2014年01月

2014年01月31日

企業の見える化研究会で取り上げた2つ目の会社は四国、高知県の土佐にあるネッツトヨタ南国というトヨタ車の販売代理店でした。


「最近では『トヨタショック』という言葉もある通り、自動車業界の生産、販売状況は、車種にもよりますが、かってない厳しい状況にあります。

そうしたなか、大半の同業者は苦戦を強いられ、前年比3040%も販売台数を減少させている企業も少なくありません。それどころか閉店に追い込まれてしまった企業も数多くあります。


しかし、ネッツトヨタ南国は、売上高はおろか、より肝心な客数も増加しているのです。

来店客は本店だけを見ても平日100人以上、週末300500人、年間ではなんと10万人を超えるそうです。

そのことを裏づけるように、売上高も業界では珍しい右肩上がりです。」(坂本光司著 日本でいちばん大切にしたい会社2 あさ出版刊 p198)


元気な会社の一番手のような会社です。

この会社は普通の営業はしないのだそうです。


「ネッツトヨタ南国は、一般によく行われている飛び込み営業、訪問営業など、売る側の都合優先である『売らんがための営業』はいっさいやっていません。また、新聞の折り込みなど、チラシを撒くこともほとんどやりません。

そのような営業費や広告宣伝費と比較しても、現在のサービスのほうがコストがかからないばかりか、お客にも、また地域の方々にも喜ばれるからだそうです。


事実、広告宣伝費をほとんどかけなくても来店客数は年々増加し、今や高知県内はもとより、四国全県はおろか本州から来る人もいて、その数は年間10万人を超えています。


ちなみにネットヨタ南国の顧客満足度は、オールトヨタ販売店のなかで、平成11 (1999)年以降ナンバー.ワンを維持しています。


顧客満足度が抜きん出て高いのは、従業員満足度が抜きん出て高いということの表れでもあります。」(同著 p197)


営業しないでも人が来る。この秘密はどこにあるのでしょうか。


次は会長の横田英毅さんの言葉です。

「私たちは車を売ることを目的としてはいません。より大切なことは、社員が幸せに働ける会社をつくることです。そうすればお客様にとっても、自然に満足度の高い会社になるのです。


仕事や職場にやりがいを感じ、所属する組織に誇りと喜びを感じている社員は、 お客様に心から喜んでもらえるサービスを提供しようと考え、行動するのは自然だからです。


売上を伸ばすためのサービスは、本当のサービスではありません。会社とは、集まっているすべての社員が人間性を尊重され、やりがい、働きがいを感じる場所であるべきです」(同著 p198)


このような社員たちだから、次の状況が生まれます。


「ちなみに、ネッツトヨタ南国の心に響くサービスの大半は、社員の提案が発端です。

たとえば車の試乗も通常は短時間しかできないのですが、社員から「10分や20分では車のことがよくわかるはずがない。それならばまるまる二日間、お客様に存分に試乗してもらったらどうか?」という提案がきっかけでした。


以来ネッツトヨタ南国では、業界では珍しい48時間試乗サービスを行っているのです。


 先述した授乳室の設置もストッキングの用意も、女性社員からの提案でした。

そのような積極的な社員からの提案は、創業以来活発に取り組んできたイベント活動が大きなきっかけになっています。


たとえば、スキー用品やゴルフ用品、キャンプ用品の「展示即売会」、珍しい動物を集めての「ビスタわくわく動物ランド」、「夏の祭典よさこい祭り」、「ラジコンレース」、営業スタッフがツアコンダクター}を務める「ビスタスキーツアー」、お客様に各地のレクリェーションスポットを紹介する「ビスタファミリーオリエンテ'—リング」や「ハートフルキャンプイべント」などです。


ほかにも、「ケーキ、ハイキングなどのパーテイー」、「全国のヒストリックカーミーティング」、「ちびっ子向け自動車教室」、「カツオのたたきづくり体験」、「ローカル列車貸切ツアー」といつたイべントもあります。


驚かされるのはその集客力で、わずか一日のイベントで1,000人以上の人々が参加するものもあるそうです。


それらのイベントは、営業やエンジニア、接客や事務を行うスタッフたちの手づくりで企画運営されています。」(同著 p202)


「組織横断で、顧客視点に立って考え、行動する企業文化が、こうした活動で醸成されてきたのです。」(同著 p203)


組織ぐるみで、「相手目線」の会社です。


そして、従業員満足も高い。

「転職率の高い業界でありながら、離職する社員はほとんどいないのです。」(同著 p208)


その秘密の一端は新入社員教育です。

新入社員オリエンテーションは45日間に及びます。


「この新入社員オリエンテーションの圧巻は、最後を飾る四泊五日の「バリアフリーお遍路の旅」でしょう。

これは、全国の視覚等に障害をもたれている方とペアを組み、四国八十八箇所霊場を案内して回る旅です。


新入社員たちは、目の不自由な方や車椅子の方、ご高齢の方と一緒に生活する機会などなく、最初は戸惑いが隠せないそうです。

とにかく一生懸命になって、失敗のないようにと、手取り足取りのお世話をするのですが、同行される方々はそうしたことを求めているわけではありません。


目の不自由な方は、一緒に旅をし、お風呂で背中を流したり、寝る前にお話をしたりするなかで、

『自分はこの目で何十年も生きてきました。

目が見えなくなったときには本当につらかった。

生きることが苦しくて、毎日精一杯だった。だけどそんななかで生まれた家族との絆があった。応援してくれる人との出会いもあった。

そしていつか、目が見えないことに感謝する気持ちになれた。


私に、あれもこれもと全部をしなくていい。あなたが、私が不自由そうだなと感じる ことがあったら、そのことだけ、少しだけ力を貸してくれればいいんですよ……』と、話してくださったりするのだそうです。


旅を終えた新入社員たちは、

『バリアフリーという言葉の意味が理解できました。


相手の方が求めていることは何か。それを感じとり、実践するためには、先入観、固定観念という自分自身の心のバリアを捨てることが大切だと実感しました。これから真心でお客様や仲間、家族と向き合い、生きていきます』

と涙を流しながら報告をするのだそうです。


こうして社会人としての基礎力とやさしい人柄を身につけた社員が、ネッツトヨタ南国には集まっているのです。

ショールームに入った瞬間、心も身体も満たされ、癒される理由は、どうやらその辺にありそうです。」(同著 p209)


