2013年12月

2013年12月31日

ISO9001ISO14001の規格要求事項が2015年に改正されます。

かなり変わります。


それぞれ内容は80%くらい同じで、章の構成立ても同じです。

それにより、これから統合マネジメントを検討する組織も多いと思います。


先日、技術開発センター(http://www.techno-con.co.jp/index.html)で統合マネジメントセミナーの講師を担当しました。

そこでの結論を今回ご紹介します。


1.統合マニュアルをうまく作る


要求事項が9001,140012つあるので、それをまず明確にすることが大切です。

審査は900114001を充たしているかどうかが審査基準です。

規格要求事項は言葉が難しいのでつい敬遠しがちですが、根本の基準となるものです。


だから私はマニュアルに入れてしまいます。


マニュアルとして、「9001、14001要求事項」を左に、右に「当社の取り組み」で構成します。これについては螢愁侫アのHPに、また載せますので参考にしてください。


2.記録様式を活用する

もう一つは、今回要求事項がかなりいろいろと要求していることへの対応です。

例えば、品質目的、環境目的など評価するときの基準まで明確にし、文書化まで求められています。


これについては、細かい手順や基準などは記録様式の中で明確にすることです。

品質目的、環境目的は、計画をフォローするためのプログラムを作り進捗管理なども実施しないといけません。


それには記録様式を作成し、業務を進めると良い。

その記録様式に必要な手順や評価基準などをポイントを押さえて入れることです。


その際、大事なところのみに限定してわかりやすく記述することが大切です。くれぐれも細かくびっしりと文章を入れることなどないように・・・。

しっかり、誰も見なくなります。(-_-;)


3.統合マネジメントを業務運営の中核にする


そして統合マネジメントを業務運営の中核にすることが最も大切です。

形だけのISOなら認証登録を返上した方が良い。

提供する製品サービスが充実し、環境に配慮したサスティナブルなマネジメントシステムで事業運営、業務運営をしっかり実施することです。

統合してマネジメントは一つですので、これはしっかり実現できる可能性が高い。


以上統合マネジメント構築のポイントです。


もう一つ、規格要求事項の最初の章、第4章のタイトルである「組織の状況」についてです。

この章については、9001と14001では、要求事項の項目は同じですが、内容について、9001の方がかなり踏み込んで作成されています。

今回の改正で、第8章以外はほぼ同じという言い方が良くされるのですが、実はそうではありません。それぞれの章が結構違います。
現行のISO9001、ISO14001を前提に考えての今回の改正になっていることがしっかりわかります。

それを確実に把握するためにも、統合マニュアルの2つの規格を入れることが重要になります。

それをよく見たうえで、統合マネジメントシステムを構築します。

「組織の状況」では、ISO9001を基本にして構築します。
9001の方がより踏み込んだ良い内容だからです。

4.1 組織及びその状況の理解
「組織は、必要によりそのような決定を最新のものにすること。
関連する外部および内部の課題を決定するときは、組織は次のことによって生じる課題を考慮すること」

取り組むべき戦略課題か何か、今抱えている緊急の課題は何か、今後可能性のあるリスク課題は何か・・・・。

課題が明確になって初めて、マネジメントサイクルの計画もはっきりします。


そして次のように続きます。


「組織は、必要によりそのような決定を最新のものにすること。

関連する外部および内部の課題を決定するときは、組織は次のことによって生じる課題を考慮すること


a)組織の目的に影響をもちうる変化および傾向

b)関連利害関係者との係り合い、その受け止めかた、およびその価値観

c)統治課題、戦略的優先度、内部方針およびコミットメント

d)資源の利用性と優先度および技術的変化」


「決定を最新のものにする」とは、必要なレビューを確実に実施することです。


社会の動きは早い。

その流れをしっかりつかみ、対応するためには、定期的な、あるいはタイムリーな内部外部のコミュニケーションが大切です。

その仕組みを構築しておくことが、ポイントになります。

ポイントの一つは、目標成果を確実に達成することです。
また戦略的にも成果を上げることを考えて、確実に組織の状況を把握することを求めています。


課題を検討する切り口も明確にしました。

「変化・傾向」「関連利害関係者」「統治課題、戦略的優先度、内部方針、コミットメント」「資源」です。


それぞれの組織がこれらをチェックリストの項目にして、組織の課題を確実に洗い出すことも、良いかもしれません。

これが組織継続と発展につながります。

今回の規格改正、マネジメントの成果を上げる良い内容になっていること、ここでも感じます。(^O^)



iso_hiramatsu at 08:22コメント(2)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月30日

光陰矢のごとし。
本当にあっという間の60歳です。


今まで忙しく、そのときはそのときでいろいろとありました。

だから大切な瞬間、瞬間でした。


そして、12年で一巡りですから、これからの12年間、72歳までをどのように生きるか、今考えています。


やはり、まだまだですが、社会に役立つことを、あまり気負わないで確実に続けることですね。


「人さまの役に立つ人は周りから喜ばれます」そして、「社会の役立つ企業は長続きします」。
ちょっと考えたら、これは自明の理です。


皆それで楽しいし、充実もし、皆助かりもします。


来年も還暦まで生きてこれたことに感謝し、役立つ人を静かに味わいながら、笑顔とでゆっくりと過ごせればと思っています。


このブログで謹賀新年のメルマガを発信します。
これを読まれた方は、大変恐縮です。m(__)m


来年もよろしくお願いいたします。(^o^)



iso_hiramatsu at 22:43コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2013年12月29日

「所得税法等の一部を改正する法律」により、印紙税法の一部が改正されます。


現在、「金銭又は有価証券の受取書」について、記載された受取金額が3万円未満のものが非課税とされています。

これが平成2641日以降に作成されるものについては、受取金額が5万円未満のものについて非課税になります。


消費税増税の影響を緩和する方策の一部のようです。<(^´)>
だって、5万円まで印紙を貼らなくてよいのですから、その分買う気にもなるというものです。

むむ、チョッと良いですね。


国税庁 リーフレット

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/pdf/inshi-2504.pdf



iso_hiramatsu at 23:18コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月28日

「『靖国とは国をやすらかにすることであるが』とは側近が記す昭和天皇の嘆きである。

靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)への不満を示した言葉という。」


毎日新聞 20131227日の「余禄」の記事です。


安倍首相の靖国参拝について、今かなりの揺れが続いています。

わたしはこの件について自分なりの意見がありますが、控えます。


ただ、この昭和天皇の言葉は少し胸に響きます。


「昭和天皇が靖国参拝をやめたのはA級戦犯合祀への不快感からだったのは、近年元宮内庁長官のメモで明らかになった。


神社と折衝した先の側近は『国を安らかにしようと奮戦した人を祭る神社に国を危うきに至らしめたとされた人を合祀する』違和感も言い残した。」

(同「余禄」記事)


もう一つ、同じ毎日新聞の同日のコラム「なるほドリ」からです。


「1978年7月に宮司(ぐうじ)に就任した松平永芳(まつだいらながよし)氏は、直後の同年10月にA級戦犯の合祀(ごうし)に踏み切りました。

松平氏は合祀について後に『東京裁判の根源をたたく意図』だったと語った記録が残っています。


神社の社報もA級戦犯を『昭和殉難(じゅんなん)者』と呼んで犠牲者扱いするなど、東京裁判への否定的な認識が表れています。」

(同 「なるほどドリ」記事)


私は、宗教は純粋でありたいと考えています。
主観的な観点ですが、その私の気持ちからすると、当事の松平長吉宮司の政治的意図にかなりの違和感を覚えます。


どうもすっきりしません。(-_-;)


「一国の指導者の決断で重要なのはその心情の善悪ではない。

決断の結果を自分らの運命として受け入れねばならない国民に対する責任感にほかならない」

(同「余録」の記事)


