこれらが、中国では知らないうちに子供たちに害を与える凶器となっています。

先ずは交通手段。

中国では厳格な監督管理と使用制度の欠乏により、スクールバスが老朽化し、定員オーバー、スピードオーバーなどによる事故が頻発しています。
報道によると、
20093月、北京ではスクールバスが事故を起こし、2人が死亡、3人が負傷、定員49人のバスに81人を乗せていたのでした。
201110月、湖南省婁底市では定員11人のスクールバスに32人を乗せ、児童4人が死亡し、26人が負傷。

同年11月、甘粛省正寧県では定員9人のワゴン車を改造したスクールバスが64人を乗せ、ダンプカーと衝突。幼稚園児20人が死亡し44人が負傷する大惨事となりました。

食品や薬品にも危険が潜んでいます。
頭が大きくなる毒ミルクやメラミン入り粉ミルク、細菌や化学品が基準値を超えるおやつ。
安全のため、多くの親たちはやむなく高値の輸入食品を買うしかありません。
しかし、毒ワクチンの出現は防ぎようがありませんでした。


学校建築と言うと、多くの人は
2008年の四川大地震を思い起こすでしょう。
手抜き工事のせいで多くの学校が廃墟と化し、多くの幼い命が下敷きになりました。


では、子供たちが遊ぶおもちゃや毎日身にまとう衣類は安全でしょうか。
20125月、湖北省黄石(こうせき)市で抜き取り検査をしたところ、児童衣類の合格率はわずか33%だったそうです。
広東省広州市の検査では、児童衣類の37%が不合格で、うち2%からは基準値を上回るホルムアルデヒドが検出。
ホルムアルデヒドは白血病を引き起こす可能性があると言われています。


至る所に危険が潜む衣食住と交通手段以外にも、子供たちに危険をもたらす要因は他にもたくさんあります。


先進国では、子供たちは手厚い保護を受けています。
例えば、カナダではスクールバスによる死亡事故はゼロ。
アメリカでもスクールバスの安全指数は自家用車やバスの
40倍です。
他にも、子供たちの権益は法律によって厳しく護られています。


台頭した大国を自称する中国で、子供たちが度々被害者になるのはなぜでしょうか。
ゆがんだ発展モデルと、官僚優先の体制が至る所に浸透しているとの分析もあります。
生存のために日々もがいている一般庶民とは対照的に、官僚は特別供給食品と特別医療を享受し、その子女も海外で豪邸に住み、高級車を乗り回しています。
庶民の子供は生まれた時点ですでに負け組みになっているのです。

新唐人テレビがお伝えしました。

http://www.ntdtv.com/xtr/b5/2012/12/15/atext814534.html.  (中国語)

(翻訳/坂本 ナレーター/村上 映像編集/工)

怖いですね。
国家の責任とは何かを考えさせられました。
国際規格ISO26000(組織の社会的責任規格)にもかなり外れています。(>_<)


ISO26000の6.3.7の「人権に関する課題5:差別及び社会的弱者」に次のようにあります。

児童
特に弱い存在であり,これは依存的な立場にあることも一因となっている。
児童に影響を及ぼす可能性のある行動をとる場合は,児童にとって最善の利益をもたらすことを中心に考慮すべきである。
差別の禁止,生存,発達,自由な表現に対する児童の権利などを含んだ,子どもの権利条約の原則を常に尊重し,考慮すべきである。



iso_hiramatsu at 11:06コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月07日

労働トラブルは労働基準監督署だけでなく、ハローワークも頼りになります。


私は「オールアバウト」という「相談者」と「それに対応する専門家」のITサイトに登録しています。

そのなかで、雇っている企業が自分を雇用保険にいれてくれないという相談がありました。
週の労働時間が28時間、すでに1年以上働いています。
雇用保険法では、この人を雇用保険に入れないと、しっかり法律違反です。