ホスピタリティーの本質がわかる教育の仕組みになっています。

これはなかなかです。


「よく、『中小企業は知名度がないから』『規模が小さいから』『業種が悪いから』『給与や賞与が低いから』学生や優秀な中途の採用がむずかしいといいます。


しかしネッツトヨタ南国の現実を見れば、そうした考え方はまったくの誤解、錯覚、甘えだということがわかります。


学生をはじめ、働きたい人が求めているのは、やりがいのある仕事、働きがいのある仕事です。

彼ら、彼女らは、その会社がいちばん大切なことをいちばん大切にしているかどうかで、働く場所を選択しているのです。


やりがい、働きがいのある会社というのは、自分の成長が実感できる仕事、会社・社員がお客様から感謝される仕事、会社・社員間の信頼関係が強い会社、尊敬する上司や先輩がいる会社です。

こうした仕事や組織を、人は強く求めているのです。」(同著 p211)


何ために仕事をしているかの原点が問われるということですね。


最後に顧客の声です。


「ネッツトヨタ南国には、年間数百通を超すお客からの礼状などが送られてきます。


『一期一会。

今までは点検も修理も極力安い店で……の精神であった自分が、これからはすべてこの店に任せよーと思えたことはすごい。

晴れの日も雨の日も外でお客様が来るのを待っているスタッフの、その手帳には、点検予約のお客様の名前、車種、時間が細かく書き込んであった。

ネッツ南国のスタッフに出会えたことに感謝!!(同著 p212)


ビジネス競争が価格競争ではないこと、ここでもはっきりしました。

顧客目線、従業員目線などの相手目線をしっかり確実に実施することで、確実にビジネスとして良いものがしっかり実現していきます。


結局周りの役に立っているかどうかがしっかり問われるということですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 22:54コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

私はコンサルNSPというコンサルタントの専門集団に属しています。


コンサルNSPがもっと社会のお役にたつために少し考えました。

それにはIT化が有効です。


メンバーの見える化が一つ必要です。

メンバーは南は九州福岡から北は北海道の紋別まで全国に広く分布しています。

だから年2回集会を開き、専門性を磨き、親睦を深め、ネットワークの絆を深めています。


この時に近況報告などで、各自の見える化が図られますが、日頃の専門業務を少しでもメンバーに見える化することが今後有効です。


各自の取り組み、講演会・セミナーなどの講師、いろいろなところに出向いてのコンサルティングなど幅広く、地域もいろいろなところで、ご活躍です。


海外で活躍している会員もいます。


これにはフェイスブックが有効ですが、内容そのものはなかなか伝えられないので、検討が必要です。


各自のHPに相応の情報を入れたものをコンサルNSPHPにリンクしてみることができるようにすることなども良いかもしれません。


それ以前にメーリングリストの使用について、かなり低調なことも改善点です。
MLを流すと反応の早い方もいらっしゃいますが、ほとんど反応のない方もいます。


このあたりも検討課題です。


コンサルNSPとして、事業を受注することは難しいし、同じ場所で仕事をしていないので、業務実施に無理がありますが、コンサルNSPのブランド化を進めて、コンサルNSPHPを見て、問い合わせがあるようにしたいですね。


今後ぜひ実行したいのは、ネットワークを生かして、専門性を補うことです。
具体的には、専門外の問い合わせに対して、応えるためのメンバーに問い合わせる。

コンサルNSPとしての専門性はかなり広い範囲に及びますので、深さも考えれば、相当な情報量になります。


充実した専門性が豊富に存在している、ネットワークとしてのコンサルNSPでありたい。


そのためには、HPの掲示板を活かす、フェイスブックでやり取りする、ラインで個別にやり取りするなどいろいろとあります。

このあたりも今後検討したいですね。<(^´)>



iso_hiramatsu at 15:13コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

企業の見える化研究会で、取り上げたのが、「日本でいちばん大切にしたい会社2」から、岐阜県の未来工業蠅任靴拭

住設部材の製造・販売の会社です。


今から50年ほど前の創業です。

「創業者二人が創業のときにつくったスローガンが、『常に考える。何故・ナゼ・なぜ』です。

 常に考えて、次から次へ新商品を創ろう、という『脱下請け宣言』の社是をべースに、未来工業はこの43年間で2万点を超える新商品を開発してきました。

近年では年間の新商品の開発件数は300500件、改良を加えると1,000件を超えるそうです。

そればかりか、これまでに取得した特許や実用新案などの知的財産権、工業所有権は400件を超えています。」(坂本光司著 日本でいちばん大切にしたい会社2  あさ出版p169)


デザイン力、アイデア力に優れた会社です。

その一例が次のような製品です。


「このなかでとりわけ有名なのが、一般に『スイッチボックス』と呼ばれるスライドボックスです。


スイッチボックスとは家庭内や才フィス、工場などの電源用のコンセントなどの配線器具を取り付ける際に、壁に埋め込むものです。
 内装で、壁板を取り付けてしまうと、配線器具の位置がわからなくなってしまいます。

電気工事の業者にとっては、ボックスを探して正確に穴を開けるのはなかなかむずかしい 作業でした。


そこで未来工業は、スライドボックスの上下にアルミテープを貼り、金属探知機で探し当てるシステムを開発しました。

この商品は国内80%という圧倒的シエアを誇っています。


未来工業の2万点を超す商品のほとんどが、このようにひと工夫ある、「なるほど」「こんなものが欲しかった」と思わせるような、画期的なアイデア商品です。」(同著 p169)


また次のようにもあります。


「未来工業のライバルメーカーは、P社やF社といった大企業ばかりです。

しかし実際に 現場で工事をする工務店の方に話を聞くと、『未来工業の商品は使用者のことを知りつくしていて、実に使い勝手がいい』と言います。」(同著 p170)


「相手目線」という言葉があります。世の中を生きていくうえでの最上の行動基準なのですが、なかなか実行が難しい。


工事現場で使い勝手が良いとは、使う人の目線に立ち、使う人が現場でどのようなところに苦労するかをよくわかっていないとできません。


経営者が社員を思い、社員が会社を思い、そして顧客を考え、広い視点、特に相手目線で、皆が仕事に取り組んでいる。

まだ、「日本でいちばん大切にしたい会社」の研究始めたばかりですが、一つのポイントが見えてきたようにも思います。


このアイデア力で非常に優れた未来工業ですが、その無形の財産と同時に、マーケティングの仕組み、販売の仕組みにも顧客満足や高収益の秘密があります。


「未来工業の売り方には特徴があります。

大手商社を通さず、工事業者と最も近い問屋と直取引をしているのです。

直取引だから当然、工事の現場に赴きます。

すると未来工業の社員が、現場の方の意見を吸い上げることができます。

それがお客の側に立った商品開発につながるのです。」(同著 p171)