安倍首相に対する言葉ですが、確かに…。(-_-;)



iso_hiramatsu at 15:46コメント(0)トラックバック(0) 
日記 
私の前のブログ 「静かな落ち着きのある、栃木県佐野のまちづくり。(^O^) 13.12.14」 http://blog.livedoor.jp/iso_hiramatsu/archives/52190503.html
 に、若色さんから返信が届きました。

ご本人の了解を得ましたので、転載をいたします。
 若色さんは私の前の職場の先輩です。m(__)m

「佐野の紹介ありがとうございます。
 僕は宇都宮ですので、佐野は数えるくらいしか行ったことないのですが、ここ数年、もし、田舎に引きこもるなら佐野あたりがいいかなと思っていました。

 落ち着いていてコミュニティもそれなりに保っており、東武線で浅草にも出られますものね。

 佐伯守美陶芸家の作品は、宇都宮へ行った帰りに、益子経由でいつも見てきますよ。

佐野にはそのほかにも石灰で財を成した富豪の美術館もあって、結構楽しめます。
こんな美術館もあります。安藤勇寿の少年のhttp://www4.ocn.ne.jp/~shonen/
 田舎の少年の頃が懐かしいです。
町中から離れていますが。
天明鋳物は、藤原秀郷が平将門を討った頃からの歴史があり、茶釜や、灯篭、お寺の鐘などの鋳物です。
 でも、県内でもあまり知っている方はいません。

宇都宮家が鎌倉時代に隆盛になった頃に、宇都宮家は鉄卒塔婆で供養している例があるのですね。
それは佐野の鋳物であって、鎌倉時代に技術が向上したと言われています。これ参考になります。 http://www.sctv.jp/~kurisaki-imono/history.html

 ちなみに、こんどのNHK大河ドラマは黒田官兵衛ですが、大分県中津ですね。
じつは、宇都宮家の分家は鎌倉時代から豊前城井の地頭職で、最後には、多分1500年末期頃に黒田官兵衛に中津あたりで滅ぼされたのだと思いますが。

中津は、福沢諭吉の故郷ですが、もともと豊前で、平松さんの大分とは文化がちがうのかな?
 ドラマには出てくるのかどうかわかりませんがご参考までに。
ちなみに元日弁連会長の宇都宮さんも愛媛(その後、大分に移住)ですが、愛媛の大洲市も宇都宮家が治めていたのですね。
当時の石高で日本の1割が宇都宮家の所領だったそうですから。

 それではまた。おからだご留意されて頑張ってください。」

iso_hiramatsu at 11:58コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

「厚生労働省は、国民年金保険料の滞納者のうち、所得が年400万 円以上ある人で、かつ13力月以上滞納している人全員に対して、財産の差し押さえを予告する督促状を送るなど強制徴収をする方 針を決めた。」


毎日新聞の一昨日の佐藤丈一記者の記事です。(2013.12.26朝刊


厚労省が、いよいよ本腰を入れて、年金徴収に乗り出したということでしょうか。

というより、社会保険の法人への強制適用などについて、まだ加入していない事業所へのかなり強い加入促進の圧力についてなど、かなり前から動きは始まっていました。


「低迷する納付率を向上させるのが狙いで、推計で約14万人が対象となる。

厚労省は来年度、督促状の郵送や人件費として今年度予算98000万円から大幅増となる535000万円を計上する。」(同記事)


税金もかなり投入します。(-_-;)


これでいまさらですが、注目されるのが、「所得が年400万円以上ある人」を特定のターゲットにしていること。

これは税務署との情報交換ができていることを示しています。


今までは縦割り行政でした。

しかし、これからは・・・・・。(-.-)


国民背番号制なども関連して、極めて注目されます。


「財務相と厚労省は縦割りで情報流通はないのであまり心配ない」などとお考えの社労士の先生がた、要注意ですぞ。(>_<)



iso_hiramatsu at 10:55コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

23日前ですが、スーパーマーケットの全国チェーンの(合)西友のチラシが、私の家に新聞折り込みで入っていました。


ちょっとびっくりしました。


ご存知かもしれませんが、西友の親会社は、世界一の規模のスーパー、ウォルマート。

ウォルマートのコンセプトは「EDLP」で「エブリディロウプライス」です。
だから新聞折り込みチラシは出しません。
「毎日が安売り」だからです。


それが23日前ですが、入っていました。


皆さんのお宅ではどうでしょうか。

やはりお正月に近いと、他に対抗して折り込みチラシを出さざる得ないのでしょうか???

 

 

 



iso_hiramatsu at 07:39コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月26日

「「観る」ということは物事の真の姿をみるということ。

そこに言葉が生まれるようです。」


私の尊敬する父、平松茂男の文章です。

「選者の箴言」という、大分合同新聞にずっと連載したものの中の一節です。


「作歌における特別な方法はもたないが、ただ、心得として、ものをよく観るということを大切として来た。

ものをよく観ることによってものの命に触れ得るだろうし、そこに言葉が生まれるように思う。」


歌を作る過程で、言葉が言葉として生成していきます。
そして、父はその過程を検証していく。


次は、メモと発表歌。

短歌新聞に発表したもの。


まずメモ。

「夏椿ありたるあたり草生ひぬ妻逝きて間もなく枯れし夏椿」


そして発表歌。

「妻逝きし頃より樹勢衰へて枯死せし裟羅を思ふことあり」


「植物にも愛情は通うという。

苗木から培い大事にしてきた妻が逝き、あとを追うように枯れた夏椿を思い妻を偲んだ。」

妻とはもちろん私の母のことです。

 

母は、もう20年以上前ですが、急病であっという間に亡くなってしまいました。

それまで病気一つしなかった、頑健な母でしたが、本当にあっという間でした。


父と母は仲が良かったですね。夫婦円満を絵に描いたようなカップルでした。

だから、父の作った歌、よくわかります。

メモに比べて発表歌にはリズムがあり、締った動きが感じられます。

夏椿を観て、母への思いが形となり、一つの歌に凝縮しました。
確かにそこに言葉が生まれています。



iso_hiramatsu at 00:52コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2013年12月25日

電話って難しいですね。

顔が見えないし、取り返しが聞きません。


相手目線がなかなか徹底できない。

書くのでしたらもう一回見直せば、何とか相手目線で確認でき、しっかり追加修正できます。


しかし、話はそうはいきません。

顔が見えない、相手の情報が乏しい状況の中で事が進みます。


ボタンのかけ違いなど結構あります。

それをフォローすればするほど、相手が怒ったりして・・・・。(>_<)


今日も顧問先と電話でチョッとトラブッてしまいました。すれ違いです。

違う人間である以上、すれ違いはあって当然かもしれません。


だから、やはり慎重さが必要ですし、ゆっくり生きることがいつもできていて、ゆとりや余裕をもっての行動が大切です。


電話を掛けるときは、事前に、話す内容を整理することもなども必要です。

相手の状況を思い浮かべ、話すことを考え、メモなども利用すると良いかもしれません。

どうしたら失礼にならないかもしっかりと配慮することもポイントです。

今日は反省しきりの平松君でした。(-_-;)


顧問先のMさん、申し訳ありませんでした。m(__)m



iso_hiramatsu at 14:13コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月23日

「橋山禮治郎・千葉商科大大学院客員教授(公共政策論)に言わせれば、『リニア中央新幹線は国家百年の愚策』である。


そもそも需要がない。人口減少の時代、座席稼働率60%前後の東海道新幹線と競合する。


他方、建設費が莫大(9兆円超)で、どだい採算が合わない。

しかも、電力を食い過ぎる。従来の新幹線の3倍から5倍といわれている。


それに自然環境への負荷が過大。


在来鉄道網との相互乗り入れ・連結ができず、不調和。

ルートの大半が地下40メートル以深で、万一の時、乗客救出が困難……。」


今日の毎日新聞朝刊のコラム「風知草:そんなに急いでいいのか」。

山田孝男さんの記事です。(20131223)