しかしこの労働トラブル、雇用保険関連ですから労働基準監督署はちょっと畑違いです。

しかし、ハローワークでは、あまり頼りにならないとお考えが、皆様にひょっとしてあるかもしれません。

しかし、それは違います。

ハローワークには企業に対する確認請求権があります。

雇用保険法施行規則8条に規定された権限です。

さっそくハローワークに相談に行くように回答しました。

それでどうなるかです。
ハローワークは企業を呼び出し、状況を調査し確認します。
雇用関連資料の請求権などもハローワークにありますので、「賃金台帳」「出勤簿」なども要求。
企業は持参するしかありません。

企業は「賃金台帳」「出勤簿」「労働者名簿」の法定3帳簿については作成する義務がありますので、逃れられません。

雇用保険に入れないといけない状況に企業が追い込まれます。

餅は餅屋ですね。(^o^)/



iso_hiramatsu at 19:33コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

あの「中小企業基盤人材確保助成金」
も廃止の予定となるようです。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/leaflet-haishi.pdf

 

これに代わる助成金の有無は3月中頃にはっきりするようです。

私もこの助成金は何度かやりました。

金額も相応に大きく、企業もいろいろと恩恵を受けた助成金でした。

政権が代わり、動きが本当に激しいですね。<(^´)>



iso_hiramatsu at 19:08コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

見える化というと、「今、ここに、自然に、見える化する」ことがポイントとよく言われます。


そのレベルの見える化もAランクの見える化ということで大切です。


例えば、パソコンのデスクトップには本当によく使うアプリケーションやフォルダのアイコンを置いておく。

しかし、Bランククラスのものをデスクトップに置くのは、Aランクアイコンがわかりづらくなり逆効果です。


業務の効率化で大切なのはBランクフォルダなどをいかにうまく使うかが大きい。<(`^´)>

前に作成したファイルをうまくフォルダに入れ分類し、そしてフォルダの名前をうまくつけて識別表示する。
そして、デスクトップに一つのフォルダとして見える化し、多層構造で保管、管理する。

デスクトップのフォルダにログインしていけば、自然に、そしてスムーズにお目当てのフォルダにたどり着ける。

その際大切なのは、あまり考えないで、クリックしていくと自然にお目当てのフォルダにたどり着ける、といったストーリーの明快さが大切です。


これは「パソコンフォルダ管理」プロセスの整理・整頓の2Sです。


ここでもやはり5Sが効率化のキーポイントですね。\(^o^)/



iso_hiramatsu at 08:06コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月06日

厚生労働省の本日のメルマガ、「均衡待遇・正社員化推進奨励金」は3月31日で廃止との内容でした。

 4月から新しい助成制度に移行予定だそうです。
(この内容は、平成25年度予算案に基づくものとのことです。)


「パートタイム労働者や有期契約の従業員について、正社員と共通の処遇制度や正社員に転換する制度を実施した事業主に支給する「均衡待遇・正社員化推進奨励金」は、3月31日で廃止します。

4月以降は、企業内での非正規労働者のキャリアアップを促進する、新しい助成制度に移行する予定です。」

とても使い勝手の良い助成金でしたのに、残念です。(>_<)

「なお、「均衡待遇・正社員化推進奨励金」については、下記のいずれかの制度を、労働協約、就業規則(全ての事業所)に定め、3月31日までに適用した場合は、4月1日以降も奨励金の申請ができます。」

「均衡待遇・正社員化推進奨励金の制度を適用する」とは、以下の(1)から(5)までのいずれかの取り組みを指します。

 (1)正社員転換制度:対象となる労働者を正社員に転換

 (2)共通処遇制度:正社員と対象労働者を共通の処遇制度により格付け


 (3)共通教育訓練制度:正社員と共通のカリキュラムで延べ10人以上(大企業は

  延べ30人以上)の対象労働者1人につき6時間以上教育訓練を実施


 (4)短時間正社員制度:対象労働者に短時間正社員制度を適用


 (5)健康診断制度:対象労働者延べ4人以上に健康診断を実施」


申請先も4月から変更です。

「申請先
 

 ・3月31日までに申請する場合  → 都道府県労働局雇用均等室へ申請してください。

 ・4月1日以降に申請する場合  → 都道府県労働局職業安定部へ申請してください。」


詳しくは、厚労省の下記のHPにログインしてください。
http://krs.bz/roumu/c?c=8258&m=19284&v=844ff141 



iso_hiramatsu at 18:36コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

「 鉄道ファン」という雑誌の記事です(2012.12.18)