そして大切なのは、「考える」ことです。

現場情報を把握しても、それを頭で理解するだけでは物事は良い方向に進みません。考えて提案する。


未来工業には提案制度があります。

1年間に780人の社員で、1万件から15千件の提案があります。112件から20件です。

1人1か月1件以上です。

それもいい加減な提案はなくほとんどきちんとしたものとのこと。

提出した段階で1500円支払われるとのことですが、これは参加費用とでもいったもの。

新商品開発に結びついたり、職場環境に寄与したもの、経費削減に貢献したものなどで、採用されると最高3万円の報奨金が出ます。

しかし、お金目当てではこの件数は出ません。

500円や3万円は結果としてもらえるお金と思います。


人間役に立ったときには、とても嬉しいし、充実感もしっかり感じます。

それを皆が実感できている会社ですね。


そしてそれを後ろから支えているのが、休日・休暇の多さと、労働時間の短さです。
休日は2008年のときですが、143日。これは通常の会社より30日は多いですね。
有給休暇も80%以上の取得率。年末年始などは19日連続ですから、これはやはりかなり長い。

一度社員の要望で週休3日制の実験をしたそうです。
しかし、社員から「いくらなんでも休みが多すぎる」とのことで週休3日制は正式には導入しませんでした。
所定労働時間も8時から17時だったのを社員からの要望で830分から1645分にしました。
朝は女性にとって家事があり、少しでも遅い方が良い。また、帰りも少しでも早いと道路も混雑しないし、買い物も夕食の支度も楽になる。

確かにと納得します。


これで生産性が落ちるかというと、落ちていない。

人間は合理性だけで行動しないことが良くわかります。


この会社残業すると罰金です。これも、会社都合ではありません。社員への健康配慮からです。

相手目線がここでも生きています。


もう一つ、社員のコミュニケーションを大切にしていることもポイントです。


この会社780人の会社なのですが、コピーが1台しかありません。

それでコピー機の列ができます。
それを見たコンサルタントがコピー機を増やすことを提案したそうです。


それに対して、創業者である山田相談役は次のようにお話ししています。


「『コピー機がもうニ、三台あれば、並ばずにすむということは重々承知しています。

しかしもっと列ができたとしても、わが社はこれ以上コピー機を増やしません。

ふだん部署が違うため会えない社員が、コピーするために並ぶことで、待っている間に前後の人とおしゃべりができますからね。

それでいいんです』


あえてコピー機を一台にし、全社員のコミュニケーションの場づくりをして、風通しを よくしようということだったのです。」(同著 p180)


大事なことが次のように書かれていました。


「つまり、重箱の隅をつつくようにして効率を上げようとするのではなく、社員同士のコミュニケーションを高め、風通しをよくすれば生産性は黙っていても高まる。


生産性を高めるのは管理ではなく、社員のモチべーションを高める環境にあるということを教えてくれる例です。」(同著 p180)


この通りですね。
組織を活性化するのは意思疎通です。何を考えているかお互いにわかれば、充実と喜びをめざして仕事が相応に進みます。


しかし、気になる記述もありました。

「ホゥレンソゥ(報告、連絡、相談)禁止」というのも、管理をしない経営の特徴でしょう。『常に考える』ですから、『相談するな、自分で解決しろ』というわけです。(同著 p180)


これはコミュニケーションが充実しているこの会社だから言えることです。コミュニケーションがうまくない、透明感に欠ける会社では、『報連相』の促進はきわめて大切です。
相談しなくて勝手に業務を進めて取り返しのつかないことになるなどもちろんあってはいけません。

会社の状況に応じて、やり方はいろいろと違うこと、チョッと押さえておきたいですね。


もうひとつ面白い記述があります。


「私はたくさんの会社を訪問しましたが、一つ言えることは、儲かっていない会社は例外なく本社が大きいということです。

総務・人事・.経理の社員が多すぎるのです。
そういった部署に社員が多いとどうなるか?

本社の社員は、社員が多すぎると思わせないように、「管理」という仕事を考え出します。
管理しようと本社がいろいろと口出しをしたり、手を出しすぎたりすると、現場の思考能力が停止します。

すると社員は自発的にものを考えなくなり、モチべーションが下がって、結果、儲からなくなるのです。


未来工業は『ホゥレンソゥ禁止、自分で考えろ』ですから、管理の対極にあるといえます。
二流、三流の会社は本社が大きく、一流の会社は本社が小さいというのが、私の調査結果です。


本社が小さければ、本社はよけいなロ出しができなくなるため、自然に分権が進むのです。
何よりも本社の部分のコストが下がり、低コスト経営ができるようになります。


未来工業の従業員は現在780人で、総務、人事が5人、経営企画部が4人、情報シス
テム部が2人、経理が7人と、本社的な内容の仕事に従事している社員が合計18人です。

780分の18人ですから、本社要員の割合が2.3%

私の調査をもとにはじき出した理想的な本社比率は5%以下です。

「儲かっていない」「景気が悪い」という会社のほとんどが、この割合が10%1割以上になっています。

本当にいい会社はほとんど5以下ですが、未来工業の2.3%という数字はそのことを裏づけています。」


とても良い内容でした。参考になります。(^o^)



iso_hiramatsu at 14:29コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

「本当の企業経営とは「五人に対する使命と責任を果たすための活動のこと」、特に最もその幸福を追求すべきは、はじめの四人、とりわけ「社員とその家族」であると書きました。」


かなり著名な、法政大学大学院の坂本光司教授の書かれた「日本でいちばん大切にしたい会社」シリーズの2番目の本の中の一節です。(坂本光司著「日本でいちばん大切にしたい会社2p16)


「五人とは、次の人々のことです。

1.社員とその家族

2.社外社員(下請け.協力会社の社員)とその家族

3.現在顧客と未来顧客

4.地域住民、とりわけ障害者や高齢者

5.株主・出資者・関係機関」(同著p16)


坂本教授は、「社員、協力会社社員、そしてその家族」の幸福の実現が企業経営にとって最も重要な目的といいます。


「『企業の盛衰を決定づける最大の人』と言われてきた顧客より、『社員とその家族」が、あるいは『下請企業•外注企業の社員とその家族』が重要な存在なのでしょうか。


それは、自分が所属する会社や組織に不平・不満・不信感をもった社員や自分が所属する組織に感動や愛社心をもち合わせない社員が、顧客に対して心を込めた接客サービスや、感動的商品の創造提案をすることなどできるはずがないからです。


このことは、下請企業・外注企業の社員とその家族についても同様です。」(同著p18)