しかし着工は決定し、今回の税制大綱でも用地取得について無税になりました。


リニア中央新幹線は東京と名古屋を40分で結びます。

そして、東京と大阪を67分で結ぶ。


最高時速は505キロ。

2027年に東京名古屋をまず開業、14年後です。

そして2045年に東京大阪で全線開業になります。これが33年後。


今東京から大阪まで2時間半くらいですから、その半分の時間で東京と大阪がつながることになります。

確かにこれはすごいことです。ずいぶんと便利になります。


しかし、電力が今の新幹線の3倍から5倍、自然環境への負荷が大きいところなどかなり引っかかります。


確かに再度考えないといけないかもしれません。

しかし、もう走り始めています。

いまさら中止はできないでしょうね。


このコラムの最後にこうありました。

「原発震災を経て地震列島の緊張が増す中、大地を切り裂く巨大開発は時代錯誤だ。

今の新幹線の技術でも時速400キロは射程内という。

500キロは幸福の指標ではない。」


確かに・・・・。(-_-;)



iso_hiramatsu at 22:26コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

二宮町の後、「マークィズみなとみらい」に行きました。
http://www.mec-markis.jp/mm/

横浜からみなとみらい線に乗り2つの目の駅が「みなとみらい駅」。
そこに新しくできたショッピングセンターです。
CIMG7425













「マークィズみなとみらい」です。

ここはB4F。
CIMG7286













「マークィズみなとみらい」の入り口です。
CIMG7299













CIMG7300


















やはりなかなかの店がそろっています。
興味深い店…。
CIMG7313















CIMG7312













「金山新吉」。キッチン雑貨の店。

「より健康で快適な暮らし」で家庭料理が今見直されています。
日本人の複雑化する食生活を考え調理道具を整理分類。
キッチントータルライフスタイルを提案するショップです。

ポーネルンドあそびのせかい (3)














CIMG7319













軽井沢に本店を構える味噌、醤油の「酢重正之商店」。
地元長野の食材を多用し、半端なものを入れない自然の味が特徴の
和調味料のグローサーリーショップです。

CIMG7365













CIMG7366

















手拭い専門店「かまわぬ」。
このロゴとても魅力的です。

特別に何のお構いも出来ませんが気軽にお立ち寄り下さいという意味を込めているそうです。

手拭いや晒を使った和雑貨、遊びのある雑貨を展開しています。
人々が心地よく楽しい生活を送るためのお手伝いがコンセプトです。

CIMG7337













「モンベル」。

「Function is beauty」をコンセプトに、登山をはじめとするアウトドアアクティビティ、そしてトラベルや日々の生活を 快適に過ごすことができるウエアやギアを多数ラインアップしています。
CIMG7336

















マスコットのクマがかわいい。(^o^)/

CIMG7334













CIMG7333













「ブルックス ブラザーズ」。

ブルックス ブラザーズの歴史の中から、象徴的アイテムを厳選し、 カジュアルにアップデートし「REDFLEECE」ラインを中心に展開しています。
 
アメリカンファッションを代表するアイビースタイルを生かしながら、ポップでスポーティーな雰囲気をブルックス ブラザーズならではの世界観で表現しています。

CIMG7340













CIMG7346

















「3COINS」。

キッチン・バス・インテリア・靴下・アクセサリーなどの商品をベーシックなデザインのものから、 カラフルな色使いのものまで、すべて税抜き300円で幅広く取り揃えています。
 「何度でも行きたくなる!いつ行っても発見がある!3coinsはあなたの幸せをお手伝いする」雑貨店なのだそうです。

CIMG7328













「ALTERNATIVE・MINNETONKA」http://www.topwin.co.jp/

「1946年創業の米国老舗ブランド「ミネトンカ」、 1995年にカリフォルニアでスタートした「オルタナティブ」の合同店舗です。 
1つ1つ手作業で作る靴作りや何十年にも及ぶ生地開発など、 シンプルながらもこだわりのあるもの作りを行う両ブランドは海外やセレブの中で人気を集めています。」

CIMG7355













ファッション/メンズ・レディスの「go slow caravan」。http://goslowcaravan.com/

「旅行・野フェス・キャンプ・サーフィン・サイクリング等々、外遊び好きの仲間が集まって始めたブランドです。
 年齢とか肩書きとか国籍とか・・・外で一緒に遊ぶとそんな小さな壁が無くなって、 子供の頃のように裸の心ですぐにみんなと楽しくつながる。
 そんなスタイルがgo slow caravaのテーマです。」

CIMG7331













「LES TOILES DU SOLEIL」http://www.grams.co.jp/

「1860年にフランス最南端で生まれた“レ・トワール・デュ・ソレイユ”「太陽の生地」です。
 生地には多くの南仏の地名や人物名などが付けられており、ストライプと色で表現しています。
 その生地を用し、オリジナルのバッグや雑貨、ゴルフ用品を展開し、南仏のライフスタイルを提案します。」

CIMG7361













CIMG7381













CIMG7382


















「マーレマーレデイリーマーケット」http://www.maremare.jp/

「全てのお客様に楽しい気持ちになってもらえることをマーレマーレは第一に考えています。

私たちがお売りする物は「靴」という商品だけでなく買い物をすることの楽しさ感、気持ちよく買い物をする満足感・・・といった目に見えないけれど大切な空気のようなものです。」

CIMG7383













「Coen」。
easy chic〜気軽におしゃれを楽しもう〜がブランドコンセプト。
アメリカ西海岸のエッセンスを取り入れた定番アメカジスタイルから、程よい時代性を取り入れたトレンドアイテムをリーズナブルな価格で提供している。

CIMG7301













スポーツ/インテリア/スポーツ用品の「スポーツオーソリティ」。
http://www.sportsauthority.co.jp/

CIMG7307













「京急ストア」の文字が見えます。

CIMG7321













「澤光青果」。
生鮮3品の野菜・果物」。

CIMG7325













ここが、グロッサリーマーケットの「京急ストア」。http://www.keikyu-store.co.jp/

「食の安全・安心」をすべてに優先して、毎日の生活に必要な商品を、
 お買い得な価格でご提供いたします。」

CIMG7326













「東信水産」。
鮮魚です。

CIMG7327













「タカギフーズ」。
精肉です。

3階は「キッズルームおやこの森」です。
ポーネルンドあそびのせかい













「ボーネルンドあそびのせかい」。
あそびを通して得られたものは、豊かな人生に欠かすことのできない貴重な財産である、というコンセプト。
子供の遊び場もしっかり用意されています。

ポーネルンドあそびのせかい (2)













書いてあるのは・・・・。

「あそびのせかいのルール 

子どもが遊びながらいきいきと育つカを応援しよう。

そのために、これからの子育てに必要なこと。
それはみんなで子どもを育てること。

だから、こでは、 『親は、すべての子どもの親になる』という気持ちで、遊んでください。
そして、子どものために何かひとつだけでも発見して、それを持って帰ってください。

さあ、一度しかない『今日』という時間を、子もと一緒に思いっきり遊んで、お通ごしください。」

CIMG7370













CIMG7374














次は5階。「みんなの庭」。
そして、「オービィ横浜」。http://www.mec-markis.jp/mm/shop/detail/?act=MM0197
大自然超体感ミュージーアムだそうです。
予約がないと入れません。ですので、今回は中に入ることはできませんでした。
CIMG7388