「JR東日本「Suica」(スイカ)など交通系ICカード10種類を発行する全国11の事業者・団体は、2013年323日から全国でICカードの相互利用を始めると発表した。
10種類のカードのどれかを持っていれば、全国どこの鉄道でも乗れるようになる。」


あと1月ちょっとで、スイカなど持っていれば、どこの電車も乗れるし、かなり広範囲な店で買い物ができるということです。(^o^)


ただ、今まででも、スイカがあれば、名古屋でも大阪でも福岡でも簡単に電車の乗り降りができました。

それが一層進むということですね。


「今回は共通化できなかった「電子マネー」機能についても、将来的には共通化する計画だ。


共通化する交通系ICカードは、
北海道から九州までの各地域の鉄道を中心に使われている10種類。


2013
121日現在の発行枚数は約8009万枚と、相互利用できる枚数としては世界最大規模。 


Kitaca  (JR北海道) 

PASMO    (東京メトロや関東私鉄系)  

Suica    (JR東日本)  

manaca  (名古屋交通開発機構とエムアイシー)  

TOICA    (JR東海)   

PiTaPa  (関西私鉄系) 

ICOCA    (JR西日本)  

はやかけん    (福岡市交通局)

nimoca  (西日本鉄道) 

SUGOCA  (JR九州)



全国の鉄道52、バス96の各事業者で使え、全国約20万店舗でも買い物が楽しめる。


JR東日本の田浦芳孝常務は「1枚のカードで切符などを買う手間が省け、より利便性が増す。画期的なことだ」と強調する。

関西の「PiTaPa」は他地域の店舗で買い物ができないなど、完全共通化には課題もある。」
(鉄道ファン2012.12.18)

 

京都の市バスもSuicaで乗れるのですね。
便利な時代になりました。(^o^)




iso_hiramatsu at 05:34コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月04日

今日は、労働トラブルや労働法例について研究している「フェニックス」研究会の日です。
東京駅近くの事業パートナーの会議室をいつものようにお借りしての研究会です。

 

テーマは、「高年齢雇用安定法」関連のものです。

 



法律は3つに分類されます。

「公法」と「私法」、「社会法」です。

「公法」は憲法・刑法など国が国民に対して強制する法律。

「私法」は民法・商法など国民どうしの関係を規制する法律。

そして「社会法」は公法と私法の狭間にある法律で、労働法などです。



iso_hiramatsu at 15:36コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2月3日日曜日)ですが、私の所属している中小企業診断士の「まちづくり研究会」で、テラスモール湘南の現地視察訪問をしてきました。

1.自分のライフスタイルに合わせて、しっかり時間を使える場所になっている。
居場所がある。
「ワンストップライフ」(ワンストップショッピングのより豊かな発展系)



2.湘南ヴィレッジ、段丘テラス、モールの中もサーキットモールも含めゆとりある空間が多く、時間も相応に流れる。

CIMG9861















CIMG9872
















CIMG9956




















昨日はものすごく混んでいましたが、その割にせかせか感がそれほどなく、座るところも結構あり、

相応に自分の時間に合わせ過ごすことができると感じました。


3.階ごとのゾーニングのコンセプトが明確で、相応の店舗が配置されています。

15の核店舗も広いとともに品ぞろえも相応に充実しています。

ディスプレイもなかなかの店が多い。
CIMG9964














モール全体のイメージ戦略もかなり進んでいるようです。



iso_hiramatsu at 10:05コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

「卍の旗の下でのフルトベングラーのワーグナー ちょっとショックでした」をフェイスブックに投稿しました。

それに対する九州大分の友人北林 達也さんの投稿です。

「フルトベングラーは、トスカニーニとの対話で「あなたはナチだ」というトスカニーニに対して「私が、ヒトラーやゲッペルスが居るコンサートで指揮したからといって、私が直ちにナチであることになるのでしょうか? 
私は、彼らのためではなく、ドイツ国民のために演奏しているのです」という意味のことを言っていました。