社員が心を込めて仕事をするときに初めて企業経営もうまくいくとの考えです。

江戸時代までの「お家のためには自分をなげうって尽くす」とか、鎌倉時代の「いざ鎌倉」などの忠誠心が強い組織を作り、その組織を支えたのと通じるところがあります。

お互いを大切にするところに、大切にされる喜びと充実感とそして結果として力が生まれるということでしょうか。


『株主や出資者』の優先順位が低いのは、


「株主や出資者を重視するあまり、つまり、短期の業績を追い求めるあまり、企業の不祥事が次から次に露呈しているからです。


一方では、まるで殺し合いのような企業間競争、さらにはその結果としての、事業や事業所の再編やスクラップ、それに伴う社内外の社員へのリストラが、当たり前のように行われているからです。


そのリストラ策も、原因をつくった経営者やリーダーたちの責任がより重いのが経営学の王道であるのに、自身は居座り、なんら罪のない社員や下請企業に対して、過度の負担を強いる人たちがあまりに多く見られるからです。」(同著p17)


この「日本でいちばん大切にしたい会社」ですが、私の主催している、中小企業診断士で構成する「企業の見える化研究会」の中でこれから1年くらいかけて研究していきます。

その第一回の会合が127()にありました。

私が発表担当でしたが、上記の内容から話を始めました。

そのときの他の内容はまたブログします。


「不況のたびに繰り返される、道理のない、理不尽な発注やコストダウンを強いる取引先に、どうして心からの愛着心や協力心が生まれるでしょう?

むしろ、そこには憎しみ、反発が発生するのです。

なぜなら、下請企業・外注企業の社員や家族は、発注者の奴隸、従属物ではないからです。


であるのに近年、社員や下請企業・外注企業を、まるで虫けらのように扱う企業が目立ちます。」(同著p18)


今の企業社会は甘いことを言っていたら淘汰されてしまう。
厳しい企業環境を乗り切るためには、社員や協力会社に負担がかかるのは背に腹は代えられぬということだ、
との声もしっかり聞こえてきそうです。

しかし、坂本教授は次のように書いています。


「現場をこまめに歩いてみると、感動・感嘆・感銘するような愛情あふれる人間思い、社員思いの経営を行っている企業も、少なからず存在しています。

しかもこうした企業は、例外なく好業績を上げているのです。」(同著p19)

坂本教授が訪問調査した会社は6300社にのぼるといいます。(同著p25)

その教授の言葉です。


周りの役に立つ会社が栄えるのは自明の理かもしれません。

そのあたり踏み込んで研究したいと思います。m(__)m



iso_hiramatsu at 09:46コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

ブログって、普通は日記帳だと思うのですが、私の場合は、メモ帳です。

拡がりのあるメモ帳。


メモすると記憶が進みます。
ブログは人に見てもらうことも意識しますので、その分少し深く考えないといけません。

だから、さらに記憶が進みます。

考えを整理整頓するので、考えもまとまります。


大脳生理学でメタ認知ということがよく言われます。


自らの精神の状況や考えを認識し認知することです。

自分ってわかっているようでわかっていません。結構あいまいです。


それを考えをまとめることで少しずつ分かってきます。

大切なことはまず表現することです。
書いてみるとか、話をしてみるとか、そうすると、少しずつ自分のぼんやり考えていることがくっきり見えてきます。


今ブログを書き、それをもとにしてメールマガジンを発信していますが、少しずつ自分が見えてきていること実感します。


ブログに書けること、感謝です。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:50コメント(0)トラックバック(0) 
感想 

2014年01月29日

昨日ですが、愛知県の豊田市でISOの審査をしました。
泊まったホテルのそばに面白い食堂がありました。

CIMG7668













「昭和食堂豊田西町店」です。
http://www.kaihan.co.jp/showashokudo/

昭和食堂は、愛知県を中心に岐阜県、三重県、静岡県に店舗展開をしているチェーン店です。
CIMG7671













「なつかし処昭和食堂」です。
CIMG7666













いろいろなお店があるようです。
CIMG7669













「九州小町」。

CIMG7670













蛤専門料理店の「おはな」。

CIMG7665













道路側の表示もしっかりありました。
CIMG7664


















2月下旬にこの街にまたお邪魔します。
その時はここに入ってみます。

また、ご報告いたします。m(__)m



iso_hiramatsu at 15:37コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年01月23日

「今年4月の消費税率引き上げに関連し、経済産業省と公正取引委員会が昨年11月に行った調査によると、取引先に対して既に買いたたき等を行っているか、今後行う可能性があるとみられる事業者が、建設業、製造業、卸売業・小売業を中心に存在することが判明しました。」


新・経営力向上TOKYOプロジェクトの 本日2014.1/23のメールマガジンです。

新・経営力向上TOKYOプロジェクトは商工会議所と中小企業診断協会がタイアップしているプロジェクトです。
 

ただ、この「買いたたき等」の具体的な意味が分かりません。
たぶん、販売先に対して消費税アップ3%について値引きを要求する露骨なパターンとか、キャンペーンの協賛金を消費税アップ分要求するとか、いろいろでしょうか。


「そこで、中小企業庁では、建設業、製造業、卸売業・小売業に属する業界団体(計575団体)に対し、円滑かつ適正な転嫁を改めて文書で要請しました(117日付)。


今後も取引先に対する買いたたき等について迅速に立入調査を行い、法律に違反しない取引への変更を指導していくとのことです。


本メルマガの読者の皆様の中で、消費税転嫁についてお困りの方がおられましたら、最寄りの商工会・商工会議所の相談窓口、「下請センター東京」などの公的機関へ、まずはご相談ください。」


「下請センター東京」とは、中小企業振興公社の中の「下請取引紛争解決センター」のことです。

http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shitauke/soudan/


経済変動の影響を受けやすい下請中小企業の経営と安定と発展を図るため、下請取引に関する諸問題の解決や取引の適正化のための各種支援を行っています。

 

 苦情紛争相談 ということで、取引上の様々なトラブルに対して下請法に詳しい専門相談員や弁護士が親身になってご相談に応じ、具体的な解決策を提示します。

 

秘密厳守ですので、心配はいりません。


しかし消費税の転嫁、これからちょっと心配ですね。(-_-;)



iso_hiramatsu at 11:54コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年01月19日

「政府は10日、支給を母子家庭などに限っていた遺族基礎年金(受給者約10万人)について、4月から父子家庭にも認めるための政令を閣議決定した。」


毎日新聞2014111日東京朝刊の記事です。


「厚生労働省は2014年度は2000人の父子への支給を予定し、将来的には約2万人が対象になると見込んでいる。


遺族基礎年金は従来、家計の支え手を夫と想定し、支給を夫と死別した子のいる妻らに限ってきた。


しかし共働き世帯の増加を踏まえ、一昨年の法改正で今年4月から、子を持つ夫(年収850万円未満)にも妻が亡くなれば支給することを決めていた。」(同記事)