CIMG7387













この奥がミュージーアムです。

次は休憩場所。
CIMG7347













ここも休憩場所がけっこうあります。

CIMG7353

















CIMG7354

















一つ一つ個性的です。

CIMG7356













CIMG7357


















次は4階。「みんなのフードコート」を中心に、たくさんの飲食店があります。
CIMG7394













CIMG7398


















CIMG7392













次が懇親会で入った店です。
CIMG7406













「築地食堂 源ちゃん」。
CIMG7407













品ぞろえが豊富でした。
味は相応でした。

CIMG7397

















CIMG7317













「町村農場」。http://machimura.jp/

まもなく北海道で創業100年の歴史を築く「町村農場」。
牧場に働くものが自らの手で、恵みの産物である牛乳やバター、ヨーグルト、チーズを作り、リンクや軽食、スイーツを提供している。
自家製プリンにソフトクリームをのせた「プリンソフト」はイチオシとか。

CIMG7420













4階、「東京ガス横浜ショールーム」。http://home.tokyo-gas.co.jp/showroom/tys/

「新築・リフォーム等、受託設備を検討中のお客様に、最新のガス機器・設備の体験を通じて・環境性と快適性を両立する豊かな暮らしを感じていただく住まいと暮らしの体験館」。

CIMG7424













そしてここから地下鉄に乗り、私は横浜経由で松戸に帰りました。



iso_hiramatsu at 20:49コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2013年12月22日

先週の土曜日12月21日ですが、神奈川県二宮町にまちづくりの視察に行ってきました。
CIMG7193













JR二宮駅です。

駅前に観光協会の運営するショップがありました。
http://shonan-ninomiya-kankou.com/

CIMG7199














CIMG7202













CIMG7204













「地元の名産品」がいろいろ品揃えされていました。

CIMG7207

















「お醤油」が名産品の一つです。

CIMG7206













ここは徳富蘇峰の故郷です。
「徳富蘇峰記念館」が近くにあります。

CIMG7205













二宮町観光協会の運営です。

次が今回の視察の目的のガーデニング講習です。
CIMG7222













まちづくりの一環です。
CIMG7235













造園芸家の二宮孝嗣さんです。
長野県の飯田からいらしての指導。

わかりやすかったですね。
ガーデニングにも「主役、わき役、引き立て役」があるとのことでした。
CIMG7239



















すこしわかりずらい
ですが、赤紫の「ストック」が主人公、その周りの「ハボタン」が脇役。
そしてその2つの花を引き立てているのが、細長い緑の葉の植物。
これってなんていう花というかなんという葉っぱ???(^o^)/

やはり色や形のバランスが大切です。
CIMG7226



















みんな楽しそうでした。
20人くらいの参加者。

CIMG7245



















ここの通りです。
「はな通り」というのですね。

「ニノス」は「NINOS」。
二宮町でもこちらは北側にあるから、二宮のノースで「ニノス」なのでした。
CIMG7244

















時速制限30kmということもあり、かなりの車が走っていますが、ゆっくりです。
何をしているのかと、だいたいの車がスピードをさらに落として走っていくとことでした。

このガーデニング、しっかり「見える化」になっています。
CIMG7264

















坂本町長がいらしたので、皆で集合。
というか、もう終了のミーティングでした。
青いジャンバーの大柄の町長さんです。

ガーデンの前













皆さんお疲れ様でした。
しかし、男性の受講者は0です。
そして、商店街の活性化の取り組みとしてスタートしたのですが、商店街からも参加者0人でした。

ここの商店街の方はシャイな人が多いと役所の担当者の方がおっしゃっていました。
しかし、心の垣根がなかなか取れないことがまちづくりのネックになっているとすると、この様なイベントに参加することで、その気になるのですが…。<(`^´)>

CIMG7252

















商店街です。
この道を少し行って右側がガーデニングの会場です。

CIMG7257













左がパン屋さん。昼食のパンを買いました。
アンパンとチキンバーガー、おいしかったです。
右が飲み屋さん。
この商店街は、飲み屋さんが4店くらいあったですね。
相応に繁盛しているそうです。

CIMG7213

















「すみ田」さん。割烹???
看板がしっかり「見せる化」できています。

CIMG7260













坂本町長のお店です。
「フラワーショップ さかもと」。

CIMG7255













八百屋さん。
CIMG7269













魚屋さん。

少し歩きますが、繁盛している肉屋さん。
CIMG7275













「ミートショップ しみず」。
お惣菜がおいしい、お肉の品ぞろえも豊かで、卸などでもしっかりと営業されいるようです。

CIMG7280













宮崎産、北海道産、・・・。
結構いろいろでした。

メンチカツが良く売れているとか、平松君は焼き鳥とから揚げを一つずつ食べました。
マッ相応の味でした。(-.-)

一緒に視察にきたメンバーは、メンチカツがジューシーでとてもおいしかったとのことでした。(^O^)
CIMG7273













これが近くの「生涯学習センターラディアン」。
http://www.town.ninomiya.kanagawa.jp/kurasi/sisetu/radiant/

実はチョッと前、9月なのですが、ここで講演しました。
例の「消費税率アップ」がテーマで、それに勝ち抜くにはどうしたらよいか・・・。
10人くらいの参加者で、かなり少人数で少しさびしい講演会でしたが…。(^○^)

近くの寒川町にも同じ講演内容でお邪魔しました。
とても環境は良いですね。

二宮町はベッドタウンでけっこう人が多い。
二宮駅の乗降客は平日で3万人だそうです。
これって結構凄い数字です。m(__)m

CIMG7248

















「ITふれあい館」です。
http://www.town.ninomiya.kanagawa.jp/it_fureai/

CIMG7247

















CIMG7246


















席がほとんど埋まっていました。
ほとんど小中高校生でした。
ご高齢の方もいらっしゃいましたが、ITの指導員とおぼしき方々でした。

なかなかのまちづくりでした。
CIMG7210













二宮の駅です。
これから横浜のみなとみらい駅に新しくできた、「マークィズ」に行きます。
それでは・・・。
CIMG7192













(^o^)/

iso_hiramatsu at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

KY」は「空気読めない」とちょっとバカにしたニュアンスがあります。

昨日のある会合でそんな話題が出ました。


しかし、今ちょっと待てよと思います。

KYは必ずしも悪くない。

空気がしっかり読めることで、全体に配慮し過ぎてしまうこともあります。


空気が読めないから、かえってぐいぐい全体を押して結果的に全体にとって良い結果になることだってあります。


大切なことは、自分の特徴をしっかりわかり、それをわきまえること。

他人を指導するのと同じ。

自分自身も良いところはしっかり伸ばし、悪いところは確実に是正していく。


KY」は「KY」でよい。

そんなことを考えている、今日この頃の平松君でした。(^o^) 

 

 

 

 



iso_hiramatsu at 18:44コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2013年12月21日

CIMG7171

















私の自宅のある桜通りです。

CIMG7168

















この質感は凄いですね。
生きている・・・・。

CIMG7175

















CIMG7178













常盤平幼稚園のバラです。

CIMG7183













しょうぶ公園。
CIMG7185













個々の樹も…。
CIMG7179


















CIMG7188














「しょうぶ公園」でした。

次はどうですか。
CIMG7190


















CIMG7191

















桜です。
これが春には満開になります。

CIMG7173

















桜通りでした。

iso_hiramatsu at 23:36コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2013年12月19日

私の自宅のある、千葉県松戸市の常盤平の冬です。
桜どおり…。
CIMG7155

















桜並木は今葉っぱが全くない、裸の樹の連続する通りです。
しかしです。
CIMG7159

















この蕾わかります????
命がこの蕾のなかなかに生き生きと息づいています。
これは水墨画の世界です。
白黒だから、いきいきと想像できます。
世界は心で見るとまた違う風景になります。

この蕾の中に、あの鮮やかな桜色が息づいている。

CIMG7154













これは近くの幼稚園に咲いている薔薇です。
こちらは想像でなく、物理的に赤い。
しかし、一輪、カレンです。(^O^)