ただトスカニーニはまったく理解を示しませんでした。
また多くのユダヤ人音楽家を擁護していました。

「非ナチ化裁判」で争点になったのもその辺りであったし、彼の多くの演奏は、そういう状況を反映しています。

戦後の1953年のウィーンフィルを振った第九や、1952年のブラームスの1番(ジャケットにオケを書いていない)などは、スタイルがずいぶん違います。」

私としては、かなり救われました。
北林さんありがとうございました。m(__)m



iso_hiramatsu at 09:33コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2013年02月02日

ユーチューブって凄いのかな、ちょっとショックというのかな???

第2次大戦下のたぶんドイツのどこかのコンサートホール。
解説によるとベルリンフィルとウィーンフィルが並べて書いてあります。
オーケストラはどちら???

あのナチスドイツの卍の旗での、フルトベングラーのマイスタージンガーの前奏曲。
ワーグナーのいつものぐいぐいと曲に引き込む力に、体ごと引き込まれていきます。

マイスタージンガーはワーグナーでも唯一の喜劇の曲です。
歌手として歌を歌っての競争で主人公のテナーが勝利して、好きな女性と一緒になれる、そんなハッピーな曲の前奏曲です。

しかし、話には聞いていました。
フルトベングラーが、ナチスドイツに反旗を翻さなかったこと。

しかし、今前の映像では、確かにあのおぞましいナチスドイツの卍の旗の下で、最も尊敬しているフルトベングラーが演奏している。

しかも、そのフルトベングラー、颯爽としていて、そしてとても若々しい。
生き生きとして躍動感にあふれた指揮です。

なぜか涙が出てきます。
純粋な感動ではありません。
悲しさです。
どんな気持ちでフルトベングラーは演奏したのでしょうか。

観客を一人一人映し出している映像。
彼らは、ナチスドイツを支持した民衆なのでしょう?

若い男性、女性、しっかりした紳士、淑女・・・。

フルトヴェングラー、ニュルンベルグのマイスタージンガー序曲
http://www.youtube.com/watch?v=CBeMGGN-U0c

なぜか前奏曲でなく、序曲になっています。

そういえば、今思ったのですが、この楽劇は正確には「ニュルンベルクのマイスタージンガー」です。
ニュルンベルク裁判で、そのナチスドイツは裁かれた。

これは単なる偶然でしょうが・・・。

しかし、この躍動感あふれる、フルトベングラーと「夜と霧」のあのガス室とどのようにつながるのでしょうか。
今は、混乱するばかりです。

iso_hiramatsu at 23:19コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

1.マネジメントに5Sを盛り込む

ISOを効果的に進めるには5Sは外せません。
「整理・整頓・清掃」の3Sとその結果としての清潔で、「4S」。
それを維持するための躾で「5S」です。

不要な情報を整理した後に、それを整頓して文書化する。
それが標準化。
そしてそれを「清掃」する。
それをISOではレビューといいます。


ISO9000
規格に次のようにあります。

ISO9000   3.8.7 レビュー

設定された目標を達成するための検討対象の適切性、妥当性、及び有効性を判定するために行われる活動。


2.仕組みと文書はレビューが大切

仕組みと文書はレビューが大切です。
最新版管理・最適版管理がポイントになります。

作った仕組みは会議などで検討して、目標を達成できるものにしなくてはいけません。
そのためには、その仕組みが目標達成にぴたりと合っているかという適切性、実際に使い勝手はどうかという妥当性、計画したものがどの程度達成したのかという有効性の観点からレビューします。