もともと遺族基礎年金は、子のある妻がご主人が亡くなると子供を育てていくのに大変だから支給されるものでした。
母子家庭の方々のお話です。


それを今後は子のある男性にも支給することになりました。
父子家庭にも遺族基礎年金は支給されるということです。


子どもを抱えては、なかなか通常の勤務は男性といえどもできません。

良い制度変更です。(^o^)


「ただ、制度変更を巡り混乱が生じた。
厚労省が法改正で『妻も家計の支え手』とする一方、パート主婦ら配偶者の扶養を受ける第3号被保険者(3号、約978万人)は『支え手ではない』とする政令案を作ったことがきっかけだ。

3号の人が死亡しても遺族には年金が出ないこの新政令案には反発が起きた。
 

3号には約11万人の男性がおり、中には病気やリストラで一時的に妻の扶養を受けている人もいる。

3号の夫が死亡しても、妻は従来受け取れた遺族基礎年金を受給できなくなるからだ。


厚労省は政令案から『3号は支え手でない』とする規定を削除し、閣議決定にこぎつけた。」(同記事)


国民年金の第3号被保険者というのは、被扶養配偶者のことです。

パートさんなんかで年収130万円以下の人です。

もちろん、働いていない方で配偶者に扶養されている方もです。

男性の3号の方が11万人のもいるとのこと。


大切なことは、お父さんでもお母さんでも一方がお亡くなりになれば、子供がいる家庭としては大変ということです。


だから、子のあることが条件です。

子は、18歳までの子で年度末331日までが対象です。
子供が高校を卒業するまで、年金受給ができます。


子供1人の家族で年間約80万円、子供2人の家族で約100万円です。

金額としては多くないですが、あるとないとでは大違いです。

とても良い改正ですね。(^o^)



iso_hiramatsu at 11:35コメント(0)トラックバック(0) 
日記 
1月13日の月曜日、成人の日の祝日です。
CIMG7537













東京都杉並区の沖縄タウン「和泉名店街」で餅つきと福笑いのイベントがありました。

まず、もちつき大会。
CIMG7559














CIMG7583













商店街事務所の前での餅つきです。

CIMG7556


















ついたらそれをおかみさんたちが、丸めてお餅にします。
CIMG7586













これを待っている人たち。
CIMG7560













つきたてのお餅がもらえる長蛇の列。(^_^.)

そして、つぎはあったかいお汁粉。
無料でふるまっていました。
寒かったから、結構早くなくなってしまいました。
その後は甘酒の無料コーナーに早変わり…。
CIMG7587













もう一つのイベントは、新春福笑いでした。

CIMG7577













これはこの商店街のキャラクターにちなんだイベントです。

CIMG7540

















右の下、わかりますか。
左がニライくん、右がカナイちゃんです。

CIMG7569













子供たちの福笑いで、こうなってしまいました。
修復可能?????

しかし、しっかり「沖縄タウン和泉名店街」のゆるキャラです。

「にらいかない」って沖縄の桃源郷だそうですよ。
シーザーにも関係しています。
CIMG7575

















商店街の方もしっかり、「ニライカナイ」をかぶっていらっしゃいました。

CIMG7603

















これがここのシーザー君です。

CIMG7604


















「めんそーれ大都市場」の入り口に鎮座まします、シーザー君。
CIMG7609

















CIMG7607

















CIMG7606













飲み屋さん。「沖縄酒場SABANI」さんです。

CIMG7605


















この市場以外にも、もちろんたくさんお店はありました。
CIMG7541













八百屋の「大橋商店」さん。

CIMG7601

















お肉の「北陸屋」さん。

CIMG7624













お酒の「片桐酒販」さん。

CIMG7542













花屋の「花くみ」さん。

CIMG7592













沖縄の物産が豊富な「いじゅん」さん。
和泉名店街の直営店です。
CIMG7593













CIMG7594













なかなか豊富な品揃えでした。

CIMG7616













「たきがみ靴店」さん。

CIMG7615













洋品の店「白ゆり」さん。

ついでに自動販売機。
CIMG7546

















この自動販売機、ICカードが使えるのですよ。
真ん中チョッと右下にマークがあるのですが、わかります?
駅から離れたところで、ICカードが使える自動販売機は珍しい。(^o^)/
ICカードのマークの左には、沖縄県那覇市首里にある守礼門もしっかり貼ってありました。

CIMG7597













沖縄のそばが食べられる、「首里製麺」さん。

CIMG7623













安さと味自慢の「第一食堂」さん。

CIMG7550

















CIMG7552













「沖縄タウン和泉名店街」でした。

商店街を後にして、京王線の「代田橋」駅から、帰路に着きました。
商店街から、代田橋の駅まで5分くらいでしょうか。
CIMG7536














CIMG7535













また来ます。(^o^)/

iso_hiramatsu at 10:32コメント(0)トラックバック(0) 

2014年01月18日

今日家にワンコをトリミングに連れて行ったのですが、近くのファミリーレストラン「ココス」の建物の外に掲示しているキャンペーンボート、価格表示が消費税抜きの本体価格の強調表示になっていました。
CIMG7642













税込み価格も下にありますが、明らかに強調表示です。
昨年9月まではこの表示は違法でした。
もちろん今はOKです。
「価格転嫁対策法」です。
CIMG7641













朝食バイキングのポスターです。
やはり右上、税抜き価格の強調表示です。

CIMG7643













CIMG7644













「ココス」は「庄屋」などを展開している大庄グループだったと思います。
一部上場企業です。
マーケティングに関連するので、どんどんこの動き広まっていきます。

しかし、隣りに弁当チェーン「オリジン弁当」があるのですが、こちらは従来通りの総額表示でした。(-.-)
CIMG7647

















CIMG7648













新商品「中落ちカルビ焼肉弁当」490円です。
これは税込みの総額表示です。
昨年9月までは、総額表示しかダメでしたので、当然この金額は消費税込の総額です。CIMG7649


















「お肉10%増量」、と従来の販売促進です。
もちろんこれは法的に全く問題ありません。
CIMG7646













CIMG7645













オリジン弁当でした。

マッ、いろいろですね。<(`^´)>

追加
今日(14年1月19日)、ファミリーレストランのサイゼリアに行きました。

昨年の12月からメニューしっかり変わっていました。
税抜き価格が大きく表示され、税込み価格が本当に小さく表示されていました。
中生ビールに至っては、390円とのみ表示。
支払いはもちろん税込みで399円でした。