赤がまぶしい。

CIMG7139













「しょうぶ公園」です。
こちには緑がたくさんあります。
常葉緑樹というのでしたか。
CIMG7140













なかなかでしょ。(^o^)/
CIMG7144













けっこう彩りもあります。

次は私の自宅の植えてある木です。
なんていう木でしたか???
CIMG7166

















よく見るでしょう。
CIMG7167

















ここでも赤がちょっとまぶしい。

CIMG7161

















しかし、やっぱり、常盤平桜通りの冬でした。m(__)m

iso_hiramatsu at 23:27コメント(2)トラックバック(0) 
日記 

2013年12月18日

ISO9001ISO14001の規格要求事項が2015年に改正されます。
かなり変わります。それぞれ内容は80%くらい同じで、章の構成立ても同じです。

それにより、これから統合マネジメントを検討する組織も多いと思います。

先日、技術開発センター(http://www.techno-con.co.jp/index.html)で統合マネジメントセミナーの講師を担当しました。

そこでの結論を今回ご紹介します。

1.
統合マニュアルをうまく作る

要求事項が2つあるので、それをまず明確にすることが大切です。

審査は
900114001を充たしているかどうかが審査基準です。規格要求事項は言葉が難しいのでつい敬遠しがちですが、根本の基準となるものです。

だから私はマニュアルに入れてしまいます。

マニュアルとして、「9001、14001要求事項」を左に、右に「当社の取り組み」で構成します。これについては螢愁侫アのHPに、また載せますので参考にしてください。


2.記録様式を活用する


もう一つは、今回要求事項がかなりいろいろと要求していることへの対応です。
例えば、品質目的、環境目的など評価するときの基準まで明確にし、文書化まで求められています。

これについては、細かい手順や基準などは記録様式の中で明確にすることです。

品質目的、環境目的は、計画をフォローするためのプログラムを作り進捗管理なども実施しないといけません。それには記録様式を作成し、業務を進めると良い。
その記録様式に必要な手順や評価基準などをポイントを押さえて入れることです。

その際、大事なところのみに限定してわかりやすく記述することが大切です。くれぐれも細かくびっしりと文章を入れることなどないように・・・。

しっかり、誰も見なくなります。(-_-;)


3.統合マネジメントを業務運営の中核にする


そして統合マネジメントを業務運営の中核にすることが最も大切です。
形だけの
ISOなら認証登録を返上した方が良い。

提供する製品サービスが充実し、環境に配慮したサスティナブルなマネジメントシステムで事業運営、業務運営をしっかり実施することです。

統合してマネジメントは一つですので、これはしっかり実現できる可能性が高い。


以上統合マネジメント構築のポイントです。


上にも書きましたがマニュアル見本や記録様式の事例見本など、株ソフィアの
HPにまた載せますので、参考にしてください。(^o^)



iso_hiramatsu at 03:32コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月17日

アイデンティティが壊れるときということ実感できました。

あまりに忙しすぎるとき。
今回は本当に忙しく、交感神経が異常に高くなり、仕事が終了しても、それが元に戻るのにかなりの時間を必要としました。


これが何回も繰り返して続くようですと、狂ってしまうなと思いました。

自分をコントロールする能力がなくなってしまいます。
統御不能。
故障のことを「アウトオブオーダー」と英語で言いますが、まさに、オーダーから外れた状態です。 コントロールできない。

アイデンティティは自らの視野の中で、自らのコントロールが相応にできている状態です。
それができなくなるのは、やはり神経の機能が正常でなくなるということです。


交換神経と副交感神経のバランスが相応に保たれて、何とか維持されている、そこまでは何とかなります。それがずっと続いているときは良いのですが、それが寝不足とか、疲労の蓄積で、交感神経の働きが一気に落ちたりして、交感神経と副交感神経のバランスが壊れたりしても、アイデンティティが壊れてしまいます。

うつ病はそんな時に起きるのでしょうか。

忙しすぎるのも本当に考えものです。<(^´)>



iso_hiramatsu at 10:33コメント(0)トラックバック(0) 
健康 
今まで忙しかったこともありますが、このブログにコメントをいただいても、ほとんど読んでいませんでした。
書くだけで精いっぱい、というのが正直なところでした。

しかし、やっと仕事も一段落しました。
これからは仕事に少し余裕をもって取り組みができそうです。
いただいたコメントもしっかり読ませていただこうと考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m

iso_hiramatsu at 08:18コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

再来年2015年ですが、ISO規格要求事項が品質、環境ともに改正されます。その要求事項の最初の章のタイトルが「組織の状況」です。

品質9001改正案では、今のところの委員会案ですが、

課題の明確化です。

取り組むべき戦略課題か何か、今抱えている緊急の課題は何か、今後可能性のあるリスク課題は何か・・・・。
課題が明確になって初めて、マネジメントサイクルの計画もはっきりします。

そして次のように続きます。

「組織は、必要によりそのような決定を最新のものにすること。

関連する外部および内部の課題を決定するときは、組織は次のことによって生じる課題を考慮すること
a)組織の目的に影響をもちうる変化および傾向
b)関連利害関係者との係り合い、その受け止めかた、およびその価値観
c)統治課題、戦略的優先度、内部方針およびコミットメント
d)資源の利用性と優先度および技術的変化」

「決定を最新のものにする」とは、必要なレビューを確実に実施することです。
社会の動きは早い。その流れをしっかりつかみ、対応するためには、定期的な、あるいはタイムリーな内部外部のコミュニケーションが大切です。その仕組みを構築しておくことが、ポイントになります。

「組織は、組織の目的に関連し、かつ、そのQMSの意図した成果および戦略的な方向性を達成する組織の能力に影響を与える、外部および内部の課題を決定すること。」


となっています。

目標成果を確実に達成すること、また戦略的にも成果を上げることを考えて、確実に組織の状況を把握することを求めている。


課題を検討する切り口も明確にしました。


「変化・傾向」「関連利害関係者」「統治課題、戦略的優先度、内部方針、コミットメント」「資源」です。
それぞれの組織がこれらをチェックリストの項目にして、組織の課題を確実に洗い出すことも、良いかもしれません。

これが組織継続と発展につながります。


今回の規格改正、マネジメントの成果を上げる良い内容になっていること、ここでも感じます。(^O^)



iso_hiramatsu at 07:59コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月16日

僕は「うま年」生まれで、来年60歳で還暦です。
しかし「うま年」ですが、馬という言葉あまりピンと来ません。

「馬」でぴんと来るとすると、NHKテレビで毎日曜日夜9時から放映している「馬医」という番組。

韓国の「メディカル史劇」です。


馬の医者から国王の主地位にまで上りつめる男の話です。

主人公に毎回ピンチが訪れ、それを人間としての抜群の力量と人間的な魅力で次々と乗り越えていく。いつもドキドキハラハラ…。
ワンパターンですが、そのときどきでストーリーにしっかれ乗せられます。


水戸黄門やフーテンの寅さんが受けているのと同じです。
生活習慣病で私などしっかり血糖値が高いのですが、こちらは生活習慣の良い、生活を楽しむことにつながる生活習慣に乗せた楽しみとでも言ったものです。

人間には定型なものについての感受性があること改めて感じます。(^o^)/



iso_hiramatsu at 12:11コメント(0)トラックバック(0) 
感想 

2013年12月15日

独立してまる15年がたちました。月日のたつのが早いこと、痛感します。あっという間に1年がどんどん過ぎていきます。(>_<)

勤務していた学校法人が倒産して全員首になり、独立せざる得ない状況でスタートしたのですが、やっとこの頃コンサルティングのコツみたいなものが少しわかりかけてきました。


当たり前ですが、「顧客目線」が大切ということ、そのためには「顧客の見える化」を確実に実現する力量が必要ということ、じっくり話を聞くことなどもとても大切なことなど、しっかりわかってきました。


そして、今、コンサルタントとして書くことの大切さを今らためて感じています。いろいろな場面で文章作成能力が試されます。文章を書くのはなかなかつらい面もあるのですが、楽しくもあります。