「整理・整頓」で標準化した仕組みや文書を、「清掃」することで、仕組み、文書が最新版・最適版としてうまく機能するようになります。

ゴルフの好きな方は、ゴルフ道具を一生懸命手入れします。
手入れが清掃です。
同じように、仕組みや文書も手入れをしなければうまく働いてはくれません。

4S
の「清潔」は「整理・整頓・清掃」の結果です。
仕組みと文書が最新版、最適版であることが清潔な状態に保たれているということです。


3.最後の5Sは躾して良い習慣にすること

しかしこれらはなかなか続きません。
それを続けさせるのが、5Sとしての「躾」です。

裁縫などで縫い目がズレないように、仮にざっと縫い付けておく「仕付け」が「躾」の語源といわれています。
子供が一人前になって世の中に出たときに、世間とズレないように、縫い付けておくことが躾です。

だから躾とは、決められたルールをいつもキチンと守る習慣づけ。「仕付けて」良い習慣まで持っていくことが大切です。



iso_hiramatsu at 21:39コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

ISOの審査に行ったときに業務プロセスの話をよくします。

業務プロセス ⇒ 目標×仕組み×力量 ⇒ 成果



「目標」は、業務目的、目標、方向性、あるべき姿、数値目標、趣旨(なぜその業務が必要か)など、


「仕組み」は、「目標」を達成するための具体的な計画、方法、

「力量は作った仕組みをこなす力量です。

人の「力量」は目的・目標をしっかり意識し、その仕組みをこなせる力量です。

しかし、「力量」は人だけではありません。
機械設備などの「ハード」は機能・性能が力量です。

また、「ソフト」もあります。
目には見えませんが、例えば「仕組み」そのものの力量もあります。

ある介護老人福祉施設に審査に行ったときに、食事のメニューを入所者に選んでいただけるようにしたところ、食事が進むようになったとの話がありました。
これなど「仕組み」を良くしたら効果があったということで、「仕組み」の力量がアップしたということです。

目に見えない力量としては、コンピュータのソフトウェアーなどもあります。
プレゼンテーションであれば、パワーポイントですが、計算書類になるとやはりエクセルです。

力量を確実に把握して「目標」の状況に応じて使い分けすることが大切です。

仕事ができる人は「目標」に応じてうまく「仕組み」を作り、それに合わせて自分の「力量」を培ったり、周りのハードとソフトの力量をうまく使い分けしています。

ご自分の仕事について皆をしをされると良いですね。(^o^)

このあたり、ISOとしっかり関連しますので、ブログに何回かに分けて書きます。

1回目は
ISOを使いこなすには(その1) (^_^)/~  13.2.1
http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52162301.html
です。

時間がありましたらご覧ください。m(__)m



iso_hiramatsu at 06:42コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年02月01日

1.ISOを使いこなすポイントは
ISO9001、ISO14001に限らず、ISOを使いこなしていない組織が多いですね。
これから何回かにわたり、ISOを使いこなす方法について書いていきます。

ISO
を使いこなすポイントは今ある仕組みを大切にすることです。
それで企業は十分に回っているということをまず意識することです。この
不況の時代に生き残っていることはすごいことです。
とってつけてISOを付け足すこと不要です。
企業実態に合った、企業運営の仕組みを基盤にして、ISOで補完するというように考える。
無理をしないISOですね。


しかし、中小企業では曖昧な計画で、無駄になっていることや成果が上がりにくい仕組みになっている場合が多々あります。
それをISOで補うことが必要です。

それは業務の中にPDCAサイクルを確実に組み込んでいくということで達成できます。

マネジメントの中にどのくらいPDCAが組み込まれているか、充実しているかです。

2.プロセス管理が大切
ISOでマネジメントするとは、プロセス管理により目標管理を確実にし、日常管理を質の高いものにすることです。

9001規格に次のようにあります。

8.2.3プロセスの監視及び測定

 組織は、品質マネジメントシステムのプロセスの監視、及び適用可能な場合に行う測定には、適切な方法を適用しなければならない。これらの方法は、プロセスが計画どおりの結果を達成する能力があることを実証するものでなければならない。計画どおりの結果が達成できない場合には、適切に、修正及び是正処置をとらなければならない。