これっていずれ問題になります。
390円と思って注文したのに、399円なのですから。

399円の表示はどこにもありませんでした。(-_-;)

iso_hiramatsu at 13:58コメント(2)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年01月17日

CIMG7639













CIMG7635













新松戸駅の近く、海鮮居酒屋「だんまや水産」です。
消費税、総額表示が原則ですが、今は、それ以外の表示もOKです。
CIMG7633

















消費税5%を入れた総額表示にしなくてもOK。
サッポロ生ビール299円です。
これは税抜きの価格です。
実際に支払うときは、消費税5%を入れて314円です。
314円と消費税を入れて表示するのが、総額表示です。
このポスターでは、右上に小さく「税別」との表示が見えるだけです。

昨年の10月1日から総額表示以外の表示も認められました。
2017年3月までの時限措置です。

CIMG7625













メニューです。
CIMG7626













「バーボンパクハイ」360円。これが税抜き価格。
税込みで378円。こちらはとりあえず総額表示になっています。

昨年の9月までは、これは違反の表示方法でした。
税抜き価格が税込み価格に比べ、かなり大きく強調されています。

これですと、支払いが360円と思われがちです。
だから違反表示でした。

それが、昨年の10月からできるようになりました。
消費税アップに伴う経過措置です。

他にも…。
CIMG7629

















ちょっと見づらいですが、右下に580円としっかり税抜き価格が表示されています。

CIMG7627













他の居酒屋チェーンもこの消費税表示の経過措置を実施していると思いますが、私は初めてでした。
ここでは、頭にあった生ビール中299円をしっかり注文していました。
そしと支払ったのは314円でした。

ごまかしをなんだか認めてしまうような印象です。
これでいいのかな????

消費税を負担するのは、最終の消費者です。
その最終の消費者がだまされることを、なんだか容認するような法律・・・・。(-_-;)

今回の法律は一般的な呼び方で、「転化対策特別措置法」といいます。
消費税の価格転嫁をスムーズにするために作られたものです。

マッ、しょうがないですね。
少し割り切れませんが・・。m(__)m

CIMG7632













海鮮居酒屋「だんまや水産」としては、とても先進的な取り組みです。
グッドです。(^O^)
ところで「だんまや」ってなんでしょうか。<(`^´)>

iso_hiramatsu at 23:24コメント(0)トラックバック(0) 

情報が氾濫しています。


毎日来る新聞、チラシ広告、そして電子メールのヤマまたヤマ

情報に振り回されないことが大切です。


大事なことは、情報にはそれぞれ目的、意図、役割があり、それに応じてもらう側もしっかり見極めないといけないということ。


しかし、忙しい人に限って、情報量は膨大です。

身動きが取れない人も多いのではと思います。


そのとき大切になるのが、いかに情報を「捨てる」かです。

まず「捨てる」ことを原則にする。


そして、「捨てないもの」についてあらかじめ分類して明確にしておく。

捨てない基準が大切です。


後は、「捨てる」を原則にして、必要なものは情報として確認し、必要に応じて保管する。


まっ、「言うは易く、行いは難し」の典型のようなことですが<(^´)>

5Sの中の2S。「整理・整頓」です。


「整理」は不要なものを捨て、必要なものを残すこと。

それをいつでも使えるように「整頓」する。


「整理」能力が問われる時代になりました。(-_-;)



iso_hiramatsu at 10:33コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年01月14日

「政府は処方箋がなくても薬局で買える自己検査薬について、対象品目を拡大する方向で検討に入った。」

昨日、113日(月)の毎日新聞の朝刊記事です。


「現行制度では妊娠、尿糖、尿たんぱくに限って認められているが、自己検査薬による体調の自己管理が進めば、医療費抑制にもつながると判断。


厚生労働省と規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)が議論し、6月の規制改革実施計画に具体策を盛り込む。」(同記事)


自己検査薬は自分で血液、尿、便などを検査キットに着けて、体調の変化を観察するものです。


「近年は痛みのない採血器具など技術進歩が顕著で、欧米では糖尿病やがん、うつ、性病判定など多種の検査薬が一般販売されている。


 これに対し、日本では『誤診の恐れが捨てきれない』(厚労省審議会)などの理由から、1992年の妊娠検査薬解禁を最後に拡大されていない。


 政府は昨年6月の成長戦略に『予防・健康管理の推進』を掲げた。

これを受け、規制改革会議が検査薬の販売柔軟化を打ち出し、厚労省も今月に入り、基本的に同意した。」(同記事)


これはとても良い取り組みですね。(^O^)


私などしっかり生活習慣病で、血糖値の検査キットをずっと愛用しています。

自分の血糖値を客観的に知ることができるので、自分の取った生活行動が自覚でき、良い方向に行く道しるべになっています。
(^O^)


「新たな自己検査薬として、尿潜血や排卵日を予測する検査薬などが検討される見通し。


厚労省と規制改革会議は今後、誤診があった場合の影響などを考慮したルール作りに向け、検討を本格化する。」(同記事)


尿鮮血を予測する検査薬というと、大腸がんなどの予防につながるのでしょうか????


自分を知ることは、精神的にも大切ですが、物理的、肉体的にもとても大切です。(^o^)



iso_hiramatsu at 07:53コメント(0)トラックバック(0) 
健康 

2014年01月13日

消費税が4月から8%に上がります。
地下鉄の運賃にも適用されます。

CIMG7528













東京メトロ半蔵門線の錦糸町駅です。

次のような掲示がありました。
CIMG7527













CIMG7523

















CIMG7526













「東京メ卜ロ線を利用のお客様へ

旅客運貢の改定申請のお知らせ

平成26年4月旧から、消費税率が5%から8%に引き上げ られることに伴い、当社におきましても、旅客運貢に消費税率引上げ相当分を転嫁させていただくため、国土交通大臣に 鉄道旅客運貸の改定に伴う変更認可申請をいたしました。

今回の運貸改定では、消費税をより適正に転嫁できることから、IC力一ドでご乗車いただく場合の着通を1円単位として申請いたしました。」

CIMG7524













現行160円の分は、ICカードで乗ると165円、券売機で買うと170円です。
現行160円運賃の場合本体価格は152.4円です。
160円÷1.05=152.4円。

これが8%消費税ですと、164.6円で、1円単位で切り上げで、165円になります。
ICカードですと、だから165円です。

券売機では円単位で販売すると、1円硬貨がいくらあっても足らないし、切符を買うたびに1円玉であふれてしまうのはちょっと困ります。
だから10円単位に切り上げです。

190円以下も同じです。

CIMG7525













今回の消費税の価格転嫁については、転嫁対策特別措置法が昨年10月1日から実施されていて、消費税転嫁について、スムーズにいくようにいろいろ特別な仕組みが用意されています。