文章について語るとき、短歌で考えるとわかりやすい。
短歌で内容を五・七・五・七・七にまとめなくてはいけないので、推敲を十分にして、いらない部分を削り大事な部分を残していきます。この作業は「整理」「整頓」の2Sと同じです。いらないものを削り(整理)、その後定型句として言葉に残していく(整頓する)

文章を書くというのは、何が必要で何が不必要かを見極めることで、自分自身の考え方を推敲することにもつながります。


話すとその時間は取り返しがききませんが、書くことは推敲することによって、時間の許容範囲の中で、内容をコン卜ロールすることもできます。

コンサルタン卜という仕事は、話すことも大切ですが書くことにも気を使います。

コンサルタン卜にとって大事なのは、顧客を良い意味でその気にさせること。
話がうまいことも大事ですが、話し過ぎて相手がうんざりさせてしまうようではいけません。
そのためには相手がどういう人なのか、わかったうえで話をすることが必要です。
こちらも相手が何を考えているのか「見える化」することが大事です。

しかしこれがけっこう難しい。(-_-;)
いずれにしても「見える化」は大切です。



iso_hiramatsu at 19:59コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月14日

CIMG7010













JR佐野駅です。

栃木佐野市にリスクマネジメントの講演で来ました。
その講演については、またブログしますが、佐野のまちづくりちょっと素敵でしたので、ブログします。
CIMG7007













CIMG7005













駅前の小さな公園。
駅そのものがかなりきれいです。<(`^´)>

モニュメントもいろいろでした。
CIMG6982

















CIMG6983













「そよ風」。
とても心に柔らかく、さわやかに流れていきます。
CIMG6973


















CIMG6974














「くつろぎ」。
道にあるモニュメントでまちの性格が垣間見えます。

CIMG6957

















美術館もありました。
CIMG6959













「東石美術館」。
CIMG6960

















CIMG6962













外から見えるように飾られています。
うっとりします。
CIMG6964













佐伯守美さん(昭和29年栃木県宇都宮生まれ)の作です。
益子焼の大家です。

ここは足尾銅山鉱毒問題の田中昭三の旧宅もあります。
CIMG6988













「我が国の公害の原点といわれる足尾銅山の鉱毒事件で、その被害に苦しむ住民救済のために代議士を辞めて天皇に直訴した郷土の偉人、正造の半生をしのぶ、よすがとなっています。旧宅のそばには正造夫妻の墓もあります。」と書かれています。

「足尾銅山は、その当時国内において40〜50%の銅生産率で、国内第1位を誇っていました。
『銅と絹を売って、軍艦と兵隊を手に入れ、アジアの隣国へ侵略し、領土拡大を画策すること』が殖産興国を旗じるしとして世界の列強に肩を並べようとしていました。
銅は絹とともに外貨を稼ぐための最大の商品価値を有していました。

しかし足尾銅山の害毒はすさまじかった。

正造は『足尾銅山の操業をやめさせろ!』『戦争は犯罪である。世界の軍備を全廃するよう日本から進言すべきだ!』と明治政府に迫まり、最後は明治天皇に直訴しました。
直訴の最高刑は『死刑』であり、正造は真に命を賭けて行動したということです。」

「真の文明は 山を荒さず 川を荒さず 村を破らず 人を殺さざるべし」
胸に迫る田中正造翁の言葉です。

道路の角のミニパーク。
CIMG6975













CIMG6976













ストリートファニチャーにもなっています。

CIMG6990

















これは電話ボックスです。
CIMG6993













「天明鋳物」ですと。
何だろう????

良いお店もありました。
CIMG6972













CIMG6971

















「家紋のまち佐野」だから、はんこ屋さんもなかなかの格式????

食べ物屋もありました。CIMG7001



















CIMG6998













佐野ラーメンは有名です。
しかし、佐野ラーメンの文字を見たのはこのノボリだけでした。
どこにあるのでしょうか。
幻の佐野ラーメン????

CIMG6949













これが、佐野商工会議所です。
ここが今回の講演会の会場でした。
佐野法人会の主催でした。

CIMG7002













佐野駅です。
それでは失礼します。
電車に乗ります・・・・。

CIMG7014













また来たいまちです。(^o^)/

iso_hiramatsu at 20:53コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2013年12月10日

CIMG7125

















東京の中央区八丁堀にある飲み屋さんです。
長崎ちゃんぽんが看板の店です。

私は「企業の見える化研究会」という中小企業診断士の会を主宰していますが、1年くらい前まで、この店の向かいにある「長崎ちゃんぽん」の店で二次会をよくしていました。
先月11月の例会の後、久々にそこに行ったら、他の店にしっかり変わっていました。
CIMG7129













洋酒バーとおぼしき店でした。
昨日は中で、サンバのダンスショーをやっていました。

ちょっとややこしくて恐縮です。

その向かいに同じ系列で、支店なのではと思っていましたが、「長崎ちゃんぽん」の店がありました。
本店が満員で2回ほどそちらの支店を使いました。

そこのマスターが、無愛想でした。
みんなそう言っていました。

そうして先月の例会の後なのですが、来てみたらこの看板なのでした。
CIMG7127













イヤー、驚きました。
しかし、センスの良さを感じます。

そのとき中で2次会をしたのですが、料理はうまいし、安かった。
CIMG7128

















一人2000円チョッとでした。
味良かったですよ。
料は多くないのですが、なかなか味に凝っていました。

昨日は忘年会で違う店に入ったのですが、こちらの店またぜひ来たいですね。
そんな店にしっかりなっていました。

しかし、マスターは同じ人で、やはりちょっと無愛想でした。<(`^´)>

iso_hiramatsu at 13:51コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月08日

今、東京都杉並区の阿佐ヶ谷に来ています。
今日は中小企業診断士の団体である、東京中小企業診断士協会城西支部の集まりに参加しての、帰りです。昔、ここの阿佐ヶ谷パール街商店街を取材しました。

相変わらずの繁盛商店街です。
CIMG7107













今日は日曜日ですが、この賑わいです。

クリスマスが近いのでCIMG7058クリスマスツリー。


















これはどこの商店街にもよくある風景。

CIMG7036













「笑店街で家族しあわせ」ですと。(^o^)/
とても良いですね。
「笑う門には福来る」はちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、永遠の真理です。m(__)m

素敵なお店の数々。
CIMG7045













コーヒー屋さん。
豆を売っている方のです。

CIMG7046













これは良い陳列です。
島陳列で、ジャンブル陳列かな?
彩が心地よい。

CIMG7047


















この店とちょっと離れている店です。
コーヒー豆を売っている店。
CIMG7073

















「KALDI」です。

CIMG7076

















紳士服の「KAWAMURA」。
CIMG7077

















シンプルなハンガー陳列。
CIMG7078

















ベルトなどはボックス陳列。
なかなかうまいですね。

CIMG7086

















ジャズ喫茶「MISTY」。
この阿佐ヶ谷の街は、10月に2日間で実施される「阿佐ヶ谷ジャズストリート」で有名です。
パールセンターもその会場の一部です。

僕はジャズには全く疎いのですが、僕でも知っているあの日野皓正や南佳孝も来て演奏しています。
先日、このジャズストリートの実行委員長の渡辺功一さんの講演を聞いたのですが、日野皓正はだれか有名な人がこれなくなって急遽来てくれることになったとのことでした。
もともとの人誰か気になりますが、聞いたのですが、覚えていません。(-_-;)

ジャズストリートの話はまた書きます。
CIMG7087

















この喫茶店のおじさんのお人形かな???