簡単にいえば、業務プロセスについて、監視・測定して状況が分かる仕組みを作り、それを確実に運用して、どこに課題があるのかを明確にする。

そして、その課題を解決していくために修正と再発防止のための是正を確実に実行することをここでは要求しています。


業務プロセスは「目標」と「仕組み」と「力量」の掛け算です。

例えば、1
カ月に1000万円の売り上げが営業目標で、それを達成する仕組みを作り、それができる人が営業すれば自ずと1000万円は達成します。

目的・目標を明確にし、それを達成するための仕組みを作り、それをこなす力量を養成すれば成果は自ずと上がる

ということです。

3.「仕組み」と「力量」について課題を明確にする
しかし、現実には仕組みにも問題があるし力量だってそう簡単に身についているものでもありません。
だから「仕組み」と「力量」について課題を明確にする必
要があり、プロセスの監視測定が大切になります。
人の力量はその人が「目標」をわきまえ、「仕組み」をこなせる「力量」をどのくらい持っているかです。


「力量」は人ばかりではありません。
まず機械・設備などの「ハード」がある。
機能・性能が問題です。
東京から大阪まで鈍行の各駅停車で行くのと、新幹線で行くのでは大きな時間の差があります。
また、仕組み、ノウハウ、コンピュータソフトなどの「ソフト」の力量もあります。
これも機能・性能が問題です。
ワードとエクセルでは機能はまったく違います。


そして「仕組み」にも力量がある。
9001規格の「8.2.3プロセスの監視測定」で「
これらの方法は、プロセスが計画どおりの結果を達成する能力があることを実証するものでなければならない。」とありますが、業務プロセスを計画通りに達成するための仕組みについて、能力を実証すること、つまり「仕組みの力量」を明確にし、課題発見することがここでは要求されているということです。

業務プロセス ⇒ 目標×仕組み×力量 ⇒ 成果

(目的・目標を明確にし、それを達成するための仕組みを作り、それをこなす力量を養成すれば成果は自ずと上がる。)



目標  … 業務目的、目標、方向性、あるべき姿、数値目標、趣旨など

仕組み … 目的・目標を達成するための具体的な計画、方法

力量        

 →   目標をわきまえ、仕組みをこなせる力量

ハード(機械設備など)  →  機能・性能  

ソフト(仕組み、ノウハウ、コンピュータソフトなど ) →  機能・性能



 


4.
仕組みとそれをこなす力量がISOのポイント。
審査員としてスタートの会議のときにサンプリング審査であることをどの審査機関の審査員も話をすると思います。
業務プロセスのすべてを審査はできませんし、業務審査ではないので、すべてを審査する必要もありません。
仕組みがどうなっているのか、それをこなす力量があるのかどうか、不足ならどのように教育・訓練しているかを審査します。
課題がどこにあるのかがわかれば手も打てる。審査は業務改善、経営改善の材料提供をするということです。

5.目標管理も大切。これには環境ISOが良い
目標管理はISOがマネジメント規格ということで最も大切なプロセスの一つですが、これには、環境ISOが良い規格になっています。

14001  4.3.3目的,目標及び実施計画

組織は,その目的及び目標を達成するための実施計画を策定し,実施し,維持すること。実施計画は次の事項を含むこと。

a 組織の関連する部門及び階層における,目的及び目標を達成するための責任の明示

b 目的及び目標達成のための手段及び日程


品質ISOでは、品質目標の実施計画までは要求していませんが、環境ISOは具体的な実施計画まで作成するように要求しています。
この要求事項を達成するためには、そのフォローについての仕組みまでしっかり構築しなければいけません。


そしてもともとの目標設定の妥当性も考える必要があります。
目標達成できないときやその逆に簡単に目標達成できた場合などは、その目標そのものの妥当性について検討する必要があります。



iso_hiramatsu at 10:19コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索