その中の一つが申請すれば消費税の計算についての四捨五入などの計算の仕方については、ここで決めることができます。

運賃の場合は、国土交通大臣に申請すればOKです。
だから、参考として、この写真の文章になるわけです。

「切符を購入してご乗車」は「運賃の単位」が「10円単位」となっていますが、これは、計算結果として10円単位に切上げ」るとの表示が正確です。

チョッとごまかしています。(-_-;)
益税の一種です・・・・。(-.-)

今回、これは地下鉄だけでなく、JRなども同じです。
これは、ICカードを普及させようとの意図もあると思います。

 

首都圏はICカードの普及率は80%くらいのようですが、関西は40%、他はもっと低いとのことです。

 

これで一気にICカードが普及します。

それを狙ってもいるとも思います。

CIMG7529













錦糸町の駅、改札を入ると少し息をのみました。
CIMG7531














広重です。
イヤー、こんなのがあると、益税なんてはもう許しちゃいます。
嬉しくなってしまいます。

CIMG7532

















安藤広重の「大はしあたけの夕立」
CIMG7533













構図の見事さ、色合いの鮮やかさ、ついうっとりします。

CIMG7530













半蔵門線の錦糸町駅でした。(^o^)/



iso_hiramatsu at 20:59コメント(1)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年01月10日

今、うちにある、2lパックの飲料のいくつかです。
CIMG7493














これらのパックですが、普通の牛乳パックに比べてリサイクルしにくい。
CIMG7497

















「ロイヤルパークホテル」のコーヒーで確かに、ちょっと苦くて味は良いですね。
しかし・・・。
CIMG7499

















この注ぎ口のプラスティックがリサイクルの邪魔をします。

CIMG7508

















これが普通の2lパックの牛乳です。
CIMG7507













この様に切り開いて資源ごみとして簡単に出せます。

CIMG7506













こうでなくてはいけません。(^o^)/

CIMG7500

















もう一つのコーヒーもしっかりプラスティックの注ぎ口が邪魔をしています。
さらにこの容器は、風味を保つためかそのまま出せない紙質です。

CIMG7503

















これは私の大好きな豆乳の2lパック。
これにもシッカシリのプラスティックの注ぎ口があります。

これなどこの注ぎ口がなくても、両側に突き出ている注ぎ口を切れば、スムーズに注げます。

CIMG7520













CIMG7521













環境への配慮をちょっとでもすれば、高級感や利便性は等はちょっと犠牲になることもありますが、co2は減らすことができます。

製品を見直すこと、今後とても大切なことと思います。
CIMG7512













うちにある2Lパック、勢ぞろいです。m(__)m

iso_hiramatsu at 13:01コメント(0)トラックバック(0) 
環境 

2014年01月07日

いま仏教の「空」について考えています。
あの般若心経の「色即是空」の「空」です。
「形」あるものは「空っぽ」である。
しかし、その後「空即是色」。「空っぽ」だが、それもまた「形」になる。


この「空っぽ」ということ、キリスト教のマタイ福音書の53の「心の貧しいものは幸いです。
天の御国はその人のものだからです。」に通じるやに思います。

心の貧しい対極は「傲慢」「おごり」です。
「慢心」とも言います。


般若心経の「空」は「色」のみでなく、「受、想、行、識」もすべて「空」といっています。

人間存在のすべてが「空」である。


「空っぽ」でなければ何も入りません。
「慢心」では心は充実しません。


マタイ福音書の山上の垂訓の最初にあります。

「ほんとうの幸福について」。その後に「心の貧しいものは幸いです。」と続きます。

これは仏教でいうと「涅槃」、悟りの境地ですね。(-.-)



iso_hiramatsu at 09:34コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年01月05日

近くのいつも行くスーパーマーケットです。
次のような店内の掲示がありました。
CIMG7474













1月2日(木)から店内の価格表示を変更するとの告知です。

「トップグループは1月2日(木)より商品の価格を表示を、税率が変わっても価格変動のしない『本体価格(税抜き』と消費税額を含んだ『税込価格』の併記に変更させていただきます。」と書かれています。

CIMG7475

















いつも買うワンコたんの「やわらか鶏ささみ」。
CIMG7476

















本体価格の強調表示も採用されています。

もう一つ。
CIMG7477

















今日のビールのつまみ・・・・。
CIMG7478

















100円が本体価格。
105円が税込み価格。
これが4月からは、本体価格は変更なく、税込み価格が108円になります。

こちらも本体価格が大きくて強調されての表示です。
今回の「転嫁対策特別措置法」でOKの表示です。

時限的な措置ですが、2017年3月31日(平成29年3月31日)までOKです。
あと3年、10%になるのが予定では2015年10月1日ですが、その後1年6か月この強調表示がOKということです。

ただし店内に、表示についての案内を掲示などしないといけません。
下の写真は、上記と同じ掲示物ですが、これがその告知になっています。

これがないと違法になる可能性があります。
CIMG7473














CIMG7480













スーパーマーケット「トップ」でした。
CIMG7481













ボランタリーチェーンのCGCグループの一員です。
たぶんCGCグループはすべてこのような表示と思います。

トップの次に、昼食でファミリーレストランのココスに入りました。
CIMG7484













メニューを見ました。価格表示は次のようでした。
CIMG7483













CIMG7482













これが今のよくある価格表示です。
チキンステーキ → ¥690(税込¥724)
¥690の強調表示ももちろんありません。
CIMG7487













ココスでした。

これから小売店、飲食店などいろいろな価格表示が出てきます。
また、ご報告いたします。m(__)m

iso_hiramatsu at 18:05コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

昨年の1214()でしたが、中小企業診断士が受講しなければ資格更新できない「理論政策更新研修」の一つで、蠅△ない総合研究所http://www.akinaisouken.jp/

の吉田雅紀さんの研修を受けてきました。

「見込み客マーケティング」というテーマでした。


「『見込み客』とは、対象商品•サービスを購入する可能性があり、私たちからコンタクトすることを許してくれた人々である。

つまり、『パーミッション』をくれた人々です。


この見込み客を購入客に変えるについては、『必要条件』と『十分条件』を検討する。


『必要条件』とは、そもそも見込み客がその商品を必要としているかどうか?で、購入の本気度。
これが高くなければ、購入にはいたらない。


しかし、本気で買う気になってもそれだけで購入には至らない。

「十分条件」を充たすことが必要。


「十分条件」とは、購入資金や受入の環境、購入の夕イミングなど。

購入の準備度であり、準備ができていなければ購入されない。

例えば本当に欲しいがお金がない(>_<)

・・・・などである。


「必要条件」として、本当に買う気にさせ、「十分条件」として買うことができるようしっかり準備させる。

それができれば購入になる。

見込み客を購入客に変えることができる。


「必要条件」と「十分条件」での4つの状態。


・欲求優先

(欲しいけど準備ができていない)

・購入の時期

(今でしょ!)