CIMG7090

















「江戸や鮨八」ですと。
CIMG7091













楽しいですね。

CIMG7032

















こちらはドイツの木彫りの人形の店です。
ドイツ北部のザクセン地方の名産品です。
CIMG7031

















CIMG7067













「小さなドイツ村」というお店です。CIMG7068


















左のガラス棚の中に、見事な職人芸の木彫り人形が息をのむように並んでいました。
くるみ割り人形が有名なのだそうです。
日本のクルミは堅いのでダメ。
くるみ割り人形のクルミを割る口のあたりが壊れてしまうのだそうです。
と、店長さんとおぼしき方がお話されていました。

来年早々、今度引退するといったかな、その地方の木彫り人形のマイスターが来日して、このお店でイベントをするのだそうです。
まだ予定が立っていないので、決まったら連絡をいただけることになりました。

木彫り人形、うっとりしますよ。
見るだけでとてもワクワクしました。

木の年輪をうまくデザインに生かしている。
また、色合いがとても鮮やかでした。

この商店街、良い店が本当に多い。

CIMG7093

















CIMG7096













看板、シンプルですが、なかなかです。
心がにっこりしますね。(^O^)

CIMG7030

















リサイクルブティックです。
環境問題に貢献しています。

CIMG7101













老舗の時計店。「中村時計店」。
そのお向かいには、
CIMG7100

















「メガネスーパー」。確かに競合しません。
うまい棲み分け???

生鮮品もしっかりあります。
CIMG7039













青果の「TAKANO」です。
ここは安かったですね
CIMG7040


















人参5本で100円とか、いろいろと安くて、飛ぶように売れていました。
この表現が決して大げさではありません。
CIMG7042

















店内です。
お肉はほかの会社を入れていると店員さんが話してくれました。
大量に仕入れるから、安く売ることができているとのことでした。

次はこの店の斜向かいかな???
同じく生鮮4品の店。
CIMG7049













「アキダイ」。

CIMG7062













グロッサリー。

CIMG7050













手前が野菜で、奥がお惣菜です。
CIMG7064













お魚。

サービスのお店もいくつもありました。
CIMG7094

















今、流行りの保険屋さん。
CIMG7095

















「1月生まれ人集まれ!!」ですと。
何かいいことあるのかな???
僕も1月生まれですが…。

CIMG7027

















「クロネコヤマト」です。
CIMG7029













右の冷蔵庫の様な設備は何???

CIMG7037

















これは「ヴェローチェ」なのですが、いつもの赤紫ではありません。
ちょっと落ち着いています。
CIMG7038













というか、実はこの2階が1000円の床屋さんなんです。
CIMG7035


















CIMG7033

















これも手書きですが、それなりですね。

飲食関連も豊富です。
CIMG7109













「ドトール」もありました。

CIMG7098













今、ここの「サイゼリア」でこのブログ打っています。
2階です。
CIMG7099



















CIMG7097

















「オリジン弁当」。

なかなかの商店街です。(^o^)/

CIMG7075

















賑わいがあります。

CIMG7115













「阿佐ヶ谷パールセンター」の入り口です。

最後に阿佐ヶ谷駅。
CIMG7112













もうすぐここから電車に乗ります。
松戸の自宅まで、1時間では行きません。
なんといってもこれから帰るのは千葉ですから・・・・・。

帰ったら、ビールと夕食です。(^○^)



iso_hiramatsu at 15:43コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2013年12月07日

CIMG6903

















先週の土曜日ですが、うちのワンコを五香の動物病院に、トリミングに連れて行きました。
常盤平から五香に行く、桜通りです。
今はかなり落葉して、少しもの悲しくもある、桜並木です。

いろいろと見える化の良い事例が、あちらこちらにありました。
CIMG6906













商店街の案内看板です。

CIMG6907













「桜通り常盤平商店会」です。

4はマツモトキヨシですね。
CIMG6910













松戸市長だった松本清さんが作った薬のチェーン店です。
松本さんは昭和44年に松戸市長に当選。
「すぐやる課」を作って話題になりました。
決裁に時間がかかり、なかなかスムーズに事が進まない行政で、いろいろとてきぱきとやってもらえると、ほかの地域行政にも、しっかりこの動きが波及しました。

ウィキペディアには次のようにありました。

従来の地方行政では、緊急に対応が求められる事態に対しても、何重もの決裁が必要とされてすぐには対応が出来なかった。
そこで松本はこの課を市長直属とすることで、機動性を確保しようとしたのである。
部署名は“すぐ出来る事はすぐやる”から。この思想は日本各地の市区町村長などに支持され、同名部署や同じ役割の部課が続々とでき、1975年に全国315の自治体で採用された。

CIMG6902













パンの製造販売の店です。
「石窯パン工房」。
なかなか評判のお店でもあります。
おいしい・・・。

看板は、左にありますが、デザインチョッと良いですよ。(^o^)

つぎは「見せるか」のちょっとした事例になります。CIMG6898














飲食店チェーンのココスです。
CIMG6900













ココスでお誕生日。
記念写真、デザート、そしてオリジナルグッズのプレゼント。
このあたりは、飲食関連のチェーン店が集積しています。
サイゼリア、華屋与兵衛、ミスタードーナッツ、マクドナルト・・・・・。
だから、それぞれの店がその持ち味を生かして、集客しないといけません。
ファミリーレストランは、お誕生日が確かに、お役立ちで大切になる。
その意味では、ポイントを抑えています。

CIMG6908













最近できた、葬祭場です。
CIMG6909

















街には必要な施設です。
この看板も端的に自らの存在を主張できています。

建設工事の見える化もありました。
CIMG6929













CIMG6930













「呉光塗装蝓廚塗装工事をしている・・・。

CIMG6927













マンションの長期修繕工事なのでしょうか。
CIMG6931













「ダイアパレス常盤平」でした。

次はいつもの道路工事。
CIMG6938













そして、いつものお願い看板です。
CIMG6936













「ご迷惑をおかけしています。
工事中のご協力をお願いいたします。」
そしてヘルメットのおじさんが頭を下げています。

これってどこにでもありますが、
これがあるとないでは、やはりちょっと違いますね。
工事の必需品かもしれません。


次は公園。
CIMG6918













CIMG6917













「はなみずき公園」。
昭和37年8月開園です。
このあたりは、かなり広大な常盤平団地がこの周り一帯にあります。
団地のはしりです。
CIMG6919













「ハナミズキ」の説明です。
その近くにまたありました。
CIMG6920

















汚染度合いの数値です。
CIMG6921













震災後の平成23年10月に測定して基準値をかなりオーバーしていたが、今年平成25年10月には、この公園のすべての地点で基準値をクリアーしたとのお知らせです。
ご安心くださいとのメッセージ。

私の自宅近くの「菖蒲公園」でも「こでまり公園」などでも同じ告示がされいました。

この公園の近くに大きな家があります。
CIMG6925














CIMG6923













お庭といっていいのかな。
見事な樹木です。
CIMG6924













手入れが大変でしょうね。

CIMG6933













着きました。
うちのわんこたんの行きつけの動物病院です。
「フローラル動物病院」。

もう1分くらいで五香の駅という立地です。
私の自宅は常盤平の駅の先ですから、結構遠い。(>_<)
早足でも20分はかかります。

今日はほかに人出がなく、私がまた迎えに来なく出はいけません。

80分は結構重い・・・・。
しかし、私にはとても良い運動です。(-_-;)

ロートサイドの定番と言っていいかな、こんなお店もあります。
CIMG6905













「ビッグA」。
ボックストアです。

CIMG6912













「オランダ家」。
和菓子屋さんです。

後でまた来ます。(-.-)

iso_hiramatsu at 18:33コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2013年12月05日

2015年にISO14001ISO9001の規格が改正されます。

今回の改正は「共通テキスト」という,マネジメントシステム規格が共通して採用しなければいけない要求事項があり,大幅に規格要求事項が変わります。


かなりの部分、80%くらいでしょうか、共通の内容になります。


わたしは各組織とも,この際、統合マネジメントシステムにシステム変更するチャンスと考えています。

文書管理,内部監査,教育訓練などかなりの部分を同じマネジメントで運営します。


品質を向上して顧客満足をめざすISO9001と環境保全のISO14001固有のところは,別々にプロセスの内容を作りこむ。


今回はパフォーマンスをしっかり確保すること,リスクマネジメントを確実にシステムの作りこむことなど,より踏み込んだマネジメントが要求されています。

これは品質,環境同じです。


例えば,品質と環境の委員会を別々に作っている組織があれば,それを一つの組織にして,業務改善を図る。


コミュニケーションを見直し,教育訓練を見直し,目標管理などについて一つのシステムとして検討する。

その方がわかりやすいし,従業員も取り組みやすい。


東京都千代田区半蔵門にある新技術開発センターhttp://www.techno-con.co.jp/index.html

でこの件について、セミナー講師を担当します。

来週1212()です。


2015年の改正に対応して統合マネジメントシステムを構築しよう!!