 

・興味がない

(ニーズもなければ、条件も整っていない)

・準備OK

(準備はできているが、急いではいない)












タテが「必要条件」の軸で、ヨコが「十分条件」の軸。


『興味がない』状態を『欲求優先』の状態に高める。

『必要条件』のレベルを高める。

そこから『準備OK』の状況を作り出す。

十分条件を満たす。


これで『購入時期』になる。」(以上研修内容)


「見込み客」を「購入客」に持っていくときの考え方が明確でした。


最後に「徳川家康」の「鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス」。

レジュメに次のようにありました。


「『必要条件』をコミュニケーションで高めることはできるが限界がある。

『購入のタイミングをつかみにいく』という従来のマーケティング的発想を捨て、『見込み客との関係を保ちつつ、購入のタイミングがくるのを待つ』という方法をとる。


その為には継続的なコミュニケーションが必要である。

SNSやメルマガ、blogはコミュニケーションのコストが低く、『待ちの戦略』を可能にする。」


今後の参考になる研修でした。m(__)m



iso_hiramatsu at 12:07コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2014年01月03日

近所の知合い宅に、昨夜泥棒が入ってそうです。


幸い被害は現金で23万円。

財布はそのままありました。

そして小銭もそのまま。


夜入る泥棒は現金があればそれで終わりにして逃げることが多いそうです。

だからそれで済んだ。


これが昼間ですと、時間がたっぷりあるので、家中を荒らしまわるそうです。

現金だけで済んだこと、良かったかもしれません。

ただ、しょせん他人ごとですからそういいますが、ご本人ではそうはいかないかもしれません。


被害を電話したら、警察の方が3人来て、現場検証とか、いろいろと聞かれたそうです。

2時間ほど。

通報してから、1時間ちょっとできたそうです。


そこでの記録は、基本的に警察署でずっと保管するとのこと。

家の中の見取り図なども作成しないといけない。

知人は、図面があったのでそれを貸したら、そちらにいらした警察の方からとても喜ばれたそうです。


と言って、「これは春から縁起が悪い。」(>_<)

一年間ちょっと注意が必要です。


私も気をつけよーっと。(-_-;)

他人ごとではありませんぞ。(>_<)



iso_hiramatsu at 12:59コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

2014年01月02日

あけましておめでとうございます。
CIMG7438













2014年1月1日の日の出です。
CIMG7437

















私の自宅のある千葉県松戸市常盤平のさくらどおりて゛す。

CIMG7440


















桜の枝です。
CIMG7441

















芽が出つつあることわかりますか。
CIMG7442













きれいです。(-.-)

CIMG7447













常盤平幼稚園の庭の外垣のアオキでしょうか?
CIMG7448













こちらは薔薇です。
可憐です。

CIMG7458

















いつもの「しょうぶ公園」です。

CIMG7452













CIMG7453













整然としています。
CIMG7454

















ゴミ入れ。
しっかりゴミが入っています。
だれがいつ入れたのでしょうか。

CIMG7456













この公園でのルールが掲示されています。
野球やゴルフなどのボール遊びはだめ、バイクや自転車乗り入れは禁止、火遊びは持多論禁止・・・・。
松戸市の公園施設課が管理しています。

CIMG7459













「しょうぶ公園」でした。

CIMG7444













これは桜通り沿いの整形外科です。

人気のお医者さんで、通常の日は朝早くから外で医院が開くのをたくさんの人が待っています。
ワンコを散歩に行くとき見るとだいたい15人くらいは待っています。
またそこで集まって話すのが楽しみでもあるようです。
でも、今は寒いですよ(-_-;)

だからうちのワンコには、散歩のときにはジャンバーを着せます。
CIMG7446













犬って結構寒がりです。
童謡にある「犬は外で駆けずり回り・・・」というのは事実ではありませんね。
むしろ「こたつで丸くなる」の方が似つかわしい。

CIMG7465

















話を戻します。
整形外科の看板です。
CIMG7466













トラバンタです。
小さな待合室。椅子があって5〜6人かけられます。
イギリスから輸入して設置したのだそうです。

CIMG7463













整形外科の隣りの調剤薬局です。
CIMG7464













週休2日で、土曜日は半ドン。
いいですね。

CIMG7439

















桜通りでした。

最後におまけです。
CIMG7470

















うちのわんこたんです。
「ショウスケ」といいます。(^O^)

iso_hiramatsu at 00:27コメント(0)トラックバック(0) 
まちづくり 

2014年01月01日

今年もスタートしました。

私の今年の大切にする言葉は、「笑顔で、楽しみ、喜んで。」です。

今年一年、何かにつけて、言葉に出して言います。


「笑う」や「笑顔」は元気を保つ秘訣の一つです。

ガンにならないためには笑うことが大切なことはよく知られています。
笑うと、ガンをやっつけるNK細胞の働きが活発になります。


「楽しむ」ことも大切です。

楽しんで仕事をすると能率が上がるし、やる気も増して成果も出ます。
適度の緊張感を持ち、ゆっくりと、静かに仕事ができたら最高です。


「喜んで」は、飲み屋さんでよく耳にします。
「ビールもう1杯・・・」。すかさず「喜んで。」。

これは気持ちが良い。


そしてこの「笑顔で、楽しみ、喜んで。」を声に出して言うことが大切です。


織田信長が手を焼いた一つに、あの一向宗の門徒による一向一揆がありました。
称名念仏。
「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・」と声に出して何度も皆で称える。
そこにとてつもないパワーが生まれる。


人間の大脳は、声を出してしっかり何べんも称えるとその気になるようです。


つらいこと、悲しいことがあったとき、寂しいときにちょっと大きめの声で言ってみると、結構効果的です。

ただし、電車の中で「笑顔で、楽しみ、喜んで(^o^)/」と声を出して言ったりすとる、チョッと変な目で見られるかもしれませんので、ご用心。\(^o^)



iso_hiramatsu at 23:25コメント(0)トラックバック(0) 
日記 
プロフィール

平松 徹
株式会社ソフィア
代表取締役

<主なサービス>
社会保険労務士として
・就業規則作成
・助成金申請支援

行政書士として
・建設業の許可申請
・建設業の経営事項審査
・相続に関する手続き業務

経営コンサルタントとして
・ISO認証取得支援
・Pマーク認証取得支援
・Gマーク認証取得支援

最新コメント
記事検索