―品質・環境統合マニュアル見本記入例解説―」

http://www.techno-con.co.jp/item/17650.html


あと1週間しかありませんので、少し焦り気味で資料作っています。


ただ、すでに環境14001と品質9001については、それぞれ別々にセミナー講師を新技術開発センターで担当しました。

今回はそれをしっかり統合したシステムとして、お話ししないといけません。

統合マネジメントシステムを前提にして,ISO9001ISO14001の改正内容を解説し、統合マニュアルの記入見本についても説明します。

これはなかなか難しいですね。<`〜´>

今それをしっかりと練っています。(^O^)


セミナープログラムは次の通りです。


1.ISO9001ISO14001改正動向

  1)「共通テキスト」の説明

  ・「共通テキスト」についてのMSS(マネジメント・システム・スタンダード)要求事項により,ISO9001ISO14001が大きく変わることの概要説明

  ・「共通項目」の意味。マネジメントを強くするための要求事項


  2)2015年改正規格ISO9001ISO14001の内容

    1)概要説明

   ・改正の日程(今後の流れなど)。

・規格案の意味


     2)今回の改正の特徴(現行のものとの相違点など)

   ・パフォーマンス重視

   ・リスクマネジメントを確実に取り入れている

   ・PDCAサイクルを確実に回すための要求事項になっている


2.新規格対応「品質・環境統合マニュアル」見本の説明

  1)一つの企業を想定して,記入例としても説明します。

  ・マニュアルモデルの考え方

  ・要求事項の説明

  ・記入例の説明

  

    2)御社に合わせるとどうなる???

  ・重要なところは,できるだけシュミレーションします。


◎ 質疑応答


関心のある方は、ぜひご参加ください。

しっかりとお役にたてるものを提供いたします。(^o^)



iso_hiramatsu at 10:39コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2013年12月01日

CIMG6940













ドトールの「ドリンク・スタンプカード」です。
一昨日(11月29日)、JR松戸駅のドトール東口店でもらいました。

スタンプを5個押してもらえると、珈琲1杯無料だそうです。
1杯200円ですから、40円の価値です。

これは全国のドトールで共通のサービスです。
ただし、スタンプは12月25日までしか押してもらえません。
そして、来年1月10日まで珈琲1杯無料のサービスを受けられます。

「プレミアム・プロモーション」の中の「クーポン式プレミアム」の一種です。
期間を限定してのキャンペーンですから、12月25日までの「プレミアム・キャンペーン」でもあります。
つまり、クリスマスまで・・・・。
これもドトールという知恵袋がしっかりと本部機能としてあるからできることですね。

なかなかうまいですね。
ドトールのコーヒーは、うまいし・・・。

イヤー、おやじギャグでした。(-_-;)

しかし、本当にドトールのコーヒーは安くてうまい。

次は各店の「ドリンクチケット」です。
CIMG6944

















私の持っている「珈琲チケット」。

上がその「ドトール松戸東口店」の「ドリンクチケット」。

2,000円で11枚です。
200円がプレミアムです。
1杯182円。 18円のプレミアムです。

このコーヒーチケットは、この「ドトール松戸東口店」しか使えません。

ご存知のように、ドトールはフランチャイズ制度をとっています。
この「ドトール松戸東口店」も地元の経営者が社長だと思います。

こちらはそれぞれの店が負担する。
このあたりの負担の棲み分けも、リーズナブルです。

これも「クーポン式プレミアム」の一種ですが、キャンペーン期間はありません。
あの味で、1杯182円は安いです。

下の写真は、私の自宅近くの「ドトール常盤平店」の「コーヒーチケット」です。
こちらもまだ何枚か残っています。
12月25日までには、あと4回くらいは、この常盤平店に行くかもしれません。

東京都内などにも頻繁行きますので、常盤平店でなくても入ります。
これができるのも、全国チェーンの強みです。
スケールメリットですね。

このこれらのチケット、もう1年以上も前に購入したものですが、いまだに使えます。
そしてたまにその店に行くと、この様なキャンペーンを実施している。
他のドトールでもスタンプキャンベーンはやっているのですから、ドトールに入ります。

ヴェローチェやスターバックスでなくドトールにです。
今、過当競争だから、まさに知恵がものを言います。

しかし、本当に全国チェーンは強い。

セブンイレブンのおでんセールなども、全国チェーンの強みを生かした同じような仕組みでのキャンペーンです。
やはり全国チェーン恐るべしです。(-_-;)

個店はなかなか勝てません。(>_<)

次はマックです。
CIMG6947













チキンマックナゲットが5ピースで100円。
通常はいくらなんでしょう。
かなりの
明日近くのマックに行って見てきますが、これも「クーポン式プレミアム」の一種です。
これは、領収書の裏面です。
CIMG6948













フェニックスという労働問題の研究会に入っていますが、その東京駅の八重洲にある会場ビルの隣のマックに入ったときにもらいました。
マックの100円のコーヒー、こちらも安くてとてもおいしい。

珈琲は雰囲気で飲むものですので、味そのものだけではないですが、やはり飲食は味がとても大切です。
それが根っこです。
根っこがしっかりしていなければ、樹は育ちません。

そして、良い味を楽しんだ後お金を支払ったら、その裏にしっかりプレミアムのご案内が印刷されている。
これ確認まだしていませんが、チキンマックナゲットだけでなく、ほかにもハンバーガーや飲み物も印刷されているのではと思います。

JALとの提携で搭乗券の裏側に、いろいろなマックの無料券が印刷されていて、飛行機に乗った後にマックに入るきっかけになる仕組みがありますが、その乗りではと思います。

明日でも言って確認してきます。

これも全国チェーンの凄さですね。(>_<)
CIMG6945


















恐れ入りやの鬼子母神です。
まったく。(-_-;)

マックでした。



今日(2013.1.1)、近くのマックに確認に行ってきました。
私の住んでいる常盤平の駅前にあるマクドナルドです。

上記の100円サービスの件を見せたら、これは当店では使えませんとのことでした。
しかし、「チキンマックナゲット 5ピース 100円」はありました。
限定期間キャンペーンで実施されていました。
11月29日〜12月5日の1週間です。

確認したらこの店はFC(フランチャイズチェーン)でした。

そして、フェニックスの会場ビル、蟷業パートナーの会社の近くのマックにも電話で確認、こちらは直営店でした。
直営店とFCはここでも棲み分けしていました。
お金の負担でです。

仕組みも違います。直営店の方は、有効期間が1か月、FC店の方は、1週間です。
FCの負担は相対的に軽い。

あっ、それとJALの搭乗券方式と同じかどうかも聞いてみました。
私の間違いでした。
すべて、「チキンマックナゲット 5ピース 100円」と印刷されているそうです。

この様なキャンペーン、マックは年に何回か実施します。
本部もいろいろと知恵を絞っています。

いや〜、お疲れさんです。m(__)m

ドトールとマックでした。

iso_hiramatsu at 02:34コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索